2019年のドイツツーリングカー選手権

2019年のドイツツーリングカー選手権
前年: 2018 翌年: 2020
姉妹シリーズ:
SUPER GT
サポートシリーズ:
Wシリーズ
Porsche Carrera Cup Germany

2019年のドイツツーリングカー選手権は、ドイツツーリングカー選手権の33回目のシーズン。「クラス1」レギュレーションの最初のシーズンであり、2000年のシリーズ再開以来20回目のシーズンである。メルセデスAMGは2018年を持ってフォーミュラEに集中するため本選手権から撤退した。イギリスのスポーツカーメーカーであるアストンマーティンがメルセデス・ベンツに代わって参入した。ドイツメーカー以外の参戦は1996年の国際ツーリングカー選手権時代にアルファロメオが参戦して以来、23年ぶりとなった[1][2]。ディフェンディングチャンピオンのゲイリー・パフェットは、フォーミュラEに移籍したため本年度は参戦しなかった。

レネ・ラスト(左)が自身2度目のタイトルを獲得、ニコ・ミュラー(右)がランキング2位となった。

概要編集

2019年シーズンは「クラス1」として知られる革命的なレギュレーションが導入された。これは、近年の歴史の中でシリーズに最大の変化をもたらした。このレギュレーションは2020年からDTMと日本のSUPER GT・GT500クラスで共有され、エントラントは両方の選手権で競うことができる[3]。2019年シーズンはユーロスピードウェイ・ラウジッツでの2回目のレースが、DTMとして500回目のレースとして開催された[4]

アウディは4レースを残して7度目のマニファクチャラーズタイトルを獲得した[4]レネ・ラストニュルブルクリンクで2度目のドライバーズタイトルを獲得した。

2019年の参戦チーム・ドライバー編集

以下のメーカー、チーム、ドライバーが2019年シーズンに参戦した。すべてのチームはハンコックが供給したタイヤを使用した。

キー
DTMエントリー SUPER GT500エントリー
* 全チャンピオンシップポイント対象 * ドライバーズチャンピオンシップポイント非対象
メーカー 車両 エンジン チーム 車番 ドライバー 出場ラウンド
アストンマーティン アストンマーティン・ヴァンテージ・DTM 2019 HWA AFR ターボ 2.0 I-4t   Rモータースポーツ I 3   ポール・ディ・レスタ 全戦
76   ジェイク・デニス 全戦
  Rモータースポーツ II 23   ダニエル・ジュンカデラ 全戦
62   フェルディナント・ヴォン・ハプスブルク 全戦
アウディ アウディ・RS5 ターボ・DTM 2019 アウディ・RC8 2.0 TFSI I-4t   アウディスポーツ・チーム・アプト・スポーツライン 4   ロビン・フラインス 全戦
51   ニコ・ミュラー 全戦
  アウディスポーツ・チーム・WRT 27   ジョナサン・アバーディン 全戦
34   アンドレア・ドヴィツィオーゾ 3
21   ピエトロ・フィッティパルディ 1-2, 4-9
  アウディスポーツ・チーム・ロズベルグ 3
33   レネ・ラスト 全戦
53   ジェイミー・グリーン 1-2, 4-9
  アウディスポーツ・チーム・フェニックス 28   ロイック・デュバル 全戦
99   マイク・ロッケンフェラー 全戦
BMW BMW・M4 ターボ・DTM 2019 BMW・P48 ターボ I-4t   BMW・チームRMG 7   ブルーノ・スペングラー 全戦
11   マルコ・ヴィットマン 全戦
  BMW・チームRMR 16   ティモ・グロック 全戦
25   フィリップ・エング 全戦
  BMW・チームRBM 31   シェルドン・ファン・デル・リンデ 全戦
47   ジョエル・エリクソン 全戦
ホンダ ホンダ・NSX-GT GT500 ホンダ HR-417E I-4t   TEAM KUNIMITSU 1   ジェンソン・バトン 9
レクサス レクサス・LC500 GT500 レクサス RI4AG I-4t   LEXUS TEAM KeePer TOM'S 37   平川亮 9A
  ニック・キャシディ 9B
ニッサン 日産・GT-R NISMO GT500 ニッサン NISMO NR20A I-4t   NISMO 35   松田次生 9A
  ロニー・クインタレッリ 9B
参照:[5][6][7][8][9][10]

