メインメニューを開く
2007年のFIAフォーミュラ1
世界選手権
前年: 2006 翌年: 2008
一覧: 開催国 | 開催レース

2007年のF1世界選手権は、FIAフォーミュラ1世界選手権の第58回大会となる。2007年3月18日にオーストラリアで開幕し、10月21日にブラジルで開催された最終戦まで、全17戦で争われた。

目次

シーズン概要編集

1ポイント差の明暗編集

 
ドライバーズチャンピオンを争ったハミルトン(右端)、ライコネン(右2人目)、アロンソ(左端)の3名
 
最終戦ブラジルGPのスタート

ブリヂストンミシュランという構図で続いてきたタイヤ戦争がミシュランの撤退により終結し、ブリヂストンタイヤのワンメイクで行われることになった。

ミハエル・シューマッハの引退(後に2010年に復帰)という節目を迎え、ドライバーラインナップも様変わりした。2年連続チャンピオンとなったフェルナンド・アロンソマクラーレンへ移籍し、マクラーレンの秘蔵っ子と称されて今季よりF1デビューのルイス・ハミルトンとコンビを組む。また、シューマッハの後任としてキミ・ライコネンフェラーリへ移籍した。

この年はPPと優勝は全戦マクラーレン勢とフェラーリ勢が独占した。ハミルトンはデビュー6戦目のカナダGPで初優勝し、新人らしからぬ大活躍でシーズン終盤までポイントリーダーの座をキープした。一方、アロンソは自分の地位を脅かすに至ったハミルトンとの確執に加えてロン・デニスらチーム首脳との対立が表面化、マクラーレンはかつてのセナプロスト時代のようなチーム分裂状態に陥った。ハミルトンは第15戦日本GPを制して史上2人目のルーキーチャンピオン[1]に王手をかけたが、ミスやトラブルによってラスト2戦で失速。ライコネンは一時タイトルを絶望視されていたが、チームの協力もあってラスト2戦を連勝、ハミルトンとアロンソを1ポイント差で逆転して自身初のドライバーズチャンピオンに輝いた。フィンランド人としてはケケ・ロズベルグミカ・ハッキネンに続く3人目の王者である。

スパイゲートの激震編集

そんな中、マクラーレンのエンジニアのマイク・コフランナイジェル・ステップニー(元フェラーリ)の間でデータ漏洩疑惑(スパイゲート)と言う大スキャンダルが発覚し、審議の結果、マクラーレンは2007年のコンストラクターズポイントを剥奪の上、罰金5000万ドル(57億円)以上[2]という前例のない厳罰を受けた。

コンストラクターズ部門はマクラーレンが8勝8ポールポジション (PP) 、フェラーリが9勝9PPとほぼ互角の成績で、総獲得ポイントではマクラーレンが上回ったが、前述のポイント剥奪裁定によりフェラーリがタイトルを獲得した。

新人当たり年編集

この年にF1デビューを果たしたドライバーは6人。先述のルイス・ハミルトンはその年の多くでポイントリーダーに立ち、ルーキーチャンピオンの快挙に大きな期待を持たせたが、惜しくも届かなかった。ヘイキ・コバライネンはルノーのエースであったジャンカルロ・フィジケラをランキングで上回り、デビューから16戦連続完走を達成した。エイドリアン・スーティルは、デビューしたチームが前述の2人に比べると非力なスパイカーF1であったため成績では目立たなかったが、経験のあるクリスチャン・アルバースを上回ったり、雨のレースとなった日本グランプリで8位入賞に入るなど、才能を発揮した。セバスチャン・ベッテルアメリカグランプリロベルト・クビサの代役でデビューし、デビュー戦で当時の最年少入賞記録を更新、翌年以降の大活躍につながった。マルクス・ヴィンケルホックは1戦のみの参戦だったが、デビュー戦で作戦が当たりラップリーダーに輝き、インパクトを見せつけた。中嶋一貴は最終戦ブラジルグランプリでデビュー、日本人初の2世ドライバーとなった。翌年にはデビューわずか2戦目でポイントを獲得するなど、活躍した。

その他の出来事編集

レギュレーションの変更編集

  • エンジン
    • 前年の日本GP時点の仕様にて開発を凍結。期間は2010年シーズンまでとされたが、その後2013年まで延長された。
    • 最高回転数を19,000rpmに制限。
    • 2レース1エンジン規定から金曜フリー走行は除外する。
 
