メインメニューを開く

名門!モウカリマッカー学園 〜西梅田校新聞部〜

名門!モウカリマッカー学園~西梅田校新聞部~』(めいもん!モウカリマッカーがくえん~にしうめだこうしんぶんぶ~)は、テレビ大阪にて2019年1月18日から毎週金曜日1:40 - 2:10(JST)に放送されているお笑いバラエティ番組[1][2]

名門!モウカリマッカー学園
~西梅田校新聞部~
ジャンル お笑い番組/バラエティー番組
演出 石田耕平
出演者 アキナ
おいでやす小田
プロデューサー 藤本佳成
富永衣里子
木村友厚
岩谷哲幸(CP)
制作 テレビ大阪
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2019年1月18日 -
放送時間 金曜日1:40~2:10
放送分 30分
公式ウェブサイト

目次

概要編集

この番組では、『西梅田高新聞部』を舞台に、メイン出演者のアキナら若手芸人たちが、学生新聞部の部員として繰り広げられいくコント中心の番組である[3]

なお、番組では、ロケにも繰り出し、お金にまつわる情報を取材するほか、コンテンツ開発を手がけたり、学園のマドンナを生み出すオーディションを開催したりと、新聞部の部員が自ら企画し発信する[4]

番組は開始から2019年8月まではよしもと西梅田劇場で公開収録されている[5]が、よしもと西梅田劇場閉館に伴い同年9月以降は未定である。

レギュラー出演者編集

[6]

新聞部

  • 秋山賢太(アキナ)- 2年生、新聞部の部長で生徒会長も務める。長所は粘り強い性格で正確な記事を書くこと。目がとても離れているが、倖田來未のモノマネを特技としている。お金儲けになるスクープを探しては記事を書き、新聞部の存続に一役買っている。
  • 山名文和(アキナ)- 新聞部員。8人兄弟の長男で貧乏な家庭に育っているため、制服はボロボロの継ぎはぎだらけ、父親のおさがりを着ていて、4畳半の部屋に10人で暮らしており、幼い弟や妹のためにオリジナルゲームを考案し、いつも楽しませてあげている。口癖は「貧乏なんよ」。また通称「ダイヤの原石女」である文子という妹も登場している。
  • おいでやす小田 - 新聞部顧問で下の名前は「よしひろ」。レイバンの眼鏡をかけており、嫁を大事にしている。顧問であるにも関わらず、放送ではいつもいじられている。

ゲスト出演者編集

  • ゆりやんレトリィバァ - 養護教諭。恋愛経験が豊富で、いつも熊元プロレス(紅しょうが)らの恋愛相談に乗っており、男を落とすテクニックを熟知している。第4回ではバレンタインにちなみ、星条旗をモチーフとした水着姿で登場した。
  • アインシュタイン稲田直樹河合ゆずる)- 新聞部存続のために連れてこられた秋山、山名と仲の良い同級生。通称はそれぞれ「稲ちゃん」、「ゆずるくん」。イケメン枠で連れてこられた稲田は「僕テレパシー使えるんすよ。というのも10年くらい前にUFOにさらわれまして。」と変な嘘をつく、自称イケメン。
  • 霜降り明星(せいや、粗品)- モノマネ同好会所属。同好会のメンバーを増やすため新聞部に取材を申し込んだ学園のモノマネ四天王のうちの2人。せいやは武田鉄矢のモノマネを得意としており、粗品は普段から「スプーン映った小栗旬」のモノマネをしているので四天王の1人にカウントされている。モノマネ1グランプリ(通称M-1)の前回王者。
  • 見取り図(盛山晋太郎、リリー)- 見取り図中学出身のヤンキー2人組で通称「みと中のイカした2人組」。第1回で新聞部員となり、第16回では沖縄にもスクープを探しにいっている。盛山は運動神経が良く、ハンドスプリングにたびたび挑戦しているが毎回失敗している。
  • 祇園(木崎太郎・櫻井健一郎)- 木崎写真集「キザキッス」出版の足がかりにするため、新聞部に入部を希望している生徒。木崎は「ナルシストことわざ」を得意としており、どんな言葉も木崎によってかっこよくしてしまう。また数々のイケメンゲームを用意しては、周囲にキザキッスをまき散らしている。櫻井の父親は国会議員。

