学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話

ビリギャル 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話から転送)

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(がくねんビリのギャルがいちねんでへんさちをよんじゅうあげてけいおうだいがくにげんえきごうかくしたはなし)は、坪田信貴[1][2][3]によるノンフィクション作品[4]、およびアスキー・メディアワークスにより2013年に書籍化された同名の書籍である[5]。通称「ビリギャル[6]

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話
著者 坪田信貴
イラスト 飯塚昌太(写真)モデル:石川恋
発行日 2013年12月27日
発行元 KADOKAWA
ジャンル ノンフィクション
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 320
公式サイト ビリギャル公式サイト
コード ISBN 978-4-04-891983-8
Portal.svg ウィキポータル 文学
Portal.svg ウィキポータル 書物
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示
学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話
[文庫特別版]
著者 坪田信貴
発行日 2015年4月10日
発行元 KADOKAWA
ジャンル ノンフィクション
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 文庫
ページ数 240
公式サイト ビリギャル公式サイト
コード ISBN 978-4-04-865095-3
Portal.svg ウィキポータル 文学
Portal.svg ウィキポータル 書物
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

2015年5月に土井裕泰監督、有村架純主演により『映画 ビリギャル』と題して映画化され[6]、映画公開に先立って2015年4月10日に文庫特別版が刊行された[7]

目次

概要編集

素行不良のギャルであり、高校2年生で小学4年生程度の学力しかなかった少女・さやかが、坪田の指導を受け、周りと助け合い学力偏差値を上昇させ慶應義塾大学に現役合格するまでを描いた実話[8]。書籍は2013年発行だが、モデルとなった女性は2014年時点で26歳であり、その高校時代のエピソードである[8]

2015年5月現在、累計発行部数は100万部超[9]。表紙カバーに起用されている女性はモデル石川恋であり、「さやかちゃん」本人ではない[10]

あらすじ編集

幼い頃から学校に馴染めず転校を繰り返していたさやかはある日の下校中、とある中学校の制服に目を奪われる。それを眺めていた母親がその中学校ならエスカレーター式に高校や大学にあがれるためずっと好きなことをやって楽しくいられるからと言って進学を勧める。それを聞いたさやかは即入学を決め晴れて入学し、その後同じクラスのおしゃれ集団と仲良くなった。彼女らと行動するにつれスカートの丈は短くなり、化粧は濃くなり、勉強もせずに遊ぶ生活が続いていった。そのため高校では1番出来の悪いクラスに入れられ授業中にも関わらず雑誌を読んだり化粧をしながら日々を過ごし、挙句の果には担任にクズ呼ばわれされる始末となっていた。 そんなある日、担任がさやかのバッグからタバコのケースを発見し自宅謹慎になる。ちょうど夏休み前だった事もあり頭髪を金髪にした。そんな時母からある塾の広告を見せられ塾に通う事になったが入校テストでは塾の担任もお手上げの回答ばかり。ただとりあえず目標を持たなければいけないと言われ半ば強引に志望校を慶應義塾大学にした。ろくに勉強をしてこなかったさやかだが真剣に向き合ってくれる先生や同じ塾にさやかと同じタイミングで入ってきた弁護士を目指すゲーマーのれいじと一緒に勉強する事で意欲を増してゆく。またクラス担任に慶應を受けると宣言し馬鹿にされ、受かったら校庭を裸で逆立ちして歩くと約束されより一層意欲を増すのであった。

受験編集

名古屋のお嬢様学校(SSKの3校はいずれも学力偏差値60台の進学校)に中学校受験で合格、当時は4教科ではなく国語算数の2教科だった。高校2年の夏に大学進学を考える母親に連れられて個別指導学習会に入塾した時点で学年でビリの偏差値30以下、週に3回夏期講習に通い夏休みの最後を友達と遊ぶという、遊びと勉強の両立を行うようになる。夏休みの間に中学校英語に関しては復習を終わらせ学習漫画の学研まんが日本の歴史を読む、夏期講習受講後の二学期からは勉強に集中し週4回塾に通う。河合塾第2回全統記述模試(記述・論述式)で英語の全国偏差値は70.4になるも慶應義塾大学の合格判定はE判定。辞書で単語を覚える、学習漫画を読み込む、2006年1月23日ライブドア社長の堀江貴文逮捕された事件などについて話し合うなど思考力を高めていった。高校3年生に上がる頃には「無制限コース」という日曜を除けば塾へ毎日来られる学習コースを百数十万円を前払いして受講。最初からセンスがあり小論文が得意だったこと、英語の試験においても文章読解力が必要で文学部の過去問を9割以上取ることが出来るなど相性の良い慶應義塾大学センター試験を利用せず受験科目が少ない入学試験に的を絞る。