2種類のタイヤの識別用にペイントされた白線
  • タイヤ
    • ブリヂストンが単独サプライヤーとなる。各レース2種類(プライムとオプション)のタイヤを供給する。観客(TV視聴者)が区別しやすいよう、ソフト側のタイヤにはマーキングを施す。開幕戦オーストラリアGPではサイドウォールに白丸を描いたが、見えにくいという意見を受けて、グルーブドタイヤの溝に白線1本を引く方式に修正された。[3]
    • レース中2種類のタイヤ使用を義務付ける。ただし、ウェットレースではこの義務が解除される。路面状況に合わないタイヤでも使用しなければならず、レースによっては波乱を生む要因になった。
    • 各ドライバーの使用セットを7→14セットに拡大(金曜4、土日10)。
  • フリー走行
    • 金曜フリー走行を60分×2セッションから90分×2セッションに延長する。
    • 金曜フリー走行に出走できるのは各チーム最大2名まで(サードカーの禁止)。サードドライバーを起用しても良い。
  • ピットレーン
    • ピットレーン走行速度を減速。フリー走行は80km/h→60km/h、予選・決勝は100km/h→80km/h。
    • セーフティカー導入時、給油目的のピットインは禁止される(その他の作業は可能)。

この他に、チーム間の紳士協定として、年間テスト走行距離が30,000kmまでに制限された。日数は自由で、使用タイヤは300セットまで。シーズン中のテストでは1台のみ走行。

開催地及び勝者編集

  • 前年にコモンウェルスゲームズイギリス連邦大会)との重複を避ける為、第3戦として開催されたオーストラリアGPがバーレーンGPと入れ替わって2年ぶりの開幕戦となった。
  • 1981年から26年間連続して開催されてきたサンマリノGPがサーキット設備の問題と1国1開催の原則から開催されないことになった。
  • 1995年から12年間連続してドイツで2レース開催されてきたが、ホッケンハイムの経営難の問題と1国1開催の原則から、ニュルブルクリンクのみでの開催となった。
    • ドイツで開催されるこのグランプリは当初「ドイツGP」として発表されたが、シーズン開幕後の4月14日に「ヨーロッパGP」へと改称された。[4]このため、2007年は1960年以来47年振りに、“F1のドイツGPが開催されない年”となる。1960年のドイツGPはF2レースとして開催されており、2007年に「ドイツGP」を冠したイベントが何も開催されない場合、その前例は1955年までさかのぼることとなる。
  • ベルギーGP2005年以来2年ぶりに開催された。
  • 1987年から20年間連続して開催されてきた鈴鹿に代わり、富士1977年以来30年ぶりに日本GPが開催されることになった。
ラウンド レース 開催日 開催地 ポールポジション ファステストラップ 優勝者 コンストラクター レポート
1   オーストラリアグランプリ 3月18日 メルボルン   キミ・ライコネン   キミ・ライコネン   キミ・ライコネン   フェラーリ 詳細
2   マレーシアグランプリ 4月8日 セパン   フェリペ・マッサ   ルイス・ハミルトン   フェルナンド・アロンソ   マクラーレン-メルセデス 詳細
3   バーレーングランプリ 4月15日 バーレーン   フェリペ・マッサ   フェリペ・マッサ   フェリペ・マッサ   フェラーリ 詳細
4   スペイングランプリ 5月13日 バルセロナ   フェリペ・マッサ   フェリペ・マッサ   フェリペ・マッサ   フェラーリ 詳細
5   モナコグランプリ 5月27日 モナコ   フェルナンド・アロンソ   フェルナンド・アロンソ   フェルナンド・アロンソ   マクラーレン-メルセデス 詳細
6   カナダグランプリ 6月10日 モントリオール   ルイス・ハミルトン   フェルナンド・アロンソ   ルイス・ハミルトン   マクラーレン-メルセデス 詳細
7   アメリカグランプリ 6月17日 インディアナポリス   ルイス・ハミルトン   キミ・ライコネン   ルイス・ハミルトン   マクラーレン-メルセデス 詳細
8   フランスグランプリ 7月1日 マニクール   フェリペ・マッサ   フェリペ・マッサ   キミ・ライコネン   フェラーリ 詳細
9   イギリスグランプリ 7月8日 シルバーストン   ルイス・ハミルトン   キミ・ライコネン   キミ・ライコネン   フェラーリ 詳細
10   ヨーロッパグランプリ 7月22日 ニュルブルクリンク   キミ・ライコネン   フェリペ・マッサ   フェルナンド・アロンソ   マクラーレン-メルセデス 詳細
11   ハンガリーグランプリ 8月5日 ハンガロリンク   ルイス・ハミルトン   キミ・ライコネン   ルイス・ハミルトン   マクラーレン-メルセデス‡* 詳細
12   トルコグランプリ 8月26日 イスタンブール・パーク   フェリペ・マッサ   キミ・ライコネン   フェリペ・マッサ   フェラーリ 詳細
13   イタリアグランプリ 9月9日 モンツァ   フェルナンド・アロンソ   フェルナンド・アロンソ   フェルナンド・アロンソ   マクラーレン-メルセデス 詳細
14   ベルギーグランプリ 9月16日 スパ・フランコルシャン   キミ・ライコネン   フェリペ・マッサ   キミ・ライコネン   フェラーリ 詳細
15   日本グランプリ 9月30日 富士   ルイス・ハミルトン   ルイス・ハミルトン   ルイス・ハミルトン   マクラーレン-メルセデス 詳細
16   中国グランプリ 10月7日 上海   ルイス・ハミルトン   フェリペ・マッサ   キミ・ライコネン   フェラーリ 詳細
17   ブラジルグランプリ 10月21日 インテルラゴス   フェリペ・マッサ   キミ・ライコネン   キミ・ライコネン   フェラーリ 詳細

