メインメニューを開く

特殊事件捜査係

日本の警察で誘拐・人質立てこもり事件などを担当する刑事の部署。
熊本県警察刑事部の人質立てこもり部隊の訓練状況

特殊事件捜査係(とくしゅじけんそうさかかり)は、日本の警察刑事部に設置されている部署のひとつ。高度な科学知識・捜査技術に精通し、誘拐ハイジャックなど人質がいる事件や大規模な業務上過失事件、爆破事件などに対処する[1][2]刑事警察の捜査員(刑事)による組織であるが、このような所掌をもつことから、人質救出作戦部隊としての側面もある[3]

警視庁及び道府県警察本部刑事部捜査第一課に設置されており、警察庁では「特殊事件捜査係」と総称されているが[1]、実際の部署名は、特殊犯捜査係や特殊事件係、特殊犯捜査班、特殊犯事件対策室など、各警察本部によって異なっている。また通称名についても、警視庁ではSIT(Special Investigation Team)、大阪府警察ではMAAT(Martial Arts Attack Team)など、非常に多彩になっている[4]

目次

来歴編集

昭和40年代の日本では、科学技術の進歩や高度経済成長に伴う生活・行動様式や価値観の変化に伴って、新たなタイプの犯罪が問題となっていた。従来は考えられなかったような大型犯罪の発生や、犯罪の広域化・スピード化、爆発物や銃火器を使用した凶悪犯罪や、大量輸送機関に関連した事件事故などがそれであった[1][2]

そしてまた、1963年吉展ちゃん誘拐殺人事件は、刑事警察に対して深刻な教訓となっていた。この事件では警察側の体制不備のために身代金を奪われ、現場での犯人確保にも失敗し、そして人質の救出も果たせず、最終的に犯人の検挙にこぎつけたことで対外的な面目は保たれたとはいえ、警視庁上層部は深刻な挫折感・問題意識を抱いていた[5]

この状況に対し、1964年4月1日、警視庁刑事部では捜査第一課に特殊班捜査係を設置した[6]。また警察庁でも、吉展ちゃん誘拐殺人事件の教訓を踏まえて、昭和45年度に「刑事警察刷新強化対策要綱」を策定し、捜査体制の抜本的な強化を打ち出した[6]。この一環として、同年より各警察本部への特殊事件捜査係の設置が図られることになり[1]、1981年3月までに全ての道府県警察本部に設置された[2]

編制編集

所掌編集

警視庁が特殊犯捜査係を設置した際には、「誘拐事件の捜査に関すること」が事務分掌の第一項目とされており、いわば日本初の「誘拐捜査専門部隊」といえるものであった[5]。また警察庁では、「新型・特殊な事件の捜査経験に富み、高度な科学知識および捜査技術に通暁した専任捜査官を警察本部に常駐させておき、管内のいかなる場所で事件が発生しても、速やかに応援捜査を行えるように設置された部署」として位置付けられていた[1]

一般的な事件の捜査は事件発生後に行われるのに対し、誘拐事件・人質事件では現在進行形の捜査が行われるのが特徴となる[5]。誘拐・恐喝事件では被害者家族や社員になりすまして犯人との交渉や身代金受け渡しを、また人質立てこもり事件では犯人への説得交渉などを行なって事件の解決を図る[4]。このため、車両を使用した追跡や特殊通信、逆探知交渉(説得)技術の訓練などの技術を備えている[3][4][5]

またこのような所掌を持つことから、刑事としての捜査だけに留まらず、人質救出作戦も担当するようになっていった[3][4]。この結果、しばしば対テロ作戦を担当するSATとの境界線が問題になっており、政治的な背景をもった事件は警備部(SAT)、そうでない事件は刑事部(SIT)とされたこともあったものの、実際にはその区別がはっきりせず、結局はその都度警察本部長の裁定を受けることになっている。概して、戦技・体力ではSAT、捜査力ではSITが優れているとされていることから、1992年には警視庁第六機動隊特科中隊(SAP; SATの前身組織)から選抜された隊員がSITに編入されているほか[7]、1995年9月にもSAT経験者7名がSITに配属されるなど、人的交流が図られている[8]。また青森県警察のように、刑事部と警備部の合同部隊を準備し、対テロ作戦も兼務させている警察本部もある[3]

