メインメニューを開く
画像提供依頼:標準系の内外装の画像提供をお願いします。2016年11月

トールTHOR)はダイハツ工業が製造・販売するトールワゴン型のコンパクトカー小型乗用車)である。

ダイハツ・トール
M900S/M910S型
カスタムG"SA II" フロント
Daihatsu THOR CUSTOM G"SA II" 2WD (DBA-M900S) front.jpg
カスタムG"SA II" リア
Daihatsu THOR CUSTOM G"SA II" 2WD (DBA-M900S) rear.jpg
G"SA II" フロント
Daihatsu THOR G"SA II" (DBA-M900S) front.jpg
販売期間 2016年11月9日-
乗車定員 5名
ボディタイプ 5ドアトールワゴン
エンジン 1KR-FE型:
996cc 直列3気筒DOHC
1KR-VET型:
996cc 直列3気筒DOHCターボ
駆動方式 前輪駆動(2WD車)
四輪駆動(4WD車)
(ターボ車は未設定)
最高出力 1KR-FE型:
51kW (69PS)/6,000rpm
1KR-VET型:
72kW (98PS)/6,000rpm
最大トルク 1KR-FE型:
92N・m (9.4kgf・m)/
4,400rpm
1KR-VET型:
140N・m (14.3kgf・m)/
2,400-4,000rpm
変速機 CVT
サスペンション 前:マクファーソン・ストラット式コイルスプリング
後:トーションビーム式コイルスプリング(2WD)
後:トレーリングリンク車軸式コイルスプリング(4WD)
全長 3,700mm(X、G)
3,725mm(カスタムG、カスタムGターボ)
全幅 1,670mm
全高 1,735mm
ホイールベース 2,490mm
車両重量 1,070-1,130kg
ブレーキ 前:ベンチレーテッドディスク
後:リーディング・トレーリング
OEM供給 トヨタ・ルーミー
トヨタ・タンク
スバル・ジャスティ
プラットフォーム ダイハツ・Aプラットフォーム
-自動車のスペック表-

目次

概要編集

 
G"SA II"
リア

コンパクトな外形寸法とすることで小型乗用車でありながら軽自動車と同等の取り回し性と広い室内空間を実現しており、同社の軽乗用車であるムーヴタントなどでも採用されている高剛性ボディや、Dサスペンションなども採用されている。キャッチフレーズは「これが噂のトールサイズ」[注 1]CMキャラクターは濱田岳を起用している[注 2][注 3]ほか、CMの前半にM600Sブーンが写っており、ブーンオーナーを意識したCMとなっている。

なお、本車種は親会社であるトヨタ自動車SUBARU(旧・富士重工業)にもOEM供給され、トヨタ自動車では「ルーミー」と「タンク」として、SUBARUでは日本市場では約21年11ヶ月ぶりの車名復活となる「ジャスティ」としてそれぞれ発表され、事実上、軽自動車を除く一連の国内向けの小型自動車としては史上初の4兄弟車種となった。

機構・メカニズム編集

エンジンはNA仕様の1KR-FE型とターボ仕様の1KR-VET型の2種類が用意される。1KR-FE型は最終減速比をローギアード化して軽快な加速感を実現するとともに、アクセルペダル開度に対してスロットルバルブ制御を変更したことで、加速時や登坂時における加速性能を実現した。1KR-VET型は新開発の1.0Lターボエンジンで、1.3L - 1.4Lエンジンに相当する72kW(98PS)の最大出力を、1.5Lエンジンに相当する140N・m(14.3kg・m)の最大トルクを2,400~4,000rpmの幅広い回転域で発揮するほか、アクセル操作に対して優れたレスポンスをもたらすスポーツモードを装備しており、ステアリングスイッチの操作で切替可能である。

また、停車前アイドリングストップ機能「eco IDLE(エコアイドル)」や樹脂化ボディなどを採用したほか、空力ドアミラー・ルーフスポイラー・エアロワイパー&空力フードヒンジカバーなどの採用により風流れをコントロールして走行抵抗の低減を実現したことで低燃費性能も実現しており、エンジン・駆動方式を問わず、全車が平成32年度燃費基準を達成している。

Dサスペンションは高速直進時の安定性や操舵時のロール抑制を図るためトール用に新たに調整されたほか、全車にフロントスタビライザーを標準装備し、ターボ車はリアにもスタビライザーを装備している。

