メインメニューを開く

SUNNY 強い気持ち・強い愛』(サニー つよいきもち つよいあい)は、2018年8月31日に全国東宝系にて公開された日本映画。監督は大根仁、主演は篠原涼子[2]

SUNNY 強い気持ち・強い愛
監督 大根仁
脚本 大根仁
原作サニー 永遠の仲間たち』より
製作 川村元気(企画・プロデュース)
市山竜次
馬場千晃
製作総指揮 山内章弘
出演者 篠原涼子
広瀬すず
小池栄子
ともさかりえ
渡辺直美
池田エライザ
山本舞香
野田美桜
田辺桃子
富田望生
三浦春馬
リリー・フランキー
板谷由夏
音楽 小室哲哉
撮影 阿藤正一
橋本桂二
編集 大関泰幸
制作会社 東宝映画
オフィスクレッシェンド
製作会社 「SUNNY」製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2018年8月31日
香港の旗 2018年11月21日
上映時間 119分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 9.5億円[1]
テンプレートを表示

概要編集

2011年公開の韓国映画サニー 永遠の仲間たち』の日本リメイク作品。オリジナルでは1980年代後半だった舞台を1990年代後半に置き、コギャルなど日本版としてのアレンジが加えられている[3]

2017年11月10日、芹香役で出演が予定されていた真木よう子が体調不良を理由に降板したことが発表された[4]。代役は板谷由夏[4]

音楽を担当した小室哲哉は、2018年1月に引退宣言をしており[5]、2017年3月にオファーを受けた本作が最後の映画音楽となる[6]。更に大根監督が厳選した安室奈美恵小沢健二といった90年代を代表するJ-POPの数々が劇中曲として登場する[7]

あらすじ編集

90年代、仲良しだった女子高生グループ「SUNNY」のメンバーたち。あれから20年以上経ち大人になった彼女たち6人はそれぞれに問題を抱えながらも生活をしていた。その中の一人、今は普通の主婦となった奈美は同じメンバーの芹香が末期がんに冒され、余命1ヶ月を宣告されている事を知る。実は、ある事件をきっかけに疎遠になってしまった彼女たちだったが、芹香のもう一度SUNNYのメンバーに会いたいという願いをかなえるため、奈美はSUNNYのメンバーを捜し始める。

キャスト編集

スタッフ編集

楽曲編集

小沢健二強い気持ち・強い愛 Metropolitan Love Affair
作詞:小沢健二、作曲:筒美京平、編曲:小沢健二・筒美京平、管弦編曲:服部隆之
安室奈美恵Don't wanna cry
作詞:小室哲哉・前田たかひろ、作曲・編曲:小室哲哉
安室奈美恵「SWEET 19 BLUES
作詞・作曲・編曲:小室哲哉
久保田利伸 with NAOMI CAMPBELLLA・LA・LA LOVE SONG
作詞・作曲:久保田利伸
hitomiCANDY GIRL
作詞:hitomi、作曲:小室哲哉、編曲:小室哲哉&久保こーじ、Mixed by Pate Hammond, Steve Hammond
TRFsurvival dAnce 〜no no cry more〜
作詞・作曲・編曲:TETSUYA KOMURO,Mixed by Pate Hammond, Steve Hammond
TRF「EZ DO DANCE
作詞・作曲・編曲:小室哲哉、Mixed by Pate Hammond, Steve Hammond
JUDY AND MARYそばかす
作詞:YUKI、作曲:恩田快人、編曲:JUDY AND MARY
PUFFYこれが私の生きる道
作詞・作曲:奥田民生
CHARAやさしい気持ち
作詞・作曲:CHARA、編曲:渡辺善太郎
森田童子ぼくたちの失敗
作詞・作曲:森田童子、編曲:石川鷹彦

受賞編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 真木よう子から交代。

出典編集

  1. ^ 『キネマ旬報』2019年3月下旬特別号 p.41
  2. ^ “韓国のヒット作「サニー」の日本版を大根仁が撮る!主人公の現在は篠原涼子、過去は広瀬すず”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年10月2日). http://eiga.com/news/20171002/1/ 2017年10月7日閲覧。 
  3. ^ “広瀬すずが篠原涼子のコギャル時代演じる、大根仁監督「SUNNY」製作決定”. 映画ナタリー. (2017年10月2日). http://natalie.mu/eiga/news/251052 2017年10月4日閲覧。 
  4. ^ a b c “真木よう子 体調不良で降板 代役は女優の板谷由夏 出演映画公式サイトで発表”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年11月10日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/11/10/kiji/20171110s00041000191000c.html 2017年11月10日閲覧。 
  5. ^ “小室哲哉、涙の引退会見「悔いなし、なんて言葉は出てこない」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年1月19日). https://natalie.mu/music/news/265902 2018年4月25日閲覧。 
  6. ^ a b “小室哲哉、最後の映画音楽!主演の篠原涼子と22年ぶり黄金タッグ”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年4月25日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180425/geo18042505050011-n1.html 2018年4月25日閲覧。 
  7. ^ “小室哲哉×篠原涼子、約20年振りタッグ実現 90年代を彩る珠玉のJ-POP満載の映画『SUNNY』8月31日公開」”. Billboard JAPAN. (2018年4月25日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/62679/2 2018年5月21日閲覧。 
  8. ^ “【報知映画賞】篠原涼子が主演女優賞、夫・市村正親と二人三脚で初戴冠”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年11月28日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/feature/hochi_eigashou/20181127-OHT1T50216.html 2018年11月28日閲覧。 

外部リンク編集