ニッキー・ティーム

ニッキー・ティームNicki Thiim, 1989年4月17日 - )はデンマークスナボー出身のレーシングドライバー。2013年のポルシェ・スーパーカップ王者。2013年よりアストンマーティン・レーシングからFIA 世界耐久選手権(WEC)に出場しており、2016年、2019-20年にはマルコ・ソレンセンと共にGTクラスのドライバーズ選手権のチャンピオンを獲得している。

ニッキー・ティーム
Nicki Thiim (cropped).JPG
ニッキー・ティーム(2015年)
基本情報
国籍  デンマーク
生年月日 (1989-04-17) 1989年4月17日(32歳)
出身地  デンマークスナボー
親族 クルト・ティーム (父)
FIA 世界耐久選手権での経歴
デビュー 2013
所属 アストンマーティン・レーシング
車番 95
出走回数 46
優勝回数 11
ポールポジション 12
シリーズ最高順位 1st (2016, 2019-20)
過去参加シリーズ
2011-12, 14-15
2011-14
2009-15
2007-08
ADAC GTマスターズ
ポルシェ・スーパーカップ
ポルシェ・カレラカップ・ドイツ
セアト・レオン・スーペルコパ・ドイツ
選手権タイトル
2016, 2019-20
2013
2008
2006
GT FIA 世界耐久ドライバーズ選手権
ポルシェ・スーパーカップ
セアト・レオン・スーペルコパ・ドイツ
デンマーク・フォーミュラ・フォード選手権

1980年代から90年代にかけてツーリングカーを中心に活躍し、1986年のドイツツーリングカー選手権のチャンピオンであるクルト・ティームは父。

経歴編集

初期の経歴編集

ティームは10歳でカートを始め、2004年にデンマーク・フォーミュラ・フォード選手権に参戦して四輪レースデビューを果たした。2006年に同選手権でチャンピオンを獲得すると、翌年からはツーリングカーレースに転向し、GAG・レーシングチームからセアト・レオンのワンメイクレースであるセアト・レオン・スーペルコパ・ドイツに参戦した。参戦2年目の2008年には8勝を挙げてチャンピオンを獲得している。

ポルシェカップ編集

ティームは2009年に、アテンプト・レーシングチームからポルシェ・カレラカップ・ドイツに参戦を始めた。ザントフォールト戦で初の表彰台を獲得し、ランキング5位で最初のシーズンを終えた。2010年は同選手権に参戦しなかったものの、翌年には再びアテンプト・レーシングチームから復帰し、第4戦ラウジッツリンクで初優勝を飾った。

2012年からはポルシェ・スーパーカップにも本格的に参戦を始めた。参戦2年目となった2013年には、最終ラウンドを残して首位のシーン・エドワーズに次ぐランキング2位に着けていたが、10月にエドワーズはクイーンズランド・レースウェイでクラッシュのために亡くなった[1]。ティームはアブダビで行われた終盤2戦をいずれも優勝でレースを終え、この結果、エドワーズを22ポイント上回ってこの年のポルシェ・スーパーカップのチャンピオンを獲得した。

翌年もジェフリー・シュミットに代わってウォルター・レヒナー・レーシングから4戦目以降のポルシェ・スーパーカップに途中参戦し、2勝を挙げたほか、カレラカップ・ドイツには2015年まで参戦を続けた。

スポーツカー編集

ティームは2009年から2011年にかけて、フォルクスワーゲン・モータースポーツのドライバーとして、バイオ燃料を使用するフォルクスワーゲン・シロッコをドライブしてニュルブルクリンク24時間レースに出場した。このうち、2009年にはSP3Tクラスで優勝を果たしている。

2013年のニュルブルクリンク24時間レースにティームはベルント・シュナイダージェロエン・ブリークモレンシーン・エドワーズと共にメルセデス・ベンツ・SLS AMG GT3を使用するブラックファルコン9号車に乗り込み、雨のために9時間以上の中断を挟んだレースで総合優勝を果たした。この勝利はメルセデスにとって初のニュルブルクリンク24時間レースでの勝利であった[2]

2014年から15年にかけ、ティームはポルシェ・カレラカップ・ドイツと並行して、アウディ・R8 LMSを使用するW・レーシングチームアプト・スポーツラインから、ADAC GTマスターズやニュルブルクリンク24時間レースに出場した。2015年にはクリストファー・ミースクリスチャン・マメロウと共に、スパ24時間レースで3位を獲得している[3]

