メインメニューを開く

エリック・ヴァン・デ・ポール

エリック・ヴァン・デ・ポールEric van de Poele, 1961年9月30日 - )は、ベルギー出身のレーシングドライバー1987年ドイツツーリングカー選手権(DTM)でチャンピオンとなる等、主にツーリングカーレースで活躍。元F1ドライバー。姓は現地語に近い「ファン・デ・ポーレ」「ファン・デ・プーレ」と表記されることもある。

エリック・ヴァン・デ・ポール
Eric van de Poele 2008.jpg
基本情報
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
出身地 同・ヴェルヴィエ
生年月日 (1961-09-30) 1961年9月30日(58歳)
F1での経歴
活動時期 1991-1992
所属チーム '91 モデナ
'92 ブラバム
'92 フォンドメタル
出走回数 5
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1991年アメリカGP
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1992年イタリアGP
テンプレートを表示

プロフィール編集

初期の経歴編集

フォーミュラカーでは、1984年はフランスF3に参戦し、ランキング16位。1985年はベルギー・フォーミュラ・フォードでチャンピオンとなり、またベルギーツーリングカー選手権で3勝を挙げ、ランキング3位となった。

1986年はイギリスF3に参戦し、ランキング20位。ベルギーツーリングカー選手権は、3勝でランキング3位と、前年と同じ成績を収めた。1987年はDTMに参戦し、チャンピオンを獲得。またスパ24時間レースでも優勝している。

1988年は、ヨーロッパツーリングカー選手権に参戦して2勝を挙げ、ランキング5位となる。1989年より2年間は、国際F3000に参戦。2年目の1990年には、3勝でエリック・コマスに次ぐランキング2位を獲得した。

F1編集

1991年編集

1991年にモデナからF1に参戦を開始、第3戦サンマリノGPで初めて決勝に進出しデビューとなった。このレースでは、サバイバルレースの中25番手グリッドから一時5位まで浮上し、注目を浴びた。しかし、終盤にガス欠に見舞われ、9位に終わっている。

前半8戦は上記のサンマリノGP以外、全て予備予選落ち。入れ替えにより予備予選が免除された後半8戦も全て予選落ちとなった。決勝進出1戦のみという結果は、マシン戦闘力の低さによるところが大きいものの、同僚のニコラ・ラリーニが5度決勝に進出したことと比較すると、見劣りする結果となった。

1992年編集

1992年はブラバムから参戦し、開幕戦の南アフリカGPでは予選26位から13位で完走。しかし、この年のブラバムは資金難から解体寸前であり(その後ハンガリーGPを最後にF1撤退となった)、以後は第10戦ドイツGPまで連続予選落ちを喫した。

第10戦ハンガリーGPより、解雇されたアンドレア・キエーザに代わってフォンドメタルに移籍。3戦連続で予選を通過し、地元の第12戦ベルギーGPでは10位で完走したものの、続く第13戦イタリアGPをもってチームは撤退。自身も、その後F1に戻ってくることは無かった。

F1以外にル・マン24時間レース、スパ24時間レースにも参戦。後者は2位という成績を収めた。

F1後編集

F1後は、再びツーリングカーレースに活動の場を移すこととなり、セブリング12時間レースにおいては、1995年・1996年と2連覇を記録。またル・マン24時間レースでは、1998年・2001年にクラス優勝。特に2001年は、総合でも3位に入る成績だった。

エピソード編集

  • 長身。1991年アメリカGP予備予選では、ヘルメットの位置が規定の範囲(コックピット開口部からロールバー頂部を結ぶ線)を超えていたため、走行を止められるという出来事があった。チームはロールバー上部に金属を溶接して規定をクリアした[要出典]
  • ニックネームはタンタン。タンタンの冒険に登場するタンタンに似ていたことから。

