内藤 誠(ないとう まこと 1936年3月6日 - )は、日本の映画監督脚本家、著述家。元中部大学人文学部教授。日本大学芸術学部映画学科講師。主な作品に『ネオンくらげ』(脚本・監督)、『番格ロック』(監督)、『冒険者カミカゼ -ADVENTURER KAMIKAZE-』 (共同脚本)。

ないとう まこと
内藤 誠
生年月日 (1936-03-06) 1936年3月6日(84歳)
出生地 日本の旗 日本 愛知県名古屋市
職業 映画監督脚本家著述家
ジャンル 映画オリジナルビデオテレビドラマ
著名な家族 内藤豊(弟)
内藤研(息子)
テンプレートを表示

弟の内藤豊は、テレビディレクターであり翻訳家[1]。息子の内藤研は映画研究者・脚本家(1967年神奈川県生まれ)。

来歴編集

愛知県名古屋市出身。1959年愛知県立刈谷高等学校を経て、早稲田大学政治経済学部新聞学科を卒業。大学時代は木村毅に師事。同年、東映に入社、東京撮影所に配属される。

佐伯清成澤昌茂マキノ雅弘石井輝男らの助監督を経て1969年に監督に昇進し、不良番長シリーズなどを担当。主に当時の東映の主流である東映京都撮影所作品などの併映作品、俗に「B面映画」の職人監督として活躍した。当時の助監督には伊藤俊也らがいる。梅宮辰夫の主演作を多く手掛けた後、東映を退社してフリーに。

インディペンデント映画、テレビドラマ、特撮、アニメ、教育映画など、フリー転身後の監督・脚本家活動は多岐に渡る。1981年には千葉真一主演の『冒険者カミカゼ -ADVENTURER KAMIKAZE-』の脚本を執筆。1984年の正月映画では4本もの作品に脚本として関わった。また、筒井康隆作品を2作(『俗物図鑑』『スタア』)映画化している。

一方で著述家、翻訳家としても活動。1993年にはイアン・マッカーサー著『快楽亭ブラック 忘れられたニッポン最高の外人タレント』の翻訳で翻訳特別功労賞を受章。日本大学芸術学部映画学科、中部大学人文学部でも長く教鞭をとり、後進の指導に当たった。

1983年、大林宣彦監督の『時をかける少女』に主演の原田知世演じる芳山和子の父親・哲夫役として友情出演。

1995年芸能事務所「沢井プロダクション」の俳優養成所にて、演技講師を務める。

2010年、24年ぶりとなる監督作『明日泣く』(色川武大原作)を製作、2011年11月に劇場公開。2014年には評論家坪内祐三のエッセイ「酒中日記」を坪内本人の主演で映像化、2015年に劇場公開された。

受賞歴編集

  • 1979年 - 児童映画『わたんべとすばらしい仲間』にて教育映画コンクール文部大臣賞
  • 1980年 - 児童映画『生きものと教室の仲間たち』にて教育映画祭優秀作品賞・動物愛護映画コンクール最優秀作品賞・内閣総理大臣賞

監督作品編集

テレビドラマ編集

ほか

映画編集

脚本編集

テレビドラマ編集

映画編集

企画編集

映画編集

  • 俗物図鑑(1982年)
  • 廃市(1984年)

出演編集

映画編集

バラエティ番組編集

著作編集

著書編集

  • インディアン日本をめざす (小峰書店、1977年11月)
  • 友よメキシコよ (小峰書店、1979年11月)
  • 昭和の映画少年 (秀英書房、1981年4月)
  • 映画的筒井論と康隆的映画論 (有楽出版社、1985年10月)
  • 実感的シナリオ講座 (桂千穂如月小春との共著、風媒社、1986年4月)
  • 少女物語 (小峰書店、1986年3月)
  • 怖いこわーい町 (小峰書店、1988年7月)
  • アイドル先生は恋のヒミツがいっぱい!? (ポプラ社、1990年5月)
  • 水郷柳川・白秋祭殺人事件 (有楽出版社、1991年12月)
  • 物語依存症 (白地社、1991年10月)
  • 映画百年の事件簿 (角川書店、1995年3月)
  • シネマと銃口と怪人 (平凡社、1997年8月)
  • 昭和映画史ノート (平凡社、2001年7月)
  • 事件とシネマ (中部大学、2006年1月)
  • 外国人が見た古き良き日本 (講談社インターナショナル、2008年1月)
  • 日本を愛した外国人たち (内藤研との共著 講談社インターナショナル、2009年6月)
  • 偏屈系映画図鑑 (キネマ旬報社、2011年11月)
  • 監督ばか (彩流社、2014年6月)
  • 編集ばか (坪内祐三・名田屋昭二との共著、彩流社、2015年11月)
  • 監督 山際永三、大いに語る 映画『狂熱の果て』から「オウム事件」まで (山際永三・内藤研との共著、彩流社、2018年9月)
  • まんが 古関裕而ものがたり 名曲でふりかえる「昭和」とオリンピック (原作 画:三代目仙之助、彩流社、2020年3月)

訳書編集

  • 『ママ・アイラブユー』ウィリアム・サローヤン ワーク・ショップガルダ(岸田今日子と共訳、のち、ブロンズ新社、新潮文庫) 1978年10月
  • 『ロック・ワグラム』ウィリアム・サローヤン 新潮社、1990年2月
  • 『快楽亭ブラック』イアン・マッカーサー 講談社、1992年9月(堀内久美子と共訳)
  • 『母が教えてくれた歌』 マーロン・ブランド、ロバート・リンゼイ 角川書店、1995年6月(雨海弘美と共訳)
  • 『サローヤン伝説』 ローレンス・リー、バリー・ギフォード ワールドマガジン社、1997年2月(堀内久美子と共訳)

脚注編集

関連文献編集

関連項目編集

外部リンク編集