第61回グラミー賞

第61回グラミー賞(だい61かいグラミーしょう、The 61st Annual Grammy Awards)は、2019年2月10日カリフォルニア州ロサンゼルス市ステイプルズ・センターにて授賞式が行われた。主要以外の部門は隣接するマイクロソフト・シアターで開催された[1][2]。司会は女性歌手のアリシア・キーズが務める[3][4]

第61回グラミー賞
受賞対象2018年度の音楽作品
開催日2019年2月10日 (2019-02-10)
会場ステイプルズ・センター, LA, CA
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
主催NARAS
司会アリシア・キーズ
公式サイトwww.grammy.com/grammys/awards/61st-annual-grammy-awards-2018
テレビ/ラジオ放送
放送局アメリカ合衆国の旗 CBS
日本の旗 WOWOW

変更点編集

  • 主要部門(年間最優秀レコード・年間最優秀アルバム・年間最優秀楽曲・最優秀新人賞)は候補が8に増える。
  • Best Surround Sound AlbumがBest Immersive Audio Albumに改称。
  • Best Compilation Soundtrack for Visual Mediaは音楽監督に授与。

ノミネートの発表編集

候補作は当初2018年12月5日に発表される予定だった。しかしジョージ・H・W・ブッシュ元大統領の国葬開催の伴い2日延期され、12月7日に発表された[2]

受賞・候補作編集

受賞は各部門最上段に太字のもの[5]

総合編集

最優秀レコード賞
最優秀アルバム賞
  • 『ゴールデン・アワー(Golden Hour)』 – ケイシー・マスグレイヴス
    • Ian Fitchuk, Kacey Musgraves & Daniel Tashian, プロデューサー; Craig Alvin & Shawn Everett エンジニア/ミキサー; Ian Fitchuk, Kacey Musgraves & Daniel Tashian, ソングライター; Greg Calbi & Steve Fallone, マスタリング・エンジニア
  • 『インヴェイジョン・オブ・プライバシー(Invasion of Privacy)』 – カーディ・B
    • Leslie Brathwaite & Evan LaRay, engineers/mixers; Belcalis Almanzar & Jorden Thorpe, songwriters; Colin Leonard, mastering engineer
  • By the Way, I Forgive You』 – ブランディ・カーライル
    • Dave Cobb & Shooter Jennings, producers; Dave Cobb & Eddie Spear, engineers/mixers; Brandi Carlile, Phil Hanseroth & Tim Hanseroth, songwriters; Pete Lyman, mastering engineer
  • 『スコーピオン(Scorpion)』 – ドレイク
    • Noel Cadastre, Noel "Gadget" Campbell & Noah Shebib, engineers/mixers; Aubrey Graham & Noah Shebib, songwriters; Chris Athens, mastering engineer
  • H.E.R.』 – H.E.R.
    • Darhyl "Hey DJ" Camper Jr., David "Swagg R'Celious" Harris, H.E.R., Walter Jones & Jeff Robinson, producers; Miki Tsutsumi, engineer/mixer; Darhyl Camper Jr. & H.E.R., songwriters; Dave Kutch, mastering engineer
  • Beerbongs & Bentleys』 – ポスト・マローン
    • Louis Bell & Post Malone, producers; Louis Bell & Manny Marroquin, engineers/mixers; Louis Bell & Austin Post, songwriters; Mike Bozzi, mastering engineer
  • 『ダーティー・コンピューター(Dirty Computer)』 – ジャネール・モネイ
    • Chuck Lightning, Janelle Monáe Robinson & Nate "Rocket" Wonder, producers; Mick Guzauski, Janelle Monáe Robinson & Nate "Rocket" Wonder, engineers/mixers; Nathaniel Irvin III, Charles Joseph II, Taylor Parks & Janelle Monáe Robinson, songwriters; Chris Gehringer, mastering engineer
  • 『ブラックパンサー・ザ・アルバム(Black Panther: The Album)』 – Various Artists
    • Kendrick Lamar, featured artist; Kendrick Duckworth & Sounwave, producers; Matt Schaeffer, engineer/mixer; Kendrick Duckworth & Mark Spears, songwriters; Mike Bozzi, mastering engineer
最優秀楽曲賞
最優秀新人賞

ポップ編集

最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス

最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス

最優秀ポップ・ボーカル・アルバム

最優秀トラディショナル・ポップ・ボーカル・アルバム

ダンス/エレクトロニック編集

最優秀ダンス・レコーディング

  • "Electricity" – Silk City & デュア・リパ featuring ディプロ & マーク・ロンソン
    • Jarami, Alex Metric, Riton & Silk City, producers; Josh Gudwin, mixer
  • "Northern Soul" – アバヴ&ビヨンド featuring Richard Bedford
    • Above & Beyond & Andrew Bayer, producers; Above & Beyond, mixers
  • "Ultimatum" – Disclosure featuring Fatoumata Diawara
    • Guy Lawrence & Howard Lawrence, producers; Guy Lawrence, mixer
  • "Losing It" – Fisher
    • Paul Nicholas Fisher, producer; Kevin Grainger, mixer
  • "Ghost Voices" – Virtual Self

