メインメニューを開く

日本流通産業株式会社(にほんりゅうつうさんぎょう、英:Nihon Ryutsu Sangyo Co., Ltd.)は、『くらしモア』ブランドでスーパーマーケット向けに食品衣料品インテリアなどを供給する日本企業1974年昭和49年)設立。略称はニチリウ(にちりゅう、英:Nichiryu)。「リウ」は「流」の字音仮名遣で、発音は「りゅう」である。大阪市中央区本町に本社を置く。代表者は夏原平和平和堂代表取締役社長)。

日本流通産業株式会社
Nihon Ryutsu Sangyo Co.,Ltd.
種類 株式会社
略称 ニチリウ
本社所在地 日本の旗 日本
541-8571
大阪府大阪市中央区本町三丁目1番15号
大阪滋賀ビル
設立 1974年6月1日
業種 卸売業
法人番号 1120001093468
事業内容 ニチリウグループ加盟企業への加工食品、日配食品、生鮮食品等の食品全般、寝具、インテリア製品、家庭用品等の住居関連品、婦人衣料、紳士衣料、ベビー、子供衣料等の衣料品の共同仕入・共同開発業務及び間接資材の共同購入
代表者 代表取締役会長 清水信次ライフコーポレーション代表取締役会長兼CEO)
代表取締役社長 夏原平和平和堂代表取締役社長)
資本金 2億1300万円
主要株主 株式会社平和堂
株式会社オークワ
株式会社イズミ
株式会社ライフコーポレーション 他
外部リンク http://www.nichiryu.co.jp/
テンプレートを表示

目次

概要編集

同社の役員は、基本的に参加スーパーの運営会社の役員が兼務している。

沿革編集

  • 1974年昭和49年)6月 - 平和堂イズミオークワライフコーポレーションさとうグランドタマコシ(平和堂東海を経て、現・平和堂に事業譲渡)、ヤオハン(現・マックスバリュ東海)の7社により会社設立、資本金1億円。代表取締役社長に夏原平次郎、代表取締役副社長に大桑勇、山西義政、他加盟企業社長がそれぞれ就任。大阪市中央区本町4丁目8番地(丸寿ビル内)を本社所在地として業務開始。
  • 1975年(昭和50年)2月 - 第1期事業年度(9カ月)9億3千1百万円を取り扱う。
  • 1976年(昭和51年)
    • 2月 - 第2期事業年度の取扱高93億8百万円となる。
    • 4月 - 大阪市中央区本町3丁目1番15号(大阪滋賀ビル)に本社所在地を移転。
  • 1980年(昭和55年)11月 - 生活協同組合コープこうべ近商ストアが加盟。
  • 1981年(昭和56年)4月 - 生活協同組合コープさっぽろが加盟。
  • 1984年(昭和59年)
    • 2月 - 第10期事業年度の取扱高762億9千8百万円となる。
    • 6月 - ニチリウ創立10周年記念祝賀会を開催。
    • 7月 - サニーマートが加盟。
  • 1985年(昭和60年)2月 - 増資、新資本金1億7千1百万円。
  • 1986年(昭和61年)3月 - ニシナ百貨店が加盟。
  • 1989年平成元年)
    • 1月 - ニチエーが加盟。
    • 2月 - 第15期事業年度の取扱高1083億円となる。
    • 6月 - ニチリウ創立15周年記念祝賀会を開催。
    • 9月 - サンエーが加盟、加盟企業16社2生協となる。
  • 1992年(平成4年)
  • 1994年(平成6年)
    • 2月 - 第20期事業年度の取扱高1829億円となる。
    • 6月 - ニチリウ創立20周年記念祝賀会を開催。
  • 1995年(平成7年)
    • 1月 - 中国上海事務所を開設。
    • 11月 - コーポレートブランド 「くらしモア」商品デビュー。
  • 1999年(平成11年)
    • 2月 - 第25期事業年度の取扱高2530億円となる。
    • 5月 - 会長に夏原平次郎、副会長に山西義政、代表取締役社長に大桑堉嗣が就任する。
    • 7月 - 創立25周年にあたり会長・副会長・社長の就任記念式典を開催。
  • 2001年(平成13年)
    • 3月 - ISO14001認証取得。
    • 9月 - 中国・青島事務所を開設。
  • 2003年(平成15年)10月 - ニチリウ創立30周年記念懇親会を開催。
  • 2004年(平成16年)2月 - 第30期事業年度の取扱高2164億円となる。代表取締役副会長に清水信次が就任する。
  • 2005年(平成17年)11月 - ユーコープ事業連合が加盟、加盟企業14社3生協となる。
  • 2006年(平成18年)5月 - クリエイトエス・ディーが加盟、加盟企業15社3生協となる。
  • 2007年(平成19年)
  • 2008年(平成20年)
    • 4月 - ニチリウ創立35周年感謝の集いを開催。
    • 8月 - マルミヤストアが加盟、加盟企業17社3生協となる。
    • 11月 - 富士シティオが加盟、加盟企業18社3生協となる。
  • 2009年(平成21年)2月 - 名誉会長に夏原平次郎、代表取締役会長に清水信次が就任する。第35期事業年度の取扱高2492億円となる。
  • 2010年(平成22年)6月 - サッポロドラッグストアーが加盟、加盟企業19社3生協となる。
  • 2013年(平成25年)5月 - ニチリウ創立40周年感謝の集いを開催。副会長に大桑堉嗣、代表取締役社長に夏原平和が就任。
  • 2014年(平成26年)2月 - 第40期事業年度の取扱高2699億円となる。

参加スーパー・生協一覧編集

加盟が早かった順から記載。

過去に参加していた企業編集

役員編集

その他編集

脚注編集

  1. ^ 元々イズミ創業者の山西義政が、イトーヨーカ堂創業者の伊藤雅俊から総合スーパーの経営手法を学び、基本的に店舗展開エリアが重ならなかったことから創業期以来情報交換を重ね、ゆめタウン店舗に赤ちゃん本舗が、イトーヨーカドー店舗にX-SELL(イズミのインポートブランドセレクトショップの店舗ブランド)が出店するなど関係が深かった歴史的経緯による(イズミ/セブン&アイとの提携で、PB「くらしモア」の取扱いに変更なし - 流通ニュース2018年4月6日)。

関連項目編集

外部リンク編集