大島優子

日本の女優、元アイドル (1988-)

大島 優子(おおしま ゆうこ、1988年昭和63年〉10月17日 - )は、日本女優で、女性アイドルグループ・AKB48の元メンバーである。栃木県[1][2]下都賀郡壬生町[3][4]出身、太田プロダクション所属。夫は俳優の林遣都

おおしま ゆうこ
大島 優子
大島 優子
ヤマハトリシティ発表会(2014年)
本名 大島優子
生年月日 (1988-10-17) 1988年10月17日(34歳)
出身地 日本の旗 日本栃木県[1][2]下都賀郡壬生町[3][4]
身長 152 cm[1][注 1]
血液型 B型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1996年 -
配偶者 林遣都2021年 - )
事務所 太田プロダクション
公式サイト 太田プロダクション公式プロフィール
主な作品
映画
闇金ウシジマくん
劇場版 SPEC〜結〜
紙の月
ロマンス
生きちゃった
テレビドラマ
弁護士 一之瀬凛子
マジすか学園
私が恋愛できない理由
銭の戦争
ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜
東京タラレバ娘
スカーレット
教場
 
受賞
日本アカデミー賞
優秀助演女優賞
2014年紙の月
話題賞(俳優部門)
2013年闇金ウシジマくん
その他の賞
TAMA映画賞
最優秀作品賞

2010年さんかく
ヨコハマ映画祭
助演女優賞
2014年紙の月
受賞歴 参照
テンプレートを表示

来歴

2006年、『第二期AKB48追加メンバーオーディション』に合格。2007年1月、アニメOVAシリーズ『ICE〈劇場版〉』で初めて声優を務めた[6]。12月、AKB48として『第58回NHK紅白歌合戦』に初出場した。 2008年6月30日、『弁護士 一之瀬凛子』シリーズ(TBS)に出演[7]。2009年3月21日公開の映画『テケテケ』で映画初主演を務める[8]。2010年1月 - 3月、『マジすか学園』(テレビ東京)に同名役で出演[9]。2011年10月 - 12月、月9ドラマ私が恋愛できない理由』(フジテレビ)にレギュラー出演[注 2][注 3]。12月8日、ニホンモニター「2011年タレントCM起用社数ランキング」によると、女性タレント最多となる19社のCM[注 4] に起用された[10][11]

2013年第36回日本アカデミー賞 話題賞(俳優部門)に映画『闇金ウシジマくん』が選出される[12]。12月31日、『第64回NHK紅白歌合戦』においてAKB48を卒業することを発表する[13][14]。2014年6月9日、AKB48劇場で開催された『大島優子卒業公演』をもってAKB48を卒業した[15][16]

2015年1月 - 3月、連続ドラマ『銭の戦争』(関西テレビ)にレギュラー出演[17]。前年に公開された映画『紙の月』で第38回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞する[18]。4月、『ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜』(TBS)で連続ドラマ初主演[19]。本作で第85回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞を受賞した[20]。8月、2作目の主演映画『ロマンス』公開[21]。10月、『No.9 -不滅の旋律-』で、初めて本格的な舞台に出演[22]。2016年3月、連続テレビ小説あさが来た』(NHK総合)最終週に平塚明役にて、連続テレビ小説に初出演[23][24]。2017年1月 - 3月、連続ドラマ『東京タラレバ娘』(日本テレビ)にレギュラー出演[25]

2017年8月 、アメリカへ1年余り語学留学し、オレゴン州ポートランドにてホームステイをする[26][27]カレッジに通い、英語漬けの毎日を送っていたことを明かしている[28]。2018年10月22日、留学からの帰国をインスタグラムで報告した[29]

2019年1月から2月にかけて舞台『罪と罰』にソーニャ役で出演[30]。2019年度後期の連続テレビ小説『スカーレット』(NHK総合)に戸田恵梨香演じるヒロインの幼なじみ・熊谷照子役でレギュラー出演[31]、2021年には『青天を衝け』の伊藤兼子役でNHK大河ドラマに初出演し[32]、どちらの作品でも役柄を的確に捉え自然に年を重ねる演技力が好評を博した[33][34]

私生活

2021年7月29日、俳優の林遣都と結婚することが双方の所属事務所より発表された[35]。同年8月14日に行われた映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』の初日舞台あいさつに出席した際は既に婚姻届を提出していたことが関係者の話で明らかにされた[36]。2023年1月5日、第1子を出産したことを公式サイトを通じて報告した[37][38]

受賞歴

2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
  • WOWOW 勝手に演劇大賞2015・女優賞 - 『No.9-不滅の旋律-』[49]
2020年
  • BVLGARI AVRORA AWARDS ブルガリ アウローラアワード[50]

出演

映画

テレビドラマ

連続ドラマ

スペシャルドラマ・単発ドラマ

ゲスト出演

ネット配信

舞台

声の出演

劇場アニメ映画

アニメ映画 - 日本語吹替え版

海外アニメドラマ(字幕版)

人形劇

  • もしものときのがんこちゃん 「じしんがおきたら」(2021年2月23日、NHK Eテレ) - ランププ 役[113]
    • 第2弾「火山がふんかしたら」(2021年3月31日)
    • 「富士山がふんかしたら」(2021年4月25日)
    • 第3弾「大雨がふったら」(2022年7月26日)[114]

ラジオ

音声ガイド

ドキュメンタリー

出演

  • 池上彰の戦争を考えるSP 〜戦争はなぜ始まり、どう終わるのか〜(2010年8月15日、テレビ東京)
  • 情熱大陸(毎日放送)
    • 【大島優子▽AKB48が心配です…】(2013年10月20日)[116]
    • 【800回記念スペシャル▽ぼくらは、1988年生まれ】(2014年5月4日・11日)
  • “救世主”か“怪物”か 始動!AI進化論(2020年1月3日、BSテレ東) - 取材担当[117]
  • とちスペ 8Kで迫る きのこワンダーランド(2020年11月22日、NHK BS8K[118]

ナビゲータ

ナレーション

  • アスリートの魂「世界一のサイドバックに サッカー 長友佑都」(2011年5月9日、NHK総合) - ナレーション
  • ありがとうを3.11に伝えよう委員会(2021年3月13日、NHK総合) - ナレーション[124]
  • ザ・ノンフィクション
    • 「ボクらの丁稚物語 2022~涙の迷い道と別れ道~」(2022年2月27日(前編)/3月6日(後編)、フジテレビ) - 語り[125][126]
    • <サンデードキュメンタリー>ザ・ノンフィクション特別編「ボクらの丁稚物語 ~泣き虫同期 5年の記録~」(2022年2月27日、BSフジ) - 語り[127]

その他

作品

映像作品

  • adolescence(2003年10月3日、笠倉出版社ISBN 9784773020588
  • ゆうらりゆうこ(2008年12月19日、竹書房ISBN 978-4812436936
  • と、ゆうこと。(2009年12月6日、ワニブックスISBN 978-4-8470-4224-9
  • 君は、僕のもの(2010年11月10日、キングレコード[129]

広告などの起用

CM

 
ヤマハ・トリシティ発表会(2014年7月1日)

行政広報

イベント

  • AKB48 チームK大島優子香港来港記念イベント ミニライブ&握手会(2011年2月26日、香港・西九龍中心イベントホール)
  • FINAL FANTASY XIII-2」発売カウントダウンイベント(2011年12月15日、ビックカメラ有楽町店) - ゲスト[197]

書籍

アイドル時代

1996年、母親の薦めでセントラル子供劇団に所属し、子役として芸能活動を開始する。2000年ごろからジュニアアイドルとして活動し、2005年にはTHE ALFEE高見沢俊彦がサウンド・プロデュースした総勢25人のジュニアアイドルユニット「Doll's Vox[注 10] に所属していた。

 
AKB48時代(2010年7月1日)

2006年2月26日に『第二期AKB48追加メンバーオーディション』に合格した[198]。4月1日、AKB48劇場でのチームK初日公演において公演デビューをした。12月、AKB48として『第58回NHK紅白歌合戦』に初出場した。

