大根 仁(おおね ひとし、1968年12月28日 - )は、東京都国立市出身のテレビドラマ演出家映画監督オフィスクレッシェンド取締役。

おおね ひとし
大根 仁
生年月日 (1968-12-28) 1968年12月28日(51歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都国立市
身長 167cm
職業 演出家映画監督
ジャンル テレビドラマ映画舞台ミュージック・ビデオ
事務所 オフィスクレッシェンド
主な作品
テレビドラマ
トリック
モテキ
まほろ駅前番外地
映画
モテキ
バクマン。
備考
オフィスクレッシェンド取締役
テンプレートを表示

身長は公表していないが、映画『バクマン。』に合わせて対談した山口一郎(公称身長168cm)と並んだ際にほぼ同じ身長であることから(参照)、身長160cm台後半から170cm位と推定(『SUNNY 強い気持ち・強い愛』の出演者と一緒に並んだ写真では身長160cmの田辺桃子より少し高い程度に見えるが田辺はハイヒールを履いている)されていたが、『週刊SPA!』2019年8月27日号の連載「東京スナイパー」でWikipediaでの記述に触れ、168cmと明かしている。

経歴編集

ドラマ『北の国から』の第1回を見た時に衝撃を受け、その後たまたま書店で見つけた『北の国から』のシナリオを手に取ったことからドラマ作りに興味を持った[1]。映像系の専門学校に進学し、在学中に制作したPVが当時専門学校に講師で来ていた映画監督・堤幸彦の目に留まり、その縁で堤と秋元康が作った番組制作会社「SOLD OUT」に入社。

ヴァンパイアホスト』、『30minutes』、『ライオン丸G』、『週刊真木よう子』、『湯けむりスナイパー』、『モテキ』などテレビ東京を中心に多くの深夜ドラマの演出を手がけた。

2012年、ドラマの劇場版であり初監督映画の『モテキ』で第35回日本アカデミー賞話題賞・優秀作品部門を受賞[2]

作品編集

テレビドラマ編集

映画編集

アニメ編集

舞台編集

ミュージック・ビデオ編集

バラエティ番組編集

出演番組編集

受賞歴編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集