リコーブラックラムズ東京

日本のラグビーチーム

リコーブラックラムズ東京: RICOH BlackRams Tokyo)は、JAPAN RUGBY LEAGUE ONEに所属しているラグビーチームである。略称表記は「BR東京」。ホストエリアは、東京都および世田谷区。練習グラウンドはリコー総合グラウンド(東京都世田谷区)[1]

リコーブラックラムズ東京
クラブカラー  
愛称 ブラックラムズ
創設年 1953年
本拠地 東京都世田谷区
グラウンド 駒沢オリンピック公園陸上競技場
秩父宮ラグビー場
収容人数 20,010(駒沢)
24,871(秩父宮)
代表 鈴木寿人(ディレクター)
ヘッドコーチ ピーター・ヒューワット
所属リーグ JAPAN RUGBY LEAGUE ONE
ファースト
ジャージ
セカンド
ジャージ
公式サイト
https://blackrams-tokyo.com/
テンプレートを表示

概要 編集

1953年創部。1960年に発足した関東社会人リーグには初年度から参加(当時の社名は理研光学[2]。3部リーグからのスタートであったが、初年度から2年連続で3部で優勝を飾ると、2部に昇格した翌シーズンも優勝し、参戦4年目となる1963年には1部リーグ昇格を果たした[2]。同じ年、社名がリコーに変更された。昇格2年目の1964年には春季リーグ優勝[注 1]、さらに翌1965年には秋季トーナメント優勝[注 1]を達成した[2]。この頃から1990年代の初頭まで四半世紀にわたり、三洋電機とリーグ優勝をほぼ独占した。1988年に発足した東日本社会人リーグ2003年に発足したトップリーグにも、ともに初年度から参加している。2003年のトップリーグ参入に合わせて、チーム名をリコーブラックラムズに変更した。

全国社会人大会には1967年度に初出場。以降、最後の大会となる2002年度までの間に、近鉄トヨタ自動車三洋電機神戸製鋼に次いで歴代5位となる32回出場した。優勝3回(歴代6位タイ)、準優勝2回(歴代7位タイ)、通算84試合(歴代7位)、通算48勝(歴代8位)という記録を残している。

最盛期は1970年から1973年にかけて関東社会人リーグ4連覇、1972年から1973年にかけて社会人大会及び日本選手権の2連覇を達成した頃で、当時は和製オールブラックスの異名を取った。またこの頃、他の社会人強豪チームは主に高卒が中心で、大卒は数人程度加入させるという形が主流だったが、リコーは大卒の加入を積極的に進め、結果、短期間のうちに強豪チームを築き上げることに成功した。このようなシステムは、大学進学率が格段に上昇した1980年代後半あたりからごく当たり前となったが、リコーが台頭した1960年代後半頃は非常に珍しかった。

トップリーグでは、2004-2005シーズン序盤に神戸製鋼から32年ぶりに勝利を奪うなど時折活躍を見せたが、リーグ開幕となった2003-2004シーズンから4シーズン連続で入れ替え戦に回った。そして5シーズン目の2007-2008シーズンを13位で終えてトップイースト11への降格が決定した。1963年関東社会人リーグ1部に昇格して以来、この年まで45シーズン連続で1部に在籍した。

2008-2009シーズンはトップイースト11を全勝で1位通過。トップチャレンジシリーズでも2戦2勝で1位となり、1年でトップリーグ復帰を果たした。同時に日本選手権の出場権も獲得した。日本選手権では準決勝に進出したが、優勝した三洋電機ワイルドナイツに敗れた。2009-2010シーズンはトップリーグで12位になり入れ替え戦に回ったが残留を決めた。

2021年7月16日、新リーグJAPAN RUGBY LEAGUE ONEの1部リーグに振り分けされることになった[3]

マスコット 編集

  • ラムまる[4] - 羊がモチーフ。リーグワンマスコット総選挙において、初年度2022シーズン、2022-23シーズンで2連覇[5][6]

チームビジョン 編集

  • チームビジョンは、「Be a Movement.」
  • チームの躍動が、社会や未来への大きなうねりとなって波及することを目標とする[4]

