日曜報道 THE PRIME』(にちようほうどう ザ・プライム)は、フジテレビ及びFNN系列各局で、2019年平成31年)4月7日から毎週日曜7:30 - 8:55(JST[1]に放送されているの大型のニュース情報番組である。新聞番組表では、スペース(フルサイズ1行10文字)の関係もあり『日曜報道ザ・プライム』とクレジットされている。

日曜報道 THE PRIME
Fuji TV headquarters and Aqua City Odaiba - 2006-05-03-2009-25-01.jpg
番組の生放送が行われている
フジテレビ本社「FCGビル
ジャンル 報道ドキュメンタリー番組情報番組
演出 浦上哲也(総合演出)
出演者 橋下徹(元大阪市長・弁護士)
松山俊行(フジテレビ報道局解説委員)
梅津弥英子(フジテレビアナウンサー)
ほか
オープニング 松永貴志「朝の淵源」
エンディング 同上
製作
プロデューサー 木村英輔
田中達也(CP
制作 フジテレビFNN
放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2019年4月7日 -
放送時間日曜 7:30 - 8:55
放送枠フジテレビ系列朝の情報番組枠
放送分85分

特記事項:
一部地域は8:25飛び降り。
テンプレートを表示

概要編集

報道番組であるが、テーマを絞ったうえで、取材VTRや討論などを通じ、深く掘り下げて伝える番組である(ストレートニュースは「FNNニュース」や「days」でフォローする)。

レギュラーコメンテーターは、元大阪市長で弁護士の橋下徹が務める。 キャスターは、2019年3月まで『BSフジLIVE プライムニュース』(BSフジ)のアンカーマンを務めた松山俊行(フジテレビ報道局解説委員)と、2019年3月まで『FNNプライムニュース デイズ』平日版のメインキャスターを務めた梅津弥英子(フジテレビアナウンサー)が務める。

報道プライムサンデー』よりも放送時間を拡大しており(8:25 - 8:55はローカルセールス枠のため一部地域は除く[2])、スポーツコーナーが新たに設けられた。

スタジオセットは『Live News』のものを使用する。

2020年4月5日放送分より、番組ロゴ・テロップなどが変更された。

番組開始までの流れ編集

2018年4月、フジテレビとFNNの報道番組統一ブランドとして『プライムニュース』を使用。それに伴い、『新報道2001』も『報道プライムサンデー』として統一ブランドを使用した番組に模様替えしていた。

2019年3月をもって『プライムニュース』ブランドの使用を取りやめることとなったのを受け、『 - プライムサンデー』も終了することとなった。これに伴い、当該時間帯の番組は同年4月以降のフジテレビの報道番組統一ブランド『Live News』を用いず、『プライム』の名称を残した『日曜報道 THE PRIME[3]としてリニューアルすることになった。

出演者編集

○は出演時点でフジテレビアナウンサー。

現在の出演者編集

レギュラーコメンテーター
キャスター
情報キャスター

過去の出演者編集

期間 キャスター 情報キャスター PRIMEキャスター
→コメンテーター
スポーツキャスター
男性 女性 男性 女性
2019年4月 2020年3月 松山俊行 梅津弥英子 - 櫻井よしこ
木村太郎
三浦瑠麗
岡本行夫[4]
山本昌 小澤陽子
2020年4月 現在 木下康太郎 橋下徹 -

ネット局編集

  • 番組後半の8:25 - 8:55は、前番組『レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~』と同様にローカルセールス枠であるため、フジテレビ以外の通常時フルネットの局であっても編成上の都合で臨時に8:25飛び降りに変更する場合がある。
  • ネット局では時刻表示を行っているが、番組送出ではなく各局別の送出となっており、フジテレビ以外の一部ネット局ではお天気ループも送出している。
  • 放送時間の多い順に制作局を除いて北から記載。
2021年4月4日から
『日曜報道 THE PRIME』ネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送時間 ネット状況 備考
関東広域圏 フジテレビ(CX) フジテレビ系列 日曜
7:30 - 8:55
制作局
岩手県 岩手めんこいテレビ(mit) フルネット
秋田県 秋田テレビ(AKT) [5]
山形県 さくらんぼテレビ(SAY) [6]
福島県 福島テレビ(FTV) [7]
長野県 長野放送(NBS) [8]
富山県 富山テレビ(BBT)
石川県 石川テレビ(ITC)
中京広域圏 東海テレビ(THK)
近畿広域圏 関西テレビ(KTV)
福岡県 テレビ西日本(TNC)
佐賀県 サガテレビ(sts) [9]
長崎県 テレビ長崎(KTN) [10]
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS) [11]
北海道 北海道文化放送(UHB) 日曜
7:30 - 8:25
8:25飛び降り
宮城県 仙台放送(OX) [12]
新潟県 NST新潟総合テレビ(NST)[13]
静岡県 テレビ静岡(SUT)
福井県 福井テレビ(FTB) [14]
島根県鳥取県 さんいん中央テレビ(TSK)
岡山県・香川県 岡山放送(OHK) [15]
広島県 テレビ新広島(tss)
愛媛県 テレビ愛媛(EBC)
高知県 高知さんさんテレビ(KSS)
熊本県 テレビ熊本(TKU)
沖縄県 沖縄テレビ(OTV) [16]