アストンマーティン(2013-)編集

2013年のル・マン24時間レースで事故死したアラン・シモンセンに代わり、アストンマーティン・レーシングよりLMGTE Amクラスに起用された[4]。ティームはインテルラゴス戦以降、ポルシェ・カレラカップ・ドイツと日程が重なった富士を除くすべてのレースに参戦し、最終戦バーレーン6時間レースではクラス優勝を飾った。翌年もLMGTE Amクラスに参戦し、リッチー・スタナウェイと出場するレースを分担して、デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソンクリスティアン・ポールセンという2人のデンマーク人と共にクラス4勝を挙げた。

2015年には、LMGTE Proクラスに出場するマルコ・ソレンセンクリストファー・ニギャルドの「デーン・トレイン」コンビに第三ドライバーとして加わり、ル・マンを含む3戦に出走した[5]。ル・マンでは序盤に予選5番手からトップに躍り出たものの、パワーステアリングのトラブルの修復に時間を要し、クラス首位から4周遅れの7位でレースを終えた[6]

2016年も引き続きソレンセンと共に95号車をドライブしたが、ティームにとって初めてシリーズの全戦に参加したシーズンとなった[7]。この年よりタイヤサプライヤーがミシュランからダンロップに変更され、アストンマーティンに最適化されたタイヤが供給された利点を生かし、第6戦オースティンで優勝したほか、シーズンを通して表彰台を安定して獲得し、最終戦バーレーンでも勝利してLMGTE Proクラスのタイトルを獲得した[8]

2018年からは市販車のモデルチェンジに合わせ、新型のアストンマーティン・ヴァンテージがWECに投入された[9]。しかし、バランス・オブ・パフォーマンス(BOP)に加え、再びミシュランにタイヤサプライヤーを変更したことが響き、とりわけ前半戦は他メーカーに比べてマシンの競争力に欠け、ティーム、ソレンセン組の勝利は悪天候となった上海戦のみにとどまった[10]

翌シーズンに向けて、アストンマーティンはタイヤの開発を重点的に行った。これが功を奏し、10月の富士戦でドライコンディション下での初勝利を収めると、バーレーンとオースティンでもクラス優勝を果たして、ソレンセンと共に自身二度目のチャンピオンに輝いた[11]。加えて、僚友の97号車と共にアストンマーティンの初のマニュファクチャラーズタイトル獲得にも貢献したが、このシーズンを最後にWECのGTE Proクラスから撤退した同社にとって、これが唯一のマニュファクチャラーズタイトルとなった。

レース戦績編集

ポルシェカップ編集

ポルシェ・カレラカップ・ドイツ編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 順位 ポイント
2009年 エルメス・アテンプト・レーシング HOC
4
LAU
3
NOR
6
ZAN
4
OSC
12
NÜR
17
CAT
12
DIJ
4
HOC
5
5位 99
2011年 HOC
14
ZAN
8
SPL
8
LAU
1
NÜR
Ret
NOR
2
NÜR
6
OSC
3
HOC
7
4位 94
2012年 HOC
1