地域協業 編集

  • 2023年12月22日から2024年2月まで、ホストエリア地域協業として、世田谷区内のユニクロ5店舗で、ブラックラムズ東京各選手の写真とインタビュー記事をヒートテック製品の売り場に掲示するキャンペーンを実施[7][8]

歴史 編集

  • 1953年 - 理研光学(現リコー)のラグビーチームとして創部
  • 1960年 - 第1回関東社会人リーグに参戦。3部リーグ優勝
  • 1962年 - 2部リーグ昇格、優勝
  • 1963年 - 1部リーグ昇格(春季リーグ4位)
  • 1964年 - 春季リーグ初優勝
  • 1965年 - 秋季トーナメント初優勝
  • 1967年 - 全国社会人ラグビーフットボール大会初出場(ベスト4進出)
  • 1970年 - 全国社会人ラグビーフットボール大会初優勝[注 2]
  • 1972年 - 全国社会人ラグビーフットボール大会優勝、日本選手権初優勝
  • 1973年 - 全国社会人ラグビーフットボール大会、日本選手権ともに2連覇
  • 1988年 - 東日本社会人リーグに参戦
  • 1992年 - 東日本社会人リーグ初優勝[注 3]
  • 2003年 - トップリーグに参戦
  • 2008年 - トップイースト11に降格
  • 2009年 - トップイースト11優勝、1年でトップリーグに復帰
  • 2022年 - ジャパンラグビーリーグワンDIVISION1で参戦

タイトル 編集

全国大会

最上位リーグ

下位リーグ

カップ戦

7人制大会

成績 編集

全国社会人大会戦績 編集

年度 地区 成績 備考
20 1967 東京 ベスト4 3 2 0 1 44 53 -9 リコーのチーム名で出場
21 1968 東京 ベスト8 2 1 0 1 25 36 -11
22 1969 東京 1回戦敗退 1 0 0 1 6 19 -13
23 1970 東京 優勝[注 2] 4 3 1 0 77 22 55 両チーム優勝[注 2]
24 1971 東京 準優勝 4 3 0 1 158 25 133
25 1972 東京 優勝 4 4 0 0 159 22 137 日本選手権に出場
26 1973 東京 優勝 4 4 0 0 121 22 99 日本選手権に出場
27 1974 東京 準優勝 4 3 0 1 131 32 99
28 1975 東京 ベスト4 3 2 1 0 96 38 58 準決勝は引分(抽選で敗退)
30 1977 東京 1回戦敗退 1 0 0 1 3 33 -30
32 1979 東京 ベスト8 2 1 0 1 35 24 11
33 1980 東京 1回戦敗退 1 0 0 1 19 29 -10
34 1981 東京 ベスト8 2 1 0 1 38 16 22
35 1982 東京 ベスト4 3 2 0 1 62 33 29
36 1983 東京 ベスト8 2 1 0 1 46 17 29
37 1984 東京 ベスト8 2 1 0 1 49 16 33
39 1986 東京 1回戦敗退 1 0 0 1 9 13 -4
41 1988 東日本 ベスト4 3 2 0 1 67 41 26
42 1989 東日本 1回戦敗退 1 0 0 1 9 47 -38
43 1990 東日本 ベスト8 2 1 0 1 37 27 10
44 1991 東日本 ベスト8 2 1 0 1 39 66 -27
45 1992 東日本 ベスト4 3 2 0 1 75 64 11
46 1993 東日本 ベスト4 3 2 0 1 115 71 44
47 1994 東日本 1回戦敗退 1 0 0 1 14 51 -37
48 1995 東日本 ベスト8 4 2 0 2 121 88 33
49 1996 東日本 ベスト8 4 2 0 2 132 197 -65
50 1997 東日本 予選プール敗退 3 1 0 2 63 126 -63
51 1998 東日本 ベスト8 4 2 0 2 88 72 16
52 1999 東日本 ベスト8 4 2 0 2 132 84 48
53 2000 東日本 1回戦敗退 1 0 0 1 17 45 -28
54 2001 東日本 1回戦敗退 1 0 0 1 12 87 -75
55 2002 東日本 ベスト4 5 3 0 2 122 100 22 日本選手権に出場