最優秀ダンス/エレクトロニック・アルバム

コンテンポラリー・インストゥルメンタル編集

最優秀コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム

ロック編集

最優秀ロック・パフォーマンス

最優秀メタル・パフォーマンス

最優秀ロック・ソング

最優秀ロック・アルバム

オルタナティヴ編集

最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム

R&B編集

最優秀R&Bパフォーマンス

最優秀トラディショナルR&Bパフォーマンス

最優秀R&Bソング

最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム

最優秀R&Bアルバム

ラップ編集

最優秀ラップ・パフォーマンス

最優秀ラップ/歌唱パフォーマンス

最優秀ラップ楽曲

最優秀ラップ・アルバム

カントリー編集

最優秀カントリー・ソロ・パフォーマンス

最優秀カントリー・アルバム

ニューエイジ編集

最優秀ニューエイジ・アルバム

ジャズ編集

最優秀インプロヴァイズド・ジャズ・ソロ

最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム

最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム

最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム

最優秀ラテン・ジャズ・アルバム

ゴスペル/コンテンポラリー・クリスチャン編集

最優秀ゴスペル・パフォーマンス/ソング
最優秀コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック・パフォーマンス/ソング
最優秀ゴスペル・アルバム
最優秀コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック・アルバム
最優秀ルーツ・ゴスペル・アルバム

アメリカン・ルーツ編集

最優秀アメリカーナ・アルバム
最優秀トラディショナル・ブルース・アルバム
最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム
最優秀フォーク・アルバム
最優秀リージョナル・ミュージック・アルバム

レゲエ編集

最優秀レゲエ・アルバム

ワールドミュージック編集

最優秀ワールドミュージック・アルバム

チルドレンズ編集

最優秀チルドレンズ・アルバム

スポークン・ワード編集

最優秀スポークン・ワード・アルバム

コメディ編集

最優秀コメディ・アルバム

ミュージカル劇場編集

最優秀ミュージカル劇場アルバム

ビジュアルメディア向け編集

最優秀コンピレーション・サウンドトラック
最優秀スコア・サウンドトラック

作曲編集

最優秀インストゥルメンタル作曲

編曲編集

最優秀編曲(インストゥルメンタルもしくはアカペラ)
最優秀編曲(インストゥルメンタルおよびボーカル)

パッケージング編集

最優秀録音パッケージ
最優秀ボックスドもしくは特別限定版パッケージ

ノーツ編集

最優秀アルバム・ノーツ
  • Various Artists『Voices of Mississippi: Artists and Musicians Documented by William Ferris』 - David Evans(アルバム・ノーツ・ライター)

ヒストリカル編集

最優秀ヒストリカル・アルバム
  • Various Artists『Voices of Mississippi: Artists and Musicians Documented by William Ferris』 - William Ferris、April Ledbetter、Steven Lance Ledbetter(コンピレーション・プロデューサー)。Michael Graves(マスタリング・エンジニア)。

制作(非クラシカル)編集

最優秀エンジニアド・アルバム(非クラシカル)
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(非クラシカル)
最優秀リミックスド録音

制作(没入型オーディオ)編集

最優秀没入型オーディオ・アルバム(改名)

ミュージック・ビデオ/フィルム編集

最優秀ミュージック・ビデオ
最優秀ミュージック・フィルム

特別賞編集

ミュージケアーズ・パーソン・オブ・ザ・イヤー
生涯業績賞

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Lewis, Randy. “The Grammy Awards return to Los Angeles in 2019”. latimes.com. 2018年8月28日閲覧。
  2. ^ a b Aswad, Jem (2018年7月17日). “Recording Academy Announces Date, Deadlines for 2019 Grammy Awards”. 2018年8月28日閲覧。
  3. ^ Alicia Keys To Host The 2019 GRAMMY Awards” (英語). GRAMMY.com (2019年1月15日). 2020年11月23日閲覧。
  4. ^ Facebook (2019年1月15日). “Alicia Keys will host the 2019 Grammy Awards” (英語). Los Angeles Times. 2020年11月23日閲覧。
  5. ^ 61st Annual GRAMMY Awards” (英語). GRAMMY.com (2018年12月6日). 2020年11月23日閲覧。

外部リンク編集