メインメニューを開く

銀色の雨

銀色の雨』(ぎんいろのあめ)は、2009年公開の日本映画。ロケ地の鳥取県島根県内では2009年10月31日から先行公開。

銀色の雨
監督 鈴井貴之
脚本 宇山圭子
鈴井貴之
原作 浅田次郎「銀色の雨」(春秋文庫「月のしずく」所収)
出演者 賀来賢人
前田亜季
中村獅童
音楽 坂本昌之
撮影 喜久村徳章
編集 上野聡一
製作会社 「銀色の雨」製作委員会
配給 エスピーオー+マジックアワー
公開 日本の旗 2009年11月28日
上映時間 113分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
製作費 1億3000万円
興行収入 3491万円
テンプレートを表示

目次

キャスト編集

主題歌・劇中歌編集

ロケ地編集

ロケは2008年11月17日から始まり、12月21日まで鳥取県米子市境港市大山町島根県松江市美保関町を中心に行われ、この間、多くの市民ボランティア(撮影ボランティア、まかない隊)、市民エキストラ、関係市町村の協力を仰ぎながら撮影は進行された。 山陰ロケ終了後、大阪および東京で撮影後、12月21日にクランクアップされた。[1]

スタッフ編集

映画祭での上映編集

映画「銀色の雨」の上映を成功させる会編集

2009年8月29日、映画を地域振興や観光振興に役立てようと、米子市などの観光・商工関係者らが映画「銀色の雨」の上映を成功させる会を設立。 ロケ地を散策できるマップを作製したり、米子市内の商店街の空き店舗を主人公たちが暮らしていた部屋に再現するなどPR活動を展開した。2010年3月24日解散。

プレミアム試写会編集

2009年9月21日、米子コンベンションセンターにおいて、成功させる会および「銀色の雨」製作委員会の主催により開催、鈴井貴之監督と前田亜季の登壇による舞台挨拶、映画グッズの抽選会が行われた。 同会に入会した鳥取県内外の企業・個人等から1300名の参加があった。

「銀色の雨」鳥取・島根ガイドマップ編集

劇中の主なロケ地を写真つきで紹介するロケ地マップを作成。 米子コンベンションセンターや米子市観光案内所、米子市周辺の宿泊施設などで広く配布されているほか、2010年5月28日発売予定のDVDにもロケ地マップのデータが盛り込まれる。

モデルルーム&撮影セット一般公開編集

2009年10月31日から2010年2月28日まで、米子市角盤町のやよいデパート米子店5階において、主人公たちが暮らしていた部屋を再現したモデルルームや撮影セットを展示し、一般に広く公開され、3384名が訪れた。

備考編集

  • 全国観客動員数は2万8442人、興行収入は約3491万円と発表されている。[3]

脚注編集

  1. ^ 日本海新聞:特集 映画「銀色の雨」
  2. ^ 第8回はままつ映画祭2009ウェブサイト
  3. ^ 山陰中央新報 2010年5月29日 山陰面 「映画『銀色の雨』観客動員2万8000人」

外部リンク編集