リーグ戦戦績 編集

トップリーグ創設以前 編集

年度 所属リーグ Div. 順位 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差 備考
1960 関東社会人リーグ 秋季トーナメント 2回戦 2 1 0 1 34 5 29 2回戦は不戦敗
関東社会人リーグ 春季リーグ 3部-A 3部 1位 6 6 0 0 ≥121 ≥27 不明 2試合のスコア不明
1961 関東社会人リーグ 秋季トーナメント 3回戦 2 1 0 1 23 26 -3 2回戦から登場
関東社会人リーグ 春季リーグ 3部-黄 3部 1位 6 6 0 0 ≥100 ≥11 不明 2試合のスコア不明
1962 関東社会人リーグ 秋季トーナメント ベスト8 3 2 0 1 56 25 31 2回戦から登場
関東社会人リーグ 春季リーグ 2部 2部 優勝 7 7 0 0 ≥168 ≥14 不明 1試合のスコア不明
1963 関東社会人リーグ 秋季トーナメント 1回戦 1 0 0 1 11 20 -9
関東社会人リーグ 春季リーグ 1部 1部 3位 7 5 0 2 ≥109 ≥42 不明 1試合のスコア不明
同率3位
1964 関東社会人リーグ 秋季トーナメント ベスト8 3 2 0 1 ≥66 ≥26 不明 2回戦から登場
2回戦のスコア不明
関東社会人リーグ 春季リーグ 1部 1部 優勝 7 5 2 0 125 49 76
1965 関東社会人リーグ 秋季トーナメント 優勝 5 5 0 0 ≥50 ≥30 不明 2回戦から登場
2回戦・準決勝のスコア不明
関東社会人リーグ 春季リーグ 1部 1部 7位 7 2 1 4 97 97 0
1966 関東社会人リーグ 秋季トーナメント 優勝 5 5 0 0 188 34 154 2回戦から登場
関東社会人リーグ 春季リーグ 1部 1部 3位 7 4 0 3 104 94 10
1967 関東社会人リーグ 秋季トーナメント ベスト8 3 2 1 0 ≥68 ≥25 不明 2回戦から登場
3回戦のスコア不明
準々決勝は引分(抽選で敗退)
関東社会人リーグ 春季リーグ 1部-A 1部 1位 4 3 0 1 83 75 8 3チーム同率1位
優勝決定戦は実施されず
1968 関東社会人リーグ 秋季トーナメント ベスト4 3 2 0 1 69 38 31 4回戦から登場
関東社会人リーグ 春季リーグ 1部-B 1部 1位 4 4 0 0 135 32 103 優勝決定戦は実施されず
1969 関東社会人リーグ 1部-A 1部 1位 4 4 0 0 ≥37 ≥13 不明 3試合のスコア不明
優勝決定戦で東京三洋に敗戦[注 5]
1970 関東社会人リーグ 1部-A 1部 優勝 4 4 0 0 93 35 58 1試合は不戦勝
優勝決定戦で東京三洋に勝利
1971 関東社会人リーグ 1部-B 1部 優勝 4 4 0 0 139 17 122 優勝決定戦で東京三洋に勝利
1972 関東社会人リーグ 1部-B 1部 優勝 4 4 0 0 132 6 126 1試合は不戦勝
優勝決定戦で警視庁に勝利
1973 関東社会人リーグ 1部-A 1部 優勝 4 4 0 0 115 7 108 1試合は不戦勝
優勝決定戦で警視庁に勝利