7
HOC
2

4
LAU
1

1
LAU
2

17
NÜR
1

8
SPL
1

4
SPL
2

4
NOR
1

Ret
NOR
2

Ret
NÜR
1

2
NÜR
2

1
ZAN
1

2
ZAN
2

5
OSC
1

3
OSC
2

3
HOC
1

1
HOC
2

6
3位 202
2013年 アテンプト・レーシングチーム HOC
1

5
HOC
2

4
NÜR
1

3
SPL
1

Ret
SPL
2

14
LAU
1

DSQ
LAU
2

1
NOR
1

5
NOR
2

2
NÜR
1

2
NÜR
2

4
OSC
1

2
OSC
2

2
ZAN
1

11
ZAN
2

2
HOC
1

3
HOC
2

4
3位 217
2014年 QPOD ウォルター・レヒナー・レーシング HOC
1

2
HOC
2

18
OSC
1

4
OSC
2

Ret
HUN
1

4
HUN
2

2
NOR
1
NOR
2
SPL
1

2
SPL
2

8
NÜR
1

Ret
NÜR
2

DNS
LAU
1

13
LAU
2

5
SAC
1

1
SAC
2

1
HOC
1

2
HOC
2

2
5位 181
2015年 KÜSチーム75・ベルンハルト HOC
1

Ret
HOC
2

11
NÜR
1

8
LAU
1

3
LAU
2

7
NOR
1

1
NOR
2

1
ZAN
1

Ret
ZAN
2

3
SPL
1

12
SPL
2

Ret
OSC
1

7
OSC
2

3
NÜR
1

7
NÜR
2

5
HOC
1

6
HOC
2

4
5位 169

ポルシェ・スーパーカップ編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
2011年 アテンプト・レーシング IST CAT MON NÜR
Ret
SIL NÜR HUN NC 0
サニテック・アキレス・MRS・チーム SPA
14
MNZ
11
YMC YMC
2012年 エルメス・アテンプト・レーシング BHR
7
BHR
6
MON
Ret
VAL
4
SIL
8
HOC
5
HUN
4
HUN
2
SPA
1
MNZ
3
3位 123
2013年 アテンプト・レーシング CAT
2
MON
8
SIL
1
NÜR
2
HUN
8
SPA
8
MNZ
1
YMC
1
YMC
1
1位 140
2014年 レヒナー・レーシングチーム CAT MON SPL SIL
20
HOC
1
HUN
2
SPA
2
MNZ
6
COA
1
COA
11
8位 91

グランドツーリング編集

ADAC GTマスターズ編集

チーム 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 順位 ポイント
2011年 ラムダ・パフォーマンス フォード・GT GT3 OSC
1
OSC
2
SAC
1
SAC
2
ZOL
1
ZOL
2
NÜR
1
NÜR
2
SPL
1
SPL
2
LAU
1
LAU
2
ASS
1
ASS
2
HOC
1

21
HOC
2

Ret
NC 0
2012年 フォーグリーン・CO2・ニュートラル ポルシェ・911 GT3 R OSC
1

3
OSC
2

13
ZAN
1
ZAN
2
SAC
1
SAC
2
NÜR
1

19
NÜR
2

7
SPL
1
SPL
2
LAU
1
LAU
2
NÜR
1
NÜR
2
16位 50
チームGT3・カスコ HOC
1

Ret
HOC
2

Ret
2014年 プロスペリア・C.アプト・レーシング アウディ・R8 LMS ウルトラ OSC
1

Ret
OSC
2

Ret
ZAN
1

5
ZAN
2

3
LAU
1

20
LAU
2

22
RBR
1

19
RBR
2

16
SVK
1

20
SVK
2

Ret
NÜR
1

DSQ
NÜR
2

DNS
SAC
1

9
SAC
2

3
HOC
1

15
HOC
2

14
22位 42
2015年 C.アプト・レーシング OSC
1

8
OSC
2

15
RBR
1

12
RBR
2

13
SPA
1

11
SPA
2

4
LAU
1

11
LAU
2

14
NÜR
1

5
NÜR
2

Ret
SAC
1

Ret
SAC
2

9
ZAN
1

5
ZAN
2

3
HOC
1

8
HOC
2

1
12位 87

イギリスGT選手権編集

チーム 車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2018年 TFスポーツ アストンマーティン・V12ヴァンテージ GT3 GT3 OUL
1

11
OUL
2

3
ROC
1

8
SNE
1

1
SNE
2

3
SIL
1

1
SPA
1

Ret
BRH
1

3
DON
1

2
3位 148
2019年 アストンマーティン・ヴァンテージAMR GT3 GT3 OUL
1

10
OUL
2

Ret
SNE
1

8
SNE
2

4
SIL
1

2
DON
1

9
SPA
1

5
BRH
1

7
DON
1

10
8位 72.5

スパ・フランコルシャン24時間レース編集

スパ24時間レース 結果
チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回 順位 クラス
順位
2015年   アウディスポーツ・フェニックス・レーシング   クリスチャン・マメロウ
  クリストファー・ミース
アウディ・R8 LMS ウルトラ Pro 534 3位 3位
2018年   R・モータースポーツ   ジェイク・デニス
  マシュー・バキシビエール
アストンマーティン・V12ヴァンテージ GT3 Pro 508 9位 9位
2019年   オマーン・レーシングチーム
  TFスポーツ
  チャーリー・イーストウッド
  アフマド・アル・ハーシー
  サリー・ヨルチ
アストンマーティン・ヴァンテージAMR GT3 Pro-Am 359 22位 1位
2021年   ガレージ・59   マルコ・ソレンセン
  ロス・ガン
Pro 556 3位 3位

