堤下敦

日本のお笑いタレント

堤下 敦(つつみした あつし、1977年(昭和52年)9月9日 - )は、日本お笑いタレントYouTuber落語家。お笑いコンビ・インパルスのツッコミ担当。相方は板倉俊之

堤下つつみした あつし
別名義 サックし[1]
堤下店長[1]
料理み下学びし[1]
生年月日 (1977-09-09) 1977年9月9日(45歳)[2]
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市[2]神奈川区[3]
血液型 B型Rhマイナス[2]
身長 174 cm[2]
言語 日本語
方言 共通語
最終学歴 関東学院大学中退
出身 NSC東京校4期[2]
コンビ名 プラス2トン(解散)
インパルス
相方 板倉俊之
芸風 漫才コント(ツッコミ)、ほか
立ち位置
事務所 吉本興業
活動時期 1998年[2] - 2017年[4]
2018年[5] -
同期 ロバート森三中
作品 CD 『言いたいことも言えずに』
写真集 『男写』
他の活動 YouTuber
配偶者 一般人(2011年 - 2018年春)
公式サイト プロフィール
テンプレートを表示
堤下食堂
YouTube
チャンネル
活動期間 2019年8月3日 -
ジャンル 料理
登録者数 堤下食堂 41.6万人[6]
堤下店長の休憩室 6.35万人[7]
総再生回数 堤下食堂 55,086,341回[6]
堤下店長の休憩室 3,485,071回[8]
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年6月2日時点。
テンプレートを表示

神奈川県横浜市神奈川区出身。吉本興業所属。東京NSC4期生。身長174cm。体重108.6kg。[9]よしもと神奈川県住みます芸人

来歴編集

実家は鉄工所。中学・高校時代はいずれも野球部に所属しており、武相高校硬式野球部ではキャプテンを務めながらも補欠だったが、最終的に背番号13ながらスタメン一塁手になった。

1998年、同期の板倉とインパルスを結成。結成前は別のNSC同期生とコンビ「プラス2トン」を組んでおり、当時はボケ担当だった。

2005年9月、板倉撮影の元、ゲイをターゲットにした写真集『男写』を出版した。

2010年12月29日放送の『はねるのトびら』年末SPの放送内で公開プロポーズを成功させ[10]、2011年3月3日に結婚[11]。2012年1月24日に長女が誕生[12]

2017年6月14日 抗アレルギー薬と睡眠薬を飲んで朦朧としている状態で車を運転し、ハンドルに前のめりで突っ伏しているところを所轄の署員に発見され[13]、9月6日に警視庁調布署により道路交通法違反(過労運転、事故不申告)の疑いで書類送検[14]。11月16日に略式起訴され、罰金30万円の略式命令を発せられた[15]

2017年10月27日、横浜市神奈川区の国道1号で乗用車を運転中に赤信号で停車中のごみ収集車に追突する事故を起こした。追突されたごみ収集車に乗っていた3人のうち2人が首を捻挫するなどの軽傷を負った[16]。これを受け堤下の所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーは、堤下を謹慎処分とした[17]。2018年3月16日に不起訴処分[18] となり、10月23日、活動再開を発表した。「あなたの街に住みますプロジェクト」の住みます芸人(神奈川県)として復帰[19]。そして2018年10月24日のカジサックチャンネルで、自身の不祥事を改めて謝罪をした。

2018年春、妻と離婚したことが報じられた[20]

2019年にYouTubeチャンネル「堤下食堂」を開設し、8月3日より動画投稿を開始した。チャンネルでは堤下が「堤下食堂」の店長に扮し、様々な料理動画を投稿する[21]。また、キングコング梶原のチャンネル、「カジサックの部屋」そして、カジサック冠番組の「カジサックのじゃないと!」の準レギュラー「サックし」を始めとした様々なキャラクターの顔も持つ。最近では、「居酒屋堤下」という「店長の仲間たちがふらりと立ち寄る憩いの場 うまい酒と肴でついついしゃべり過ぎてしまうことも…」というコンセプトで、堤下が様々なゲストを招きお酒を飲みながらエピソードなどのトークをする新企画が始動している。過去に雨上がり決死隊の宮迫や、熊田曜子ガレッジセールのゴリ熊切あさ美キングコング北陽などの数々のタレントが登場した。