1974 関東社会人リーグ 1部-A 1部 1位 5 4 0 1 182 57 125 同率1位
優勝決定戦に進出できず
1975 関東社会人リーグ 1部-A 1部 優勝 5 5 0 0 188 30 158 優勝決定戦で警視庁に勝利
1976 関東社会人リーグ 1部-B 1部 1位 5 5 0 0 191 52 139 優勝決定戦で東京三洋に敗戦
1977 関東社会人リーグ 1部-A 1部 2位 5 4 0 1 155 79 76
1978 関東社会人リーグ 1部-A 1部 1位 5 4 0 1 167 73 94 3チーム同率1位
優勝決定戦で東京三洋に敗戦
1979 関東社会人リーグ 1部-A 1部 優勝 5 5 0 0 270 56 214 優勝決定戦で横河電機に勝利
1980 関東社会人リーグ 1部-B 1部 3位 5 3 0 2 102 88 14
1981 関東社会人リーグ 1部-A 1部 2位 5 4 0 1 183 68 115
1982 関東社会人リーグ 1部-A 1部 1位 5 5 0 0 111 33 78 優勝決定戦で東京三洋に敗戦
1983 関東社会人リーグ 1部-B 1部 2位 5 3 0 2 122 83 39 同率2位
1984 関東社会人リーグ 1部-A 1部 2位 5 4 0 1 165 85 80
1985 関東社会人リーグ 1部-A 1部 優勝 5 4 0 1 137 46 91 3チーム同率1位
優勝決定戦で東芝府中に勝利
1986 関東社会人リーグ 1部-A 1部 優勝 5 5 0 0 147 37 110 優勝決定戦でサントリーに勝利
1987 関東社会人リーグ 1部-A 1部 2位 5 4 0 1 157 68 89 1試合は不戦勝
1988 東日本社会人リーグ 1部 3位 7 4 0 3 220 89 131 3チーム同率3位
1989 東日本社会人リーグ 1部 3位 7 4 1 2 221 123 98 同率3位
1990 東日本社会人リーグ 1部 2位 7 5 1 1 281 108 173
1991 東日本社会人リーグ 1部 6位 7 2 0 5 171 164 7
1992 東日本社会人リーグ 1部 優勝 7 6 0 1 234 131 103 三洋電機と同率優勝
1993 東日本社会人リーグ 1部 2位 7 5 0 2 178 126 52 同率2位
1994 東日本社会人リーグ 1部 4位 7 3 0 4 163 162 1 3チーム同率4位
1995 東日本社会人リーグ 1部 3位 7 4 0 3 168 128 40 同率3位
1996 東日本社会人リーグ 1部 7位 7 1 0 6 178 238 -60
1997 東日本社会人リーグ 1部 6位 7 2 0 5 178 233 -55
1998 東日本社会人リーグ 1部 5位 7 3 0 4 221 180 41 同率5位
1999 東日本社会人リーグ 1部 3位 7 5 0 2 261 162 99 同率3位
2000 東日本社会人リーグ 1部 6位 7 2 0 5 160 325 -165
2001 東日本社会人リーグ 1部 4位 7 3 0 4 157 240 -83 3チーム同率4位
2002 東日本社会人リーグ 1部 3位 7 5 0 2 179 235 -56

