メインメニューを開く

替え唄メドレー」(かえうたメドレー)は、嘉門タツオ(旧名・嘉門達夫)のシングルである。ここでは、嘉門達夫のネタである「替え唄メドレー」シリーズ全体についても記述する。

替え唄メドレー
嘉門達夫楽曲
リリース 1991年5月21日(初版。「-2」以降はシリーズ一覧を参照)
規格 8㎝シングル
CD
ジャンル J-POP
コミックソング
レーベル ビクターエンタテインメント
DAIPRO-X

目次

解説編集

嘉門達夫のレパートリーの一つである替え歌メドレー集である。嘉門の楽曲の中で最大のヒットを記録した。1991年第1弾が好評であったため、同年に「替え唄メドレー2」を、翌年には完結編となる「替え唄メドレー3 (完結篇)」を世に送り出した。その後も続編を発表し続け、現在第20弾まで発売されており、シングル以外のアルバム収録も入れると22弾も制作されている。

1992年(平成4年)の『第43回NHK紅白歌合戦』にて1~3から商品名を使ったものなどを省き、1曲にまとめた「替え唄メドレー〜紅白バージョン〜」を歌唱した。

著作権問題などに関して編集

「替え唄メドレー」シリーズは多数の楽曲を扱っており、CDリリースする場合は原曲の著作権者(作曲者作詞者歌唱者)の許可を得ている。さらに替え歌の歌詞の中に人物名、商標といった固有名詞が登場した場合、その関係者(人物本人や権利保有者等)にも許可を得ている。

逆に「著作権処理が困難」「作詞・作曲の本人が拒否」「歌詞に氏名が出てくる本人が拒否」などの事情によって、CD化には至らない曲もある。許可の範囲は人それぞれであり、全面的許可をする者、歌詞の差し替えを条件に許可をする者、ライブで歌うことのみ許可をする者、一切歌うことを拒否する者まで様々である。当然ながら許可を得られなかった場合には公の前で歌唱は不可能となり、日の目を見なかったお蔵入り曲も多数ある。このような複雑な手続きを処理しなければならないため、嘉門本人も「替え歌をリリースする時、一番大変なのが関係各所に権利関係の許諾を取ること」と発言したことがある[1]。その他、時事問題(小保方晴子森友学園問題)は許可を取っているとブームが過ぎてしまうので、ライブ限定になっている。

また著作権問題ではないが、NHKで放送する際に、CM曲の使用や商品名などの歌詞が障害となったことがある。『愉快にオンステージ』(1992年1月30日放送)に嘉門が出演した際には「3」発売後にもかかわらず、「2」を披露している。これは「3」がCM曲を含んでいるためと思われる。前述の紅白バージョンではそうした影響が無い替え歌で構成されている。但し、著名人の個人名を歌詞に入れて歌うことも宣伝と見做され自主規制を求められるケース(松本伊代が「センチメンタルジャーニー」の歌詞「伊代はまだ16だから」の個所を変更を求められたケースがある)にも関わらず、なぜか「南田洋子長門の嫁さん」はNHKの許可が出て、歌われている。

許可取得に関するエピソード編集

許可が下りた事例編集

許可を出した有名な人物として嘉門の恩人でもある桑田佳祐率いるサザンオールスターズ小室哲哉が挙げられる。この2組は非常に協力的であり、嘉門は「サザン替え唄大メドレー」「TK替え唄メドレー」というシングルも発売したことがある。その他、米米CLUBGLAYなどからも快く許可が降りた。また、自ら嘉門にリクエストするケースもある。嘉門の出身高校の11年後輩である槇原敬之からは、自作曲を替え唄メドレーに取り上げてもらうようリクエストがあった。秋元康も協力的であり、AKB48に替え歌指導をしたこともある。

