メインメニューを開く

マキバスナイパー日本競走馬種牡馬。主な勝鞍に第24回帝王賞日本テレビ盃浦和記念(2勝)、グランドチャンピオン2000などがあり、ペキンリュウエンの代表産駒である。

マキバスナイパー
Makiba Sniper 20001123R1.jpg
2000年11月23日 浦和競馬場
欧字表記 Makiba Sniper
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1995年5月29日
死没 2016年9月15日(21歳没)
ペキンリュウエン
スコールディング
母の父 Raise a Native
生国 日本の旗 日本千葉県成田市
生産 千葉新田牧場
馬主 新田知也
調教師 北川亮(船橋
岡林光浩船橋
→法理勝弘(高崎
競走成績
生涯成績 67戦21勝(中央競馬1戦0勝)
獲得賞金 5億3441万5000円(中央競馬0円)
テンプレートを表示

馬齢は旧表記(数え年)で統一する。

戦績編集

クイーン賞を勝ちオールカマー3着など、南関東公営競馬のトップ級牝馬であったマキバサイレント半姉に持ち期待されながら1998年1月4日船橋競馬場でデビュー。4歳時は、コンスタントに使われ戸塚記念東京湾カップといった重賞は勝てなかったものの6勝をあげた。

年が明け5歳になり、条件戦で勝ち星を挙げながら徐々に力をつけ11月末の東京記念で重賞初制覇。その勢いで臨んだ東京大賞典は7番人気ながら3着に入った。

南関東の有力馬の一頭と目されるようになったマキバスナイパーは6歳となった年明けの重賞埼玉新聞杯報知グランプリカップを連勝。その勢いで臨んだ交流重賞ダイオライト記念オグリキャップ記念は4着、2着と勝ちきれなかったものの、秋には10月の南関東G1グランドチャンピオン2000を姉に続き制覇し、さらに11月の浦和記念でダートグレード競走初制覇をかざった。暮れの東京大賞典は大外枠で8着に終わる。

7歳時、アメリカの名手であるケント・デザーモが息子の治療のため日本を訪れる。デザーモは、当初はJRA短期免許を取得し、JRAの短期免許が切れたあとは、自宅に帰ることが可能な船橋競馬場で短期免許を取得した。帝王賞に向けて調整していた陣営はこれを聞きつけ、これまでの主戦である左海誠二にかわり、デザーモに騎乗依頼を出した。帝王賞連覇を狙うファストフレンドなどのメンバーがそろったが、デザーモの好騎乗もあり、リージェントブラフ以下を抑えきり優勝し、念願の交流GI初制覇を果たした。

その後、何レースかはさみ10月末には第1回のJBCクラシックに出走。勝ったレギュラーメンバーにはクビ差及ばなかったものの、同年のフェブラリーステークスを勝ったノボトゥルーらを抑え地方最先着の2着に善戦した。

翌年は、マイルチャンピオンシップ南部杯の3着が最高と交流G1は勝てなかったものの日本テレビ盃浦和記念と交流GIIを2勝。その後、2003年みちのく大賞典を最後に勝利から遠ざかり、現役最終年には高崎競馬場に移籍。2004年10月のレースを最後に引退した。

引退後編集

2005年に生まれ故郷である千葉新田牧場で種牡馬入りしたものの、2006年用途変更。産駒としてレースに出走しているのはサイバーフルパワー(船橋→佐賀荒尾)のみである。種牡馬引退後も千葉新田牧場にとどまっていたが、同場の閉鎖にともなって福島県南相馬市の菅野牧場に移動。2011年東日本大震災で同地が被災したことにともない、県内のNPO法人のもとで功労馬として余生を送った。2015年1月4日に放送されたNHKの旅番組に登場し、訪れた白羽ゆりが本馬に乗っている[1]。2016年9月15日に亡くなった。

なお、サイバーフルパワーは2010年9月1日付で競走馬登録を抹消しており、この時点で日本からボワルセル系の現役競走馬は姿を消すことになった。

なお、父の母国であるアメリカ合衆国でもボワルセル系は既に重賞に産駒を出走させる余力すら無くなっており、2017年時点で供用されている種牡馬はデーモンウォーロック(4代父がギャラントマン)ただ1頭となっている。

重賞勝ち鞍編集

  • ダートグレード競走
    • GI 帝王賞
    • GII 日本テレビ盃、浦和記念
  • 南関東重賞
  • その他
    • みちのく大賞典

血統表編集

マキバスナイパー血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ボワルセル系

*ペキンリュウエン
Peking Ryuen
1977 鹿毛
父の父
Gallant Man
1954 鹿毛
Migoli Bois Roussel
Mah Iran
Majideh Mahmoud
Qurrat-al-Ain
父の母
One More Kiss
1964 鹿毛
Irish Lancer Royal Charger
Tige O'Myheart
Log House Cosmic Bomb
Ariel Beauty

*スコールディング
Scalding
1984 栗毛
Raise a Native
1961 栗毛
Native Dancer Polynesian
Geisha
Raise You Case Ace
Lady Glory
母の母
Antigua Anthem
1968 栗毛
Nashua Nasrullah
Segula
English Harbor War Admiral
Level Sands
母系(F-No.) Crawfish系(FN:5-g) [§ 2]
5代内の近親交配 Mahmoud 4×5、Nearco 5×5、Mah Mahal 5・5(父内)、 [§ 3]
出典
  1. ^ [2]
  2. ^ [3]
  3. ^ [2]

主な近親編集

出典編集

  1. ^ のんびりゆったり路線バスの旅 ふたり旅スペシャル「東北・海岸線に笑顔の花が咲く~岩手・宮城・福島~」 (PDF)”. NHK. 2018年9月22日閲覧。
  2. ^ a b 血統情報:5代血統表|マキバスナイパー|JBISサーチ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2018年9月22日閲覧。
  3. ^ 平出貴昭 (2014年9月17日). “『覚えておきたい日本の牝系100』収録の全牝系一覧”. 競馬“血統”人生/平出貴昭. 2018年9月22日閲覧。

外部リンク編集