メインメニューを開く

ニュージーランドの若大将』は、加山雄三主演の日本映画若大将シリーズの第14弾。ニュージーランドオーストラリアでロケーションされた。1969年7月12日公開。東宝製作。同時上映『ザ・タイガース ハーイ!ロンドン』(ザ・タイガース主演)。

ニュージーランドの若大将
監督 福田純
脚本 田波靖男
製作 藤本真澄
大森幹彦
出演者 加山雄三
酒井和歌子
田中邦衛
音楽 広瀬健次郎
主題歌 『ニュージーランド若大将』『氷河の上を』
撮影 宇野晋作
編集 岩下広一
配給 東宝
公開 日本の旗 1969年7月12日
上映時間 86分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 1億8400万円
前作 フレッシュマン若大将
次作 ブラボー!若大将
テンプレートを表示

目次

概要編集

1969年1月に公開された若大将シリーズ社会人篇『フレシュマン若大将』の第2弾として同年7月に公開した本作は、前作の続篇的な設定で日東自動車のサラリーマンとして恋に仕事に活躍する若大将を描いている。前作からは半年後の公開だったが加山の実年齢に近づけるために2年間の海外赴任をしていたという設定でニュージーランドとオーストラリアで長期ロケが敢行された。プロデューサーの大森幹彦によれば、企画としては『ニュージーランドの若大将』が先にあったが、急遽、北海道ロケ篇を作ることになり2作が繋がった形になったという。[1]

ストーリー編集

田沼雄一(加山雄三)は2年間のオーストラリアの駐在生活を出勤前にシドニー湾でクルージングするなどエンジョイしていたが、急遽本社の日東自動車からの命令で帰国することになる。帰国早々の空港でライバル会社が出迎えた外国人を追おうとして偶然にニュージーランド産業振興会に勤める森川節子(酒井和歌子)と同じタクシーに乗り合う。節子から当の外国人がニュージーランドの実業家オハラ氏であることを知る。宣伝課に配属された雄一は、藤原課長(藤岡琢也)のもと同期入社の小山(小鹿敦)や大島昌子(岡田可愛)と会社に出入りする大学時代からの悪友で旅行代理店・世界航空社長の青大将こと石山(田中邦衛)らと楽しく再会を祝うのだった。雄一が再び出逢った節子に目をつけた青大将は猛烈にアタックをし始め、雄一にはモデルの朝吹マリ(中山麻里)が言い寄る始末。一方、実家の鋤焼き屋・田能久でも父親(有島一郎)が支店をおろそかにして女性にのめりこんでいることにおばあちゃん(飯田蝶子)や妹と大学時代からの親友の江口の夫婦(中真千子、江原達怡)らは怒り心頭である。そんな折、ニュージーランドでのライバル会社の攻勢に対抗するため雄一は、肉の買い付けのために同行する江口とともにニュージーランドに飛ぶことになった。そんな雄一を追って節子も、また節子について青大将もニュージーランドに赴くのだった。

スタッフ編集

キャスト編集

挿入歌編集

  • 「ニュージーランドの若大将」 ※オープニングに使用された。
  • 「氷河の上を」 ※エンディングに使用された。
  • 「大空の彼方」 ※節子とのデートの前に、雄一が部屋を掃除するシーンに使用された。
  • 「サムタイム・サムホエア」 ※シドニーでの雄一とエリザベスの別れのシーンに使用された。
  • 「ウォージング・マティルダ」 ※雄一の歓迎会で、雄一の音頭で全員が歌った。

参照編集

  1. ^ ^ プロデューサー対談 大森幹彦×安武龍(『若大将グラフィティ』角川書店、1995年12月)
若大将映画作品
通番 題名 公開日 脚本 監督
第1作 大学の若大将 1961年7月8日 笠原良三
田波靖男
杉江敏男
第2作 銀座の若大将 1962年2月10日
第3作 日本一の若大将 1962年7月14日 福田純
第4作 ハワイの若大将 1963年8月11日
第5作 海の若大将 1965年8月8日 田波靖男 古澤憲吾
第6作 エレキの若大将 1965年12月9日 岩内克己
第7作 アルプスの若大将 1966年5月28日 古澤憲吾
第8作 歌う若大将 1966年9月10日 長野卓
第9作 レッツゴー!若大将 1967年1月1日 岩内克己
第10作 南太平洋の若大将 1967年7月1日 古澤憲吾
第11作 ゴー!ゴー!若大将 1967年12月31日 岩内克己
第12作 リオの若大将 1968年7月13日
第13作 フレッシュマン若大将 1969年1月1日 福田純
第14作 ニュージーランドの若大将 1969年7月12日
第15作 ブラボー!若大将 1970年1月1日 岩内克己
第16作 俺の空だぜ!若大将 1970年8月14日 小谷承靖
第17作 若大将対青大将 1971年1月9日 岩内克己
第18作 帰ってきた若大将 1981年2月11日 小谷承靖