事務所との交渉ではNGだったが、本人との直接交渉で同意してもらえた事例がある。主なミュージシャンでは山下達郎がいる。また、サザンオールスターズの「チャコの海岸物語」の替え歌の歌詞に中井貴一が登場したときの話(「替え唄メドレー(第1弾)」に収録)で、CD化に当たってサザンオールスターズの方からはすぐ許可を貰ったが、中井の事務所からはすぐには許可が降りなかったという[2]。その他、「大きな栗の木の下で」の替え歌の歌詞に木の実ナナが登場したとき(「替え唄メドレー3(完結編)」に収録)に木の実に許可を得たところ、快諾した上に「嘉門が私の事を歌ってくれる」と大喜びで知人に宣伝までしてくれたという。

許可が下りなかった事例編集

かつて嘉門自身も在籍していたコロムビア専属楽曲、それにビーイングに所属する歌手たちの曲は、ほとんど使用の許可が取れなかった。大相撲力士の名前を織り込んだ替え歌も多数あったが、日本相撲協会から許可が下りずCD化されなかった。ただし、「横綱」「力士」といった四股名を特定しない歌詞については了承済みである。例として敏いとうとハッピー&ブルーの「わたし祈ってます」の替え歌(「帰ってきた替え唄メドレー4」に収録)がある。

CMソングの替え歌は、企業イメージや商品イメージを損なうものとして、許可をもらうのが難しいという[3](嘉門本人談)。ローソンのCMソング「開いてます、あなたのローソン」の替え歌として「閉まってます、田舎のローソン」という内容の曲をローソンに提示したところ、「うちは田舎でも開いてます!」と一喝された。洋服の青山では重役会議に招聘されて「要するにアホやわ〜」と披露したものの許可が下りなかった。また、味の素「ほんだし」のCMソングを替え歌にした時(「替え唄メドレー3 (完結編)」に収録)には、CDリリースの許可を得ると同時にCMソング自体が変更された。

日本以外の人物との交渉は、日本語歌詞とそのニュアンスが作者に理解してもらうのが難しいため、洋楽の替え歌はライブで歌うのみで発売には至っていない。ビートルズの『イエロー・サブマリン』のサビ部分を「理科室の蛇のホルマリン」としたが、相手側には伝わらなかった。また、『ハッピーバースデートゥーユー』を「履きまっせ、ク〜ツ〜、履きまっせ、下駄〜、履きまっせ、ロンドンブーツ〜、履きまっせ、草履」としたところ、著作者から「歌詞を英訳して送ってほしい」と頼まれ「靴を履きます」などと英訳したところ著作者から「意味が分からない」と拒否されたと、嘉門本人が語っていた。

岸田敏志の「きみの朝」のサビをムーミンに結びつけて「カバだ」と歌おうとしたところ、岸田の了解はとれたが、ムーミン原作者のトーベ・ヤンソンの関係者から「ムーミンは河馬ではない」と一蹴された。それを聞いた嘉門側が「カバではないとしたら、ムーミンは何なんですか?」と聞いたところ、「ムーミンは、ムーミンなんです」との答えが返って来た。その後、「きみの朝」の替え歌は別のフレーズで「青春フォーク替え唄メドレー」に収録された。

こういった収録できなかった作品は、ライヴやテレビ番組にゲスト出演した際に披露されることがある。

特殊な事例編集

アーティストによっては、自らの思い入れが特に強い曲など「特定の楽曲のみ許可を出さない」といったパターンもある。代表例としては松任谷由実が「卒業写真」のみ許可を出さなかった例がある。ただし、これもライブ限定で「歌が途中で変わるシリーズ」の一つとして、「アデランス」と繋げて歌われることがあり、なべやかん替え玉受験騒動があった頃には歌詞の「卒業写真」の箇所を「入学願書」に変えてアレンジした替え歌をライブで披露している。「恋人がサンタクロース」「守ってあげたい」「春よ、来い」など他の曲については許可が下り、それぞれ「替え唄メドレー(第1弾)」「替え唄メドレー2」「新・替え唄メドレー」に収録されている。フジテレビの『ボキャブラ天国』で視聴者が「卒業写真」の替え歌を投稿し、放送されたことがある。