2009年6月から7月にかけて実施された『AKB48 13thシングル 選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』では2位となり、メディア選抜入りする。9月15日、アメーバブログにて「大島優子オフィシャルブログ『ゆうらり ゆうこ』」をスタート。2010年11月10日、DVD『君は、僕のもの』をリリース。北原里英指原莉乃横山由依とともに新ユニット「Not yet」を結成し、デビューシングル曲「週末Not yet」を披露する[199]

2014年6月9日、AKB48劇場で開催された『大島優子卒業公演』をもってAKB48を卒業した[15][16]。2014年10月15日の更新を最後にオフィシャルブログ『ゆうらり ゆうこ』を終了[200]。その後、公式サイトで会員限定のブログを開始する[201]

人物

  • 日本人の父親、日本とアメリカのハーフの母親の元に生まれたクォーター[202]
  • 小学校卒業後、神奈川県横浜市から栃木県に転居するが、その直後に両親が離婚して、自身は父親のほうに付いて父子家庭で育つ。母親とは高校時代に再会した[203]
  • 座右の銘は高校時代の恩師の言葉である「十人十色、己を信じ精進せよ」[204]
  • 小学校3、4年生からゆずのファンであり、ゆずの地元である横浜市磯子区岡村にも足を運ぶほどである。好きな楽曲は「心のままに」、「傍観者[205]。また、北川悠仁も大島のファンであることを公言している。
  • 憧れの女優は永作博美香川照之の女版になることが目標[206]
  • AKB48時代の同期である秋元才加宮澤佐江とは互いを「心友」「心友トリオ」と呼び合う間柄であり、プライベートでも親交が深い。2019年には「SyS diving 同好会」というスキューバダイビング同好会を結成した[207]。元AKB48のメンバー以外では、ドラマや映画で共演経験のある吉高由里子榮倉奈々[208]戸田恵梨香[209]菜々緒[210]などと交友がある。
  • 好きなスポーツはスノーボード[注 11]、サッカー[212]、好きな物はスニーカー、爬虫類[204]。嫌いな物は風船[213]
  • ダッフィー集めをしており、ブログでも度々登場していた[214]

エピソード

  • AKB48の中心メンバーの1人であり、じゃんけん選抜を除いたすべてのシングル表題曲の選抜メンバーに選出されている。さらに前田敦子渡辺麻友高橋みなみらとともに多数のメディアや雑誌への露出をはじめ、多方面からエースの1人として扱われた。
  • AKB48デビュー当時は栃木県から通っており、夕方にレッスンのために東京に行き、夜間に帰宅するという生活だった[215]。その時期を乗り越えられたのは、毎日弁当を作って車で送り迎えして支えてくれた父親の存在が一番大きかったとインタビューで答えている[28]
  • メンバーの中では足が速く、運動神経も良い。2009年10月10日に開催された『AKB48 チーム対抗大運動会〜絆よ永遠に〜』でのスプリンター決定戦で優勝し、NO.1スプリンターに輝いた。また、Not yet「波乗りかき氷」のPV撮影でサーフィンをした時には初挑戦だったにもかかわらず、10分程度で波に乗れるようになり、「1時間はかかると思っていたのに」と大島自身が驚くほどであった[216]
  • 自身のソロ曲である「泣きながら微笑んで」を持ち歌としている。毎回ステージに出る前には、音程を取るため増田有華が手を握り締めながら歌ってくれていた[203]
  • お気に入りのAKB48の楽曲は、チームAの「背中から抱きしめて」である[217]

AKB48在籍時の参加楽曲

シングルCD選抜楽曲

アルバムCD選抜楽曲

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 2012年7月27日付の本人オフィシャルブログの記事、「ちっこいのはお好き?」では1cm伸びて153cmになったと申告している[5]
  2. ^ バージンロード』、『アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜』、『危険なアネキ』で月9ドラマ出演経験はあるが、いずれもゲスト出演であり、同局制作の連続ドラマおよび月9ドラマは初のレギュラー出演となる。
  3. ^ 月9ドラマにレギュラー出演するのは、AKB48のメンバーでは、2008年7月期の『太陽と海の教室』に出演した前田敦子、2011年1月期の『大切なことはすべて君が教えてくれた』に出演した篠田麻里子に続き3人目である。
  4. ^ アサヒ飲料カゴメ味覚糖江崎グリコエスエス製薬京楽産業.自転車協会、東京都選挙管理委員会、トライグループ(家庭教師のトライ)、プレナスほっともっと)、ピーチ・ジョンセブン-イレブン・ジャパンセブン&アイ・ホールディングスエイチ・アイ・エスNTTぷららひかりTV)、TBCグループ(エステティックTBC) 、スクウェア・エニックスファイナルファンタジーXIII-2)、フルキャストマーケティング日本ヒューレット・パッカード
  5. ^ Huluとの共同製作。Hulu版は全4話で11月28日配信開始。
  6. ^ WOWOWとの共同製作。WOWOW版は全5話で11月20日 - 12月18日放送。
  7. ^ 深夜時代は2回に1回程度で出演。2011年10月、ゴールデンタイム進出と同時にレギュラー出演となる。
  8. ^ 「小包」篇(2014年10月3日 - )/「帰省」篇(2014年11月5日 - )/ 「彼の引っ越し」篇(2015年2月25日 - )/「彼とケンカ」篇(2015年9月3日 - )/「後輩」篇(2015年12月2日 - )/「彼と買い物」篇(2016年9月29日 - )/「結婚式の日」篇(2016年12月1日 - )/「話さなくても」篇(2017年10月21日 - )/「似ているようで違う」篇(2018年2月17日 - )/「銭湯で」篇(2018年10月10日 - )/「甥っ子」篇(2018年11月17日 - )/「なでたくなる」篇・「ひとつじゃない」篇(2019年10月19日 - )
  9. ^ 「お弁当」篇(2021年3月24日 - )/「帰り道」篇(2021年4月1日 - )/「飲めちゃうデザート グルクル」篇(2021年4月17日 - )/「鶏皮チップス」篇(2021年5月6日 - )/「キャラメルマキアートプリンパフェ」篇(2021年5月14日 - )/「ピーマン肉詰めフライ」篇(2021年6月3日 - )/ 「激辛チョリソー」篇(2021年7月8日 - )/「ポークハムカツ」篇(2021年8月5日 - )/「完熟アップルマンゴーパフェ」篇 (2021年8月6日 - )
  10. ^ メンバーの中には、のちに「AKBアイドリング!!!」として行動をともにする「アイドリング!!!」の横山ルリカも在籍していた。
  11. ^ 9歳の頃から滑っており、マイボードとマイウェアも所持している[211]
  12. ^ 10周年記念シングルとして、卒業生の前田敦子、大島優子、板野友美、篠田麻里子、4月に卒業を控える高橋みなみが参加。