エントリーリスト編集

エントラント コンストラクター シャシー エンジン タイヤ No. ドライバー テストドライバー
  ボーダフォンマクラーレンメルセデス マクラーレン MP4-22 メルセデスFO108T B 1   フェルナンド・アロンソ   ペドロ・デ・ラ・ロサ
  ゲイリー・パフェット
2   ルイス・ハミルトン
  INGルノーF1チーム ルノー R27 ルノーRS27 B 3   ジャンカルロ・フィジケラ   リカルド・ゾンタ
  ネルソン・ピケJr.
4   ヘイキ・コバライネン
  スクーデリア・フェラーリマールボロ フェラーリ F2007 フェラーリTipo056 B 5   フェリペ・マッサ   ルカ・バドエル
  マルク・ジェネ
6   キミ・ライコネン
  ホンダ・レーシング・F1チーム ホンダ RA107 ホンダRA807E B 7   ジェンソン・バトン   クリスチャン・クリエン
  ジェームズ・ロシター
  マイク・コンウェイ
8   ルーベンス・バリチェロ
  BMWザウバーF1チーム BMW F1.07 BMW P86/7 B 9   ニック・ハイドフェルド   セバスチャン・ベッテル
  ティモ・グロック
10   ロバート・クビサ
  セバスチャン・ベッテル
  パナソニックトヨタ・レーシング トヨタ TF107 トヨタRVX-07 B 11   ラルフ・シューマッハ   フランク・モンタニー
  平手晃平
  小林可夢偉
12   ヤルノ・トゥルーリ
  レッドブル・レーシング レッドブル RB3 ルノーRS27 B 14   デビッド・クルサード   ロバート・ドーンボス
  ミハエル・アメルミューラー
15   マーク・ウェバー
  AT&Tウィリアムズ ウィリアムズ FW29 トヨタRVX-07 B 16   ニコ・ロズベルグ   中嶋一貴
  ナレイン・カーティケヤン
17   アレクサンダー・ヴルツ
  中嶋一貴
  スクーデリア・トロ・ロッソ トロ・ロッソ STR2 フェラーリTipo056 B 18   ヴィタントニオ・リウッツィ   スコット・スピード
19   スコット・スピード
  セバスチャン・ベッテル
  エティハド・アルダー・スパイカーF1チーム スパイカー F8-VII
F8-VIIB
フェラーリTipo056 B 20   エイドリアン・スーティル   ファイルーズ・ファウジー
  ギド・ヴァン・デル・ガルデ
  エイドリアン・バレス
  マルクス・ヴィンケルホック
21   クリスチャン・アルバース
  マルクス・ヴィンケルホック
  山本左近
  スーパーアグリF1チーム スーパーアグリ SA07 ホンダRA807E B 22   佐藤琢磨   山本左近
  ジェームズ・ロシター
23   アンソニー・デビッドソン

ドライバーの変更について編集

BMWザウバー
スパイカー
スクーデリア・トロ・ロッソ
  • カーナンバー19スコット・スピードを解雇し、後任に、BMWザウバーの第3ドライバーを務めているセバスチャン・ベッテルを第11戦ハンガリーGPから起用した。
ウィリアムズ