安全性能については、SRSサイドエアバッグ(運転席/助手席)とSRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)をオプション設定したほか、ダイハツの小型乗用車では3代目ブーンに次いでの採用となる衝突回避システム「スマートアシストII(以下、スマアシII)」を採用。さらに、シートベルト閉め忘れ警告灯(全席)、エマージェンシーストップシグナル、オートライトを標準装備したほか、廉価グレード以外にはクルーズコントロールも装備する。

デザイン編集

外観はガラスエリアを前後に吹き抜けるデザインとし、フロントからサイドまでまっすぐ伸び、リアへ駆け上がるサーベルをモチーフとしたキャラクターラインを採用。リアはボディサイドと連動した立体造形となっており、リアランプとハイマウントストップランプにはLEDを採用。LEDハイマウントストップランプは後方からの視認性とデザイン性を兼ねる大型導光式を採用している。なお、姉妹車との比較では標準系はタンクの、カスタム系はルーミーのデザインとそれぞれ共通とし、ジャスティの設定とは逆になっている[注 4]

内装は直線的なラインと平面で構成され、インパネは水平に広がるデザインとしている。メーターは運転席前に配置し、見晴らしをよくするためフードを低く抑えた。また、インパネ・メータークラスター・ドアトリムにはステッチを用いたレザー表現とした。

フロントフェイス・LEDリアランプ・内装は標準車とカスタムで異なり、標準車は薄い切れ長デザインのランプグリル、大開口アンダーグリル、シャークフィンのように見せるバンパー下部デザインで構成されたフロントフェイスで、LEDリアランプはブロックライン発光の縦長タイプを採用。内装はオレンジのアクセント色を配し、シートにはエンボス加工を施した。カスタムは重厚デザインのメッキグリルやボディ同色のフロントスポイラーを装備したフロントフェイスで、ヘッドランプやフォグランプにもLEDを採用。LEDリアランプはクリアレンズの虚像を用いた3Dタイプを採用する。内装はブラックを基調にテックブルーのアクセント色とシルバー加飾を配し、シートには撥水加工を施した。

ボディカラーは新規色の「インペリアルゴールドクリスタルメタリック(オプションカラー)」、「レーザーブルークリスタルシャイン」2色を含む9色を設定し、カスタムには、2トーン色5色も設定している。

