雪之丞変化』(ゆきのじょう へんげ)は、1934年昭和10年)から翌年にかけて朝日新聞に連載された三上於菟吉時代小説。これを原作とした多くの映画テレビドラマ舞台新作歌舞伎宝塚歌劇などが製作されている。

解説編集

本作は三上於菟吉がジョンストン・マッカレーの『双生児の復讐』を下敷きに、歌舞伎『白浪五人男』の弁天小僧や『三人吉三』のお嬢吉三などからヒントを得て創作したものである。普段はある姿の主人公が、時にまったく別の姿を見せ、最後にその実体を敵に現す、という変身の構図は、後代の『多羅尾伴内』や『キューティハニー』などに連なる「変化ヒーロー物」の先駆けとなった。

なお本書は1995年に上下巻で講談社文庫・大衆文学館で復刻されたが、以後はまた絶版になっている。

あらすじ編集

長崎の大店の主人の子・雪太郎は、父親はじめ家族一同を、あらぬ抜け荷の濡れ衣を着せられ破滅させられる。孤児となった雪太郎は場末役者の中村菊之丞に拾われ、やがて女形看板役者・中村雪之丞となって江戸に現れるが、そのもう一つの顔は親の敵を討つべく剣術を磨きあげた復讐の鬼だった。狙うは今や我が世の春を謳う元長崎奉行・土部三斎とその一味。義賊・闇太郎の助けをうけて、「長崎の敵を江戸で討つ[1]」波乱万丈の物語が繰り広げられる。

映画編集

『雪之丞変化』 (1935−36)編集

 
『雪之丞変化』(1935)
  • 『雪之丞変化 第一篇』 (1935)
  • 『雪之丞変化 第二篇』 (1935)
  • 『雪之丞変化 解決篇』 (1936)

スタッフ編集

キャスト編集

『雪之丞変化 闇太郎懺悔』 (1939)編集

スタッフ編集

キャスト編集

『雪之丞変化』(1954)編集

 
『雪之丞変化  復讐の剣』(1954)
  • 『雪之丞変化 復讐の恋』 (1954)
  • 『雪之丞変化 復讐の舞』 (1954)
  • 『雪之丞変化 復讐の剣』 (1954)

スタッフ編集

キャスト編集

『ひばりの三役 競艶雪之丞変化』(1957)編集

  • ひばりの三役 競艶雪之丞変化』 (1957、前編)
  • ひばりの三役 続競艶雪之丞変化』 (1957、後編)

概要編集

ふり袖捕物帖 若衆変化』のように主演の美空ひばりが二役、三役を演じる作品は人気があった。

本作では、女形である中村雪之丞、怪盗である闇太郎、劇中の回想シーンで登場する雪之丞の母・お園の三役を美空ひばりが演じるが、本作では、更に捻りが加えられ、「雪之丞は実は女であった」という設定になっている。「見かけは男だが実は女」という難しい演技を美空ひばりは演じており、映画評論家の浦崎浩實は本作を「ひばり映画最大級のヒット作」と評している[2]

スタッフ編集

キャスト編集

『雪之丞変化』(1959)編集

スタッフ編集

キャスト編集

『雪之丞変化』(1963)編集

スタッフ編集

キャスト編集

テレビドラマ編集

雪之丞変化(1959年)編集

1959年4月2日から6月25日までNETテレビ(現・テレビ朝日)とその系列局で放送。全13話。第10話までは毎週木曜 19時00分 - 19時30分に、第11話からは毎週木曜 19時30分 - 20時00分に編成のサンウエーブ工業提供枠『サンウエーブ名作座』で放送された。

スタッフ編集

キャスト編集

主題歌編集

NETテレビ 木曜 19:00 - 19:30
前番組 番組名 次番組
雪之丞変化
(1959年4月2日 - 6月4日)
NETテレビ 木曜 19:30 - 20:00
雪之丞変化
(1959年6月11日 - 6月25日)