遅れて許可が下りるケースもあり、沢田知可子の「会いたい」の替え歌は「替え唄メドレー3」に入れる予定であったが、「大ヒットしているから今は止めて欲しい」と言われ、やむを得ず「帰ってきた替え唄メドレー4」に入れた。

村田英雄の「王将」の歌詞の「吹けば飛ぶような」を「アデランス」と繋げて歌おうとしたが、アデランス側から「企業イメージに関わる」として断られた。しかし、それ以外の曲を「アデランス」と繋げて歌う事は承諾され、「デュエット替え唄メドレー」に収録された。

本人から許可をもらった後に、レコ倫からCD化を拒否されたという事例もある。松任谷由実の「恋人がサンタクロース」の替え唄で、オスマン・サンコンを(むろん松任谷、サンコン共に公認)ネタにしていたが、最後の部分が当初「雪の上で目立つ(肌の色が黒いため)」という歌詞だったが、人種差別になりかねないとの理由で拒否されたと嘉門本人が語っていた。

シリーズ一覧編集

  1. 替え唄メドレー(1991年5月21日発売 - シングル)
    セールス82万枚[4]を記録し、嘉門自身最大のヒット曲となる)
    ベストアルバム『THE BEST OF KAMON TATSUO』収録
    ベストアルバム『The Very Best Of KAEUTA MEDLEY』収録
    ベストアルバム『TATSUO KAMON 25th anniversary SELF COVER BEST!』(セルフカバー)収録
    ベストアルバム『ゴールデン☆ベスト』収録
    ベストアルバム『嘉門達夫BOX 怒濤のビクター・シングルス』収録
  2. 替え唄メドレー2(1991年9月21日発売 - シングル)
    ベストアルバム『THE BEST OF KAMON TATSUO II』収録
    ベストアルバム『The Very Best Of KAEUTA MEDLEY』収録
    ベストアルバム『ゴールデン☆ベスト』収録
    ベストアルバム『嘉門達夫BOX 怒濤のビクター・シングルス』収録
  3. 替え唄メドレー3 (完結編)(1992年1月1日発売 - シングル)
    オリコン初登場3位。ゲストDJ:光岡ディオン、ゲスト出演:荒井注
    ベストアルバム『THE BEST OF KAMON TATSUO II』収録
    ベストアルバム『The Very Best Of KAEUTA MEDLEY』収録
    ベストアルバム『ゴールデン☆ベスト』収録
    ベストアルバム『嘉門達夫BOX 怒濤のビクター・シングルス』収録
  4. 替え唄大メドレー(1992年1月1日)
    上記3作品を新たに1曲のメドレーにしてまとめ、荒井注のセリフも異なる。
    アルバム『天賦の才能』収録。
  5. 帰ってきた替え唄メドレー4(1992年4月21日 - シングル)
    ゲストDJ:光岡ディオン
    シングル「鼻から牛乳/帰ってきた替え唄メドレー4」カップリング。
    アルバム『怒濤の達人』収録
    ベストアルバム『The Very Best Of KAEUTA MEDLEY』収録
    ベストアルバム『ゴールデン☆ベスト』収録
    ベストアルバム『嘉門達夫BOX 怒濤のビクター・シングルス』収録
  6. デュエット替え唄メドレー(1992年12月5日 - シングル)
    「嘉門達夫・浅田美代子」名義でのリリース。
    ベストアルバム『The Very Best Of KAEUTA MEDLEY』収録
    ベストアルバム『ゴールデン☆ベスト』収録
    ベストアルバム『嘉門達夫BOX 怒濤のビクター・シングルス』収録
  7. 替え唄メドレー紅白バージョン(1993年3月24日 - シングル)
    初出演した『紅白歌合戦』での曲順構成で再録音し、歌詞が一部異なる。
    シングル「GO! GO! スクールメイツ」カップリング
    ベストアルバム『ゴールデン☆ベスト』収録
    ベストアルバム『嘉門達夫BOX 怒濤のビクター・シングルス』収録
  8. サザン替え唄大メドレー(1994年9月21日 - シングル)
    アルバム 『娯楽の殿堂』(歌詞が微妙に異なるバージョン)収録。
    ベストアルバム『The Very Best Of KAEUTA MEDLEY』収録
    ベストアルバム『ゴールデン☆ベスト』収録
    ベストアルバム『嘉門達夫BOX 怒濤のビクター・シングルス』収録
  9. TK替え唄メドレー(1996年4月24日 - シングル)
    ベストアルバム『The Very Best Of KAEUTA MEDLEY』収録
    ベストアルバム『ゴールデン☆ベスト』収録
    ベストアルバム『嘉門達夫BOX 怒濤のビクター・シングルス』収録
  10. TK替え唄メドレー2(1996年9月28日 - シングル)