年表編集

  • 2016年
    • 11月9日 - 発表・販売開始[1]
      • グレード体系は、UVカット機能付ガラス(フロントドア・フロントクォーター)、ウレタン3本スポークステアリングホイール(メッキオーナメント加飾付)、単眼メーター、LCDマルチインフォメーションディスプレイ、材着センタークラスターパネル、マニュアル(ダイヤル式)エアコンなどを装備した普及仕様「X」、ドアミラーターンランプ、ピラーブラックアウト、ステアリングスイッチ(TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ操作)、クルーズコントロール、リアスピーカーなどを装備し、フロントドア・フロントクォーターガラスをスーパーUV&IRカット機能付に[注 5]、メーターをタコメーター付自発光式2眼に、マルチインフォメーションディスプレイをTFTカラーに、エアコンをオート(プッシュ式)に、パワースライドドア(ワンタッチオープン機能・予約ロック機能付)を両側にそれぞれグレードアップした上級仕様「G」及びターボ車の「Gターボ」、フロントチンスポイラー、LEDヘッドランプ(オートレベリング機能・LEDクリアランスランプ付)、LEDフォグランプ(LEDイルミネーションランプ付)、シートバックポケット(助手席)、フロントツイーター、アルミホイールなどを装備し、カラードバンパー(フロント)とメッキフロントグリルを専用デザインに変更し、ステアリングホイールを本革3本スポーク(メッキオーナメント・シルバー加飾付)にグレードアップしたドレスアップモデルの「カスタムG」及びターボ車の「カスタムGターボ」の5グレードが設定される。NA車の「X」・「G」・「カスタムG」はスマアシIIの有無を選択可能で、スマアシII付は「X"SA II"」・「G"SA II"」・「カスタムG"SA II"」となる。また、ターボ車の「Gターボ」と「カスタムGターボ」はスマアシIIが標準装備されるため、「Gターボ"SA II"」・「カスタムGターボ"SA II"」となる。
      • 同時にトヨタ自動車へのOEM供給を開始。同社では「ルーミー」と「タンク」の車種名で販売される。
    • 11月21日 - 富士重工業へのOEM供給を開始。同社では「ジャスティ」の車種名で販売される。
  • 2018年
    • 5月10日 - 「販売会社特別仕様ベース車両(カタログ上での名称は「G"リミテッド SA II"」)」とカスタム用のディーラーオプション「エアロスタイリッシュパック」の設定が発表され、「エアロスタイリッシュパック」の販売が開始された[2]
      • 「販売会社特別仕様ベース車両」は、「G"SA II"」をベースに、カタロググレードではカスタムに採用されているLEDヘッドランプ(オートレベリング機能・LEDクリアランスランプ付)、LEDフォグランプ(LEDイルミネーションランプ付)、ドアアームレスト(シルバー加飾付)が装備され、インナードアハンドルをメッキに、センタークラスターパネルをシルバー加飾付ピアノブラック塗装に、オートエアコンパネルをピアノブラック塗装にそれぞれ変更される。また、通常はカスタム専用となっている2トーンカラーも「ブラックマイカメタリック」との組み合わせが3色特別設定される。なお、このベース車両単体ではなく、ディーラーオプションなどが追加されたディーラーオリジナルの特別仕様車として設定・販売される。
      • 「エアロスタイリッシュパック」は、メッキガーニッシュ(グリル・フォグランプ・リアリフレクター)とリアロアスカートに、新たに設定されたサイドストーンガードとシートカバー(本革風×スエード調)を加えてセット化したものである。
    • 11月1日 - 一部改良された[3]
      • 既採用の衝突回避支援システムを「スマートアシストIII(以下、スマアシIII)」に変更し、スマアシIII搭載車には前後コーナーセンサーも標準装備した。また、グレード体系が変更され、スマアシ付グレードは名称を"SA II"から"SA III"に変更するとともに、「G"SA III"」及び「カスタムG"SA III"」へ統合の為、「G」、「カスタムG」が廃止された。
      • ボディカラーも変更となり「フレッシュグリーンメタリック」、「インベリアルゴールドクリスタルメタリック(オプションカラー。今回の改良でタンク専用色へ変更)」と入れ替えで「ファイアークォーツレッドメタリック」、「ブリリアントカッパークリスタルマイカ(3代目・2018年10月改良型ブーン/パッソおよびルーミー設定色。2016年11月発売当初はルーミー専用色だったがトールでは今回で追加。オプションカラー)」が追加され、カスタム専用の2トーンカラーもモノトーン色同様に入れ替え(加え、「ブライトシルバーメタリック×ファインブルーマイカメタリック」と入れ替えで「ブラックマイカメタリック×パールホワイトⅢ」を新設定)となった。
      • 併せて、特別仕様車「G"リミテッド SA III"」と「カスタムG"リミテッド SA III"」も発売された。「G"SA III"」及び「カスタムG"SA III"」をベースに、「パノラマモニター&純正ナビ装着用アップグレードパック」と「コンフォータブルパック」を特別装備し、更に「G"リミテッド SA III"」はカスタムに採用されているシルバー加飾付ピアノブラック塗装のセンタークラスターパネル、ピアノブラック調のエアコンパネル、メッキのエアコンレジスターノブとインナードアハンドルも特別装備され、ドアトリムのシルバー加飾を追加。また、カスタム専用の2トーンカラーも設定可能となる。

車名の由来編集

北欧神話雷神"THOR"から。"THOR"の意味である「力強く頼りがいがある相棒」に加え、同じ発音で背が高いを意味する"TALL"を重ねている[1]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 発売当初から2017年10月までは「家族に絶妙 新サイズ」。
  2. ^ 2017年10月から
  3. ^ 発売当初から2017年10月までのCMソングはレキシが担当。また、2016年11月から2017年5月まではCM本編にも本人が1カット分に限り出演していた。
  4. ^ 但し、リヤランプ(テール&ストップランプ)色においては、トール、ジャスティは標準レッド/カスタムクリア、ルーミーは共にレッド、タンクは共にクリアとなる。
  5. ^ 「X」はメーカーオプションにて装備可能

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集