出典

  1. ^ a b c 太田プロダクション公式プロフィール
  2. ^ a b 大島優子Official club site Profile
  3. ^ a b 大島優子(おおしまゆうこ)の解説”. goo人名事典. 2022年5月2日閲覧。
  4. ^ a b 新庁舎建設のための寄附の状況について”. 壬生町公式WEBサイト (2021年1月15日). 2020年8月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月2日閲覧。
  5. ^ 大島優子 (2012年7月27日). “ちっこいのはお好き?”. 大島優子オフィシャルブログ「ゆうらり ゆうこ」. サイバーエージェント. 2014年7月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月13日閲覧。
  6. ^ ICE from AKBアフレコレポート - ICE公式サイト
  7. ^ プロフィール - 太田プロダクション
  8. ^ 女子高生役に違和感なし! 大島優子初主演映画『テケテケ』のセーラー服姿がキュート”. トレンドニュース. 2022年9月5日閲覧。
  9. ^ a b ドラマ24 マジすか学園”. テレビ東京. 2022年9月5日閲覧。
  10. ^ 大島優子オフィシャルブログ 2011年10月19日投稿記事
  11. ^ AKB48が上位独占!クイーンは大島優子に!〜ニホンモニター 2011タレントCM起用社数ランキング発表〜 - ニホンモニター(2011年12月8日)
  12. ^ a b “大島優子、日本アカデミー賞話題賞を受賞!前田敦子との2ショットが実現へ!”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2013年2月15日). https://www.cinematoday.jp/news/N0050258 2023年1月5日閲覧。 
  13. ^ 大島優子「卒業します」自ら発表/紅白 Archived 2014年3月19日, at the Wayback Machine. - 日刊スポーツ(2013年12月31日)
  14. ^ AKB大島優子 卒業発表、ソロ宣言 - デイリースポーツ(2013年12月31日)
  15. ^ a b 大島優子 曇り時々雨のち涙…そして“晴れて”卒業 - スポーツニッポン(2014年6月9日)
  16. ^ a b 優子 涙と笑顔の卒業「AKBは私の宝物」ヘビロテ締め - スポーツニッポン(2014年6月9日)
  17. ^ 銭の戦争”. WEBザ・テレビジョン. 2022年9月5日閲覧。
  18. ^ a b 日本アカデミー賞優秀賞決定!”. 日本アカデミー賞公式サイト (2015年1月14日). 2015年1月17日閲覧。
  19. ^ a b “大島優子、念願の連ドラ初主演「“いよいよ来たか”と思いました」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年2月17日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/02/17/kiji/K20150217009821620.html 2020年12月27日閲覧。 
  20. ^ a b 第85回ドラマアカデミー賞 発表!」『週刊ザテレビジョン関西版』33(2015年8月15日 - 8月31日)号、KADOKAWA、 83-87頁、2015年8月12日閲覧。
  21. ^ a b 秋吉布由子 (2015年8月27日). “大島優子、初の主演映画『ロマンス』で本領発揮”. SANSPO.COM. 2015年8月27日閲覧。
  22. ^ 大島優子、初舞台で初共演の稲垣吾郎からのイメージに苦笑”. モデルプレス (2015年7月14日). 2015年7月14日閲覧。
  23. ^ a b “大島優子、『あさが来た』出演決定 ふゆ役の清原果耶も再登場”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年3月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2067882/full/ 2020年2月12日閲覧。 
  24. ^ a b “大島優子「あさが来た」平塚らいてう役で最終週出演”. 日刊スポーツ. (2016年3月4日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1612179.html 2020年2月12日閲覧。 
  25. ^ 東京タラレバ娘”. WEBザ・テレビジョン. 2022年9月5日閲覧。
  26. ^ “大島優子:留学先ポートランドではまった…「ストレンジャー・シングス」キャストと対面で大興奮”. MANTANWEB (MANTAN). (2019年6月24日). https://mantan-web.jp/article/20190624dog00m200058000c.html 2020年2月12日閲覧。 
  27. ^ かんだがわのぞみ (2019年12月10日). “大島優子『繋がりや絆を一番大切に』笑福亭鶴瓶に語った言葉に「変わってない」と共感の声!”. COCONUTS JAPAN (BizNews). https://coconutsjapan.com/entertainment/oshimayuko-syofukutetsurube-tsurubenokazokunikanpai/23377/ 2020年2月12日閲覧。 
  28. ^ a b 大島優子 (2018年12月11日). AKBじゃない自分は何者なのか―大島優子、30歳で見つけた答え. インタビュアー:城リユア. Yahoo!ニュース 特集.. https://news.yahoo.co.jp/feature/1164/ 2018年12月11日閲覧。 
  29. ^ “大島優子「ただいま」報告にファン歓喜”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年10月23日). https://mdpr.jp/news/detail/1800397 2018年10月23日閲覧。 
  30. ^ a b 三浦春馬と大島優子が初共演、来年1・2月に「罪と罰」上演決定”. ステージナタリー (2018年6月7日). 2021年8月6日閲覧。
  31. ^ 大島優子・林遣都ら、戸田恵梨香ヒロイン朝ドラ「スカーレット」主な出演者発表”. モデルプレス. 株式会社ネットネイティブ (2019年2月21日). 2021年7月29日閲覧。
  32. ^ a b “【青天を衝け】新キャストに泉澤祐希、笠松将、大島優子ら 制作統括「いよいよラストスパート」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年10月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2210628/full/ 2021年10月18日閲覧。 
  33. ^ “林遣都×大島優子、『スカーレット』の世界観を支える演技力 “主役”の2人が親友役を演じる贅沢さ”. リアルサウンド映画部 (株式会社blueprint). (2020年2月28日). https://realsound.jp/movie/2020/02/post-512122_2.html 2022年10月7日閲覧。 
  34. ^ “大島優子、『青天を衝け』栄一の後妻役を好演 制作統括も絶賛「違和感なく年を取られていく」”. マイナビニュース (株式会社マイナビ). (2021年12月19日). https://news.mynavi.jp/article/20211219-oshimayuko/ 2022年10月7日閲覧。 
  35. ^ “林遣都と大島優子が結婚することを発表 「温かく見守って」 朝ドラ「スカーレット」などで共演”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2021年7月29日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/07/29/kiji/20210729s00041000201000c.html 2021年7月29日閲覧。 
  36. ^ “大島優子 結婚後初の公の場、既に婚姻届提出 コロナ収束後のお祝い会お誘いも“ヘビーローテーション””. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2021年8月14日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/08/14/kiji/20210813s00041000571000c.html 2022年1月2日閲覧。 
  37. ^ “大島優子&林遣都、第1子誕生を報告「家族揃って新年を迎えることができました」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2023年1月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2261730/full/ 2023年1月5日閲覧。 
  38. ^ 大島優子に関するご報告”. 太田プロダクション (2023年1月5日). 2023年1月5日閲覧。
  39. ^ “大島優子「今日だけはお姫様気分に」-「ブライダルジュエリープリンセス」”. マイナビニュース. (2011年1月29日). https://news.mynavi.jp/article/20110129-a006/ 2012年9月13日閲覧。 
  40. ^ “2011年最も注目されたブログに贈られる「BLOG of the year 2011」発表 男性部門 田中将大さん、女性部門 大島優子さんが受賞” (プレスリリース), 株式会社サイバーエージェント, (2012年2月8日), オリジナルの2015年5月1日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150501161458/https://www.cyberagent.co.jp/news/press/detail/id=2280&season=2012&category=ameba 2020年12月27日閲覧。 
  41. ^ “『闇金ウシジマくん』の大島優子が北米最大の日本映画祭「第6回JAPAN CUTS」で受賞!”. MOVIE WALKER PRESS (株式会社ムービーウォーカー). (2012年7月12日). https://moviewalker.jp/news/article/31656/ 2023年1月5日閲覧。 
  42. ^ “AKB48大島優子&武井咲がジュエリーベストドレッサー賞 -「自分を磨きたい」”. マイナビニュース (マイナビ). (2012年1月12日). https://news.mynavi.jp/article/20120112-a044/ 2020年12月27日閲覧。 
