メインメニューを開く

ブラバム・BT60 (Brabham BT60) は、ブラバム1991年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーセルジオ・リンランドが設計した。1992年BT60Bを使用した。

ブラバム・BT60Y / BT60B
BT60B
BT60B
カテゴリー F1
コンストラクター ブラバム
デザイナー セルジオ・リンランド
ティム・デンシャム
先代 ブラバム・BT59
主要諸元[1][2]
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
エンジン BT60Y: ヤマハ OX99, 3,498 cc (213.5 cu in), 72° V12, NA, ミッドエンジン, 縦置き
BT60B:ジャッド GV, 3,496 cc (213.3 cu in), 72度 V10, NA, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ブラバム / ヒューランド製 6速 セミAT
燃料 BP
タイヤ ピレリ / グッドイヤー
主要成績
チーム モーターレーシング・ディベロップメント Ltd.
ドライバー イギリスの旗 マーティン・ブランドル
イギリスの旗 マーク・ブランデル
ベルギーの旗 エリック・ヴァン・デ・ポール
イタリアの旗 ジョバンナ・アマティ
イギリスの旗 デイモン・ヒル
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1991年サンマリノグランプリ
出走優勝ポールFラップ
25000
テンプレートを表示

BT60Bはブラバムにとって最後のF1マシンであり、1961年ジャック・ブラバムロン・トーラナックが創設したチームの30年に及ぶ歴史はこのマシンによって締めくくられた。

BT60Y編集

1991年にブラバムはヤマハと契約し、V型12気筒のOX99エンジンを搭載することになった。開幕2戦はBT59Yで戦い、第3戦サンマリノGPからBT60Yが投入された。ジャガーからWSPCに参戦していたマーティン・ブランドルと、ルーキーのマーク・ブランデルがドライブした。

BT60はハイノーズを採用したが、ノーズは偏平な楕円形で、フロントウィングを中央1点で懸架する独特の形状となった。 インダクションポッドはBT59のT字型から、楕円形のペリスコープタイプに変更された。

ヤマハOX99はチームにとって待望のワークスエンジンだったが、前半戦はシャーシとのマッチングに苦しみ、完走率が低かった。後半戦は予備予選にまわる事になったが、ブランデルがベルギーGPで6位、ブランドルが日本GPで5位に入賞し、チームは3ポイントを獲得。コンストラクターズランキング10位でシーズンを終えた。

ヤマハエンジンは1992年ジョーダンへ供給されることになり、ブラバムとのジョイントは1年限りとなった。

BT60B編集

1992年はヤマハに換えてV型10気筒ジャッドGVエンジン搭載したBT60Bで参戦。マシンはノーズが紫色、ボディが青と水色というサイケデリックなカラーリングとなった。

開幕時のドライバーはエリック・ヴァン・デ・ポールジョバンナ・アマティ。アマティは史上5人目の女性F1ドライバーであったが、予選通過もできず、資金持ち込みも行えなかったことで解雇された。第4戦スペインGP以降は、ルーキーで後に世界チャンピオンとなるデイモン・ヒルがドライブすることとなった。

1992年はチームにとって悲惨なシーズンであった。ヴァン・デ・ポールは開幕戦で13位完走した後はすべて予選落ちし、アマティに代わったヒルもイギリスGPで16位、ハンガリーGPで11位完走した以外は予選落ちした。イギリスGP以降はヒルの1台体制で参戦を続けたが、チームは資金難のため第11戦ハンガリーGPをもってF1から撤退した。BT60Bはブラバムが製作した最後のF1マシンとなった。

F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション斜体ファステストラップ

シャシー エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1991年 BT60Y ヤマハ OX99
V12, 3.5リッター
P USA
 
BRA
 
SMR
 
MON
 
CAN
 
MEX
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
ESP
 
JPN
 
AUS
 
3 10位
マーティン・ブランドル 11 DSQ Ret Ret Ret Ret 11 Ret 9 13 12 10 5 DNQ
マーク・ブランデル 8 Ret DNQ Ret Ret Ret 12 Ret 6 12 Ret Ret DNPQ 17
1992年 BT60B ジャッド GV
V10
G RSA
 
MEX
 
BRA
 
ESP
 
SMR
 
MON
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
JPN
 
AUS
 
0 NC
エリック・ヴァン・デ・ポール 13 DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ WD
ジョバンナ・アマティ DNQ DNQ DNQ
デイモン・ヒル DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ 16 DNQ 11 DNA

参照編集

  1. ^ STATS F1 ? Brabham BT60Y”. Statsf1.com. 2010年8月23日閲覧。
  2. ^ STATS F1 - Brabham BT60B”. Statsf1.com. 2010年8月23日閲覧。

関連項目編集

  • 聖飢魔II - 日本のロックバンド。1992年にブラバムのスポンサーとなり、BT60Bのノーズ上に"Seikima-II"の文字が綴られた。