メインメニューを開く

篠原 榮太(しのはら えいた、1927年昭和2年〉東京生まれ)は、タイトルデザイン、タイプフェイスデザインの第一人者。

しのはら えいた
篠原 榮太
篠原 榮太
篠原榮太 仕事場にて
本名 篠原 榮太
出生地 東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 タイトルデザイナー
タイポグラファー
グラフィックデザイナー
公式サイト 篠原榮太作品集
テンプレートを表示

目次

来歴編集

1927年(昭和2年)、東京に生まれる。

1955年TBSテレビ開局と同時にグラフィックデザイナー、タイトルデザイナーとして入社。TBSビジョン顧問にて退職。 「輝く! 日本レコード大賞」「3年B組金八先生」「」「痛快なりゆき番組 風雲!たけし城」他、テレビが輝いていた時代、多数のタイトルデザインを世に送り出す。

1999年平成11年)、放送文化に貢献した番組や人に贈られる第7回橋田賞(橋田壽賀子)受賞。

1964年、大谷四郎と共に、日本レタリングデザイナー協会を設立(現 日本タイポグラフィ協会)。 NAAC展にて、日本タイポグラフィ協会賞、年鑑ベストワーク賞 他、多数受賞。 日本タイポグラフィ協会理事、理事長、会長を歴任。第10回佐藤敬之輔賞受賞。

多摩美術大学専門学校東京デザイナー学院・東京デザインスクールで教鞭をとる。 文部省認定レタリング技能検定中央委員長など、長年にわたりデザイン教育の現場にも携わる。 中学用美術教科書、高校用美術教科書に絵画やロゴデザインが掲載される。 2004年、文部科学省より社会教育功労者表彰。[1]

主な仕事 [2]編集

受賞編集

  • 全日本CM協議会(ACC)スポット/銀賞 (1961年)
  • 全日本CM協議会(ACC)スポット/銅賞 (1962年)
  • 民法フェスティバル/アニメーション作品/金賞・銀賞 (1965年)
  • 民法テレビタイトルデザインコンクール/優秀賞 (1966年)
  • 東京ADC年鑑作品収録 (1976年-1978年)
  • NAAC展/日本タイポグラフィ協会賞 (1981年)
  • 「プリント」誌作品収録 (1981年)
  • ニューヨーク、クーバーヒューイット美術館/作品コレクション (1982年)
  • ドイツ、クインズスポーミュージアム/作品コレクション (1983年)
  • 日本タイポグラフィ年鑑 ベストワーク (1985年・1989年・1992年)
  • インターナショナルタイポグラフィックコミュニケーション誌作品掲載 (1989年)

書籍編集

  • 「テレビタイトルデザイン」 (1971年・グラフィック社)
  • 「隷書デザイン」 (1971年・グラフィック社)
  • 「ビデオソフト入門」 (1976年・共著・視聴覚科学技術センター)
  • 「テレビデザイン」 (1977年・共著・グラフィック社)
  • 「毛筆表示表」 (1980年・アトリエーめぐ 他)
  • 「なく虫ずかん」 (1991年・共著・福音館書店
  • 「鳥のなき声ずかん」 (1992年・共著・福音館書店
  • 「テレビタイトルロゴタイプ」 (1992年・兼六館出版)
  • 「本の変奏曲」 (2008年・グラフィック社)
  • 「芝居の題字」 (2010年・グラフィック社)
  • 「新 美術 表現と鑑賞(中学校美術資料集)」に鉛筆画「ニューヨーク・マンハッタン」が掲載 (2010年・開隆堂出版

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 金田一剛 「タイポグラファー列伝 Vol.16」『タイポグラフィックス・ティー』第283号、NPO法人日本タイポグラフィ協会、2016年、144頁
  2. ^ 篠原榮太著「テレビタイトルロゴタイプ」兼六館出版、1992年、篠原榮太略歴より抜粋

外部リンク編集