メインメニューを開く

神戸松蔭女子学院大学短期大学部(こうべしょういんじょしがくいんだいがくたんきだいがくぶ、英語: Kobe Shoin Women's Junior College)は、兵庫県神戸市灘区篠原伯母野山町1-2-1に本部を置いていた日本私立大学である。1950年に設置され、2011年に廃止された。大学の略称は松蔭。

神戸松蔭女子学院大学短期大学部
神戸松蔭女子学院大学・神戸松蔭女子学院大学短期大学部
神戸松蔭女子学院大学・神戸松蔭女子学院大学短期大学部
大学設置 1950年
創立 1892年
廃止 2011年
学校種別 私立
設置者 学校法人松蔭女子学院
本部所在地 兵庫県神戸市灘区篠原伯母野山町1-2-1
学部 キリスト教科[注 1]
生活造形学科
生活科学科[注 2]
  生活科学専攻[注 2]
  食物栄養専攻[注 2]
日本文学科[注 1]
英文学科→英語コミュニケーション学科
  英文学専攻[注 3]
  英語学専攻[注 3]
テンプレートを表示

概観編集

大学全体編集

教育および研究編集

  • 神戸松蔭女子学院大学短期大学部における教育
  • 英語コミュニケーション学科:語学・知識・実践を重視したカリキュラムとなっている。TOEIC対策への授業もあった。
  • 生活造形学科:「生活美学」・「被服学」・「被服衛生学」・「ファッション論」・「被服構成実習」・「デッサン」・「ドレーピング」・「染色意匠学演習」などを学ぶ服飾デザインコース、「住居学」・「インテリア・デザイン論」・「住居意匠学演習」・「インテリアデザイン実習」などの科目を学ぶ住居・インテリアデザインコースからなっていた。服飾デザインコースは、かつてあった生活科学科生活科学専攻衣生活コースと共通または類似した科目があるが、当学科の方は芸術的な要素が強い印象がある。
  • アメリカオーストラリアイギリスなどでの語学研修も行われてきた。

学風および特色編集

沿革編集

  • 1892年 松蔭女学校を創設する。
  • 1916年 高等女学校に改組。
  • 1947年 松蔭女子専門学校に改組。
  • 1950年 松蔭女子専門学校を発展改組し、松蔭短期大学(しょういんたんきだいがく)を設置。
    • 英文科
    • キリスト教科
  • 1953年 服飾科を増設。
  • 1960年 家政科を増設(在学者数:女42[注 4][1][2])。
  • 1962年 日本文学科を増設(在学者数:女60[注 4][1][3])。
  • 1969年 学科名の変更を行う。
    • 英文科→英文学科
    • 家政科→家政学科
    • 服飾科→服飾学科
  • 1974年 松蔭女子学院短期大学(しょういんじょしがくいんたんきだいがく)と改称。
  • 1986年 学科の専攻分離を行う。
    • 英文学科(在学者数:女550[注 4][1][4])。
      • 英文学専攻
      • 英語学専攻
  • 家政学科
    • 生活科学専攻
    • 食物栄養専攻
  • 1991年 学科名を改称する。
    • 服飾学科→生活造形学科(在学者数:女212[注 4][1][5]
    • 家政学科→生活科学科(在学者数:女366[注 4][1][5]
  • 1995年 神戸松蔭女子学院短期大学(こうべしょういんじょしがくいんたんきだいがく)と改称。
  • 2000年 英文学科を英語コミュニケーション学科に改組。専攻別の募集を停止[6]
  • 2002年 神戸松蔭女子学院大学短期大学部と改名。
  • 2007年度をもって学生募集を終了。
  • 2007年10月26日付けで、生活科学科が正式廃止となる[6]
  • 2011年5月 廃止。

基礎データ編集

所在地編集

  • 兵庫県神戸市灘区篠原伯母野山町1-2-1

交通アクセス編集

象徴編集

  • 神戸松蔭女子学院大学短期大学部のカレッジマークはチャペルをイメージしたものとなっている。

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 英語コミュニケーション学科
  • 生活造形学科
過去の学科体制編集

専攻科編集

  • なし

別科編集

  • なし
取得資格について編集
  • 秘書士資格が取得できるカリキュラムが組まれていた。かつては教職課程として中学校教諭二種免許状があった[注 8]
    • 家庭:生活科学科生活科学専攻にて設置されていた[8]
    • 英語:英語コミュニケーション学科の前身である英文学科にて設置されていた[8]
  • 生活科学科食物栄養専攻では、栄養士資格が取得できるカリキュラムが組まれていた[8]
  • 松蔭短期大学だった当初は、高等学校教諭免許状も併設されており、服飾科で(家庭)、英文科で(英語)となっていた[9]

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

学園祭編集

  • 神戸松蔭女子学院大学短期大学部の学園祭は「松蔭祭」と呼ばれ、これまで11月に大学と合同で行われてきた。

大学関係者と組織編集

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

施設編集

キャンパス編集

  • 近年、短大独自のキャンパスはなく全て大学と共同使用されていた。

編集

  • 神戸松蔭女子学院大学短期大学部には大学と同様、「六甲寮」と「六甲南寮」の2つの学生寮がある。

対外関係編集

主な卒業生編集

卒業後の進路について編集

就職について編集

編入学・進学実績編集

系列の神戸松蔭女子学院大学以外では以下の実績がある。

注釈編集

  1. ^ a b 学生募集は1965年入学生で最終。1967年3月31日付けで正式廃止。
  2. ^ a b c d e f 学生募集は2004年入学生で最終。2007年10月26日付けで正式廃止。
  3. ^ a b c d 学生募集は1999年入学生で最終。2001年度廃止。
  4. ^ a b c d e f 5月1日時点での学生数。
  5. ^ 当短大では唯一男子学生が在籍していた。後、大学のキリスト教学科に譲渡される。
  6. ^ 2000年度より英語コミュニケーション学科。
  7. ^ 最終募集年度における在学者数は144となっている。
  8. ^ 1999年度入学生まで。

出典編集

  1. ^ a b c d e f 出典:『全国学校総覧
  2. ^ 昭和36年度版27頁より。
  3. ^ 昭和38年度版30頁より。
  4. ^ 昭和62年度版66頁より。
  5. ^ a b 1992年度版76頁より。
  6. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』210頁より。
  7. ^ 昭和41年度版36頁より。
  8. ^ a b c 1998年度用『全国短期大学案内』(梧桐書院1998年)469頁より。
  9. ^ 教員養成課程認定大学短期大学一覧』(1955年)67頁より。

参考文献編集

公式サイト編集