  • 慶應義塾大学 文学部 偏差値70前後{外国語(コミュニケーション英語基礎・コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・コミュニケーション英語III・英語表現I・英語表現II)、(ドイツ語フランス語中国語のうち1科目選択)、地理歴史世界史B日本史Bのうち1科目選択)、小論文(資料を与えて、理解と表現の能力を総合的に問う。)、第2次試験の面接試験は行わない}
  • 慶應義塾大学 総合政策学部 偏差値70前後{外国語((a)コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・コミュニケーション英語III・英語表現I・英語表現II、(b)(a)+ドイツ語、(c)(a)+フランス語 の(a)、(b)、(c)のうち、いずれか1つを選択する)。小論文(発想、論理的構成、表現などの総合的能力を問う。)第2次試験の面接試験は行わない}

文学部の歴史科目の配点の比重は少なく、長文1題で辞書持ち込み可の英語で得点を上げる事を狙い。受験勉強は英語1科目に集中し、母親は受験に関係ない学校の授業では娘の居眠りを許容しろと学校に直談判した。受験では滑り止めとして明治大学(合格)、関西学院大学(合格)。対抗として上智大学(不合格)。本命として慶應義塾大学経済学部(不合格)、慶應義塾大学商学部(不合格)、慶應義塾大学文学部(不合格)、慶應義塾大学総合政策学部(合格判定)等を受験した[11]

登場人物のその後編集

さやかのモデルとなった女性小林さやかは、もともと名古屋市でお嬢様学校として有名な中高大一貫の私立校(学校法人愛知淑徳学園)に通学していたが、中学生のときに家庭の不和などの影響で非行化し、無期停学を言い渡されるほどとなった。しかし上述の指導により慶應義塾大学文学部には不合格だったものの総合政策学部一般入試で現役合格し、入学した[12][13]。大学生活ではゼミナールへの所属や卒業論文作製はなく、広告学研究会のサークルに所属し、フリーペーパーの発行やミス・コンテストの運営などに参加した[14]。2010年に卒業後はサービス業に従事する希望を抱き、東京都で大手ブライダル会社に就職しウェディングプランナーとなったが、一旦退職したのち、別の小規模なブライダル会社に転職しプランナーを続けている。受験や本が作られる過程で家族との関係も改善し、中学生だった妹の小林まゆは同じく坪田信貴の元で学び上智大学心理学科に合格。プロ野球選手にさせたい父親のスパルタ教育を受けて挫折し、思春期に自暴自棄になっていた2歳年下の弟(長男)も立ち直って経営者を目指すようになる。母親の橘こころ(渾名:ああちゃん)との共著で『ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話』という本も出版された。2014年7月27日には両親の結婚記念日(1987年7月27日)と同じ日に自らも結婚してその様子はFNS27時間テレビで生中継された[8][15][16][17][18][19]

映画編集

映画 ビリギャル
Flying Colors
監督 土井裕泰
脚本 橋本裕志
原作 坪田信貴
製作 那須田淳
進藤淳一
製作総指揮 渡辺正一
出演者 有村架純
伊藤淳史
野村周平
大内田悠平
奥田こころ
あがた森魚
安田顕
松井愛莉
蔵下穂波
阿部菜渚美
山田望叶
矢島健一
中村靖日
峯村リエ
吉田羊
田中哲司
音楽 瀬川英史
主題歌 サンボマスター「可能性」
撮影 花村也寸志
編集 穂垣順之助
山本清香
制作会社 フィルムフェイス
製作会社 映画「ビリギャル」製作委員会
配給 東宝
公開   2015年5月1日
 2015年10月22日
 2015年11月13日
 2016年4月14日
上映時間 117分
製作国   日本
言語 日本語
興行収入 28.4億円[20]
テンプレートを表示