組織編集

特殊犯捜査係は各警察本部の刑事部捜査第一課に編成されている。警視庁の特殊班捜査係は、1964年4月に創設された時は、警部1人・警部補1人・巡査部長2人・巡査2人の計6人体制であり、6月には婦人警察官が配置された。その後、連続企業爆破事件に伴って1975年には67人に増強されたが、同年5月の犯人グループの逮捕・指名手配を受けて、従来の体制に戻された[5]2019年現在では下記のような組織となっている[9]

  • 第一特殊犯捜査・課長代理
    • 特殊犯捜査第一係
    • 特殊犯捜査第二係
  • 第二特殊犯捜査・課長代理
    • 特殊犯捜査第三係
    • 特殊犯捜査第四係
    • 特殊犯捜査第五係
  • 第三特殊犯捜査・課長代理
    • 特殊犯捜査第六係
    • 特殊犯捜査第七係

このうち、特殊犯捜査第一・二係が誘拐・人質事件や恐喝・脅迫事件の捜査を担当しており、ジャーナリストの毛利文彦は、これらを指して「特殊班」と称している。一方、第三・四係は航空機・列車等の事故や爆破・爆発事件、更に産業災害等の業務上過失致死傷事件の捜査を担当する。また第六・七係はインターネットによる恐喝、脅迫等に係る犯罪の捜査を担当する。第五係は遊軍的に、特殊犯に係る重要特異な事件や特命事件の捜査を担当する[9]

警視庁では、2000年代初頭の時点で、特殊班捜査係全体で60名強、特殊犯捜査第一・二係に限っても30名弱の捜査員が配されていた[5]。また創設自体は警視庁に遅れを取ったとはいえ、三菱銀行人質事件(1979年)やグリコ・森永事件(1984年〜1985年)を経験した大阪府警察も、全国に先駆けて拳銃を使用する立てこもり事件への対処方法を研究するなど、特殊犯捜査係に力を入れてきた[10]。しかし地方では、捜査員は1名のみで、しかも殺人捜査と兼務という警察本部もある[5]。このような人数不足を補う意味も含めて、突入制圧の場合には、機動捜査隊、更には機動隊との合同部隊を編成する警察本部もある[3]

事件発生時の対応編集

警視庁の場合、一般的に、誘拐捜査の際には下記のような陣容がとられるとされる[11]

  • 指揮本部 - 所轄の警察署の講堂に設置されることが多い。警視庁の場合、捜査責任者である刑事部長や、実務担当者である捜査第一課長、ナンバー2の理事官、また下記の各班ごとのキャップ格の責任者をおいて任務を統括する[11]
  • 被害者対策班 - 被害者と人間関係をつくり、電話を通じて犯人と対峙するとともに、逆探知の手配や本庁との連絡など、前線本部として機能する[11]
  • 犯人割り出し班
  • 逆探知班 - 電気通信事業者との共同作業であり、手続きとしては、刑事部長名の「逆探知要請書」を提出するところから始まる。電話交換機デジタル化された現代では、逆探知はコンピュータによって瞬時に行われるが、コード化された発信者情報を読み取るのは事業者の技術者であり、事業者や技術者によって所要時間に大きなばらつきがある[11]
  • 犯人捕捉班 - 逆探知などの情報に基づき、身代金授受や脅迫電話などの現場に張り込んで、犯人や共犯者を捕捉する。特に逆探知による情報の場合、現場の厳密な特定が難しく、かなり広い範囲に分散配備しなければいけない関係から、特殊犯捜査係の専従要員だけでは足りずに、捜査一課の他の部署や所轄の警察署員、しかも刑事だけではなく警務課などの後方要員まで動員しなければいけないこともあるが、このような応援要員は犯罪捜査に不慣れであるためにミスを犯してしまうことも少なくない[11]
  • 犯人追跡班 - 犯人の追跡を担当する。特にオートバイによる追跡部隊は警視庁では「トカゲ」と称されており、普段の所属は捜査一課のほか機動捜査隊や捜査三課など多岐に渡るが、事件発生時には真っ先に動員され、犯人の追跡のほかにも偵察要員として重宝される[11][注 1]
  • 現場下見班
  • 後方支援班 - 必要な資機材を補充する。