チームの変更編集

ドライバーの変更編集

シーズン途中の変更編集

2019年の開催スケジュール編集

全9戦からなるカレンダーは2018年10月に発表された。

ラウンド サーキット レース1 レース2
1   ホッケンハイムリンク 5月4日 5月5日
2   ゾルダー・サーキット 5月18日 5月19日
3   ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ 6月8日 6月9日
4   ノリスリンク 7月6日 7月7日
5   TTサーキット・アッセン 7月20日 7月21日
6   ブランズ・ハッチ 8月10日 8月11日
7   ユーロスピードウェイ・ラウジッツ 8月24日 8月25日
8   ニュルブルクリンク 9月14日 9月15日
9   ホッケンハイムリンク 10月5日 10月6日
NC   富士スピードウェイ 11月23日 11月24日

カレンダーの変更編集

  • クラス1レギュレーションの採用により、シリーズはスーパーGTチャンピオンシップと2ラウンドを共有する。1つはヨーロッパで、もう1つはアジアで開催される予定である。スーパーGTは2020年までクラス1レギュレーションを採用しないため、パフォーマンスのバランスの公式が適用され、DTMマシンとスーパーGTマシンとの間の同等性が確保される[17]
  • ハンガロリンクレッドブル・リンクザントフォールトでのラウンドはスケジュールから削除された。代わりにTTサーキット・アッセンで初のレースが行われ、ゾルダー・サーキットは2002年以来の復帰となる。一方、ミサノラウンドはナイトレースでは無く昼間のレースに戻る[18]
  • SUPER GT x DTMドリームレースのサポートイベントとして、富士サーキットでノンタイトル戦が開催される。

ルールの変更編集

技術ルール編集

エンジン規定編集

  • 2019年シーズンは、新しくロードカーベースの低燃費エンジン構成が導入され、ターボチャージャー付きエンジンが1989年以来の復帰となる。2016年1月20日に発表された新しいエンジンは2.0リットル (122立方インチ)の直列4気筒シングルターボエンジンとなる。約610馬力 (450キロワット)を発揮するよう調整され、回転数は9,500rpmに制限されている[19]ギャレットモーション社が2019年以降のすべてのDTM車にターボチャージャーを提供する。2019年仕様の個々のエンジンユニットは、交換前に少なくとも6,000 km (3,728 mi)走行する必要がある。これに対して、2019年以前のエンジンは10,000 km (6,214 mi)走行する必要があった。レースウィークエンド中にエンジンユニットが交換されると、ドライバーに対して10グリッド降格のペナルティが与えられる。すべてのエンジンは、Aral Ultimate 102 RON 無鉛燃料で動作する。2000年以降使用されていた従来の4.0リットル (244立方インチ)自然吸気V8エンジンは、完全に廃止された。新しいエンジン構成には、レースのスペクタクルを向上させるために、インディカースタイルのプッシュトゥパスシステムも組み込まれている。プッシュトゥパスシステムは約30 hp (22 kW)を生成し、レースで最大12回ドライバーが使用できる[20]

エアロダイナミクスおよびその他のコンポーネント編集

  • 2016年以来一枚板のリアウィングが復活するが、幅は広げられた。その結果、追い越し操作を支援するために使用されていたドラッグリダクションシステムが改訂され、前車が3秒以内にいる状態で使用できるようになる。
  • エンジンやその他の部品の軽量化を考慮して、車の最小重量は1,115 - 1,070 kg (2,458 - 2,359 lb)(それぞれドライバーと燃料を含む)まで減らされた。
  • ローンチコントロールは非合法化されたが[21]、従来の内部バックミラーはリアビューカメラに置き換えられた[21]。一方、すべての電子機器は新しいクラス1規制のためにアップグレードされた。

競技ルール編集

  • ラウンドごとの2レースは維持されたが、過去4年間採用されていたタイムレースフォーマット(55分と1ラップ)に代わって固定ラップ距離フォーマット(2014年以来の採用)が復活した。セーフティカーが出た場合には注意点があり、レースは最大3周延長される可能性がある[21]。しかしシーズン開幕戦の後、レース延長セーフティカールールが追加され、以前のタイムレース形式が復活した。