放送リスト編集

[7]

2019年
放送日 タイトル ゲスト出演者 備考
1 1月18日 西梅田高新聞部 アインシュタイン、ゆりやんレトリィバァ、霜降り明星、見取り図、さや香、トット 初回10分拡大1:40~2:20までの放送。
2 1月25日 鬼は~外 見取り図、守谷日和
2月1日 モノマネ同好会 霜降り明星、真べぇ(ダブルアート)、ますみ(天才ピアニスト
2月8日 バレンタイン さや香、熊元プロレス(紅しょうが)、ゆりやんレトリィバァ
2月15日 学園イチのナルシスト 守谷日和、祇園
2月22日 ミスフォトジェニック!ひな祭りコンテスト 爛々、紅しょうが、守谷日和
3月1日 部費が盗まれた⁉ トット、蛙亭
3月8日 学校に不審者? 見取り図、たくろう
3月15日 新元号をスクープせよ! 祇園、守谷日和
10 3月22日 初代部長のハンカチ トット、セルライトスパ、守谷日和
11 3月29日 超人スポーツ ツートライブ(たかのり、周平魂)、ロングコートダディ(堂前透、兎)
12 4月5日 花見を宴会芸で盛り上げろ! デルマパンゲ(迫田篤、広木英介)、ラニーノーズ(洲崎貴郁、山田健人)
13 4月12日 ケンカ番長見参! 見取り図、からし蓮根(伊織、杉本青空)
14 4月19日 立候補!生徒会長は俺だ トット、ミルクボーイ(駒場孝、内海崇)、守谷日和
15 4月26日 ちゃんばらSP トット、ラニーノーズ、ちゃんばらパフォーマンス隊
16 5月3日 新聞部がついに沖縄上陸! 見取り図、ありんくりん(クリス、ひがりゅうた) 沖縄ロケ 10分拡大スペシャル
17 5月10日 学園名物!メガネケンカ祭り ヒューマン中村、中村浩士(ヘンダーソン)、守谷日和
18 5月18日 ゲームがしたい 祇園、セルライトスパ、守谷日和
19 5月24日 新作ゲーム ロングコートダディ、からし蓮根、守谷日和

エンディング曲編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ “アキナが学生新聞部に扮する新番組、初回は中国人留学生ヤンたちを仲間に - お笑いナタリー”. お笑いナタリー (株式会社ナターシャ). (2019年1月17日). https://natalie.mu/owarai/news/316321 2019年2月23日閲覧。 
  2. ^ “アインシュタイン稲田「アキナを支えたい」 - ニュース - Lmaga.jp”. Lmaga.jp (株式会社京阪神エルマガジン社). (2018年12月19日). https://www.lmaga.jp/news/2018/12/54539/ 2019年2月25日閲覧。 
  3. ^ “霜降り明星らが新コント番組…粗品「次世代という言葉が似合う番組に」/芸能/デイリースポーツ online”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2018年12月19日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/12/19/0011918092.shtml 2019年2月23日閲覧。 
  4. ^ “アキナ秋山 相方・山名を「好きだと思ってる女芸人は多い」ゆりやんからも…/芸能/デイリースポーツ online”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2019年2月6日). https://www.daily.co.jp/gossip/2019/02/06/0012043852.shtml 2019年3月2日閲覧。 
  5. ^ “新番組:アキナと和牛、新規開校 テレビ大阪、モウカリマッカー学園/カンテレ、ギュウギュウ学園 - 毎日新聞”. デジタル毎日 (毎日新聞社). (2019年2月4日). https://mainichi.jp/articles/20190204/ddf/012/200/014000c 2019年2月23日閲覧。 
  6. ^ この節での記述は、特に出典の付いている記述以外については、外部リンク節掲載の「公式ウェブサイト」による。
  7. ^ 公式サイト/これまでの放送 より記載
  8. ^ TANAKA ALICE、ドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』主題歌「Waiting For U」配信リリース” (日本語). Real Sound|リアルサウンド (2019年2月6日). 2019年2月23日閲覧。

外部リンク編集