各警察本部での部署名編集

警視庁の特殊犯捜査係はSIT(エスアイティー[12]またはシット[5])と通称される。これは1987年12月の警視庁刑事部の組織改編に伴って、警視庁本部庁舎から麹町1丁目の元警視総監公舎(三番町公舎)に移転した際に、部屋に表札を掲げることになり、マスコミの目を避けるため、部署名そのままではなくローマ字表記(Sousa Ikka Tokushuhan)の頭文字を取ってSITと記載したものであった。その後、在外公館勤務経験者の捜査第一課管理官が"Special Investigation Team"(特捜班)の略と解釈してしまい、これが後付けで公式名称となったものといわれている[3][4][5]

一方、大阪府警察の特殊犯捜査係は、1992年以降、MAATMartial Arts Attack Team)と称されるようになった[3]。この命名は、警視庁式のSITでは、海外の捜査機関との協同の際に発音に支障があることを考慮したといわれている[4]

その他の道府県警察では下記のような名称となっている[4]

特殊班派遣部隊編集

1994年4月には、警察庁刑事局特殊事件特別捜査班が設置された。これは、警視庁や大阪府警察など、特殊犯の経験が豊富な警察本部の捜査員の一部を警察庁兼務職員として登録し、特殊事件捜査係の体制が弱体な地域で誘拐事件などが発生した場合はこれらの捜査員を現地の警察本部に派遣して、ノウハウの伝授や助言を行うという制度で、「タスク・フォース」と通称されている。またこのタスク・フォースが中核となって、年に2回、全国の都道府県警察が参加する共同訓練も行われている[5]

タスクフォースに選ばれた捜査員は、警視庁や大阪府警察の警察官であっても、特例的に他道府県で発生した特殊犯事件に介入することが可能だが、任務は事件発生地を管轄する警察本部の支援に限定されている。またタスクフォースに在籍する警視庁SITの捜査員は、米国連邦捜査局(FBI)に研修に赴き、米国での特殊犯事件への対応の現状や、拳銃の射撃訓練、プロファイリングに関する動向などのレクチャーを受けたといわれている。さらに、FBIとの交流を契機として、神奈川県横須賀市に駐留する米海軍犯罪捜査局(NCIS)極東方面本部の幹部が、警視庁SITの立てこもり訓練に指導・助言を与える形で参加するようになった。NCISは、主に拳銃などの武器使用に関する指導や、ビルを駆け下りたりするなどの基礎運動の形成に関する助言を行ったといわれている[5]

その後、タスクフォースは特殊班派遣部隊という名称の部隊に発展し、警視庁と大阪府警察に加えて、北海道警察、愛知県警察、福岡県警察の5都道府県警察に設置されている。 特殊班派遣部隊が編成された年は不明であるが、2006年に警察庁が発表した文章に部隊の名称が記載されている[注 2]。また2016年に開催された国家公安員会定例会議の議事録には、和歌山県和歌山市で発生した立てこもり事件に、大阪府警察の特殊班派遣部隊が派遣されたとの記述がある[注 3]

装備編集

刺股で犯人を制圧する捜査員
 
拳銃を構える捜査員

上記の通り、基本的には私服勤務員である捜査員だが、突入時には、銃器を使用した事案の場合には防弾帽防弾衣防弾盾・銃器を、また刃物を使用した事案の場合には防刃衣・防刃手袋・防刃帽・刺又などを使用する[4]

