メインメニューを開く

第61回グラミー賞(だい61かいグラミーしょう、The 61st Annual Grammy Awards)は、2019年2月10日カリフォルニア州ロサンゼルス市ステイプルズ・センターにて授賞式が行われた。主要以外の部門は隣接するマイクロソフト・シアターで開催された[1][2]。司会は女性歌手のアリシア・キーズが務める[3][4]

第61回グラミー賞
受賞対象 2018年度の音楽作品
開催日 2019年2月10日 (2019-02-10)
会場 ステイプルズ・センター, LA, CA
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
授与者 ザ・レコーディング・アカデミー
主催者 アリシア・キーズ
公式サイト www.grammy.com
テレビ/ラジオ放送
放送局 アメリカ合衆国の旗 CBS
日本の旗 WOWOW

変更点編集

  • 主要部門(年間最優秀レコード・年間最優秀アルバム・年間最優秀楽曲・最優秀新人賞)は候補が8に増える。
  • Best Surround Sound AlbumがBest Immersive Audio Albumに改称。
  • Best Compilation Soundtrack for Visual Mediaは音楽監督に授与。

候補編集

候補作は当初2018年12月5日に発表される予定だった。しかしジョージ・H・W・ブッシュ元大統領の国葬開催の伴い2日延期され、12月7日に発表される[2]

総合編集

年間最優秀レコード賞
年間最優秀アルバム賞
年間最優秀楽曲賞
最優秀新人賞

ポップ編集

最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス
最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス
最優秀ポップ・ボーカル・アルバム
最優秀トラディショナル・ポップ・ボーカル・アルバム

ダンス/エレクトロニック編集

最優秀ダンス録音
最優秀ダンス/エレクトロニック・アルバム

コンテンポラリー・インストゥルメンタル編集

最優秀コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム

ロック編集

最優秀ロック・パフォーマンス
最優秀メタル・パフォーマンス
最優秀ロック・ソング
最優秀ロック・アルバム

オルタナティヴ編集

最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム

R&B編集

最優秀R&Bパフォーマンス
最優秀トラディショナルR&Bパフォーマンス
最優秀R&Bソング
最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム
最優秀R&Bアルバム

ラップ編集

最優秀ラップ・パフォーマンス
最優秀ラップ/歌唱パフォーマンス
最優秀ラップ楽曲
最優秀ラップ・アルバム

ニューエイジ編集

最優秀ニューエイジ・アルバム

ジャズ編集

最優秀インプロヴァイズド・ジャズ・ソロ
最優秀ジャズボーカル・アルバム
最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム
最優秀ラテンジャズ・アルバム

ゴスペル/コンテンポラリー・クリスチャン編集

最優秀ゴスペル・パフォーマンス/ソング
最優秀コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック・パフォーマンス/ソング

アメリカン・ルーツ編集

最優秀アメリカーナ・アルバム
最優秀トラディショナル・ブルース・アルバム
最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム
最優秀フォーク・アルバム
最優秀リージョナル・ミュージック・アルバム

レゲエ編集

最優秀レゲエ・アルバム

ワールドミュージック編集

最優秀ワールドミュージック・アルバム

チルドレンズ編集

最優秀チルドレンズ・アルバム

スポークン・ワード編集

最優秀スポークン・ワード・アルバム

コメディ編集

最優秀コメディ・アルバム

ミュージカル劇場編集

最優秀ミュージカル劇場アルバム

ヴィジュアルメディア向け編集

最優秀コンピレーション・サウンドトラック
最優秀スコア・サウンドトラック

作曲編集

最優秀インストゥルメンタル作曲

編曲編集

最優秀編曲(インストゥルメンタルもしくはアカペラ)
最優秀編曲(インストゥルメンタルおよびボーカル)

パッケージング編集

最優秀録音パッケージ
最優秀ボックスドもしくは特別限定版パッケージ

ノーツ編集

最優秀アルバム・ノーツ
  • Various Artists『Voices of Mississippi: Artists and Musicians Documented by William Ferris』 - David Evans(アルバム・ノーツ・ライター)

ヒストリカル編集

最優秀ヒストリカル・アルバム
  • Various Artists『Voices of Mississippi: Artists and Musicians Documented by William Ferris』 - William Ferris、April Ledbetter、Steven Lance Ledbetter(コンピレーション・プロデューサー)。Michael Graves(マスタリング・エンジニア)。

制作(非クラシカル)編集

最優秀エンジニアド・アルバム(非クラシカル)
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(非クラシカル)
最優秀リミックスド録音

制作(没入型オーディオ)編集

最優秀没入型オーディオ・アルバム

ミュージック・ビデオ/フィルム編集

最優秀ミュージック・ビデオ
最優秀ミュージック・フィルム

特別賞編集

ミュージケアーズ・パーソン・オブ・ザ・イヤー

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Lewis, Randy. “The Grammy Awards return to Los Angeles in 2019”. latimes.com. 2018年8月28日閲覧。
  2. ^ a b Aswad, Jem (2018年7月17日). “Recording Academy Announces Date, Deadlines for 2019 Grammy Awards”. 2018年8月28日閲覧。
  3. ^ Brodsky, Rachel (2019年1月15日). “Alicia Keys to Host the 2019 Grammy Awards”. GRAMMY.com. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  4. ^ Saad, Nardine (2019年1月15日). “Alicia Keys will host the 2019 Grammy Awards”. Los Angeles Times. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。

外部リンク編集