ネット状況の補足編集

なお、クロスネット局のテレビ大分(TOS)とテレビ宮崎(UMK)は全編非ネットとしている。当番組の時間帯、テレビ大分[17]では裏番組の一つ『シューイチ・第1部』(日本テレビ系・7:30 - 9:55)を同時ネット。一方、テレビ宮崎[18]では7:30 - 8:00には『ONE PIECE』、8:00 - 8:55には『秘密のケンミンSHOW 極』(読売テレビ制作)をそれぞれ遅れネットで放送している。ただ、番組内での政治家の発言が必ず当日の『FNN Live News days』や『FNN Live News イット![19]、翌日の『めざましテレビ』など、ニュースとして伝えられるため、テレビ大分(『めざましテレビ』以外)・テレビ宮崎でも一場面を視聴することが可能である。

なお、2022年1月16日放送分はトンガの海底火山噴火に伴う津波注意報発令に関するニュースを伝えるためテレビ宮崎が臨時にフルネットで放送した[20]

特番による放送休止編集

特番などによる放送休止は以下の通り。

スタッフ編集

現在のスタッフ編集

  • 構成:川原慶太郎、石川サトシ、森一盛、湯川大輔、平田喜之、志賀一也(平田・志賀→共に一時離脱→復帰)(石川~志賀→週替り交代)
  • SW:佐藤大視
  • 照明:植松晃一
  • CAM:小林重徳
  • VE:小島勇二
  • 音声:谷川宏輝
  • 美術:双川正文
  • デザイン:棈木陽次
  • アートコーディネーター:塩谷達郎
  • 大道具:村上公志
  • アクリル装飾:國母淳一
  • 電飾:後藤佑介
  • CG:岡本英士
  • CG送出:大竹雄一郎
  • メイク:山田かつら
  • ナレータ―:多比良健永尾亜子(フジテレビアナウンサー)
  • TK:後藤広子(一時離脱→復帰)、鈴木加代子、西田恵子、池田真梨絵(週替り交代)
  • 編集:柳沼政倫、木澤美賀子、阪下真裕、森川友香(春)、斉藤將卓、野瀬智亮、山崎望、中込大喜、安西沙織、青木一真、滝原将太、石渡史人、川合秀樹、髙橋彰芳、星裕太、堀切廉、羽鳥拓弥、菱沼隼多、奥野浩史(週替り交代)
  • EED:松本尚也、高城昌孝、三石紘嗣、坂家達彦、堀島里奈、相澤太郎(週替り交代)
  • 広報:長谷川智子
  • テーマ音楽:松永貴志
  • 音響効果:VALSE inc.
  • タイトル:杉江宏憲
  • 協力:デジデリック、タイトルアート
  • FD:松岡孝弘(一時離脱→復帰)
  • デスク:後藤青子
  • AD:古川美優、石田里穂、川満万理佳、丹羽秀斗、大瀬綾音、小林由香里、鹿島美来、時龍也、多田輝、月岡果穂
  • ディレクター:前田正樹、原卓也、加藤大典、早川卓志、小関絢也、鴻巣将樹、大塚仁、清水えり子、府中研闘、蒲地希、髙橋利充、本多徹、管野龍介、井口貴仁、小笠原有規
  • チーフディレクター:福井佳
  • 総合演出:浦上哲也
  • AP:深田剛
  • プロデューサー:木村英輔
  • チーフプロデューサー:田中達也
  • 制作:フジテレビ報道局(FNN系列各社)
  • 制作著作:フジテレビ