ニュルブルクリンク24時間レース編集

ニュルブルクリンク24時間レース 結果
チーム コ・ドライバー クラス 周回 順位 クラス
順位
2007年   MS・レーシング   マーティン・チョーニア
  フローリアン・ストル
  パウル・ハンスバーガー
セアト・レオン スーペルコパ SP3T 56 154位 8位
2008年   RJN・モータースポーツ   ヴィンセント・フォッセ
  アレックス・バンコム
  ハラルド・ミューラー
日産・350Z SP6 12 DNF DNF
2009年   フォルクスワーゲン・モータースポーツ   ジミー・ヨハンソン
  フローリアン・グルーバー
  マーティン・カールホッファー
フォルクスワーゲン・シロッコ GT-24 SP3T 142 15位 1位
2010年   ジミー・ヨハンソン
  フローリアン・グルーバー
  ペーター・テルティング
AT 128 52位 2位
2011年   レネ・ラスト
  フランク・マイルー
  ペーター・テルティング
フォルクスワーゲン・ゴルフ SP8T 40 DNF DNF
2013年   ブラックファルコン   ベルント・シュナイダー
  シーン・エドワーズ
  ジェロエン・ブリークモレン
メルセデス・ベンツ・SLS AMG GT3 SP9
GT3
88 1位 1位
2014年   プロスペリア・C.アプト・レーシング   マルコ・ゼーフリート
  リチャード・ウェストブルック
  アレックス・ミューラー
アウディ・R8 LMS ウルトラ SP9
GT3
114 DNF DNF
2015年   アウディスポーツ・チームWRT   クリストファー・ヨンス
  ピエール・カッファー
SP9
GT3
153 7位 7位
2016年   アストンマーティン・レーシング   マルコ・ソレンセン
  ペドロ・ラミー
  ダレン・ターナー
アストンマーティン・V12ヴァンテージ GT3 SP9 32 DNF DNF
2017年   アストンマーティン・ラゴンダ   ピーター・ケイト
  マルクス・ラングストラス
  ダレン・ターナー
アストンマーティン・GT8 SP7 147 21位 1位
2018年   アストンマーティン・レーシング   マルコ・ソレンセン
  マキシム・マルタン
  ダレン・ターナー
アストンマーティン・V12ヴァンテージ GT3 SP9
LG
134 4位 1位
2021年   フェニックス・レーシング   ミケーレ・ベレッタ
  キム=ルイス・シュラム
  フランク・スティップラー
アウディ・R8 LMS Evo SP9
Pro
56 17位 12位

スポーツカー編集

FIA 世界耐久選手権編集

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2013年 アストンマーティン・レーシング アストンマーティン・ヴァンテージGTE LMGTE Am SIL SPA LMN SÃO
Ret
COA
2
FSW SHA
Ret
BHR
1
7位 45
2014年 LMGTE Am SIL
1
SPA LMS
1
COA FSW
1
SHA BHR
1
SÃO
2
3位 125.5
2015年 LMGTE Pro SIL
4
SPA LMS
6
NÜR COA FSW SHA BHR
4
13位 41
2016年 LMGTE Pro SIL
3
SPA
Ret
LMN
2
NÜR
3
MEX
3
COA
1
FSW
5
SHA
4
BHR
1
1位 156
2017年 LMGTE Pro SIL
6
SPA
8
LMN
5
NÜR
4
MEX
1
COA
4
FSW
7
SHA
5
BHR
7
6位 104
2018-19年 アストンマーティン・ヴァンテージAMR LMGTE Pro SPA
7
LMN
5
SIL
17
FSW
6
SHA
1
SEB
9
SPA
7
LMN
Ret
9位 65.5
2019-20年 LMGTE Am SIL
5
FSW
1
SHA
5
BHR
1
COA
1
SPA
2
LMN
3
BHR
5
1位 172

ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ編集

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 順位 ポイント
2017年 TFスポーツ アストンマーティン・ヴァンテージ GTE LMGTE SIL
1
MON
2
SPL
3
CAS
2
SPA
5
ALG
3
2位 102