  43. ^ “大島優子「今年は激変の年だった」 AKB卒業などで「話題の人物賞」受賞”. Billboard JAPAN (株式会社阪神コンテンツリンク). (2014年11月14日). https://www.billboard-japan.com/d_news/detail/23886/2 2021年2月12日閲覧。 
  44. ^ 【報知映画賞】岡田准一「今後の道しるべ」歴代受賞者リストに決意「先輩の汗を受け止める」”. スポーツ報知 (2014年12月18日). 2015年7月15日閲覧。
  45. ^ “大島優子:助演女優賞に「恐怖心もある」”. MANTANWEB. (2015年2月1日). https://mantan-web.jp/article/20150201dog00m200026000c.html 2015年2月20日閲覧。 
  46. ^ 中山雄一朗 (2015年1月20日). “ビートたけしが選ぶ「東スポ映画大賞」発表!宮沢りえ、大島優子ら受賞”. シネマトゥデイ. 2015年2月20日閲覧。
  47. ^ “石原さとみ、ローラ、大島優子ら「カバーガール大賞」受賞者発表 2014年最も雑誌の表紙を飾ったのは?”. モデルプレス. (2015年3月4日). https://mdpr.jp/news/detail/1471564 2021年2月12日閲覧。 
  48. ^ <速報!>大島優子さんが2015年のTHE BEST BEAUTY OF THE YEARに!”. 『VOCE』公式サイト. 講談社 (2015年12月16日). 2015年12月16日閲覧。
  49. ^ WOWOWの「勝手に演劇大賞」結果発表!「No.9-不滅の旋律-」が3冠”. ステージナタリー (2016年2月27日). 2016年2月29日閲覧。
  50. ^ “ブルガリ ジャパンが国際女性デーに輝ける女性を賞賛する「BVLGARI AVRORA AWARDS / ブルガリ アウローラ アワード」発表記者会見を開催” (プレスリリース), ブルガリ ジャパン株式会社, (2021年3月8日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000766.000005631.html 2023年1月5日閲覧。 
  51. ^ “【作品データベース】櫻の園”. 松竹. https://www.shochiku.co.jp/cinema/database/04693/ 2022年1月28日閲覧。 
  52. ^ 作品情報 > 映画「スイートリトルライズ」”. 映画.com. 2022年9月5日閲覧。
  53. ^ “劇場版『ウシジマくん』続報、大島優子が出会い系カフェで破滅するフリーター役で登場”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2012年2月21日). https://www.cinra.net/news/2012/02/21/113553 2020年5月14日閲覧。 
  54. ^ “『SPEC 結』に向井理、大島優子が出演!完結編は前後2部作で公開”. Movie Walker (株式会社ムービーウォーカー). (2013年3月19日). https://moviewalker.jp/news/article/37411/ 2020年5月14日閲覧。 
  55. ^ “大島優子、AKB48卒業後初の映画出演決定 「紙の月」で宮沢りえと共演”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2014年3月24日). https://eiga.com/news/20140324/1/ 2020年5月14日閲覧。 
  56. ^ “勘九郎 映画&舞台“同時”主演!来年9月「真田十勇士」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年12月15日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/12/15/kiji/K20151215011687370.html 2015年12月15日閲覧。 
  57. ^ “大倉忠義&大島優子、阿部寛主演「疾風ロンド」に出演!雪上での演技に挑戦”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2016年4月26日). https://eiga.com/news/20160426/3/ 2020年5月14日閲覧。 
  58. ^ “今田耕司&大島優子の「ラブ×ドック」場面カットを独占公開! 大島のキュートな法被姿も”. ザテレビジョン. (2018年5月18日). https://thetv.jp/news/detail/147202/p2/ 2021年2月7日閲覧。 
  59. ^ “大島優子「裸で向き合う」石井監督も驚く初不倫妻役”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年5月14日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202005130000417.html 2020年5月14日閲覧。 
  60. ^ 大島優子、ほぼノーメイクで熱演 『明日の食卓』監督が大絶賛”. シネマトゥデイ (2021年5月27日). 2021年5月29日閲覧。
  61. ^ “大島優子、妖怪役の夢かなう「楽しんで演じた!」 『妖怪大戦争』追加キャスト発表”. ORICON NEWS. (2021年1月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2181969/full/ 2021年4月6日閲覧。 
  62. ^ “大島優子『ボクたちはみんな大人になれなかった』に出演へ!”. シネマトゥデイ. (2021年7月14日). https://www.cinematoday.jp/news/N0124736 2023年1月7日閲覧。 
  63. ^ “大島優子:映画「女子高生に殺されたい」で田中圭の元恋人役に 特報映像も解禁”. MANTANWEB. (2022年1月27日). https://mantan-web.jp/article/20220127dog00m200025000c.html 2022年1月28日閲覧。 
  64. ^ “阿部寛と北村匠海の共演作「とんび」薬師丸ひろ子、杏、安田顕、大島優子ら出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2021年10月19日). https://natalie.mu/eiga/news/449879 2021年10月19日閲覧。 
  65. ^ “阿部寛×北村匠海「とんび」の主題歌担当はゆず、楽曲流れる本予告公開”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年1月24日). https://natalie.mu/eiga/news/462764 2022年1月24日閲覧。 
  66. ^ “『七人の秘書』木村文乃、広瀬アリスら続投で映画化決定 特報映像&ティザービジュアルも”. Real Sound映画部 (blueprint). (2022年4月26日). https://realsound.jp/movie/2022/04/post-1016584.html 2022年4月26日閲覧。 
  67. ^ のん・門脇麦・大島優子が三姉妹に 漫画「天間荘の三姉妹」映画化決定”. モデルプレス (2022年5月17日). 2022年5月17日閲覧。
  68. ^ “映画「ネメシス」に勝地涼、中村蒼、大島優子、上田竜也らドラマキャスト集結”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年10月26日). https://natalie.mu/eiga/news/498923 2022年10月26日閲覧。 
  69. ^ 土曜ドラマ 風に舞いあがるビニールシート”. NHK. 2022年9月5日閲覧。
  70. ^ AKB48・大島優子がハセキョー主演ドラマにレギュラー出演”. オリコン転職. キャリア関連ニュース (2009年12月5日). 2021年4月18日閲覧。
  71. ^ “AKB48:大島優子「いじめている時が楽しい」 ドラマ「霊能力者 小田霧響子の嘘」ツンデレ社長に”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2010年9月30日). https://mantan-web.jp/article/20100929dog00m200048000c.html 2021年4月18日閲覧。 
  72. ^ “AKB48の大島優子、新〈月9〉ドラマ「私が恋愛できない理由」メインに抜擢”. TOWER RECORDS ONLINE. (2011年8月30日). https://tower.jp/article/news/2011/08/30/81659 2021年4月18日閲覧。 
  73. ^ カエルの王女さま”. WEBザ・テレビジョン. 2022年9月5日閲覧。
  74. ^ “木村拓哉主演ドラマ「安堂ロイド」にAKB48大島優子、ジェシー、山本美月、本田翼ら続々出演決定”. cinemacafe.net (イード). (2013年9月4日). https://www.cinemacafe.net/article/2013/09/04/18971.html 2021年4月18日閲覧。 
  75. ^ “大島優子卒業後初の連ドラは草なぎ剛主演「銭の戦争」”. ウォーカープラス. (2014年12月1日). https://thetv.jp/news/detail/52911/ 2014年12月1日閲覧。 
  76. ^ 大島優子「あさが来た」に出演!平塚らいてう役 NHKドラマ初出演”. スポーツニッポン新聞社 (2016年3月3日). 2016年3月3日閲覧。
  77. ^ 2019年度後期 連続テレビ小説「スカーレット」おもな出演者発表!|連続テレビ小説|NHKドラマ”. NHK (2019年2月21日). 2019年2月21日閲覧。
  78. ^ “スカーレット:19年後期朝ドラ、北村一輝、大島優子ら共演者発表 主演の戸田恵梨香「みなさんの顔が濃いな…」”. MANTANWEB (MANTAN). (2019年2月21日). https://mantan-web.jp/article/20190221dog00m200004000c.html 2019年2月21日閲覧。 
  79. ^ “榮倉奈々&大島優子、『東京タラレバ娘』吉高由里子のアラサー親友役に決定”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2016年12月3日). https://www.crank-in.net/news/46890/1 2021年4月18日閲覧。 