過去のスタッフ編集

  • 構成:八木たかお
  • 美術:永井達也、豊田亮介
  • 大道具:杉本孝宏
  • ナレータ―:藤村さおり(当時フジテレビアナウンサー)
  • TK:尾木みち
  • 編集:鈴木智
  • EED:石渡雄太
  • 広報:佐々木順子
  • タイトル:笹生宗慶
  • 協力:テレモーション・マックス
  • AD:伊藤姜、姜善蓮、藤中亜紀子、大久保妃呂子、郷田義人、阿南佑実子、赤羽根颯太、壁谷真由子、寺松尚美、山下徹、崔榮云、常盤碧、橋本歓太、岩崎海有
  • ディレクター:河南拓朗、松本忠、稲垣忠彦、小野鉄博、高山利成、宇賀神純(淳)一、横田光一郎、佐藤正雄
  • プロデューサー:西垣壮一郎、勝又隆幸
  • チーフプロデューサー:井上義則

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ TVステーション 関東版』2019年8号、ダイヤモンド社、 P.60。
  2. ^ 8:55まで放送する局はフジテレビをはじめとする14局のみ。該当しない系列局は8:25に飛び降り。
  3. ^ “朝の女神”が夜降臨!長野美郷、BSフジ報道の顔「ぜいたくな番組」”. SANSPO.COM (2019年3月2日). 2019年3月2日閲覧。
  4. ^ 降板後の2020年4月24日に死去(5月7日に公表)。5月10日の放送では冒頭で訃報について取り上げた。
  5. ^ 2020年10月4日からフルネットに移行。番組開始から同年9月27日までは8:25飛び降り。
  6. ^ 2021年4月4日から再度フルネットに移行。同日以前にも番組開始から同年9月27日まで同時フルネットで放送した実績がある。2020年10月4日から2021年3月28日までは8:25飛び降り。
  7. ^ 2020年4月5日からフルネットに移行。番組開始から同年3月29日までは8:25飛び降り。
  8. ^ 2019年5月12日からフルネットに移行。番組開始から同年5月5日までは8:25飛び降り。
  9. ^ 2019年10月6日からフルネットに移行。番組開始から同年9月29日までは8:25飛び降り。
  10. ^ 2020年4月5日からフルネットに移行。番組開始から同年9月29日までは8:25飛び降り。
  11. ^ 2020年1月5日からフルネットに移行。番組開始から2019年12月22日までは8:25飛び降り。
  12. ^ 2021年4月4日以降は東北地方のネット局で唯一通常時編成で8:25飛び降りとなっている。
  13. ^ 2019年9月までは新潟総合テレビ。
  14. ^ 飛び降り後はローカル報道番組『タイムリーふくい』(8:30 - 9:00)を放送。
  15. ^ 2019年10月6日から8:25飛び降りに変更。番組開始から同年9月29日まではフルネット。
  16. ^ 飛び降り後はローカルバラエティ番組『OKINAWA MONDE W・ALKER』(8:30 - 8:55)を放送。
  17. ^ 日曜朝の全国ニュースも日本テレビ系の『NNNニュースサンデー』をネット受けしている。
  18. ^ 2022年1月16日放送分はトンガのフンガ・トンガ噴火による津波情報を伝えるため臨時ネットを行った。
  19. ^ テレビ宮崎では後者のみ『FNN UMKスーパーニュース』とタイトルを差し替えた上でネット(ただし、番組冒頭のタイトルCGは差し替え無しでそのまま放送)。
  20. ^ 番組表” (日本語). UMKテレビ宮崎. 2022年1月16日閲覧。
  21. ^ 9:00 - 11:50に放送の『フジテレビ開局60周年特別番組 東京メトロスポーツスペシャル 東京マラソン2020』の前座特番。

関連項目編集

外部リンク編集

フジテレビ 日曜7:30 - 8:55
前番組 番組名 次番組
報道プライムサンデー
※7:30 - 8:25
(2018年4月8日 - 2019年3月31日)
千葉の贈り物〜まごころ配達人〜
※8:25 - 8:30
(2016年10月2日 - 2019年3月31日)
【30分繰り下げて継続】
レイトン ミステリー探偵社 〜カトリーのナゾトキファイル〜
※8:30 - 9:00
(2018年4月8日 - 2019年3月31日)
【ここまでローカルセールスのアニメ枠
日曜報道 THE PRIME
(2019年4月7日 - )
-