レース戦績編集

F1編集

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1991年 モデナ 291 USA
DNPQ
BRA
DNPQ
SMR
9
MON
DNPQ
CAN
DNPQ
MEX
DNPQ
FRA
DNPQ
GBR
DNPQ
GER
DNQ
HUN
DNQ
BEL
DNQ
ITA
DNQ
POR
DNQ
ESP
DNQ
JPN
DNQ
AUS
DNQ
NC
(32位)
0
1992年 ブラバム BT60B RSA
13
MEX
DNQ
BRA
DNQ
ESP
DNQ
SMR
DNQ
MON
DNQ
CAN
DNQ
FRA
DNQ
GBR
DNQ
GER
DNQ
NC
(27位)
0
フォンドメタル GR02 HUN
Ret
BEL
10
ITA
Ret
POR JPN AUS

ル・マン24時間レース編集

チーム コ・ドライバー クラス 周回 総合順位 クラス順位
1992年   プジョー・タルボ・スポール   カール・ヴェンドリンガー
  アラン・フェルテ
プジョー・905Evo 1B C1 208 DNF DNF
1994年   クレイトン・カニンガム・レーシング   ポール・ジェンティーロジー
  粕谷俊二
日産・300ZXターボ IMSA
GT
25 DNF DNF
1996年   レーシング・フォー・ベルギー
  チーム・スカンディア
  マルク・ホーセンス
  エリック・バシュラール
フェラーリ・333SP WSC 208 DNF DNF
1997年   NISMO
  トム・ウォーキンショー・レーシング
  鈴木亜久里
  リカルド・パトレーゼ
日産・R390 GT1 GT1 121 DNF DNF
1998年   ドイル・リシ・レーシング   ウェイン・テイラー
  フェルミン・ベレス
フェラーリ・333SP LMP1 332 8位 1位
1999年   NISMO   影山正美
  鈴木亜久里
日産・R391 LMP 0 DNS DNS
2000年   チーム・キャデラック   ウェイン・テイラー
  マックス・アンジェレッリ
キャデラック・ノーススター・LMP LMP900 287 22位 12位
2001年   チーム・ベントレー   アンディ・ウォレス
  ブッチ・ライツィンガー
ベントレー・EXP スピード8 LMGTP 306 3位 1位
2002年   チーム・ベントレー   アンディ・ウォレス
  ブッチ・ライツィンガー
ベントレー・EXP スピード8 LMGTP 362 4位 1位
2008年   リシ・コンペティツィオーネ
  クローン・レーシング
  トレイシー・クローン
  ニクラス・ヨンソン
フェラーリ・F430 GT2 GT2 12 DNF DNF
2009年   リシ・コンペティツィオーネ
  クローン・レーシング
  トレイシー・クローン
  ニクラス・ヨンソン
フェラーリ・F430 GT2 GT2 323 22位 3位
2010年   リシ・コンペティツィオーネ
  クローン・レーシング
  トレイシー・クローン
  ニクラス・ヨンソン
フェラーリ・F430 GT2 GT2 197 DNF DNF

スペインツーリングカー選手権[1]編集

チーム 使用車両 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 順位 ポイント
1995年 チーム・レプソル日産 日産・プリメーラ JER1

3

JER2

Ret

JAR1

2

JAR2

8

CAT1

2

CAT2

1

EST1

4

EST2

2

ALB1

Ret

ALB2

5

CAL1

1

CAL2

4

ALB1

3

ALB2

10

JER1

4

JER2

3

CAT1

1

CAT2

1

JAR1 JAR2 3位 204
1996年 JAR1

5

JAR2

1

ALB1

4

ALB2

2

CAT1

4

CAT2

Ret

EST1

9

EST2

7

CAL1

4

CAL2

8

JER1

3

JER2

2

JAR1

Ret

JAR2

8

CAT1

7

CAT

1

5位 139

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Eric van de Poele” (英語). Super Touring Register. 2019年11月25日閲覧。

関連項目編集