2007年のドライバーズランキング編集

順位 ドライバー AUS
 
MAL
 
BHR
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
USA
 
FRA
 
GBR
 
EUR
 
HUN
 
TUR
 
ITA
 
BEL
 
JPN
 
CHN
 
BRA
 
ポイント
1   キミ・ライコネン 1 3 3 Ret 8 5 4 1 1 Ret 2 2 3 1 3 1 1 110
2   ルイス・ハミルトン 3 2 2 2 2 1 1 3 3 9 1 5 2 4 1 Ret 7 109
3   フェルナンド・アロンソ 2 1 5 3 1 7 2 7 2 1 4 3 1 3 Ret 2 3 109
4   フェリペ・マッサ 6 5 1 1 3 DSQ 3 2 5 2 13 1 Ret 2 6 3 2 94
5   ニック・ハイドフェルド 4 4 4 Ret 6 2 Ret 5 6 6 3 4 4 5 14 7 6 61
6   ロバート・クビサ Ret 18 6 4 5 Ret 4 4 7 5 8 5 9 7 Ret 5 39
7   ヘイキ・コバライネン 10 8 9 7 13 4 5 15 7 8 8 6 7 8 2 9 Ret 30
8   ジャンカルロ・フィジケラ 5 6 8 9 4 DSQ 9 6 8 10 12 9 12 Ret 5 11 Ret 21
9   ニコ・ロズベルグ 7 Ret 10 6 12 10 16 9 12 Ret 7 7 6 6 Ret 16 4 20
10   デビッド・クルサード Ret Ret Ret 5 14 Ret Ret 13 11 5 11 10 Ret Ret 4 8 9 14
11   アレクサンダー・ヴルツ Ret 9 11 Ret 7 3 10 14 13 4 14 11 13 Ret Ret 12 13
12   マーク・ウェバー 13 10 Ret Ret Ret 9 7 12 Ret 3 9 Ret 9 7 Ret 10 Ret 10
13   ヤルノ・トゥルーリ 9 7 7 Ret 15 Ret 6 Ret Ret 13 10 16 11 11 13 13 8 8
14   セバスチャン・ベッテル 8 16 19 18 Ret Ret 4 Ret 6
15   ジェンソン・バトン 15 12 Ret 12 11 Ret 12 8 10 Ret Ret 13 8 Ret 11 5 Ret 6
16   ラルフ・シューマッハ 8 15 12 Ret 16 8 Ret 10 Ret Ret 6 12 15 10 Ret Ret 11 5
17   佐藤琢磨 12 13 Ret 8 17 6 Ret 16 14 Ret 15 18 16 15 15 14 12 4
18   ヴィタントニオ・リウッツィ 14 17 Ret Ret Ret Ret 17 Ret 16 Ret Ret 15 17 12 9 6 13 3
19   エイドリアン・スーティル 17 Ret 15 13 Ret Ret 14 17 Ret Ret 17 21 19 14 8 Ret Ret 1
20   ルーベンス・バリチェロ 11 11 13 10 10 12 Ret 11 9 11 18 17 10 13 10 15 Ret 0
21   スコット・スピード Ret 14 Ret Ret 9 Ret 13 Ret Ret Ret 0
22   中嶋一貴 10 0
23   アンソニー・デビッドソン 16 16 16 11 18 11 11 Ret Ret 12 Ret 14 14 16 Ret Ret 14 0
24   山本左近 Ret 20 20 17 12 17 Ret 0
25   クリスチャン・アルバース Ret Ret 14 14 19 Ret 15 Ret 15 0
-   マルクス・ヴィンケルホック Ret 0
順位 ドライバー AUS
 
MAL
 
BHR
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
USA
 
FRA
 
GBR
 
EUR
 
HUN
 
TUR
 
ITA
 
BEL
 
JPN
 
CHN
 
BRA
 
ポイント
結果
金色 勝者
銀色 2位
銅色 3位
ポイント獲得
完走
規定周回数不足(NC)
リタイア(Ret)
予選不通過(DNQ)
予備予選不通過(DNPQ)
失格(DSQ)
スタートせず(DNS)
レース中止(C)
水色 プラクティスのみ(PO)
金曜日テストドライバー(TD)
2003年以降
空欄 プラクティス出走せず(DNP)
除外 (EX)
到着せず (DNA)
撤退 (WD)