トップリーグ 編集

シーズン 所属リーグ Div. 順位 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差 勝点 結果 カップ戦 日本選手権
2003-2004 トップリーグ 1部 9位 11 3 0 8 273 402 -129 19 リーグ戦:9位
入替戦:残留
2004-2005 トップリーグ 1部 10位 11 4 0 7 207 370 -163 18 リーグ戦:10位
入替戦:残留
2005-2006 トップリーグ 1部 11位 11 2 0 9 137 398 -261 10 リーグ戦:11位
入替戦:残留
2006-2007 トップリーグ 1部 11位 13 4 0 9 233 371 -138 21 リーグ戦:11位
入替戦:残留
2007-2008 トップリーグ 1部 13位 13 3 0 10 217 399 -182 17 リーグ戦:13位
トップイースト11に自動降格
2008-2009 トップイースト11 2部 優勝 10 10 0 0         リーグ戦:1位
トップチャレンジ1:トップリーグに自動昇格
  ベスト4
2009-2010 トップリーグ 1部 12位 13 4 0 9 262 422 -160 19 リーグ戦:12位
入替戦:残留
 
2010-2011 トップリーグ 1部 7位 13 6 0 7 364 389 -25 32 リーグ戦:7位  
2011-2012 トップリーグ 1部 7位 13 7 1 5 386 333 53 38 リーグ戦:7位  
2012-2013 トップリーグ 1部 10位 13 5 0 8 322 360 -38 28 リーグ戦:10位  
2013-2014 トップリーグ 1部 11位 7 1 1 5 142 196 -54 9 リーグ戦:1stステージ・プールB・7位  
7 4 0 3 217 150 67 25 リーグ戦:2ndステージ・グループB・3位
2014-2015 トップリーグ 1部 9位 7 2 0 5 183 160 23 14 リーグ戦:1stステージ・プールB・6位  
7 6 0 1 199 102 97 32 リーグ戦:2ndステージ・グループB・1位
2015-2016 トップリーグ 1部 13位 7 0 0 7 129 282 -153 2 リーグ戦:プールA・8位
順位決定トーナメント:13位
入替戦:残留
プレシーズンリーグ:6位
2016-2017 トップリーグ 1部 6位 15 8 0 7 390 362 28 40 リーグ戦:6位  
2017-2018 トップリーグ 1部 7位 13 9 0 4 314 239 75 43 リーグ戦:ホワイトカンファレンス・3位
総合順位決定トーナメント:7位
 
2018-2019 トップリーグ 1部 8位 7 4 0 3 191 165 26 20 リーグ戦:ホワイトカンファレンス・4位
総合順位決定トーナメント:8位
トップリーグカップ:9位
2020 トップリーグ 1部 大会中止[9] トップリーグカップ:プール戦敗退[注 6]
2021 トップリーグ 1部 5位 7 3 0 4 179 184 -5 17 リーグ戦:ホワイトカンファレンス・4位
プレーオフトーナメント:ベスト8

JAPAN RUGBY LEAGUE ONE 編集

シーズン DIVISION 最終順位 リーグ順位 試合数 勝点 得点 失点 得失差 入替戦 備考
2022 DIVISION1 9位 9位/12チーム 16 21 4 0 12 276 480 -204 なし [10]
2022-23 DIVISION1 7位 7位/12チーム 16 30 6 0 10 414 384 30 なし [11]
2023-24 DIVISION1 10位 10位/12チーム 16 17 3 0 13 321 203 -182 DIVISION2 3位と入替戦、勝利し残留 [12][13][14]

2023-24シーズンの順位 編集

JAPAN RUGBY LEAGUE ONE 2023-24
Division 1 順位表
(2024年5月5日時点[15]
編集
リーグ戦順位 チーム 試合数 勝ち点 得点 失点 得失差 最終順位 プレーオフ/入替戦
1 埼玉ワイルドナイツ 16 75 16 0 0 747 275 472 2位 プレーオフ進出
2 東芝ブレイブルーパス東京 16 65 14 1 1 554 373 181 優勝 プレーオフ進出
3 東京サンゴリアス 16 50 10 1 5 584 425 159 3位 プレーオフ進出
4 横浜キヤノンイーグルス 16 49 10 0 6 518 446 72 4位 プレーオフ進出
5 コベルコ神戸スティーラーズ 16 45 9 1 6 647 459 188 5位
6 クボタスピアーズ船橋・東京ベイ 16 44 8 1 7 554 447 107 6位
7 トヨタヴェルブリッツ 16 43 9 0 7 498 450 48 7位
8 静岡ブルーレヴズ 16 33 6 2 8 501 513 -12 8位
9 三菱重工相模原ダイナボアーズ 16 27 6 0 10 457 637 -180 9位
10 ブラックラムズ東京 16 17 3 0 13 321 203 -182 10位 DIVISION2 3位に勝利、残留
11 三重ホンダヒート 16 7 1 0 15 242 744 -502 11位 DIVISION2 2位に勝利、残留
12 花園近鉄ライナーズ 16 6 1 0 15 353 704 -351 12位 DIVISION2 1位に敗れ、降格
  • 勝ち点は、勝ち4点、引き分け2点、負け0点。
  • ただし、7点差以内の負けは1点を付与、3トライ差以上での勝ちは追加で1点を付与。
  • 同じ勝ち点である場合は下記の順番で順位を決定する。
  1. 勝ち点
  2. 勝利数
  3. ①および②が同数であったチーム間の勝ち点
  4. ①、②および③が同数であったチーム間の得失点差
  5. 全試合の得失点差
  6. 当該チーム間のトライ数
  7. 全試合でのトライ数
  8. 当該チーム間のトライ後のゴール数
  9. 全試合でのトライ後のゴール数
  10. 抽選