2021年8月3日に堤下食堂が2周年を迎えた。また2周年を記念して、居酒屋堤下でカジサックが登場した。

2021年9月6日、堤下食堂のチャンネル登録者数が39.4万人を突破し、これに伴い語呂が合うサックし(394)が生配信で登場。

2021年8月6日に公開された動画で、3代目桂枝太郎から、「落語をやらないか」と誘われ、2021年8月28日に、落語をデビューすることを公表した。

2022年6月14日の午後2時過ぎ、東京都世田谷区上用賀にあるコンビニの駐車場を出ようとしたところ、看板にぶつかる事故を起こしたほか、世田谷区桜丘でガードパイプに衝突する事故を起こしていたことが判明した。2022年6月17日現在、警視庁は、堤下から任意で事情を聞いて当時の事故の状況を詳しく調べている[22]。また事故を起こす前にYouTubeのコミュニティで体調が芳しくないと報告していた[23]。17日、活動の自粛と運転免許の返納を発表した[24][25]。活動の自粛に伴い、堤下が出演した放送予定であった「カジサックのじゃないと」の放送は差し替えられる予定[26]

エピソード編集

  • 4280gで産まれた。[27]
  • 出川哲朗パンチ佐藤星野敬太郎杉野正らは同じ高校の先輩にあたる。
  • 2006年10月17日放送の『踊る!さんま御殿!!』内でファッションモデル土岐田麗子から告白され、土岐田との交際を開始した。2007年1月16日付けの「サンスポ」で堤下は、「正月バリ島旅行」をしていたと報じられ、2007年4月21日に年内に土岐田と結婚するとの記事が出たが土岐田はブログで、「具体的内容はまだ何も決まっていないです」と頑なに否定した[28] 挙句、2008年1月21日付けの自身のブログで破局を報告した。土岐田曰く「擦れ違いが原因で別れることになりましたが、これからは友達としての付き合いです。」とのこと[29]。ちなみにはねるのトびらの卒業式のコントで、「土岐田麗子からの卒業を命じます」という名目で、このことについて触れられ、熱海でフラれたと言っていた。
  • NSC5期生の教育係だった。
  • 1期下のキングコングと仲が良く、Youtubeチャンネルでコントをするほど。
  • 同期で高校の2年後輩のあっぱれコイズミとも仲が良い。
  • 堤下が誕生した際、両親に残念がられたと言っている。理由は、2人目の子供は女の子が欲しかったためであり、男の子だと分かった時に父親は帰ったという。[30]
  • 不祥事から復帰した際、キングコング梶原雄太のYoutubeチャンネル「カジサック KAJISAC」で改めて謝罪をし、「1人で0から全部やり直して、周りの方が認めて頂く存在になるために、神奈川から盛り上げさせて頂く。1人でも多くの人が笑って頂けるようにしたい。自分の責任でこういうことが起きてしまったけど、自分の過去の事も含めて、全て20年分反省して、ここから先何年出来るか分からないけど、皆様が許してくださるならば新しい変わった堤下でやっていきたい。」と決意した。ここからカジサックチャンネルに度々出演し、動画再生数はほとんどが100万再生を超え、中には300万再生を超える動画も存在する。
  • 梶原によく突撃されがちで、過去に実家に突撃されたこともある。また、次長課長の河本、雨上がり決死隊の宮迫、スピードワゴンの井戸田、極楽とんぼの山本、ガレッジセールのゴリなどに突撃されていて、河本からは突撃され系Youtuberと言われるようになっている。しかし、堤下が突撃し返すことがあり、過去には梶原の冠番組の「カジサックのじゃないと!」に突撃したことがある。この突破力は凄いと言われている。
  • 父親(多賀雄)母親(さ江子)がYouTubeに度々登場し人気を博した。母親の「まずそうみたい。」というセリフや、父親の〇〇み下〇○しなどが大人気であったが、母親は2020年1月23日に71歳で逝去した。逝去した際には、YouTube 「堤下食堂」で視聴者に報告し礼を述べた。
  • カジサックチャンネルの準レギュラーとしての顔も持つ堤下は、よくカジサックからノリであだ名を付けられることが多く、サックしの他に、ゴロミシタ鉄み下人してっちゃん人人ぴっちゃん紅の豚サックという別名義でも登場する。カジサックのじゃないとでは、ブルドックンブルドックンポップンニョンというあだ名もつけられていて、実際に番組のエンドロールでこの名前が掲載されたこともある。本人曰く、人格が多すぎて自分が自分じゃいられないと言う。また、このあだ名がこのWikipediaに掲載されたこともあり、堤下は「多重人格者だと思われる」と言っていた。[注釈 1]しかし梶原雄太の部屋で登場する際、友達名義で登場している。
  • 本人曰く「堤下店長は良い人で、サックしはヤバい人」と言っている。
  • インパルス堤下敦というキャラクターは、「堤下店長が7:サックしが3」と言っている。
  • 料理が上手で、腕前は道場六三郎の100番目の弟子として認められる程である[31]。またカジサックに突撃され料理してとお願いをされた際、美味しい料理を素早く作る。その中でステーキソースが人気で、カジサックグッズ第3弾で「サックしのたれ」が発売された。[32]
  • 2021年8月12日の動画で、2021年年末までに体重を90kgまで落とすことを公表。同日時点での体重は108.6kg。
  • 3つ上の兄がいる。
  • たまに事故を起こしたことについてネタにされることがある。
  • はねるのトびらでは、度々名前弄りをされていて、「エメみ下 ラルし」や「いずれみ下 事故し」などが人気。今でも名前弄りをされていてまた梶原曰く、カジサックチャンネルの準レギュラーの名前で、当初は「準レギュみ下 サクし」にする予定だったが、あまりにも長すぎたため「サックし」になったという。
  • 2021年8月に落語を始めた。