    ベストアルバム『The Very Best Of KAEUTA MEDLEY』収録
    ベストアルバム『ゴールデン☆ベスト』収録
    ベストアルバム『嘉門達夫BOX 怒濤のビクター・シングルス』収録
  11. 新・替え唄メドレー(1997年3月21日 - シングル)
    初のDAIPRO-Xレーベルからのリリースであり、同社の第1号タイトルでもある。
    アルバム『Oh! My God』収録
    ベストアルバム『SINGLE BEST COLLECTION +1 1997-2001』収録
  12. 替え唄クラシックメドレー(1997年9月22日 - シングル)
    斎藤晴彦の『音楽の冗談』のようにクラシック音楽に詞をつけたもので、厳密には「替え唄」ではない。
    アルバム『壷』収録
    ベストアルバム『SINGLE BEST COLLECTION +1 1997-2001』収録
  13. 替え唄クラシックメドレー(カモメタルバージョン)
    上記 同楽曲のメタルロック・リミックスバージョン。
    シングル「替え唄クラシックメドレー」カップリング
  14. アニメ替え唄スーパーメドレー(1997年12月17日 - シングル)
    アルバム『笑う女』収録
    ベストアルバム『SINGLE BEST COLLECTION +1 1997-2001』収録
  15. ザッツ・替え唄メドレー(1998年8月5日 - シングル)
    ベストアルバム『SINGLE BEST COLLECTION +1 1997-2001』収録
  16. 替え唄メドレードラゴン(2000年1月21日 - シングル)
    シリーズ初のマキシシングルでのリリース。
    アルバム『かもたつ』収録
  17. 童謡替え唄メドレー(2000年1月21日)
    アルバム『かもたつ』収録
  18. 替え唄メドレー2001(2001年4月21日 - シングル)
    アルバム『劇的な日常』収録
    ベストアルバム『SINGLE BEST COLLECTION +1 1997-2001』収録
  19. 特選・替え唄メドレー 〜DANCE MIX〜(2001年7月25日 - シングル)
    ベストアルバム『SINGLE BEST COLLECTION +1 1997-2001』収録
  20. CM替え唄メドレー(2001年10月24日 - シングル)
    替え唄メドレーオープニングジングルが「サザン替え唄大メドレー」以来約7年ぶりに使用された。
    ベストアルバム『SINGLE BEST COLLECTION +1 1997-2001』収録
  21. THE ENKA替え唄メドレー(2002年3月21日 - シングル)
    シングル「CHAU!CHAU!CHAU!/THE ENKA 替え唄メドレー」のカップリング。
    アルバム『絶対キレイになってやる!』収録
    ベストアルバム『TATSUO KAMON SINGLE BEST COLLECTION+3 2002~2004』収録
  22. 青春フォーク替え唄メドレー(2003年1月22日 - シングル)
    アルバム『達人伝説』収録
    ベストアルバム『TATSUO KAMON SINGLE BEST COLLECTION+3 2002~2004』収録
    ベストアルバム『“笑い”のさくら咲く〜ギャグセレクション〜』収録
  23. 替え唄メドレー2005(2005年10月21日 - シングル)
    歌詞にもあるが、替え唄シリーズでのシングルリリース第20弾。
    アルバム『元気が出るCD』収録
  24. 生出し替え唄メドレー(2005年10月21日)
    アルバム『元気が出るCD』収録
  25. 続・アニメ替え唄スーパーメドレー(2007年4月25日 - シングル)
    アルバム『言葉のチカラ!』収録
    ベストアルバム『TATSUO KAMON 25th anniversary SELF COVER BEST!』(セルフカバー)収録
  26. 生出し替え唄メドレー2(2007年10月24日)
    アルバム『「これさえあればゴハン何杯でも食べられる」と言って2杯で限界になっているアナタへ』収録
  27. 新・生出し替え唄メドレー(2008年5月21日)
    アルバム『帰ってイモ食うて屁こいて寝よ!』収録
  28. 替え唄クラシックメドレー2(2008年5月21日)
    アルバム『帰ってイモ食うて屁こいて寝よ!』収録
  29. キッズ替え唄メドレー(2011年12月14日)
    シングル「アホが見るブタのケツ〜ベスト〜/鼻から牛乳〜キッズバージョン〜」カップリング
  30. GO! GO! 替え唄メドレー(2014年4月30日)
    アルバム『GO!GO!COME ON!!』収録