2023-24シーズンのスコッド 編集

下表の年齢は、資料性に配慮し、2023年12月9日開幕時点に固定している。

カテゴリA(日本代表の実績または資格あり)は、試合登録枠17名以上、同時出場可能枠11名以上。カテゴリB(日本代表の資格獲得見込み)は、試合登録枠・同時出場可能枠ともに任意。カテゴリC(他国代表歴あり等、カテゴリ A, B以外)は、試合登録枠3名以下。

リコーブラックラムズ東京2023-24シーズンのスコッドは下記のとおり[16]

ヘッドコーチ: ピーター・ヒューワット

選手 ポジション 身長 体重 誕生日(年齢) 登録区分
麻生典宏 プロップ 174cm 108kg (2000-01-26)2000年1月26日(23歳) カテゴリA
大山祥平 プロップ 186cm 116kg (1998-11-15)1998年11月15日(25歳) カテゴリA
笹川大五 プロップ 188cm 116kg (1997-08-03)1997年8月3日(26歳) カテゴリA
谷口祐一郎 プロップ 180cm 108kg (1998-06-04)1998年6月4日(25歳) カテゴリA
千葉太一 プロップ 178cm 115kg (1994-09-22)1994年9月22日(29歳) カテゴリA
中村公星 プロップ 183cm 112kg (2001-01-25)2001年1月25日(22歳) カテゴリA
西和磨 プロップ 180cm 107kg (1995-08-10)1995年8月10日(28歳) カテゴリA
パディー・ライアン プロップ 190cm 114kg (1988-08-09)1988年8月9日(35歳) カテゴリC
眞壁貴男 プロップ 168cm 100kg (1992-08-20)1992年8月20日(31歳) カテゴリA
津村大志 プロップ 174cm 108kg (2001-04-30)2001年4月30日(22歳) カテゴリA
サミュエラ・ワカヴァカ プロップ 185cm 115kg (2001-08-19)2001年8月19日(22歳) カテゴリB
大内真 フッカー 183cm 107kg (1997-07-26)1997年7月26日(26歳) カテゴリA
大西将史 フッカー 180cm 105kg (1995-02-21)1995年2月21日(28歳) カテゴリA
小池一宏 フッカー 172cm 98kg (1992-06-10)1992年6月10日(31歳) カテゴリA
佐藤康 フッカー 168cm 96kg (1999-05-10)1999年5月10日(24歳) カテゴリA
武井日向   フッカー 171cm 97kg (1997-06-17)1997年6月17日(26歳) カテゴリA
ジェイコブ・スキーン ロック 200cm 112kg (1993-04-07)1993年4月7日(30歳) カテゴリB
ジョシュ・グッドヒュー ロック 199cm 114kg (1995-06-13)1995年6月13日(28歳) カテゴリB
ハリソン・フォックス ロック 199cm 115kg (2000-11-01)2000年11月1日(23歳) カテゴリB
ファカタヴァタラウ侍 ロック 194cm 114kg (1994-12-07)1994年12月7日(29歳) カテゴリA
マイケル・ストーバーグ ロック 204cm 116kg (1992-03-27)1992年3月27日(31歳) カテゴリB
山本嶺二郎 ロック 191cm 111kg (2002-03-18)2002年3月18日(21歳) カテゴリA
柳川大樹 フランカー 191cm 108kg (1989-02-19)1989年2月19日(34歳) カテゴリA
山本秀 ロック 190cm 100kg (1999-06-01)1999年6月1日(24歳) カテゴリA
ロトアヘアポヒヴァ大和 ロック 192cm 118kg (1988-08-10)1988年8月10日(35歳) カテゴリA
田中真一 フランカー 187cm 98kg (1994-06-08)1994年6月8日(29歳) カテゴリA
ブロディ・マクカラン フランカー 192cm 105kg (1994-05-24)1994年5月24日(29歳) カテゴリA
湯川純平 フランカー 183cm 95kg (1996-04-24)1996年4月24日(27歳) カテゴリA