ル・マン24時間レース編集

ル・マン24時間レース 結果
チーム コドライバー 車両 クラス 周回 順位 クラス
順位
2014年   アストンマーティン・レーシング   デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン
  クリスチャン・ポールセン
アストンマーティン・ヴァンテージGTE GTE
Am
334 17位 1位
2015年   クリストファー・ニギャルド
  マルコ・ソレンセン
GTE
Pro
330 27位 4位
2016年   マルコ・ソレンセン
  ダレン・ターナー
GTE
Pro
338 23位 5位
2017年   マルコ・ソレンセン
  リッチー・スタナウェイ
GTE
Pro
334 25位 9位
2018年   マルコ・ソレンセン
  ダレン・ターナー
アストンマーティン・ヴァンテージAMR GTE
Pro
339 23位 8位
2019年   マルコ・ソレンセン
  ダレン・ターナー
GTE
Pro
132 DNF DNF
2020年   マルコ・ソレンセン
  リチャード・ウェストブルック
GTE
Pro
343 22位 3位
2021年   ポール・ダラ・ラナ
  マルコス・ゴメス
GTE
Am
45 DNF DNF

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “ニュル24時間勝者のショーン・エドワーズが事故死”. As-web. (2013年10月15日). https://www.as-web.jp/past/%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%ab24%e6%99%82%e9%96%93%e5%8b%9d%e8%80%85%e3%81%ae%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%a8%e3%83%89%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%81%8c%e4%ba%8b%e6%95%85%e6%ad%bb 2020年4月16日閲覧。 
  2. ^ “ニュル24時間:メルセデスSLSが初勝利を飾る”. As-web. (2013年5月21日). https://www.as-web.jp/past/%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%ab24%e6%99%82%e9%96%93%ef%bc%9a%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%82%bb%e3%83%87%e3%82%b9sls%e3%81%8c%e5%88%9d%e5%8b%9d%e5%88%a9%e3%82%92%e9%a3%be%e3%82%8b 2020年4月16日閲覧。 
  3. ^ “スパ24時間:マルクVDSの46号車Z4が勝利”. As-web. (2015年7月27日). https://www.as-web.jp/past/%e3%82%b9%e3%83%9124%e6%99%82%e9%96%93%ef%bc%9a%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%82%afvds%e3%81%ae46%e5%8f%b7%e8%bb%8az4%e3%81%8c%e5%8b%9d%e5%88%a9 2020年4月16日閲覧。 
  4. ^ “Thiim to replace late Simonsen in Interlagos WEC round”. Autosport. (2013年8月14日). https://www.autosport.com/wec/news/109270/thiim-to-replace-simonsen-in-brazil 2020年4月16日閲覧。 
  5. ^ “AMR、WEC参戦ラインナップ発表。ニュルも2台投入”. As-web. (2015年3月20日). https://www.as-web.jp/past/amr%e3%80%81wec%e5%8f%82%e6%88%a6%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%83%e3%83%97%e7%99%ba%e8%a1%a8%e3%80%82%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%ab%e3%82%822%e5%8f%b0%e6%8a%95%e5%85%a5 2020年4月16日閲覧。 
  6. ^ “The star performers at Le Mans”. Autosport. (2015年6月16日). https://www.autosport.com/wec/feature/6551/the-star-performers-at-le-mans 2020年4月16日閲覧。 
  7. ^ “アストンマーチン、新バンテージGTE公開。DL採用”. As-web. (2016年2月20日). https://www.as-web.jp/sports-car/1592 2020年4月16日閲覧。 
  8. ^ “WECバーレーン:2号車ポルシェがタイトル獲得。アウディ勢はワン・ツーフィニッシュで有終の美を飾る”. As-web. (2016年11月20日). https://www.as-web.jp/sports-car/67495 2020年4月16日閲覧。 
  9. ^ “アストンマーチン、新型『バンテージGTE』を公開、アレックス・リンの加入も発表”. As-web. (2017年11月22日). https://www.as-web.jp/sports-car/183258 2020年4月16日閲覧。 
  10. ^ “WEC上海:アストンマーチン、新型バンテージが初優勝。「シーズン序盤は苦戦も、最高の結果で2018年を締めくくれた」”. As-web. (2018年11月22日). https://www.as-web.jp/sports-car/432958 2020年4月16日閲覧。 
  11. ^ “小林可夢偉組トヨタ7号車が世界タイトル奪取! LMP2はラスト10分まで僅差のバトル【WECバーレーン決勝レポート】”. As-web. (2020年11月15日). https://www.as-web.jp/sports-car/645311 2020年4月16日閲覧。 

外部リンク編集