メインメニューを開く
3年連続で受賞したリオネル・メッシ

2011年のFIFAバロンドールの受賞者は、2012年1月9日にスイスチューリッヒで行われた授賞式で発表され、リオネル・メッシバルセロナアルゼンチン代表)が3年連続で受賞した[1][2]。授賞式に先立ち、2011年11月1日に23人の候補者が、12月5日に3人の最終候補者が発表されている。

セレモニーはルート・フリット(1987年受賞者[3])が司会を務め、ゼップ・ブラッターFIFA会長、ペレローター・マテウス(1990年受賞者[3])、ロナウド(1997年・2002年受賞者[3])、歌手のシャキーラなどが出席した[4]

FIFA女子最優秀選手賞は澤穂希INAC神戸レオネッサ日本代表)、FIFA男子最優秀監督賞はジョゼップ・グアルディオラ(バルセロナ監督)、FIFA女子最優秀監督賞は佐々木則夫(日本代表監督)が受賞した。FIFAプスカシュ賞(年間最優秀ゴール)はネイマールサントスブラジル代表)、FIFA会長賞はアレックス・ファーガソンマンチェスター・ユナイテッド監督)、FIFAフェアプレー賞日本サッカー協会が受賞した。FIFA/FIFProワールドイレブンにはバルセロナから5人、レアル・マドリードから4人、マンチェスター・ユナイテッドから2人が選ばれた。

目次

FIFAバロンドール編集

23人の候補者にはバルセロナから最多の8選手が名を連ねた。ヨーロッパ以外のクラブに所属する選手としては唯一ネイマールがノミネートされた。

最終候補者編集

順位 選手[2] 国籍 所属クラブ 得票率
1位 リオネル・メッシ   アルゼンチン   バルセロナ 47.88%
2位 クリスティアーノ・ロナウド   ポルトガル   レアル・マドリード 21.60%
3位 シャビ   スペイン   バルセロナ 9.23%

その他の候補者編集

順位 選手[5] 国籍 所属クラブ 得票率
4位 アンドレス・イニエスタ   スペイン   バルセロナ 6.01%
5位 ウェイン・ルーニー   イングランド   マンチェスター・ユナイテッド 2.31%
6位 ルイス・スアレス   ウルグアイ   アヤックス /   リヴァプール 1.48%
7位 ディエゴ・フォルラン   ウルグアイ   アトレティコ・マドリード /   インテル 1.43%
8位 サミュエル・エトオ   カメルーン   インテル /   アンジ・マハチカラ 1.34%
9位 イケル・カシージャス   スペイン   レアル・マドリード 1.29%
10位 ネイマール   ブラジル   サントス 1.12%
11位 メスト・エジル   ドイツ   レアル・マドリード 0.76%
12位 ウェズレイ・スナイデル   オランダ   インテル 0.72%
13位 トーマス・ミュラー   ドイツ   バイエルン・ミュンヘン 0.64%
14位 ダビド・ビジャ   スペイン   バルセロナ 0.53%
15位 バスティアン・シュバインシュタイガー   ドイツ   バイエルン・ミュンヘン 0.50%
16位 シャビ・アロンソ   スペイン   レアル・マドリード 0.48%
16位 セルヒオ・アグエロ   アルゼンチン   アトレティコ・マドリード /   マンチェスター・シティ 0.48%
18位 エリック・アビダル   フランス   バルセロナ 0.36%
19位 ダニエウ・アウヴェス   ブラジル   バルセロナ 0.34%
19位 カリム・ベンゼマ   フランス   レアル・マドリード 0.34%
21位 セスク・ファブレガス   スペイン   アーセナル /   バルセロナ 0.29%
22位 ナニ   ポルトガル   マンチェスター・ユナイテッド 0.26%
23位 ジェラール・ピケ   スペイン   バルセロナ 0.22%

FIFA女子最優秀選手賞編集

FIFA男子最優秀監督賞編集

FIFA女子最優秀監督賞編集

FIFA/FIFProワールドイレブン編集

FIFAプスカシュ賞編集

FIFAフェアプレー賞編集

FIFA会長賞編集

脚注編集

  1. ^ Messi crowned world's best”. ESPN (2012年1月9日). 2012年1月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k Messi, Sawa, Guardiola and Sasaki triumph at FIFA Ballon d’Or 2011”. FIFA.com (2012年1月9日). 2012年1月9日閲覧。
  3. ^ a b c 前身のバロンドールの受賞年を記載している
  4. ^ Wayne Rooney looks starstruck as he meets Shakira dressed in dazzling red at the Fifa Ballon d'Or gala”. Daily Mail (2012年1月9日). 2012年1月10日閲覧。
  5. ^ a b FIFA Ballon d'Or 2011 - voting results”. FIFA.com. 2012年1月10日閲覧。

外部リンク編集