レース結果とランキング編集

レース結果編集

ラウンド サーキット ポールポジション ファステストラップ 優勝ドライバー 優勝チーム 優勝マニファクチャラー レポート
1 R1   ホッケンハイムリンク   マルコ・ヴィットマン   ティモ・グロック   マルコ・ヴィットマン BMW・チームRMG BMW 詳細
R2   フィリップ・エング   ピエトロ・フィッティパルディ   レネ・ラスト アウディスポーツ・チーム・ロズベルグ アウディ
2 R1   ゾルダー・サーキット   マルコ・ヴィットマン   ロビン・フラインス   フィリップ・エング BMW・チームRMR BMW 詳細
R2   シェルドン・ファン・デル・リンデ   フィリップ・エング   レネ・ラスト アウディスポーツ・チーム・ロズベルグ アウディ
3 R1   ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ   レネ・ラスト   フィリップ・エング   マルコ・ヴィットマン BMW・チームRMG BMW 詳細
R2   レネ・ラスト   ロビン・フラインス   ニコ・ミュラー アウディスポーツ・チーム・アプト・スポーツライン アウディ
4 R1   ノリスリンク   ニコ・ミュラー   ニコ・ミュラー   レネ・ラスト アウディスポーツ・チーム・ロズベルグ アウディ 詳細
R2   レネ・ラスト   ニコ・ミュラー   ブルーノ・スペングラー BMW・チームRMG BMW
5 R1   TTサーキット・アッセン   マルコ・ヴィットマン   ニコ・ミュラー   マルコ・ヴィットマン BMW・チームRMG BMW 詳細
R2   レネ・ラスト   フィリップ・エング   マイク・ロッケンフェラー アウディスポーツ・チーム・フェニックス アウディ
6 R1   ブランズ・ハッチ   マルコ・ヴィットマン   フィリップ・エング   マルコ・ヴィットマン BMW・チームRMG BMW 詳細
R2   レネ・ラスト   ピエトロ・フィッティパルディ   レネ・ラスト アウディスポーツ・チーム・ロズベルグ アウディ
7 R1   ユーロスピードウェイ・ラウジッツ   レネ・ラスト   ロビン・フラインス   ニコ・ミュラー アウディスポーツ・チーム・アプト・スポーツライン アウディ 詳細
R2   ジェイミー・グリーン   フィリップ・エング   レネ・ラスト アウディスポーツ・チーム・ロズベルグ アウディ
8 R1   ニュルブルクリンク   レネ・ラスト   レネ・ラスト   レネ・ラスト アウディスポーツ・チーム・ロズベルグ アウディ 詳細
R2   ジェイミー・グリーン   レネ・ラスト   ジェイミー・グリーン アウディスポーツ・チーム・ロズベルグ アウディ
9 R1   ホッケンハイムリンク   レネ・ラスト   ニコ・ミュラー   レネ・ラスト アウディスポーツ・チーム・ロズベルグ アウディ 詳細
R2   ニコ・ミュラー[注釈 1]   マイク・ロッケンフェラー   ニコ・ミュラー アウディスポーツ・チーム・アプト・スポーツライン アウディ
NC R1   富士スピードウェイ   ニック・キャシディ   牧野任祐   ニック・キャシディ LEXUS TEAM KeePer TOM'S レクサス 詳細
R2   ロイック・デュバル[注釈 2]   ナレイン・カーティケヤン   ナレイン・カーティケヤン Modulo Nakajima Racing ホンダ

ポイントシステム編集

ポイントは10位までに以下の通り与えられる:

決勝順位  1位   2位   3位   4位   5位   6位   7位   8位   9位   10位 
ポイント 25 18 15 12 10 8 6 4 2 1

加えて予選3位まで以下のポイントが与えられる:

予選順位  1位   2位   3位 
ポイント 3 2 1

ドライバーズランキング編集

 
レネ・ラストが2度目のタイトルを獲得した。
順位 ドライバー HOC
 
ZOL
 
MIS
 
NOR
 
ASS
 
BRH
 
LAU
 
NÜR
 
HOC
 
ポイント
1   レネ・ラスト 16† 1 NC2 12 21 31 13 71 32 51 22 11 Ret1 1 11 32 11 3 322
2   ニコ・ミュラー 8 2 3 8 5 1 21 82 2 3 3 2 13 23 153 6 17 12 250
3   マルコ・ヴィットマン 11 82 71 13 1 Ret 8 16† 11 2 11 10 4 6 3 Ret 22 12 202
4   マイク・ロッケンフェラー 22 Ret 5 4 6 10 Ret 3 9 13 7 6 3 3 Ret 73 33 21 182
5   ロビン・フラインス 3 33 12 Ret Ret 42 Ret 4 Ret 6 4 33 2 5 DSQ 2 4 7 157
6   フィリップ・エング 14 41 1 23 7 2 7 5 4 13 6 5 5 10 13 8 Ret 14 144
7   ロイック・デュバル 5 Ret 4 11 33 11 4 63 83 11 53 42 6 8 5 4 5 10 134
8   ジェイミー・グリーン 12 9 6 3 11 2 7 9 11 15 102 41 6 11 12 5 115
9   ブルーノ・スペングラー 7 5 103 7 4 8 52 1 15 Ret 12 Ret 9 14 22 10 8 9 106
10   ジョナサン・アバーディン 15 14 NC 12 82 73 13 14 6 42 9 13 14 72 4 5 14 Ret 67
11   ジョエル・エリクソン 13 10 2 10 Ret 6 3 13 16 16† DNS Ret 8 13 8 11 10 6 61
12   ティモ・グロック 4 6 13 14 10 Ret Ret 9 5 14 13 12 Ret 15† 9 9 6 43 58
13   シェルドン・ファン・デル・リンデ 6 13 11 51 9 9 Ret Ret 10 15 8 7 16 11 7 16 16 13 42
14   ダニエル・ジュンカデラ 9 16 Ret Ret 13 14 6 10 Ret 7 10 8 12 12 10 12 Ret Ret 23
15   ピエトロ・フィッティパルディ 10 15 14 9 11 5 Ret 15 11 10 DNS 16 7 9 14 13 15 15 22
16   ポール・ディ・レスタ Ret3 7 8 DNS 16 Ret 12 Ret 14 8 14† 14 13 Ret 12 DNS 7 DNS 21
17   ジェイク・デニス 11 11 Ret 6 15 13 9 12 12 Ret Ret 9 11 Ret Ret 14 11 8 17
18   フェルディナント・ヴォン・ハプスブルク Ret 12 9 Ret 14 12 10 11 13 12 15† 11 15 Ret 11 15 DNS 11 3
19   アンドレア・ドヴィツィオーゾ 12 15 0
ポイント対象外のゲストドライバー
-   ジェンソン・バトン 9 16 -
-   平川亮 13 -
-   ロニー・クインタレッリ 17 -
-   松田次生 NC -
-   ニック・キャシディ Ret -
順位 ドライバー HOC
 
ZOL
 
MIS
 
NOR
 
ASS
 
BRH
 
LAU
 
NÜR
 
HOC
 
ポイント
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
予選不通過 (DNQ)
予備予選不通過 (DNPQ)
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
エントリーせず (WD)
レースキャンセル (C)
空欄 欠場
出場停止処分 (EX)