雪之丞変化(1970年)編集

1970年4月6日から6月29日までフジテレビ系列月曜20時台に放送。全13話。

スタッフ編集

キャスト編集

各話リスト編集

話数 サブタイトル 放送日 脚本 監督 ゲスト
その壱 大江戸初乗り込み 1970年
4月6日
柴英三郎 五社英雄 清左衛門:宮沢元、雪太郎:片桐秀樹、小六:青木義朗、力造:佐藤京一、浮島:阿井美千子、お道の方:藤田みどり、対馬守:市川男女之助波戸崎徹星野謙二郎
その弐 闇太郎ざんげ 4月13日 清左衛門:宮沢元、少年闇太郎:松田妙美、大目付:原聖四郎、小六:青木義朗、力造:佐藤京一、浮島:阿井美千子、お道の方:藤田みどり、対馬守:市川男女之助、波戸崎徹、星野謙二郎
その参 竜神が陸に上った 4月20日 大野靖子 深作欣二 浮島:阿井美千子、清左衛門:宮沢元、南里屋:永井智雄、喜楽斎:鈴木瑞穂、小蝶:服部妙子、利七:守田学哉、治作:楠義孝、神官:北原将光、竹造:日高久、松吉:大川淳、孫:梶川武利三原伝宮本栄二佐藤典孝岩崎純
その四 はぐれ唐人 4月27日 南里屋:永井智雄、喜楽斎:鈴木瑞穂、小蝶:服部妙子、利七:守田学哉、治作:楠義孝、神官:北原将光、竹造:日高久、松尾勝人佐々木松之丞
その五 芙蓉屋敷の女 5月3日 柴英三郎 松野宏軌 お郁:浦里はるみ、法印:古川ロック、清左衛門:宮沢元、少年闇太郎:松田妙美、浜川:滝田裕介、名倉:伊吹聰太朗、茂十:岩田直二、源助:石浜祐次郎、源太:加賀爪芳和、同心:大木晤郎、松吉:田村保、お兼:井関悦子、酔客:関真太郎、野田:伊達強
その六 夕顔心中 5月10日 志津:赤座美代子、法印:古川ロック、清左衛門:宮沢元、浜川:滝田裕介、名倉:伊吹聰太朗、茂十:岩田直二、源助:石浜祐次郎、源太:加賀爪芳和、同心:大木晤郎、お兼:井関悦子、服部:夏八木勲
その七 札差しの罠 5月17日 大野靖子 森川時久 結城:山本圭、お千代:佐藤オリエ、お芳:浅茅しのぶ、辰五郎:天王寺虎之助、文造:黛康太郎、友吉:金井進二、有明検校:内田朝雄、仙石屋:桑山正一、相良:矢野宣、野崎:可知靖之、三次:前川哲男
その八 三番倉の鍵 5月24日 結城:山本圭、お千代:佐藤オリエ、お芳:浅茅しのぶ、矢野:武内亨、辰五郎:天王寺虎之助、有明検校:内田朝雄、仙石屋:桑山正一
その九 紫の囮 6月1日 柴英三郎、宇留田俊夫 宇留田俊夫 源八:佐藤京一、法印:古川ロック、松寿:伊丹十三、趙元:今福正雄、宇那:新橋耐子、玄蕃:西山辰夫、卍:宍戸大全、鉄泉:佐々木孝丸
その十 琉球哀歌 6月8日 源八:佐藤京一、法印:古川ロック、松寿:伊丹十三、趙元:今福正雄、宇那:新橋耐子、鉄泉:佐々木孝丸
その十一 札差しの罠 6月15日 大野靖子 松野宏軌 横山右京:玉川伊佐男、石子:伊達三郎、田中:出水憲司、片桐:黛康太郎、小田:伊東義高、村上:藤原英昭、仙太:野崎善彦、非人:新田猛
その十二 浪路さすらい 6月22日 横山右京:玉川伊佐男、石子:伊達三郎、田中:出水憲司、片桐:黛康太郎、小田:伊東義高、村上:藤原英昭、仙太:野崎善彦、非人:新田猛、留吉:戸板幸男
その十三 仇討ち雨情 6月29日 森川時久 浮島:阿井美千子、水城:江守徹、お妙:高橋あや子、番頭:新田猛、駕籠屋:林成二郎、同心:波戸崎徹、村上:津々井功二、家臣:星野謙二郎

備考編集

その五「芙蓉屋敷の女」とその六「夕顔心中」は欠番扱いになっている。2014年の時代劇専門チャンネルにおける再放送では、当初放送予定であったが、都合により未放送となった。さらに話数を全13話から全11話とする措置がとられた。だが、2019年のホームドラマチャンネルにおいては放送された。

フジテレビ系列 月曜 20:00 - 20:56
前番組 番組名 次番組
お嫁にいきたい
(1970年2月2日 - 3月30日)
雪之丞変化
(1970年4月6日 - 6月29日)
新三匹の侍
(1970年7月6日 - 9月28日)

雪之丞変化(2008年)編集

2008年1月3日(木曜) 21時00分 - 22時45分にNHK総合テレビ正月時代劇として放送。

スタッフ編集

出演編集

舞台編集

  • 2019年 歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」『新版 雪之丞変化』

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ cf, wikt:江戸の敵を長崎で討つ
  2. ^ 小川順子. “チャンバラ映画と大衆演劇の蜜月--美空ひばりが銀幕で果たした役割”. 日本研究 : 国際日本文化研究センター紀要 (国際日本文化研究センター) 33 (2006-10): 73-92. NAID 120005681549. 

関連項目編集

外部リンク編集