メインメニューを開く

岡田 英津也(おかだ えつや、1930年1月1日 - 2018年8月11日 )は、岡山県出身の元社会人野球選手(内野手)・コーチ監督。本名及びかつての登録名は「岡田 悦哉」。

岡田 英津也 (岡田 悦哉)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県和気郡和気町
生年月日 (1930-01-01) 1930年1月1日
没年月日 (2018-08-11) 2018年8月11日(88歳没)
身長
体重
167 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

来歴・人物編集

関西高時代の3年次の1949年春の選抜へ出場し、1回戦で高松第一高に敗退。

卒業後は明治大学を経て、社会人野球丸善石油に入団。都市対抗には4年連続出場(1957年 - 1960年)を果たし、選手兼任監督として1959年にはチームを優勝に導く。在任中は西三雄種茂雅之高畠康真を送り出し、1962年に退部。

1963年からは創設1年目の丸井初代監督に就任し、公式戦第1戦の明治生命戦を難なく勝利。その後も日本鋼管三協精機ヤシカなどの強豪を相手にして、都市対抗一次予選までに18勝15敗4分の成績を残した。迎えた一次予選では初日第1試合で明電舎と対戦するも、戦前からの古豪を前に敗退。2年目の1964年は幸先よく関東選抜大会に優勝した後、日本石油いすゞ自動車などの強豪を相手に勝利。都市対抗一次予選までに21勝18敗3分を挙げ、一次予選では2回戦に進出。熊谷組と対戦したが、延長12回・引き分けで翌日再試合となる。再試合であっさりと敗れてしまい、翌日の敗者復活戦でも東京ガスに敗退。その後の産業対抗では立正佼成会戦で8回2死まで小川健太郎にパーフェクトで抑えられ、ようやく代打がヒットを放つも太刀打ち出来なかった。「社業拡大」に伴い同年で解散。チームは僅か2年で幕を閉じたが、大杉勝男(後に東映ヤクルト)を送り出した。

その後は、銚子商業高1965年)・大東文化大学1966年 - 1967年)の監督を務め、根本陸夫の招聘でプロ野球界に進出した。西武時代は根本の「腹心中の腹心」として黄金時代を築く人材を集め、中日時代は明大の後輩である星野仙一を支え、スカウトとしては主に関東地区を担当。トレード・スカウティング等の編成強化に大きく貢献し、明大の後輩・川上憲伸を獲得した。

2002年には1年間のみアスピア学園・関西野球専門学校の講師を務め、2003年からは阪神で星野の再び師弟コンビを組む。星野がその手腕を若手幹部に伝えるべく招聘され、鳥谷敬の入団に尽力した。

2018年8月11日、肺炎のため東京都三鷹市の病院で死去[1]。88歳没。

詳細情報編集

背番号編集

  • 66 (1968年 - 1974年、1978年)
  • 63 (1979年 - 1981年)
  • 85 (1982年 - 1984年)
  • 70 (1987年 - 1989年)

脚注編集

関連項目編集