御殿場プレミアム・アウトレット

三菱地所・サイモン > 御殿場プレミアム・アウトレット

御殿場プレミアム・アウトレット(ごてんばプレミアム・アウトレット、英文名称:Gotemba Premium Outlets)は、静岡県御殿場市に所在する、日本国内最大規模のアウトレットモールである。2000年7月開業。三菱地所グループの三菱地所・サイモンが運営する。

御殿場プレミアム・アウトレット
GOTENBA PREMIUM OUTLETS
Gotemba premium outlets1.jpg
店舗概要
所在地

412-0023
静岡県御殿場市大字深沢込ノ原1312

座標 北緯35度18分30秒 東経138度57分50秒 / 北緯35.30833度 東経138.96389度 / 35.30833; 138.96389座標: 北緯35度18分30秒 東経138度57分50秒 / 北緯35.30833度 東経138.96389度 / 35.30833; 138.96389
開業日 2000年7月13日
正式名称 御殿場プレミアムアウトレット
(大規模小売店舗名)
施設所有者 三菱地所・サイモン
施設管理者 三菱地所・サイモン
敷地面積 422,200m²
商業施設面積 61,000m²
店舗数 290店舗
営業時間 10:00-20:00(季節により異なる)
駐車台数 7,000台
外部リンク 公式サイト
Mitsubishi Estate logo.svg
テンプレートを表示

概要編集

かつて小田急電鉄が経営していた遊園地小田急御殿場ファミリーランド」の跡地に出店した。三菱地所・サイモンが日本国内で展開する「プレミアム・アウトレット」の1号店である。開業から数年間は、遊園地時代の観覧車が一部改修の上継続営業され、同所のランドマークとなっていた(観覧車は2015年8月31日に営業終了。その後、解体作業が2016年11月より2017年1月末まで行われた。跡地には小田急リゾーツのホテルが建設される予定[1])敷地は小田急電鉄所有地のため、同社と30年間の賃貸借契約を結んでいる。東名高速道路御殿場インターチェンジから近く、箱根伊豆などの温泉地のほか、富士山朝霧高原富士五湖などの観光の際の立寄り客も見込んでいる。

所謂「ゴールデンルート」[※ 1] の途上にある。東京圏在住者以外の日本人が、東京観光などとセットにして訪れる例も見られ、仙台泉プレミアム・アウトレット宮城県)開業前は、佐野プレミアム・アウトレット栃木県)とともに東北地方でもテレビCM[※ 2] が放映されていた。商圏人口は佐野プレミアム・アウトレットよりは少ないものの、2011年度の店舗売上高は586億円に達し、国内アウトレットモールの中で首位である[2]

三菱地所サイモンは2016年9月7日に2020年春の開業を目指して小田急リゾーツのホテルを含む第4期の拡張計画を発表した[3]

エリア編集

 
観覧車(現在は撤去)

「ウエストゾーン」、「イーストゾーン」と「ヒルサイド」の3つのエリアで構成される。各エリア間は橋でつながっている。 ウエストゾーンがアウトレット全体の正面口に当たり、シャトルバス等はこちらに到着する。谷を挟んで箱根山側にイーストゾーンとヒルサイドがあり、ヒルサイドは上段に位置する。 ヒルサイドの場所はかつてはバラ園や観覧車があった場所で、第4期開業時にはメリーゴーラウンドが設置された。 各エリアを取り囲むように駐車場が用意されているほか、多客時には場外駐車場へ案内され無料シャトルバスでの連絡となる。

沿革編集

  • 2000年7月13日 - オープン、92店舗。
  • 2003年7月8日 - 第2期拡張、165店舗。
  • 2008年3月25日 - 第3期拡張、205店舗。
  • 2019年12月15日 - 「HOTEL CLAD」と日帰り温泉施設「木の花の湯」開業[4]
  • 2020年4月10日~5月28日 - 2019新型コロナウイルスの感染防止のため休業。
  • 2020年6月1日 - 4月16日に予定されていた第4期拡張エリアが開業。290店舗[5]

交通アクセス編集

自動車編集

バス編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 関西国際空港から入国して三大都市圏富士山を観光して成田国際空港から離日(またはその逆)する国際観光客定番のルートのこと。特に、中国からの観光客の間で呼ばれる。
  2. ^ 2017年時点では在京局(関東エリアの佐野、あみ、酒々井と連名)及び在静局(土岐と連名)などで放送されている。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集