  80. ^ “東京タラレバ娘:吉高由里子主演ドラマのSP版が今夏放送 33歳の倫子も結婚へ? 榮倉奈々、大島優子も続投”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2020年3月30日). https://mantan-web.jp/article/20200329dog00m200035000c.html 2020年12月27日閲覧。 
  81. ^ a b “小林聡美&大島優子、新感覚ドラマで共演 9話で9つのキャラクター演じる意欲作”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年8月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2095484/full/ 2017年8月11日閲覧。 
  82. ^ a b “小林聡美&大島優子、新ドラマで9変化!9役への挑戦を語る”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年11月15日). https://thetv.jp/news/detail/127914/ 2017年11月15日閲覧。 
  83. ^ “中山美穂:木村多江&大島優子と初共演 WOWOW主演ドラマでレディースコミックのマンガ家に”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2019年10月19日). https://mantan-web.jp/article/20191018dog00m200073000c.html 2020年12月27日閲覧。 
  84. ^ “木村文乃、中園ミホ脚本『七人の秘書』でテレ朝連ドラ初主演 共演に広瀬アリス、シム・ウンギョンら”. Real Sound (株式会社blueprint). (2020年8月25日). https://realsound.jp/movie/2020/08/post-607352.html 2020年8月25日閲覧。 
  85. ^ “大島優子、ドラマ『神様のカルテ』看護師役 「台本を読むたびに涙してしまう」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年12月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2180489/full/ 2020年12月27日閲覧。 
  86. ^ “大島優子、広瀬すず×櫻井翔W主演『ネメシス』でスピード狂の医者に 第1話予告映像も公開”. Real Sound. (2021年3月25日). https://realsound.jp/movie/2021/03/post-728818_1.html 2021年3月25日閲覧。 
  87. ^ “大島優子、NHKドラマで亀梨和也の恋人役 正義感の強い弁護士”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年9月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2206238/full/ 2021年9月9日閲覧。 
  88. ^ 渡辺彰浩 (2021年11月29日). “『青天を衝け』吉沢亮×大島優子の絶妙な距離感 岩崎弥太郎、五代友厚らの死も”. Real Sound映画部. https://realsound.jp/movie/2021/11/post-913923.html 2022年3月6日閲覧。 
  89. ^ ほんとにあった怖い話 夏の特別編2010”. フジテレビ. 2021年4月18日閲覧。
  90. ^ “TBS三夜連続スペシャルドラマ『ブラックボード ~時代と戦った教師たち~』(仮) 日本にとって変革の節目に生きた3人の「問題教師」の姿を通して教育とは何か日本人とは何か人間の希望とは何かを探る” (プレスリリース), 株式会社TBSテレビ, (2012年1月25日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000232.000003065.html 2021年4月18日閲覧。 
  91. ^ 土曜プレミアム 世にも奇妙な物語 2012年秋の特別編”. フジテレビ. 2021年4月18日閲覧。
  92. ^ “注目ドラマ紹介:「So long!」 チーム対抗の“一番泣ける”作品を視聴者が決定”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2013年2月11日). https://mantan-web.jp/article/20130211dog00m200015000c.html 2021年4月18日閲覧。 
  93. ^ “AKBのOLドラマ、タイトルは指原センター曲を引用した『フォーチュンクッキー』”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2013年7月3日). https://www.crank-in.net/news/25372/1 2021年4月18日閲覧。 
  94. ^ “大島優子が黒髪&昭和ルックに大変身…草なぎ剛・主演「神様のベレー帽」”. cinemacafe.net (イード). (2013年8月22日). https://www.cinemacafe.net/article/2013/08/22/18707.html 2021年4月18日閲覧。 
  95. ^ “向井理&大島優子、『SPEC』に参戦!歴代メンバー総出演の完結編は2部作連続公開が決定!”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2013年3月19日). https://www.cinematoday.jp/news/N0051273 2021年4月18日閲覧。 
  96. ^ “三浦翔平と大島優子、ドラマ「教場」で木村拓哉の教え子に”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年6月27日). https://natalie.mu/eiga/news/337258 2020年12月27日閲覧。 
  97. ^ “教場II:「198期」工藤阿須加、川口春奈、大島優子、三浦翔平ら続投 第1弾SP編集版も年末に放送”. まんたんウェブ (MANTAN). (2020年11月26日). https://mantan-web.jp/article/20201125dog00m200080000c.html 2021年1月17日閲覧。 
  98. ^ “土橋章宏が『十三人の刺客』リメイク、中村芝翫&里見浩太朗&大島優子ら出演”. cinemacafe.net (イード). (2020年4月1日). https://www.cinemacafe.net/article/2020/04/01/66533.html 2020年12月27日閲覧。 
  99. ^ 『七人の秘書』SPドラマ放送決定!この秋、散り散りになっていた秘書軍団が再集結”. テレビ朝日 (2022年8月30日). 2022年10月7日閲覧。
  100. ^ “ガリレオ:3話連続の20%超えなるか 大島優子のゲスト出演も”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2013年4月29日). https://mantan-web.jp/article/20130428dog00m200032000c.html 2021年4月18日閲覧。 
  101. ^ “『七人の秘書』スピンオフドラマ配信 DAIGO、ゆりやんら出演”. ORICON NEWS. (2020年11月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2175998/full/ 2021年4月16日閲覧。 
  102. ^ “窪塚洋介、19年ぶりドラマ主演 LINE“縦型”作品『上下関係』で大島優子&降谷建志らと共演”. クランクイン!. (2021年7月18日). https://www.crank-in.net/news/91992/1 2021年11月10日閲覧。 
  103. ^ “大島優子、阿部寛主演「すべて忘れてしまうから」に出演「本当に楽しかった」”. Cinema Cafe.net. (2022年8月22日). https://s.cinemacafe.net/article/2022/08/22/80436.html 2022年8月27日閲覧。 
  104. ^ 鶴瓶の即興舞台「スジナシ」に佐藤浩市、大島優子、マツコ参戦”. ORICON (2015年2月3日). 2021年2月7日閲覧。
  105. ^ “稲垣吾郎、奏でるベートーベンの半生 大島優子と初共演「楽しみ」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年6月4日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/06/04/kiji/K20150604010475360.html 2015年6月4日閲覧。 
  106. ^ 稲垣吾郎&大島優子出演 白井晃演出×中島かずき脚本×三宅純音楽『No.9-不滅の旋律-』が今秋上演”. シアターガイド (2015年7月7日). 2015年7月8日閲覧。
  107. ^ 大島優子、鈴木おさむ舞台で“美幸”役に挑戦”. Cinematoday (2015年3月17日). 2015年3月17日閲覧。
  108. ^ 大島優子、念願の朗読劇に初出演 名作『ラヴ・レターズ』パートナーは三浦貴大”. ORICON NEWS (2019年8月27日). 2021年2月7日閲覧。
  109. ^ 作品情報 映画『それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ』”. MOVIE WALKER PRESS. 2022年9月5日閲覧。
  110. ^ 大島優子 (2012年7月20日). メリダとおそろしの森. (インタビュー). エイガ・ドット・コム. 映画.com.. https://eiga.com/movie/56798/interview/ 2018年10月27日閲覧。 
  111. ^ “話題のふきカエ シュガー・ラッシュ:オンライン”. ふきカエル大作戦!!. (2018年12月16日). https://www.fukikaeru.com/?p=10747 2018年12月22日閲覧。 
  112. ^ 大島優子、3年ぶり「少し大人になった」 『メリダ』再演”. ORICON STYLE (2016年2月9日). 2016年2月10日閲覧。
  113. ^ 「とっさのときはランププの言葉を思い出して!」大島優子インタビュー” (2021年2月16日). 2021年7月29日閲覧。
  114. ^ がんこちゃんとお届けする防災番組 第3弾!”. NHK 公式サイト (2022年7月26日). 2022年8月27日閲覧。