映画 ビリギャル』(えいが ビリギャル)のタイトルで2015年5月1日に公開された。監督は土井裕泰、主演は有村架純[21]

キャスト編集

キャスト出典:[26][27]

スタッフ編集

受賞編集

テレビ放送編集

2016年12月26日月曜)には、TBS系列の21:00 - 23:19(JST。『月曜名作劇場』扱いはされない)で地上波初放送された[39]

漫画編集

ビリギャル 〜学年ビリからの慶應大学合格記〜[40]のタイトルで、『LaLa DX』(白泉社)2015年5月号[40]から11月号まで連載。作者はナッツ。

  1. 2015年12月10日第1刷発行 ISBN 978-4-592-19100-1

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 愛を積むひと』『日々ロック』『台風のノルダ』と合わせて受賞。
  2. ^ ほか3作品(『愛を積むひと』『脳内ポイズンベリー』『HERO』)と合わせて受賞。
  3. ^ 映画『ストロボ・エッジ』、テレビドラマ『ようこそ、わが家へ』『永遠のぼくら sea side blue』『海に降る』『世にも奇妙な物語 傑作復活編〜昨日公園』とともに受賞
  4. ^ 映画『脳内ポイズンベリー』『HERO』、テレビドラマ『ウロボロス〜この愛こそ、正義。』『風の峠〜銀漢の賦〜』『ドS刑事』『3つの街の物語』『恋仲』『コウノドリ』とともに受賞