太字ポールポジション
斜体:ファステストラップ

リタイアしたがレース距離の90%以上を走行していたため完走扱い

2007年のコンストラクターズランキング編集

順位 コンストラクター 車番 AUS
 
MAL
 
BHR
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
USA
 
FRA
 
GBR
 
EUR
 
HUN
 
TUR
 
ITA
 
BEL
 
JPN
 
CHN
 
BRA
 
ポイント
1   フェラーリ 5 6 5 1 1 3 DSQ 3 2 5 2 13 1 Ret 2 6 3 2 204
6 1 3 3 Ret 8 5 4 1 1 Ret 2 2 3 1 3 1 1
2   BMW ザウバー 9 4 4 4 Ret 6 2 Ret 5 6 6 3 4 4 5 14† 7 6 101
10 Ret 18 6 4 5 Ret 8 4 4 7 5 8 5 9 7 Ret 5
3   ルノー 3 5 6 8 9 4 DSQ 9 6 8 10 12 9 12 Ret 5 11 Ret 51
4 10 8 9 7 13 4 5 15 7 8 8 6 7 8 2 9 Ret
4   ウィリアムズ-トヨタ 16 7 Ret 10 6 12 10 Ret 9 12 Ret 7 7 6 6 Ret 16 4 33
17 Ret 9 11 Ret 7 3 10 14 13 4 14 11 13 Ret Ret 12 10
5   レッドブル-ルノー 14 Ret Ret Ret 5 14 Ret Ret 13 11 5 11 10 Ret Ret 4 8 9 24
15 13 10 Ret Ret Ret 9 7 12 Ret 3 9 Ret 9 7 Ret 10 Ret
6   トヨタ 11 8 15 12 Ret 16 8 Ret 10 Ret Ret 6 12 15 10 Ret Ret 11 13
12 9 7 7 Ret 15 Ret 6 Ret Ret 13 10 16 11 11 13 13 8
7   トロ・ロッソ-フェラーリ 18 14 17 Ret Ret Ret Ret 17 Ret 16 Ret Ret 15 17 12 9 6 13 8
19 Ret 14 Ret Ret 9 Ret 13 Ret Ret Ret 16 19 18 Ret Ret 4 Ret
8   ホンダ 7 15 12 Ret 12 11 Ret 12 8 10 Ret Ret 13 8 Ret 11 5 Ret 6
8 11 11 13 10 10 12 Ret 11 9 11 18 17 10 13 10 15 Ret
9   スーパーアグリ-ホンダ 22 12 13 Ret 8 17 6 Ret 16 14 Ret 15 18 16 15 15 14 12 4
23 16 16 16 11 18 11 11 Ret Ret 12 Ret 14 14 16 Ret Ret 14
10   スパイカー-フェラーリ 20 17 Ret 15 13 Ret Ret 15 17 Ret Ret 17 21 19 14 8 Ret Ret 1
21 Ret Ret 14 14 19 Ret 14 Ret 15 Ret Ret 20 20 17 12 17 Ret
EX   マクラーレン-メルセデス 1 2 1 5 3 1 7 2 7 2 1 4† 3 1 3 Ret 2 3 0‡ (203†) (218)
2 3 2 2 2 2 1 1 3 3 9 1 5 2 4 1 Ret 7
順位 コンストラクター 車番 AUS
 
MAL
 
BHR
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
USA
 
FRA
 
GBR
 
EUR
 
HUN
 
TUR
 
ITA
 
BEL
 
JPN
 
CHN
 
BRA
 
ポイント
  • ハンガリーグランプリでの予選第3セッションでアロンソがハミルトンのアタックを妨害したとして、FIAはチームへのコンストラクターズ・ポイント剥奪の決定を下した。しかしながら、ドライバーズ・ポイントは与えられた。(アロンソはポールポジション剥奪の上5グリッド降格。)
  • ‡ マクラーレン・メルセデスのコンストラクターズポイントについては、マクラーレンとフェラーリの間に起こったスパイ疑惑に関して、2007年9月13日にフランスパリで行われた世界モータースポーツ評議会において、2007年シーズンのポイントの剥奪及び未付与が決定された。1億ドル(処分当時のレートで約115億円)の罰金の支払いを科すことが同時に決定されたが[6]、10月24日の声明では「5000万ドル(約75億円)以上」に減額された[2]

脚注編集

  1. ^ F1選手権初年度の1950年にチャンピオンを獲得したジュゼッペ・ファリーナは、記録上その年デビューした新人扱いになる。その後ルーキーチャンピオンは誕生していない。
  2. ^ a b "マクラーレンの罰金は5000万ドル程度に". carview.(2007年10月26日)2013年1月18日閲覧。
  3. ^ この白線は、日本の寺西化学工業マジックインキが使用されている(当該項目も参照)。[1]
  4. ^ FIA公式サイト 2007年F1開催スケジュール
  5. ^ a b Hamilton inherits pole as Alonso and McLaren penalized”. 2007年8月5日閲覧。
  6. ^ McLaren hit with constuctors' ban, BBC News article (Retrieved 13 September 2007)

外部リンク編集