  115. ^ 大島優子さんが展覧会ナビゲーターに決定!!”. ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美術館 華麗なる貴族コレクション (2014年3月7日). 2014年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月27日閲覧。
  116. ^ “「情熱大陸」が迫る、大島優子のアイドル業と女優業の裏側”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2013年10月14日). https://natalie.mu/music/news/101347 2021年8月16日閲覧。 
  117. ^ “救世主”か“怪物”か 始動!AI進化論”. テレビ東京・BSテレ東. 2021年3月8日閲覧。
  118. ^ 8Kで迫る きのこワンダーランド”. NHK. 2021年3月8日閲覧。
  119. ^ ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美術館 華麗なる貴族コレクション 展覧会特別番組「イタリア ミラノ 美をめぐるものがたり」 Archived 2014年8月1日, at the Wayback Machine.、2014年4月14日閲覧
  120. ^ “大島優子のアイスランド”. テレビ静岡. http://www.sut-tv.com/show/iceland2016/ 2016年3月6日閲覧。 
  121. ^ “大島優子、雨乞い儀式に参加「雨女としてうれしい」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年2月6日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1775377.html 2017年2月6日閲覧。 
  122. ^ “大島優子、ゾウに乗りジャングル探索!3・4フジ系「天空の国ネパール-」放送”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年1月12日). https://www.sanspo.com/article/20180112-W4HAN34OFJODDLARTONEHTVPHQ/ 2018年1月12日閲覧。 
  123. ^ 感動地球スペシャル大島優子ネパールに行きたい!天空のヒマラヤと野生の楽園を巡る”. フジテレビ. 2021年2月7日閲覧。
  124. ^ NHK仙台放送局 [@nhk_sendai] (2021年3月13日). "ありがとうを3.11に伝えよう委員会 総合きょう13日(土)午後7:30 東日本大震災で被災した人たちが、家族や友人、同僚、お世話になった方々に、"ありがとう"を伝え、 10年間をねぎらいあう番組です。 写真は #大島優子 さんに委員会メンバーから送られた感謝状です。" (ツイート). Twitterより2022年8月10日閲覧
  125. ^ 中島優. “大島優子「ずっと叱られていました」 令和の“丁稚奉公”に重ねるAKB48時代”. マイナビニュース (マイナビ). https://news.mynavi.jp/article/20220305-oshimayuko/ 2022年7月2日閲覧。 
  126. ^ ボクらの丁稚物語2022 ~涙の迷い道と別れ道~ 後編”. ザ・ノンフィクション 番組サイト. フジテレビ. 2022年7月2日閲覧。
  127. ^ “大島優子『ザ・ノンフィクション』のオファーに歓喜「ひたすらずっと待っていました」”. フジテレビビュー‼︎ (フジテレビ). (2022年2月26日). https://www.fujitv-view.jp/article/post-502338/ 2022年3月13日閲覧。 
  128. ^ FIFAワールドカップ2014 フジテレビ
  129. ^ AKB48:大島優子のDVD「君は、僕のもの」が写真集に続き部門首位に”. MANTANWEB (2010年11月17日). 2022年9月17日閲覧。
  130. ^ “気になるニキビ・肌あれを体の内側から緩和する『ハイチオールB』のTV-CMが一新!! AKB48の美肌三人組 大島優子さん、小嶋陽菜さん、篠田麻里子さんが“変顔”超ドアップのCMに初挑戦! 合い言葉は「♪AKB~、ニキB~、ハイチオールB~!!」” (プレスリリース), エスエス製薬, (2010年11月3日), http://www.ssp.co.jp/nr/2010/20101103.html 2018年6月7日閲覧。 
  131. ^ “~気になるニキビ・肌あれを体の内側から緩和する『ハイチオールB』~大島優子さん、小嶋陽菜さん、篠田麻里子さんAKB48の美肌三人娘 出演TV-CM第2弾! AKB48が「きら~い」!? キラキラピンクワールドで美肌3人娘がさらにキュートに輝く! 思わずまねしたくなる息ぴったりのハンドモーション!” (プレスリリース), エスエス製薬, (2011年7月28日), http://www.ssp.co.jp/nr/2011/20110728.html 2018年6月7日閲覧。 
  132. ^ ピーチ・ジョンのキャラクターに、AKB48より大島優子、小嶋陽菜、河西智美が決定! CD Journal(2011年8月5日)2017年3月13日閲覧。
  133. ^ AKB前田&大島がチャン・グンソクにメロメロ「背が高くて中身も素敵」(eltha、2011年8月24日)2012年9月9日閲覧
  134. ^ a b AKB前田&大島、グンソクとパリの空を満喫!?(オリコン、2012年5月8日)2012年5月9日閲覧。
  135. ^ “大島優子が「ファイナルファンタジーXIII‐2」公式テストプレイヤーに就任!”. Walkerplus (KADOKAWA). (2012年7月8日). https://www.walkerplus.com/article/25291/ 2021年8月9日閲覧。 
  136. ^ “AKB48大島優子:FFのゲーム開発に口出しCMでオリジナルコスチューム提案”. MANTANWEB. (2011年11月15日). https://mantan-web.jp/article/20111109dog00m200057000c.html 2021年8月20日閲覧。 
  137. ^ 小倉正也 (2011年12月15日). “AKB48大島優子さんもDLC衣装で駆けつけた「FINAL FANTASY XIII-2」発売カウントダウンイベントの模様をレポート”. 4Gamer.net. https://www.4gamer.net/games/127/G012733/20111215006/ 2021年8月20日閲覧。 
  138. ^ “さらっさらのストレート髪!大島優子の超可愛い新CMとは?”. NewsWalker (KADOKAWA). (2012年8月9日). https://www.walkerplus.com/article/32341/ 2018年6月7日閲覧。 
  139. ^ 花王CM情報(2016年3月16日)
  140. ^ “大島優子にもしもニオイを嗅がれたら・・・「リセッシュ除菌EX PLUS デオドラントパワー」Web限定ムービー 本日公開スタート!” (プレスリリース), 花王, (2016年3月22日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000396.000009276.html 2018年6月7日閲覧。 
  141. ^ “体臭・タバコ・焼肉 男のニオイを撃破!「リセッシュ除菌EX Plus デオドラントパワー」改良新発売。大島優子さん出演の新CMを3月1日より放映開始!” (プレスリリース), 花王, (2017年3月1日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000535.000009276.html 2018年6月7日閲覧。 
  142. ^ “大島優子さんをイメージキャラクターに起用” (PDF) (プレスリリース), 外為オンライン, (2012年12月1日), http://www.gaitameonline.com/pdf/20121201PR.pdf 2012年12月1日閲覧。 
  143. ^ 大島優子さん出演の新TVCMがスタート”. 過去の新着情報. 外為オンライン (2014年1月24日). 2018年6月7日閲覧。
  144. ^ “大島優子、二輪免許取得を宣言!「早く自分で運転したい!」と意気揚々”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2014年7月1日). https://www.crank-in.net/news/31621/1 2018年6月7日閲覧。 
  145. ^ “大島優子、二輪免許取得後初のライディングを披露”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年8月21日). https://mdpr.jp/news/detail/1406705 2018年6月7日閲覧。 
  146. ^ “「リーン!」が合言葉。LMW(リーニング・マルチ・ホイール)の「TRICITY MW125」新TVCMがスタート ~大島優子さんが部長に就任“LMW部”発足~” (プレスリリース), ヤマハ発動機, (2015年3月24日), http://global.yamaha-motor.com/jp/news/2015/0324/tricity.html 2018年6月7日閲覧。 
  147. ^ “「さらりとした梅酒」全面リニューアル!新キャラクターに大島優子さんを起用” (プレスリリース), チョーヤ梅酒, (2014年9月3日), http://www.choya.co.jp/news/20140903.html 2018年6月7日閲覧。 
  148. ^ チョーヤCM情報[リンク切れ]
  149. ^ チョーヤ さらりとした梅酒「梅の味上々」篇 × 大島優子 TVCM CMソングMAX(2015年1月14日)
  150. ^ さらりとした梅酒CM「梅の味上々篇」(出演者:大島 優子)”. チョーヤ梅酒. 2016年3月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月7日閲覧。
  151. ^ 大島優子、白の衣装で屋外パーティー - 笑顔で梅酒ボトルを振る舞う マイナビニュース(2016年4月28日)2016年5月2日閲覧。
  152. ^ “「さらりとした梅酒」新CM完成 大島優子さんのサイン入り新ボトルがもらえる!20周年記念プレゼントキャンペーンも同時開始” (プレスリリース), チョーヤ梅酒, (2016年4月28日), http://www.choya.co.jp/news/20160428.html 2018年6月7日閲覧。 
  153. ^ “チョーヤ「ウメッシュ」新CM完成 新イメージキャラクターに大島優子さんを起用” (プレスリリース), チョーヤ梅酒, (2015年12月7日), http://www.choya.co.jp/news/20151207.html 2018年6月7日閲覧。 