出典編集

  1. ^ 名古屋の個別指導塾 坪田塾
  2. ^ KADOKAWA アスキーメディアワークス ブランドカンパニー (2014年7月28日). “ニュースリリース (PDF)”. KADOKAWA. 2014年12月14日閲覧。
  3. ^ 【お知らせ】坪田塾 発足につきまして”. 坪田塾 (2014年11月5日). 2014年12月14日閲覧。
  4. ^ [ビリギャル]学年でビリだったギャルが、1年で偏差値を40あげて日本でトップの私立大学、慶應大学に現役で合格した話 / 坪田 信貴 | STORYS.JP
  5. ^ AMW|雑誌・書籍検索 『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大に現役合格した話』
  6. ^ a b 入倉功一 (2014年11月13日). “有村架純、超ミニスカ金髪ギャルに挑戦!ベストセラー「ビリギャル」映画化”. シネマトゥデイ. 2014年12月12日閲覧。
  7. ^ ビリギャル公式サイト2015年4月20日閲覧。
  8. ^ a b c 摂待卓 (2014年5月6日). “慶応大に進学した“ビリギャル” その後の物語”. 日本経済新聞. 2014年12月13日閲覧。
  9. ^ 『ビリギャル』単行本&文庫特別版 累計発行100万部突破! 映画『ビリギャル』も観客動員100万人を突破!!”. PR TIMES (2015年5月12日). 2015年6月2日閲覧。
  10. ^ ビリギャル公式サイト、2014年12月13日閲覧。
  11. ^ ビリギャルに実は“ビリ”じゃなかった疑惑が…正体は名門私立中高一貫校のお嬢様!?|LITERA/リテラ 本と雑誌の知を再発見
  12. ^ 総合政策学部:慶應義塾大学 学部入学案内(入学センター)
  13. ^ 総合政策学部・環境情報学部 | 慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス(SFC)
  14. ^ 慶應義塾広告学研究会
  15. ^ この節の出典。初登場! 私が慶應に受かった「ビリギャル」です えっ、あの表紙のギャルは別人だったの?」、『週刊現代』2014年4月5日号、講談社2014年12月13日閲覧。
  16. ^ 「ビリギャル」母娘が明かす 崩壊寸前だった家族と子育て法│NEWSポストセブン
  17. ^ 伊達政宗をいたちせいしゅうと読み、定期テストで0点を取っていた美少女が、英語ペラペラになって上智大学 心理学科に合格した話 / 坪田 信貴 | STORYS.JP
  18. ^ 【パート2】伊達政宗をいたちせいしゅうと読み、定期テストで0点を取っていた美少女が、英語ペラペラになって上智大学 心理学科に合格した話 / 坪田 信貴 | STORYS.JP
  19. ^ AMW|雑誌・書籍検索 『ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話』ISBN 978-4-04-869153-6
  20. ^ 2015年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  21. ^ 有村架純、金髪ギャル女子高生役で主演 書籍『ビリギャル』実写映画化”. オリコンスタイル (2014年11月13日). 2014年12月13日閲覧。
  22. ^ 5/1(金)公開の映画『ビリギャル』に出演決定!!(2015年2月20日)、レプロエンタテインメント、2015年3月8日閲覧。
  23. ^ a b 根本真陽・西川茉佑 出演情報”. HIRATA BEANS Official Blog (2015年5月1日). 2015年5月1日閲覧。
  24. ^ 金子海音 (2015年5月1日). “ご無沙汰です。”. 金子海音「きのみょんこ 2」. 2015年5月7日閲覧。
  25. ^ smilemonkey_jpのツイート (593723348326088704)
  26. ^ 有村架純の金髪ギャル姿公開&伊藤淳史が塾講師役に、映画『ビリギャル』続報(2015年1月14日)、CINRA.NET、2015年1月14日閲覧。
  27. ^ 映画「ビリギャル」公式サイト、2015年2月3日閲覧。
  28. ^ 有村架純『ビリギャル』劇中歌にタワレコ店員大抜擢!”. シネマトゥディ (2015年3月31日). 2015年4月1日閲覧。
  29. ^ 新人監督の登竜門「新藤兼人賞」 本年度金賞は「グッド・ストライプス」岨手由貴子監督に”. 映画.com (2015年11月17日). 2015年11月17日閲覧。
  30. ^ “野村周平「夢だった」受賞に歓喜 同時受賞の広瀬すず&杉咲花にメッセージも”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年11月21日). http://www.oricon.co.jp/news/2065470/full/ 2016年1月18日閲覧。 
  31. ^ “【報知映画賞】吉田「羊年景気」舞台女優から18年…「天にも昇る気持ち」”. スポーツ報知. (2015年11月26日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/feature/hochi_eigashou/20151125-OHT1T50225.html 2015年11月26日閲覧。 
  32. ^ “日本アカデミー賞優秀賞発表 『海街diary』が最多12部門受賞”. ORICON STYLE (オリコン). (2016年1月18日). http://www.oricon.co.jp/news/2065470/full/ 2016年1月18日閲覧。 
  33. ^ 【ブルーリボン賞】主演女優賞・有村架純、人生初映画賞に歓喜”. スポーツ報知 (2016年1月27日). 2016年1月27日閲覧。
  34. ^ 【ブルーリボン賞】助演女優賞・吉田羊、母親役極める!”. スポーツ報知 (2016年1月27日). 2016年1月27日閲覧。
  35. ^ 2016年 エランドール賞 受賞作品・受賞者”. 一般社団法人 日本映画テレビプロデューサー協会. 2016年2月5日閲覧。
  36. ^ 綾瀬はるかや広瀬すずも爆笑!樹木希林の爆笑スピーチ”. Movie Walker (2016年2月7日). 2016年2月8日閲覧。
  37. ^ 日本映画批評家大賞 2016公式サイト”. 日本映画批評家大賞. 2016年5月26日閲覧。
  38. ^ “「バクマン。」製作者、監督への注文はマルサの女×キッズ・リターン!?藤本賞授賞式”. 映画ナタリー. (2016年6月17日). http://natalie.mu/eiga/news/191210 2016年6月17日閲覧。 
  39. ^ TVステーション」(ダイヤモンド社)関東版2017年1号 80頁
  40. ^ a b 「ビリギャル」マンガ版がLaLa DXで開始、有村架純主演映画の公開も間近”. コミックナタリー (2015年4月10日). 2015年12月25日閲覧。

外部リンク編集