太字ポールポジション
斜体:ファステストラップ

1 - 予選1位:3ポイント
2 - 予選2位:2ポイント
3 - 予選3位:1ポイント

  • † - ドライバーはリタイアしたが、優勝者の走行距離の75%を走行していたため完走と見なされた。

チームランキング編集

順位 チーム 車両 HOC
 
ZOL
 
MIS
 
NOR
 
ASS
 
BRH
 
LAU
 
NÜR
 
HOC
 
ポイント
1 アウディスポーツ・チーム・ロズベルグ 21 11 5 447
33 16† 1 Ret2 12 21 31 13 71 32 51 22 11 Ret1 1 11 32 11 3
53 12 9 6 3 11 2 7 9 11 15 102 41 6 11 12 5
2 アウディスポーツ・チーム・アプト・スポーツライン 4 3 33 12 Ret Ret 42 Ret 4 Ret 6 4 33 2 5 DSQ 2 4 7 407
51 8 2 3 8 5 1 21 82 2 3 3 2 13 23 153 6 17 12
3 アウディスポーツ・チーム・フェニックス 28 5 Ret 4 11 33 11 4 63 83 11 53 42 6 8 5 4 5 10 316
99 22 Ret 5 4 6 10 Ret 3 9 13 7 6 3 3 Ret 73 33 21
4 BMW・チームRMG 7 7 5 103 7 4 8 52 1 15 Ret 12 Ret 9 14 22 10 8 9 308
11 11 82 71 13 1 Ret 8 16† 11 2 11 10 4 6 3 Ret 22 12
5 BMW・チームRMR 16 4 6 13 14 10 Ret Ret 9 5 14 13 12 Ret 15† 9 9 6 43 202
25 14 41 1 23 7 2 7 5 4 13 6 5 5 10 13 8 Ret 14
6 BMW・チームRBM 31 6 13 11 51 9 9 Ret Ret 10 15 8 7 16 11 7 16 16 13 103
47 13 10 2 10 Ret 6 3 13 16 16† DNS Ret 8 13 8 11 10 6
7 アウディスポーツ・チーム・WRT 21 10 15 14 9 Ret 15 11 10 DNS 16 7 9 14 13 15 15 79
27 15 14 Ret 12 82 73 13 14 6 42 9 13 14 72 4 5 14 Ret
34 12 15
8 Rモータースポーツ I 3 Ret3 7 8 DNS 16 Ret 12 Ret 14 8 14† 14 13 Ret 12 DNS 7 DNS 38
76 11 11 Ret 6 15 13 9 12 12 Ret Ret 9 11 Ret Ret 14 11 8
9 Rモータースポーツ II 23 9 16† Ret Ret 13 14 6 10 Ret 7 10 8 12 12 10 12 Ret Ret 26
62 Ret 12 9 Ret 14 12 10 11 13 12 15† 11 15 Ret 11 15 DNS 11
ポイント対象外
- TEAM KUNIMITSU 1 9 16 -
- LEXUS TEAM KeePer TOM'S 37 13 Ret -
- NISMO 35 NC 17 -
順位 チーム 車両 HOC
 
ZOL
 
MIS
 
NOR
 
ASS
 
BRH
 
LAU
 
NÜR
 
HOC
 
ポイント

マニファクチャラーランキング編集

順位 マニファクチャラー HOC
 
ZOL
 
MIS
 
NOR
 
ASS
 
BRH
 
LAU
 
NÜR
 
HOC
 
ポイント
1 アウディ 49 61 47 58 57 68 58 59 50 68 58 76 72 90 59 76 66 73 1132
2 BMW 54 39 54 39 45 32 38 37 51 18 3 17 28 9 45 7 34 1 550
3 アストンマーティン 3 6 6 0[注釈 3] 0 0 11 1 0 10 1 6 0 0 1 0 0 4 49
ポイント対象外
- ホンダ 2 0 -
- レクサス 0 0 -
- ニッサン 0 0 -
順位 マニファクチャラー HOC
 
ZOL
 
MIS
 
NOR
 
ASS
 
BRH
 
LAU
 
NÜR
 
HOC
 
ポイント

編集

  1. ^ ロッケンフェラーが予選トップタイムを記録したが、5グリッド降格のペナルティを受けたため、ミュラーが1番グリッドからスタートした。
  2. ^ 中嶋大祐が予選トップタイムを記録したが、シャシー交換による5グリッド降格のペナルティを受けたため、デュバルが1番グリッドからスタートした。
  3. ^ DTM競技規則の第28.5条に従い、アストンマーティンはジェイク・デニスが獲得した8ポイントを加算しなかった[22]