その他の話題編集

  • 井上陽水の「リバーサイドホテル」の替え歌で、「誰も知らない素顔の八代亜紀」という歌詞がある(「替え唄メドレー(第1弾)」に収録)。これがOh!どや顔サミットに取り上げられて、実際、八代をすっぴんにさせて検証されている。
  • 嘉門自身の持ち歌を替え歌にすることがある。例として「鼻から牛乳」の替え歌(「新・替え唄メドレー」に収録)がある。また、「デュエット替え唄メドレー」では、嘉門と共演した浅田美代子自身の持ち歌である「赤い風船」の替え歌が冒頭に挿入された。
  • 「替え唄メドレー(第1弾)」〜「替え唄メドレー3 (完結編)」でネタにされた荒井注は、「替え唄メドレー3 (完結編)」で自らゲスト出演している。
  • COMPLEXの「BE MY BABY」の替え歌で、「BE MY BABY…」を「今井美樹…」にしているものがある(「替え唄メドレー2」に収録)。偶然であるがCOMPLEXのメンバー布袋寅泰はのちに今井と再婚している。
  • 替え唄の印税に関しては、作詞作曲印税は、元々の著作者に分配されて、嘉門本人に入ってくるのは歌唱印税のみだと、テレビ東京系のじっくり聞いタロウ内で語られていた
  • 清水アキラが嘉門のものまねで本曲を披露した時は嘉門のまねと自分のレパトリーの歌詞を替え歌にしそのものまねをするという形で披露した。
  • 1989年度の『NHK青春メッセージ』に嘉門がゲスト出演した際にメドレーを5分超にわたり熱唱し、来賓席で観覧していた皇太子徳仁親王も苦笑したという逸話がある。

脚注編集

  1. ^ <私の恩人>嘉門達夫 名付け親は桑田佳祐さん 「サザン」の曲も好きに使っていいと許されたTHE PAGE、2013年8月13日。
  2. ^ 嘉門のブログには、2009年4月に飯塚宏子の出版記念パーティーで「おそらく初めて」中井と個人的に会い、この替え歌の許可を取った時の思い出話をしたとある[1]
  3. ^ CM替え唄メドレー 嘉門達夫 CDアルバム、Neowing - 2019年4月16日閲覧。「商品説明」を参照
  4. ^ [長寿のヒミツ]音楽と笑い融合嘉門達夫バカソング一筋25年”. スポーツ報知 (2008年6月10日). 2009年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月12日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集