出演作品編集

コンビでの出演はインパルス (お笑いコンビ)#出演作品を参照。

テレビ編集

ドラマ編集

映画編集

ネット配信編集

  • ゆるダラ生実況!(Paravi、2019年7月15日~)[34]

YouTube編集

  • カジサック KAJISAC『カジサックの部屋』(2018年10月~)準レギュラー
  • 堤下食堂(2019年8月~)店長
  • 梶原雄太の部屋(2021年7月~)準レギュラー

CM編集

書籍編集

  • 「音あて絵本 つつみしたあつしの つつみのしたはなんだブー?」こえほん (2012年、株式会社アイフリーク)
  • 「ブタの返し―すぐわかる! いじられたときの『絶妙な返し』」(2013年、主婦の友社

CD編集

注釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 現在は半保護されている。

出典編集

  1. ^ a b c “インパルス堤下敦、本気のYouTuberデビュー! サブチャンネル「料理み下 学びし」などにもご注目”. Real Sound (blueprint). (2019年8月5日). https://realsound.jp/tech/2019/08/post-398251_1.html/ 2019年8月24日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f 吉本興業 インパルスプロフィール
  3. ^ “ランニング姿で駆け地元愛表現、インパルス堤下敦さん出演しCMコンペ出品へ撮影/神奈川”. カナロコ (神奈川新聞). (2011年2月25日). https://www.kanaloco.jp/article/entry-84406.html 2019年9月26日閲覧。 
  4. ^ “また事故のインパルス堤下に謹慎処分 「事故りすぎね」「運転に向いてない」”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2017年10月28日). https://www.j-cast.com/2017/10/28312374.html 2019年9月26日閲覧。 
  5. ^ “インパルス堤下敦、復帰は“2人”ではなく“1人でやり直す”と断言した深意”. アサ芸プラス (徳間書店). (2018年10月27日). https://www.asagei.com/excerpt/114853 2019年9月26日閲覧。 
  6. ^ a b YouTubeランキング 堤下食堂 登録・再生数
  7. ^ YouTubeランキング 堤下店長の休憩室 登録・再生数
  8. ^ YouTubeランキング 堤下店長の休憩室 登録・再生数
  9. ^ 店長から皆様へご報告!!”. YouTube. 堤下食堂. 2021年8月12日閲覧。
  10. ^ “堤下敦が公開プロポーズ!ダンス講師女性と婚約”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2010年12月30日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2010/12/30/kiji/K20101230Z00001510.html 2022年6月17日閲覧。 
  11. ^ “インパルス堤下が1歳年上ダンサーと結婚 ひな祭りに婚姻届提出”. eltha (oricon ME). (2011年5月11日). https://beauty.oricon.co.jp/news/85681/full/ 2022年6月17日閲覧。 
  12. ^ “インパルス・堤下に第1子女児誕生”. eltha (oricon ME). (2012年2月13日). https://beauty.oricon.co.jp/news/2006913/full/ 2022年6月17日閲覧。 
  13. ^ “インパルス堤下さん、車中でもうろう状態…搬送”. YOMIURI ONLINE. (2016年6月14日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20170614-OYT1T50061.html 2017年6月14日閲覧。 
  14. ^ “インパルス堤下を書類送検 睡眠薬飲んでの運転で事故”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2017年9月6日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/09/07/0010531257.shtml 2017年9月7日閲覧。 
  15. ^ “インパルス堤下に罰金30万円 睡眠薬飲み運転”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年11月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/11/16/kiji/20171116s00041000239000c.html 2017年11月16日閲覧。 