銃器として、警視庁SITでは、1980年代末の時点では、動作の確実性と携行性を重視してスミス&ウェッソン(S&W)社製の小型回転式拳銃が用いられていた[16]。その後、火力に優れた自動拳銃が導入され、2000年代の事件現場ではベレッタ 92FS VertecS&W M3913の使用が確認されている[4]。2015年には、栃木県警察のTSITでベレッタ90-Twoの配備が確認された[17]

またH&K MP5の配備も確認されている。2007年の町田市立てこもり事件で確認された直後、専門誌などではMP5K PDWと記載されていたが[3]、後にMP5SFKと称されるようになった[4]。セミオート射撃のみ可能な短銃身モデルで、フラッシュライトと折曲式の銃床が装着されており、室内突入時の近距離狙撃用であると推測されている[18]。このほか、FN-303やBGL-65などの空気銃や閃光弾発射機も装備されている[4]。ただし狙撃銃は配備されておらず、必要に応じて警備部から狙撃手を派遣してもらうことになっているが、特殊犯捜査係の行動方針はあくまでも逮捕取り調べ裁判にかけるという司法手続きの流れが前提となっているため[19]、狙撃による犯人射殺への抵抗が強く、警備部からの打診を謝絶した結果、人質の救出に失敗した事例もある[16]

これらの装備は捜査用資器材搬送車などに搭載されており、事件発生時は、移動現場指揮車などと展開する[4]。この捜査用資器材搬送車はA1と通称され、防弾衣約30着や銃器のほか、無線機や出動服、破城槌ボルトカッタ消火器閃光弾も搭載されている[10]。移動現場指揮車は現場と指揮本部の間をつなぐ中継基地として機能するマイクロバスであり、誘拐捜査に必要な資機材一式が備えられているほか、現場や前線本部から送られてくる情報を受信する無線機、現場周辺の地図などを搭載しており、幹部級捜査員が待機して、突発事態に即応する[11]

また突入前の情報収集で使用する機材として、ファイバースコープコンクリートマイク電磁波人命探査装置などがある[20]

活動史編集

2017年

 1月

  • 神奈川県大和市のマンションにおいて、立てこもり事件が発生。「死んでやる」などと警察に通報し立て込もっていたが、事件発生から約7時間後、神奈川県警察SISが部屋に突入し、包丁を持って立て込もっていた女を逮捕した。部屋には女の母親もいたが、無事保護された。

 4月

 5月

  • 東京都台東区のマンションにおいて、人質立てこもり事件が発生。ストーカーの男が元交際相手の母親を人質にして立てこもった。事件発生から約3時間後に母親が刺され、その2分後に警視庁SITが特殊閃光弾等を用い、玄関とベランダから突入し男を逮捕。人質と、突入時に自殺を図った男は命に別状なし。

 9月

  • 大阪府豊中市のマンションにおいて、立てこもり事件が発生。事件発生から約7時間半後、大阪府警察MAATが突入し、包丁を持って立てこもっていた男を逮捕した。部屋には男の祖母もいたが、無事保護された。
2018年

 6月

  • 東京都渋谷区の居酒屋において、立てこもり事件が発生。警視庁SITが店内に突入して酩酊状態の男を逮捕した。なお男は外に向け花火を発射したり炊飯器などを投げ落とすなどし抵抗していた。