参照編集

  1. ^ Klein, Jamie (2017年7月25日). “Mercedes to quit DTM after 2018, confirms Formula E entry”. Motorsport Network. 2017年7月25日閲覧。
  2. ^ “Aston Martin DTM entry announced for 2019” (英語). https://www.motorsport.com/dtm/news/aston-martin-dtm-entry-announced-for-2019/3193464/ 2018年10月11日閲覧。 
  3. ^ Errington, Tom (2018年6月23日). “DTM and Super GT sign off Class One regs”. Motorsport Network. 2018年6月23日閲覧。
  4. ^ a b Errington, Tom (2019年8月25日). “Rast wins at Lausitzring, as Audi takes title in DTM's 500th race”. Autosport (Motorsport Network). https://www.autosport.com/dtm/news/145556/rast-wins-as-audi-takes-title-in-dtm-500th-race 2019年8月26日閲覧。 
  5. ^ “Everything stays different”. Deutsche Tourenwagen Masters. (2018年12月19日). https://www.dtm.com/en/news/everything-stays-different-2018-12-19.html 2018年12月19日閲覧。 
  6. ^ Aller, Tamara (2018年12月8日). “BMW confirm Wittmann, Eng, Eriksson, Spengler and Glock for the 2019 DTM”. touringcartimes.com. http://www.touringcartimes.com/2018/12/08/bmw-confirm-wittmann-eng-eriksson-spengler-glock-2019-dtm-season/ 2018年12月8日閲覧。 
  7. ^ a b Khorounzhiy, Valentin (2019年1月17日). “Rookie van der Linde completes BMW's DTM roster”. motorsport.com. https://www.motorsport.com/dtm/news/van-der-linde-bmw-farfus/4325383/ 2019年1月17日閲覧。 
  8. ^ Villemant, Thibaut (2019年2月19日). “Ferdinand Habsburg sur Aston Martin en DTM (Ferdinand Habsburg on Aston Martin in DTM)”. AUTOhebdo.fr. 2019年2月19日閲覧。
  9. ^ a b “Two joint DTM and Super GT races confirmed for 2019”. touringcartimes.com. (2019年3月29日). https://www.touringcartimes.com/2019/03/29/two-joint-dtm-super-gt-races-confirmed-2019/ 2019年3月29日閲覧。 
  10. ^ “SUPER GT: Who’s who at Hockenheim?”. Deutsche Tourenwagen Masters. (2019年9月25日). https://www.dtm.com/en/news/super-gt-who-s-who-hockenheim-2019-09-25.html 2019年10月2日閲覧。 
  11. ^ R-Motorsport Aston Martin to replace Mercedes in the DTM”. 2018年10月11日閲覧。
  12. ^ Aston Martin joining DTM in 2019”. 2018年10月11日閲覧。
  13. ^ “WRT becomes Audi customer team in the DTM”. Deutsche Tourenwagen Masters. (2018年10月12日). オリジナルの2018年10月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181012214531/https://www.dtm.com/en/news/wrt-becomes-audi-customer-team-dtm-2018-10-12.html 2018年10月12日閲覧。 
  14. ^ Hyundai confirm Tarquini, Michelisz, Catsburg and Farfus for 2019”. TouringCarTimes (2018年12月3日). 2018年12月3日閲覧。
  15. ^ Dagys, John. “Farfus Quits DTM; Shifts Focus to GT Racing”. sportscar365.com. 2019年1月6日閲覧。
  16. ^ Simmons, Marcus (2019年5月8日). “MotoGP star Dovizioso to make DTM debut with Audi”. Motorsport Network. 2019年5月8日閲覧。
  17. ^ Herrero, Dan (2018年6月24日). “DTM, Super GT seal move to Class 1 regulations”. Speedcafe. https://www.speedcafe.com/2018/06/24/dtm-super-gt-seal-move-to-class-1-regulations/ 2018年6月24日閲覧。 
  18. ^ Khorounzhiy, Valentin (2019年1月12日). “DTM abandons night-race format at Misano round for 2019”. autosport.com (Autosport). https://www.autosport.com/dtm/news/140978/dtm-abandons-nightrace-format-at-misano 2019年1月12日閲覧。 
  19. ^ Adam, Mitchell (2016年1月20日). “DTM delays new engines and Class One rules to 2019”. Autosport. 2016年1月20日閲覧。
  20. ^ Errington, Tom (2019年1月16日). “DTM adopts IndyCar-style push-to-pass for 2019”. motorsport.com. motorsport.com. 2019年1月16日閲覧。
  21. ^ a b c Klein, Jamie (2019年4月27日). “DTM reverts to fixed lap distances for 2019”. motorsport.com. motorsport.com. 2019年4月27日閲覧。
  22. ^ Errington, Tom; Haidinger, Sven (2019年5月20日). “Aston stripped of Zolder manufacturers' points after breach”. Motorsport.com (Motorsport Network). https://www.motorsport.com/dtm/news/aston-stripped-zolder-manufacturers-points/4392685/ 2019年8月18日閲覧。 

外部リンク編集