御用邸(ごようてい)とは、天皇皇族別荘である。年に数回、静養を兼ねて避暑や避寒で訪れる。宮内庁の定義では、一定規模の建造物と敷地を有するものを離宮とし、小規模のものを御用邸と称している。

葉山御用邸

現存する御用邸編集

那須御用邸(なすごようてい)
栃木県那須郡那須町地図)、1926年大正15年 / 昭和元年) -
主に8月 - 9月に訪れている。
2008年(平成20年)には天皇皇后の意向を受け、初めて秋の時期(10月24日 - 27日)に訪れた。
2011年(平成23年)には、同年3月11日に発生した東日本大震災により、福島県から避難した被災者に対し、風呂などの一部施設を天皇・皇后の意向により開放した[1]
2011年平成23年)5月22日、御用邸敷地の約半分が一般開放され、那須平成の森として開園した[2]
豊かな自然環境を保護しつつ、国民が自然に直接ふれあえる場として活用してはどうかという第125代天皇上皇明仁の意向を受けて、2007年(平成19年)に御用邸敷地の約半分の570ヘクタール宮内庁から環境省に移管され、一般開放に向けて自然環境のモニタリング調査や、フィールドセンター等の施設整備や遊歩道などの整備が進められた結果、2011年平成23年)5月22日、天皇陛下御在位20年という節目の機会に日光国立公園那須平成の森として開園した[2](→那須平成の森参照)
葉山御用邸(はやまごようてい)
神奈川県三浦郡葉山町地図)、1894年(明治27年) -
主に2月 - 3月に訪れている。大正天皇崩御した所である。
1894年(明治27年)着工。嘉仁親王(後の大正天皇)は幼小時健康が優れず、侍医のエルヴィン・フォン・ベルツが葉山を保養地として勧めたという[3]
1926年(大正15年)12月25日大正天皇崩御に伴い、皇太子裕仁親王践祚した。葉山御用邸に隣接する場所には裕仁親王践祚記念碑が設置されている。
1971年昭和46年)に建物が焼失(葉山御用邸放火事件)したが、1981年(昭和56年)に再建された。
1987年(昭和62年)に付属邸跡地が葉山しおさい公園として開園した。公園内のしおさい博物館には昭和天皇の採集した生物の標本などが展示されている。
須崎御用邸(すざきごようてい)
静岡県下田市須崎(地図)、1971年(昭和46年) -
主に7月 - 8月に訪れている。かつての三井財閥別荘の敷地を、日本国政府が買い取り御用邸にした。
邸内にはプライベートビーチがある。

かつて存在した御用邸編集

幕末から明治にかけて天皇家の子供たちの夭折があまりにも多いことから1883年(明治16年)に侍医らが連名で改善案をまとめた上申書を提出し、その中に避暑のための離宮の建設があったことから、箱根離宮とともに日光御用邸が建設された[4]。しかし、明治天皇自身は脚気に悩みながらもこれらを一度も利用しなかった[4]

関連項目編集

文献編集

出典編集

外部リンク編集