  154. ^ “大島優子さん出演ALOOK新CM放送開始!” (プレスリリース), ALOOK, (2014年9月20日), https://www.alook.jp/topics/view/269 2018年6月7日閲覧。 
  155. ^ 大島優子が眼鏡着替えワクワク、「ALOOK by 眼鏡市場」新CMに出演。”. Narinari.com (2014年9月26日). 2018年6月7日閲覧。
  156. ^ “低刺激洗浄料のロングセラーブランド「ミノン」洗浄シリーズ 大島優子さんを起用し、約10年ぶりにTV-CMを放映 映画監督タナダユキさんが描く、やさしさ溢れるショートフィルム” (PDF) (プレスリリース), 第一三共ヘルスケア, (2014年10月2日), https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/content/000036348.pdf 2018年6月7日閲覧。 
  157. ^ 大島優子さんが実家のお風呂でほっこり「かわらんなぁ」/第一三共ヘルスケア「帰省」篇”. AdverTimes. 宣伝会議 (2014年12月10日). 2016年10月10日閲覧。
  158. ^ “低刺激洗浄料のロングセラーブランド「ミノン®」洗浄シリーズ大島優子さん起用TV-CM「彼の引っ越し」篇を放映開始 映画監督タナダユキさんが描く、シリーズ第3弾” (PDF) (プレスリリース), 第一三共ヘルスケア, (2015年2月25日), https://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M101266/201502237888/_prw_OR1fl_89u722oK.pdf 2018年6月7日閲覧。 
  159. ^ “低刺激洗浄料のロングセラーブランド「ミノン®」洗浄シリーズ主演大島優子×監督タナダユキ第4弾TV-CM「彼とケンカ」篇を放映開始公開中の映画「ロマンス」の強力タッグによるTV-CMシリーズ人気急上昇中の俳優・坂口健太郎さん演じる恋人とのロマンスの行方にも注目” (PDF) (プレスリリース), 第一三共ヘルスケア, (2015年9月2日), https://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M101266/201509013202/_prw_PR9fl_69018BvG.pdf 2018年6月7日閲覧。 
  160. ^ “低刺激洗浄料のロングセラーブランド「ミノン®」洗浄シリーズ 主演・大島優子×監督・タナダユキ第5弾TV-CM「後輩」篇を放映開始お弁当男子の後輩からの思わぬ指摘に、大島優子さんギクッ!?” (プレスリリース), 第一三共ヘルスケア, (2015年11月30日), https://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M101266/201511306033/_prw_OR1f 2018年6月7日閲覧。 
  161. ^ “低刺激洗浄料のロングセラーブランド 「ミノン®」洗浄シリーズ 大島優子さん、坂口健太郎さんの思わぬプロポーズに動揺!?T V-CM第6弾「彼と買い物」篇を放映開始 恋人同士の二人の関係が「ミノン」をきっかけに急接近!” (PDF) (プレスリリース), 第一三共ヘルスケア, (2016年9月28日), http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M101266/201609284736/_prw_OR1fl_hu5f0gAG.pdf 2018年6月7日閲覧。 
  162. ^ “低刺激洗浄料のロングセラーブランド 「ミノン®」洗浄シリーズ 大島優子さん、坂口健太郎さんがついに結婚!?TV-CM第7弾「結婚式の日」篇を放映開始 人生の晴れ舞台を迎えた娘と母の強い絆に寄り添う「ミノン」” (PDF) (プレスリリース), 第一三共ヘルスケア, (2016年11月28日), http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M101266/201611256588/_prw_OR1fl_os0Iq906.pdf 2018年6月7日閲覧。 
  163. ^ “大島優子さん、坂口健太郎さんの仲睦まじい新婚生活を描くTV-CM第8弾「話さなくても」篇を放映開始 低刺激ボディケアのロングセラーブランド「ミノン®」~「ミノン全身シャンプー」に泡タイプが新登場~” (プレスリリース), 第一三共ヘルスケア, (2017年10月20日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000028970.html 
  164. ^ “大島優子さん、坂口健太郎さん出演 夫婦生活を描いた新TV-CM第9弾「似ているようで違う」篇を放映開始。大島さんは幼少から目玉焼きには”お醤油とマヨネーズ”派、坂口さんは“塩”派と判明! 低刺激ボディケアのロングセラーブランド「ミノン®」~ミノン全身シャンプーに混合肌向け「さらっとタイプ」がリニューアル新登場~” (プレスリリース), 第一三共ヘルスケア, (2018年2月15日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000028970.html 2018年6月7日閲覧。 
  165. ^ a b “低刺激性ボディケアのロングセラーブランド「ミノン®」 大島優子さん、坂口健太郎さん出演TV-CMシリーズ 記念すべき第10弾「銭湯で」篇を放映開始 これまでの2人の思い出が“総集編”のように流れていく ミノン45周年記念Webムービーも公開 CMスタートからこの5年間、2人が続けている秘密の習慣とは?” (プレスリリース), 第一三共ヘルスケア株式会社, (2018年10月10日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000028970.html 2018年10月11日閲覧。 
  166. ^ “低刺激性ボディケアのロングセラーブランド「ミノン®」 大島優子さん、坂口健太郎さんの未来の家族像が垣間見える!TV-CM第11弾「甥っ子」篇を放映開始 ミノン薬用保湿入浴剤のお風呂に「ふたりも一緒にどうぞ」!? 初共演の子供たちの言葉にドギマギする、二人のキュートな姿に注目” (プレスリリース), 第一三共ヘルスケア株式会社, (2018年11月14日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000028970.html 2018年12月3日閲覧。 
  167. ^ “大島優子&坂口健太郎が夫婦演じる「ミノン」 新CM タナダユキ監督で6年目に”. Adver Times (宣伝会議). (2019年10月18日). https://www.advertimes.com/20191018/article300553/ 2019年11月6日閲覧。 
  168. ^ “大島優子さん、坂口健太郎さん出演TV-CMシリーズの特別版、Web限定MINON短編映画が公開決定!本篇公開に先駆け、予告篇を本日10月12日(木)より公開! 低刺激ボディケアのロングセラーブランド「ミノン®」。理想の夫婦の裏側に隠された大島優子さん演じる麻子の涙の訳は…?!” (プレスリリース), 第一三共ヘルスケア, (2017年10月12日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000028970.html 2018年6月7日閲覧。 
  169. ^ MINON短編映画「ごめんねと大丈夫」”. 第一三共ヘルスケア. 2018年6月7日閲覧。
  170. ^ 第一三共ヘルスケアTVCM(2015年10月1日) 第一三共ヘルスケア
  171. ^ “コロプラ、大島優子さんを起用した『白猫プロジェクト』のテレビCMを8月1日(金)より放映開始!アプリ内で記念キャンペーンも開催” (プレスリリース), コロプラ, (2014年7月30日), http://colopl.co.jp/news/pressrelease/2014073001.php 2018年6月7日閲覧。 
  172. ^ “大島優子さんも『魔女クレ』にハマってる!? コロプラ、『合体RPG 魔女のニーナとツチクレの戦士』のテレビCMを 8月27日より放映開始!アプリ内で記念キャンペーンも開催” (プレスリリース), コロプラ, (2014年8月26日), http://colopl.co.jp/news/pressrelease/2014082602.php 
  173. ^ “コロプラ、大島優子さんを起用した新企業CM『ホワイトボード編』を放映開始 ~「つくろう。」をキーメッセージに、ものづくりの会社・コロプラを訴求~” (プレスリリース), コロプラ, (2014年11月6日), http://colopl.co.jp/news/pressrelease/2014110601.php 2018年6月7日閲覧。 
  174. ^ アルペン・スポーツデポ「ホットでSNOW」篇×大島優子 TVCM CMソングMAX(2014年12月21日)2017年2月23日閲覧。
  175. ^ “「お正月を写そう♪2015 鶴松家の新年会」TVCMで超豪華メンバーが共演!” (プレスリリース), 富士フイルム株式会社, (2014年12月25日), https://kyodonewsprwire.jp/release/201412246525 2022年8月10日閲覧。 
  176. ^ “「ピュレグミ」新CM発表会に『大島 優子』さんが登場!!” (プレスリリース), カンロ, (2015年4月2日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000004694.html 2018年6月7日閲覧。 
  177. ^ “ZOZOTOWN、「ゾゾゾの鬼太郎」CMを10月14日より放映開始!” (PDF) (プレスリリース), スタートトゥデイ, (2015年10月14日), https://www.starttoday.jp/news/20151014-851/ 2018年6月7日閲覧。 
  178. ^ “大島優子がおしゃれな鬼太郎に! 浅野忠信はねずみ男、土屋アンナは猫むすめ”. マイナビニュース (マイナビ). (2015年10月14日). https://news.mynavi.jp/article/20151014-a190/ 2018年6月7日閲覧。 
  179. ^ マクドナルド ビッグマック 新CM「ずっと好きだった」篇に大島優子さんが出演しています CM Watch(2017年6月7日)2017年6月9日閲覧。