 7月

  • 東京都中央区のホテルにおいて、立てこもり事件が発生。事件発生から約4時間後、警視庁SITが突入し、路上に向けハンガーなどを投げ落としていた男を逮捕した。

登場作品編集

特殊犯捜査係は特殊な犯罪や、未解決事件の捜査を担当するため、小説、映画、ドラマ、漫画、アニメ等様々な作品に登場する。以下は特殊犯捜査係が登場する主な作品である。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 昭和50年代後半、特殊犯捜査第一・二係を担当する杢尾尭管理官が、当時流行していたエリマキトカゲにちなんで、「国民に愛され、機動的に動き回って欲しい」という思いを込めて「トカゲ」と名付けたとされている。また埼玉県警察では「カラス」、栃木県警察では「稲妻」として同種部隊が設置された[11]
  2. ^ 2006年8月に警察庁が公表した文章「治安再生に向けた7つの重点」の第2項目「重要犯罪等に対する捜査の強化」の中に、「特殊班派遣部隊用の装備資機材の整備」との記載がある[14]
  3. ^ 2016年9月1日の議事録では、警察庁刑事局長が「拳銃を持っているので、通常の犯人と違う点もあり、大阪府警察の特殊班派遣部隊も派遣された。」と発言している[15]

出典編集

  1. ^ a b c d e 警察庁警察史編さん委員会 1977, p. 769.
  2. ^ a b c 「特集:変革を続ける刑事警察」『警察白書 平成20年』警察庁、ぎょうせい、2008年。ISBN 978-4324085349
  3. ^ a b c d e f g h 柿谷 & 菊池 2008, pp. 5-26.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l ストライクアンドタクティカルマガジン 2017, pp. 46-51.
  5. ^ a b c d e f g h i j k 毛利 2002, 第五章 刑事警察の特殊部隊.
  6. ^ a b 警視庁史編さん委員会 1996, pp. 669-675.
  7. ^ 伊藤 2004, p. 197.
  8. ^ 毛利 2002, 第九章 SITとSAT.
  9. ^ a b 警視庁 (1963年8月1日). “警視庁本部の課長代理の担当並びに係の名称及び分掌事務に関する規程”. 2019年4月12日閲覧。
  10. ^ a b 毛利 2002, 第八章 特殊班の知られざる技術.
  11. ^ a b c d e f g h 毛利 2002, 第三章 誘拐犯との心理戦.
  12. ^ goo国語辞書”. 2019年4月12日閲覧。
  13. ^ “交際女性を監禁疑いで23歳の男逮捕”. スポニチアネックス. (2014年1月10日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/01/10/kiji/K20140110007360050.html 
  14. ^ 治安再生に向けた7つの重点” (2006年). 2019年4月12日閲覧。
  15. ^ 国家公安委員会定例会議”. 2019年4月12日閲覧。
  16. ^ a b 毛利 2002, 第六章 なぜ、人質は射殺されたのか.
  17. ^ Terry Yano「Beretta 90-two」『Gun Professionals』、ホビージャパン、2015年9月、 26-33頁。
  18. ^ 大塚, 正諭「日本警察の拳銃」『SATマガジン』、KAMADO、2009年1月、 50-57頁。
  19. ^ “【日本の議論】「イスラム国事件」急派、警察の情報特殊部隊「TRT-2」の実像 「SAT」「SIT」と何が違うか”. 産経ニュース. (2015年2月9日). http://www.sankei.com/premium/news/150209/prm1502090004-n5.html 
  20. ^ 毛利 2002, pp. 282-283.
  21. ^ 2008年07月19日毎日新聞掲載。

参考文献編集

  • 伊藤, 鋼一『警視庁・特殊部隊の真実』大日本絵画、2004年。ISBN 978-4499228657
  • 柿谷, 哲也、菊池, 雅之『最新 日本の対テロ特殊部隊』三修社、2008年。ISBN 978-4384042252
  • 『日本戦後警察史』警察庁警察史編さん委員会、警察協会、1977年。NCID BA59637079
  • 『警視庁史 昭和中編(下)』警視庁史編さん委員会、警視庁、1996年。NCID BN14748807
  • 『日本の特殊部隊』ストライクアンドタクティカルマガジン、2017年3月。NCID BB01834038
  • 毛利, 文彦『警視庁捜査一課特殊班』角川書店、2002年。ISBN 978-4043762019

関連項目編集