アマト・ファカタヴァ ナンバー8 195cm 118kg (1994-12-07)1994年12月7日(29歳) カテゴリA
木原音弥 ナンバー8 184cm 99kg (2000-02-27)2000年2月27日(23歳) カテゴリA
ネイサン・ヒューズ ナンバー8 195cm 127kg (1991-06-10)1991年6月10日(32歳) カテゴリC
松橋周平 ナンバー8 180cm 98kg (1993-11-24)1993年11月24日(30歳) カテゴリA
山村勝悟 ナンバー8 178cm 100kg (2001-03-24)2001年3月24日(22歳) カテゴリA
高橋敏也 スクラムハーフ 182cm 85kg (1993-10-22)1993年10月22日(30歳) カテゴリA
中村正寿 スクラムハーフ 165cm 71kg (1989-01-24)1989年1月24日(34歳) カテゴリA
南昂伸 スクラムハーフ 166cm 72kg (1999-03-03)1999年3月3日(24歳) カテゴリA
山本昌太 スクラムハーフ 166cm 72kg (1990-05-09)1990年5月9日(33歳) カテゴリA
稲葉聖馬 スクラムハーフ 166cm 74kg (2002-01-27)2002年1月27日(21歳) カテゴリA
中楠一期 スタンドオフ 174cm 84kg (2000-06-01)2000年6月1日(23歳) カテゴリA
堀米航平 スタンドオフ 177cm 87kg (1995-09-18)1995年9月18日(28歳) カテゴリA
マット・マッガーン スタンドオフ 184cm 89kg (1993-04-21)1993年4月21日(30歳) カテゴリA
伊藤耕太郎 スタンドオフ 176cm 84kg (2001-11-15)2001年11月15日(22歳) カテゴリA
古賀由教 ウイング 175cm 83kg (1998-08-28)1998年8月28日(25歳) カテゴリA
ネタニ・ヴァカヤリア ウイング 181cm 94kg (1998-02-25)1998年2月25日(25歳) カテゴリA
山村知也 ウイング 175cm 82kg (1997-12-02)1997年12月2日(26歳) カテゴリA
ロトアヘアアマナキ大洋 ウイング 191cm 107kg (1990-04-14)1990年4月14日(33歳) カテゴリA
高本とむ ウイング 182cm 88kg (2001-10-10)2001年10月10日(22歳) カテゴリA
青木拓己 センター 185cm 94kg (2000-04-07)2000年4月7日(23歳) カテゴリA
池田悠希 センター 186cm 98kg (1995-05-21)1995年5月21日(28歳) カテゴリA
礒田凌平 センター 178cm 88kg (1996-07-22)1996年7月22日(27歳) カテゴリA
栗原由太 センター 179cm 90kg (1997-10-12)1997年10月12日(26歳) カテゴリA
シオペ・タヴォ センター 189cm 105kg (1997-06-19)1997年6月19日(26歳) カテゴリA
セミシ・トゥポウ センター 189cm 98kg (1999-06-29)1999年6月29日(24歳) カテゴリB
西川大輔 センター 184cm 93kg (1997-08-24)1997年8月24日(26歳) カテゴリA
ハドレー・パークス センター 187cm 100kg (1987-10-05)1987年10月5日(36歳) カテゴリC
濱野大輔 センター 172cm 90kg (1994-01-06)1994年1月6日(29歳) カテゴリA
ラズロー・ソード センター 193cm 109kg (2003-05-06)2003年5月6日(20歳) カテゴリB
ペニエリジュニアラトゥ センター 188cm 110kg (2000-10-24)2000年10月24日(23歳) カテゴリB
アイザック・ルーカス フルバック 179cm 84kg (1999-02-11)1999年2月11日(24歳) カテゴリB
中澤健宏 フルバック 182cm 95kg (1991-09-10)1991年9月10日(32歳) カテゴリA
メイン平 フルバック 180cm 92kg (2000-09-05)2000年9月5日(23歳) カテゴリA