  16. ^ “インパルス堤下さんがまた交通事故、ごみ収集車に追突”. TBS NEWS (TBS). (2017年10月27日). http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3195961.html 2017年10月27日閲覧。 
  17. ^ “インパルス堤下が自動車事故、当面謹慎”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2017年10月28日). http://natalie.mu/owarai/news/254560 2017年10月28日閲覧。 
  18. ^ “インパルス堤下 不起訴処分 ごみ収集車に追突、2人が軽傷”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年3月17日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/03/17/kiji/20180316s00041000385000c.html 2018年3月17日閲覧。 
  19. ^ “謹慎中のインパルス堤下敦が「住みます芸人」で復帰”. 日刊スポーツ. (2018年10月23日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201810230000511.html 2019年8月5日閲覧。 
  20. ^ “インパルス堤下、「今年春に離婚」報道 「新しい移動手段」を心配する声も”. Sirabee (株式会社NEWSY). (2018年10月25日). https://sirabee.com/2018/10/25/20161851632/ 2022年6月17日閲覧。 
  21. ^ 堤下 アツシ [@tsutsumishi] (2019年8月3日). "是非ご覧ください! 本日からです!" (ツイート). Twitterより2019年8月4日閲覧
  22. ^ 「インパルス」堤下敦さん 同じ日に2回の交通事故 世田谷区”. 日テレNEWS. 日本テレビ (2022年6月17日). 2022年6月17日閲覧。
  23. ^ 堤下食堂 - YouTube”. 2022年6月19日閲覧。
  24. ^ “インパルス堤下敦が活動自粛 14日に1日2件の交通事故 運転免許は「返納することとしました」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2022年6月17日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/06/17/kiji/20220617s00041000457000c.html 2022年6月17日閲覧。 
  25. ^ インパルス堤下敦ツイッターで謝罪「運転免許は返納する事としました」活動自粛も明らかに”. 日刊スポーツ (2022年6月17日). 2022年6月17日閲覧。
  26. ^ (日本語) TVer - 無料で動画見放題, https://tver.jp/ 2022年6月29日閲覧。 
  27. ^ 【落語デビュー完全密着】本番当日までの稽古と裏側を公開します!”. YouTube. 堤下食堂. 2021年9月17日閲覧。
  28. ^ みなさん、ぉ騒がせしております”. 土岐田麗子オフィシャルブログ『トッキーのSTRAWBERRY TIME』 (2007年4月23日). 2007年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月24日閲覧。
  29. ^ こんばんは。”. 土岐田麗子オフィシャルブログ『トッキーのSTRAWBERRY TIME』 (2008年1月21日). 2008年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月17日閲覧。
  30. ^ 【料理】堤下さんの作るステーキ、ガーリックライスがヤバすぎた”. YouTube. カジサック KAJISAC. 2021年8月30日閲覧。
  31. ^ 【神回】店長の夢叶う!念願の師匠!道場六三郎さんとの夢の共演!”. YouTube. 堤下食堂. 2021年10月29日閲覧。
  32. ^ 【大事件】一生のお願いをしに突撃しました”. YouTube. カジサック KAJISAC. 2021年8月10日閲覧。
  33. ^ 劇場版 テニスの王子様 二人のサムライ The First Game (2005)”. Yahoo!映画. 2020年3月17日閲覧。
  34. ^ “インパルス堤下“ベイスターズ愛”語り尽くす 「パラビ」で試合観戦トーク生配信”. スポーツニッポン. (2019年7月15日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/07/14/kiji/20190714s00041000261000c.html 2019年8月5日閲覧。 
  35. ^ 今田耕司、気合の初ひげ 鬼奴はソバージュ…「ボス」新CM”. スポニチアネックス (2015年12月9日). 2015年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月10日閲覧。

外部リンク編集