  180. ^ “海外渡航の大島優子、帰国後初公の場で笑顔「気合を入れてやっていきたい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年11月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2123025/full/ 2018年11月8日閲覧。 
  181. ^ “大島優子さん、「あれから、4年」 新たな決意を誓う『ファントム オブ キル』新TV-CM「ファントム オブ キル 4周年篇」2018年11月9日(金)より全国で放映開始” (プレスリリース), 株式会社FgG, (2018年11月8日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000022378.html 2022年3月6日閲覧。 
  182. ^ “「のんある気分」から“甘くない”「レモン&ライム」と「オレンジ&ライム」、新CMに千原兄弟と大島優子さん/サントリースピリッツ”. 食品産業新聞社ニュースWEB (食品産業新聞社). (2019年3月26日). https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2019/03/2019-0325-1728-14.html 2019年3月27日閲覧。 
  183. ^ “大島優子「ホワイトホース」新TVCM起用、おいしそうに飲む表情に思わず笑顔”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2021年3月18日). https://news.dwango.jp/tv/59860-2103 2021年3月18日閲覧。 
  184. ^ ホワイトホース公式ホームページ”. 2021年9月11日閲覧。
  185. ^ “大島優子が“やみつき顔” で頬張る ミニストップ「やみつキッチン」シリーズ新CM”. AdverTimes. (2021年3月23日). https://www.advertimes.com/20210323/article343711/ 2021年4月1日閲覧。 
  186. ^ 大島優子が出演するミニストップやみつキッチンのCM「飲めちゃうデザート グルクル」篇。”. 動画NOW!! (2021年4月18日). 2021年4月19日閲覧。
  187. ^ 大島優子 が出演する ミニストップ やみつキッチン のCM 「鶏皮チップス」篇。”. 動画NOW!! (2021年5月12日). 2022年8月10日閲覧。
  188. ^ ミニストップ公式アカウント [@ministop_fan] (2021年5月17日). "みんな~ キャラメルマキアートプリンパフェのCMはもう観れたミミ? 大島優子ちゃんが美味しそうに食べてくれてるYO★ (商品名が長いのはごめんミミ・・) #寄りミニストップしよ 本体価格:348円(税込375円) ※税込表示はお持ち帰り時に適用される軽減税率8%表記になります。…" (ツイート). 2021年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。Twitterより2022年8月10日閲覧
  189. ^ 大島優子が出演する ミニストップ やみつキッチン のCM 「激辛チョリソー」篇”. 動画NOW!! (2021年7月11日). 2022年8月10日閲覧。
  190. ^ ミニストップ公式アカウント [@ministop_fan] (2021年8月6日). "みんな~ #完熟アップルマンゴーパフェ のCMはもう観れたミミ? それは素敵なマンゴー天国♪ 今回も大島優子ちゃんが美味しく食べてくれてるYO うぅ...ぼくも早く食べたいミミ #寄りミニストップしよ…" (ツイート). 2021年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。Twitterより2022年8月10日閲覧
  191. ^ “大島優子、金子大地のコメントに感激「ほんとですか!?」 AKB48時代も回顧”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年4月7日). https://news.mynavi.jp/article/20220407-2313553/ 2022年4月7日閲覧。 
  192. ^ “白鵬、AKB大島、なでしこ沢、中畑監督が「復興応援団」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年5月30日). オリジナルの2012年6月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120603040002/http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/05/30/kiji/K20120530003354870.html 2012年6月7日閲覧。 
  193. ^ “AKB48、復興を応援 財務省、個人向け国債ポスター”. 世界日報 (世界日報社). (2012年11月17日). オリジナルの2016年1月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160107001352/http://www.worldtimes.co.jp/today/photonews/121117/121117-2.html 2018年6月7日閲覧。 
  194. ^ INTERNATIONAL BUSINESS TIMES(2013年7月9日)[リンク切れ]
  195. ^ 大島優子さんが総務省 統計局 平成25年 住宅・土地統計調査のCMに出演”. CM Watch (2013年9月27日). 2018年6月7日閲覧。
  196. ^ 私たちの暮らしに役立つ住宅・土地統計調査 (PDF)”. 統計調査ニュース No.322. 総務省統計局 (2013年9月). 2018年6月7日閲覧。
  197. ^ “AKB48大島優子さんもDLC衣装で駆けつけた「FINAL FANTASY XIII-2」発売カウントダウンイベントの模様をレポート”. (2011年12月15日). https://www.4gamer.net/games/127/G012733/20111215006/?_gl=1*1sbha3o*_ga*LTJheXNTVF95S2lyaExRT1FLUDFCQUM2aEdrQ0pGa0tkaW1CUkVib1BVRWhLaWVjRW5Ocm0xM3ljNkx0VWVLcA.. 2021年6月17日閲覧。 
  198. ^ 【大島優子】「27歳までに結婚」のはずが、だんだん期限近づいてしまって…”. ZAKZAK (2016年9月21日). 2022年9月11日閲覧。
  199. ^ 大島率いる新ユニット「Not yet」デビュー決定 - ORICON STYLE(2011年1月21日)
  200. ^ 大島優子ファンに感謝…最後のブログ更新 - ニッカンスポーツ(2014年10月15日)
  201. ^ ブログ終了の大島優子 公式サイトのブログを開始 - アメーバニュース(2014年10月19日)
  202. ^ OFFICE-SANGA 関和麻子 知らなかった! 実はハーフまたはクォーターの有名人1位「大島優子(元AKB48)」 デイリーニュースオンライン 2015.11.07
  203. ^ a b QuickJapan』(太田出版)87号より本人談。
  204. ^ a b 『週刊AKB』Vol.4 Disc2 特典編
  205. ^ 大島優子 (2010年4月21日). “言わなかったけど・・・・”. 大島優子オフィシャルブログ「ゆうらり ゆうこ」. サイバーエージェント. 2014年7月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月13日閲覧。
  206. ^ 週刊アサヒ芸能 2011年8月25日号
  207. ^ “大島優子・秋元才加・宮澤佐江の心友トリオ、ダイビングアカウントを開設にファン歓喜”. RBB TODAY (株式会社イード). (2019年5月13日). https://s.rbbtoday.com/article/2019/05/13/169787.html 2022年10月7日閲覧。 
  208. ^ “月イチ“タラレバ会”で仲良し3人娘が集結! 榮倉奈々の出産でほっこりエピソードも”. ねとらぼ. (2017年7月27日). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1707/27/news083.html 2021年7月30日閲覧。 
  209. ^ “『スカーレット』大島優子、照子との共通点を語る 「信頼している人にすごく素直なタイプ」”. リアルサウンド映画部 (株式会社blueprint). (2019年10月12日). https://realsound.jp/movie/2019/10/post-429503.html 2022年10月7日閲覧。 
  210. ^ “菜々緒&大島優子、同い年コンビで温泉ぶらり旅 黒水着や浴衣ショットにファン歓喜「最高すぎる」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年6月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2237251/full/ 2022年12月19日閲覧。 
  211. ^ 応募抽選の特典DVD、プライベートビデオより。
  212. ^ “大島優子、香川のマンU移籍「すごい」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2012年6月9日). オリジナルの2012年6月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120610175104/https://www.sanspo.com/geino/news/20120609/akb12060905030000-n1.html 2020年12月27日閲覧。 
  213. ^ 前田敦子&大島優子&チャン・グンソク、フレンチポップなCM公開 - BARKS(2012年5月8日)
  214. ^ 大島優子 (2010年1月12日). “実はね・・・・”. 大島優子オフィシャルブログ「ゆうらり ゆうこ」. サイバーエージェント. 2014年7月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月13日閲覧。
  215. ^ 優子(2011年、講談社MOOK)
  216. ^ AKB大島優子 わずか10分で波乗り成功 - スポーツニッポン 2011年6月17日
  217. ^ 『AKB48 ヴィジュアルブック2008 featuring team K, duet』2008年12月号(2008年11月7日発売、集英社)
  218. ^ AKB48 前田&大島ら参加“大奥風”MV公開 「ヘビロテ」彷彿キスシーンも”. オリコン (2015年2月12日). 2015年2月23日閲覧。

関連項目

外部リンク