過去の所属選手 編集

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ a b c d 1960年度-1968年度の関東社会人リーグは、秋季トーナメントと春季リーグが開催されていた。
  2. ^ a b c d 新日鉄釜石と両チーム優勝。日本選手権には抽選で新日鉄釜石が出場。
  3. ^ a b 三洋電機と両チーム優勝
  4. ^ 東日本社会人のトップカテゴリーであった1969年度-1987年度の関東社会人リーグ、1988年度-2002年度の東日本社会人リーグの優勝回数。1960年度-1968年度の関東社会人リーグは運営方式が異なるため含まない。
  5. ^ 1968年度・春季リーグのAブロック1位(東京三洋)・Bブロック1位(リコー)による優勝決定戦が実施され(東京三洋 9-6 リコー)、勝利した東京三洋が優勝となった。
  6. ^ 大会名表記は「ジャパンラグビートップリーグカップ2019

出典 編集

  1. ^ 練習グラウンド案内 | RICOH BlackRamsTokyoについて | RICOH BlackRamsTokyo - リコーブラックラムズ東京”. blackrams-tokyo.com. 2023年11月25日閲覧。
  2. ^ a b c 30周年記念 関東社会人ラグビーフットボール連盟. 関東社会人ラグビーフットボール連盟. (1991) 
  3. ^ ラグビー新リーグ名称は「リーグONE」22年1月7日開幕 1部は神戸製鋼、パナソニックら12チーム”. ヤフースポーツ (2021年7月16日). 2021年7月16日閲覧。
  4. ^ a b チーム概要 | RICOH BlackRamsTokyoについて | RICOH BlackRamsTokyo - リコーブラックラムズ東京”. blackrams-tokyo.com. 2023年11月25日閲覧。
  5. ^ リーグワンマスコット総選挙2022結果発表。大接戦を制し、初代王者に輝いたのは… - ラグビーリパブリック” (2022年3月25日). 2023年11月25日閲覧。
  6. ^ 住田洋『リーグワンマスコット総選挙「ラムまる」が2連覇』”. 住田洋オフィシャルブログ「Sumi-kun Blog」Powered by Ameba. 2023年11月25日閲覧。
  7. ^ 一般社団法人ジャパンラグビーリーグワン. “リコーブラックラムズ東京、ユニクロ世田谷区内5店舗との地域協業のお知らせ | 【公式】ジャパンラグビー リーグワン”. 【公式】NTTジャパンラグビー リーグワン. 2023年12月28日閲覧。
  8. ^ BlackRamsTokyoとユニクロ世田谷区内5店舗との地域協業のお知らせ | 2023-2024シーズン | RICOH BlackRamsTokyo - リコーブラックラムズ東京”. blackrams-tokyo.com. 2023年12月28日閲覧。
  9. ^ ジャパンラグビー トップリーグ2020 大会中止のお知らせ”. 日本ラグビーフットボール協会. 2020年3月23日閲覧。
  10. ^ 一般社団法人ジャパンラグビーリーグワン. “【公式】NTTジャパンラグビー リーグワン 順位表(2022)”. 【公式】NTTジャパンラグビー リーグワン. 2023年5月25日閲覧。
  11. ^ 一般社団法人ジャパンラグビーリーグワン. “【公式】NTTジャパンラグビー リーグワン 順位表(2022-23)”. 【公式】NTTジャパンラグビー リーグワン. 2023年5月25日閲覧。
  12. ^ 一般社団法人ジャパンラグビーリーグワン. “【公式】NTTジャパンラグビー リーグワン 順位表(2023-24)”. 【公式】NTTジャパンラグビー リーグワン. 2024年5月13日閲覧。
  13. ^ 大会結果配信表 NECグリーンロケッツ東葛 vs リコーブラックラムズ東京(NTTジャパンラグビー リーグワン2023-24 D1/D2入替戦 D1 10位vsD2 3位:2024年05月18日)”. league-one.jp. 2024年5月25日閲覧。
  14. ^ 大会結果配信表 リコーブラックラムズ東京 vs NECグリーンロケッツ東葛(NTTジャパンラグビー リーグワン2023-24 D1/D2入替戦 D1 10位vsD2 3位:2024年05月25日)”. league-one.jp. 2024年5月25日閲覧。
  15. ^ 順位 - JAPAN RUGBY LEAGUE ONE
  16. ^ リコーブラックラムズ東京 選手一覧 - JAPAN RUGBY LEAGUE ONE

関連項目 編集

外部リンク 編集