メインメニューを開く

MBSニュース』(エムビーエスニュース)は、毎日放送 (MBS) のラジオテレビで放送されるニュース番組のタイトル。テレビでは2011年11月から、『MBS NEWS』のタイトルで放送している。

目次

ラジオ編集

1951年9月1日新日本放送 (NJB) として開局した当初から、毎日新聞社の協力による『毎日新聞ニュース』のタイトルで放送されてきた。1974年にニュース編集権が毎日新聞からMBSへ移管されたのに合わせて『毎日ニュース』に改題したが、1999年[いつ?]にタイトルを『MBSニュース』に改めた。MBSラジオのニュースは、共同通信社、毎日新聞、JNN、JRNからの配信と、MBS報道局が取材したニュースを伝えている。

生ワイド番組の内包ニュースとして放送される場合は、ニュースの合間に、番組の出演者と担当のアナウンサーでクロストークを展開することがある。『それゆけ!』金曜日のパーソナリティをやしきたかじんが務めていた時期には、12時過ぎの『毎日ニュース』で、たかじんと平松邦夫(当時の担当アナウンサー、後の大阪市長)のやり取りをはさんで40分以上も時間を費やしたこともあった。また、2005 - 2013年度の『ノムラでノムラだ♪ EXトラ!』内包分でも、緊急時を除いて同様の掛け合いが放送されていた(当初は16時台 → 後期は17時台)。現在では、『子守康範 朝からてんコモリ!』内で平日5時台に放送されるニュースを馬野雅行が担当する場合に、メインパーソナリティの子守康範(元MBSアナウンサー)との間で共通の関心事(主に鉄道関連)についてのクロストークを展開することがある。その一方で、『松井愛のすこ〜し愛して』内で放送する平日12時台のニュースでは、放送直前に『ひるおび! JNNニュース』(TBSテレビ制作の全国ニュース)で使われたJNN系列各局記者のリポート音源を随時挿入している[1]

平日の放送では、一部の曜日・時間帯にスポンサーが付いている。土曜日については、ここ10年ほど[いつ?]固定スポンサー(不二食品)が定着している。いずれの場合も、本編終了後のCM明けに提供クレジット(「〜がお送りしました」、いわゆる「後クレ」)を入れないことが特徴になっている[2]。また、平日12時台(詳細前述)・17時台(「ネットワークTODAY」というタイトルで『上泉雄一のええなぁ!』平日夕方版に内包)のニュースについては、放送で伝えた項目の概要を放送後にMBSラジオの公式サイトに文字で表示[3]。かつては、放送後にCMと提供クレジットを削除したうえで、公式サイトから音源を配信していた[4]

プロ野球シーズン中の土曜日に『MBSベースボールパーク』としてプロ野球の試合を中継する場合には、中継のカードや時間帯を問わず、5回裏の終了後に1 - 2項目のストレートニュースを放送。選抜高校野球大会の全試合完全中継を実施していた時期(2008年度まで、3月下旬 - 4月上旬)には、前の試合と次の試合の合間にニュースを放送していた。

なお、5分枠の単独番組として『MBSニュース』を放送する場合には、担当のアナウンサーがストレートニュースを伝えた後にスポットCM・タイトルコールをはさんで天気予報(放送上のタイトルは「お天気のお知らせ」)の原稿も読む。1990年代の一時期には、日曜深夜の最終番組になっていたため、当番組で「お天気のお知らせ」を伝えた直後にラジオのクロージングを流していた。

テレビ編集

関西のローカルニュース番組のタイトル。日本教育テレビ (NET) とニュースネットワークを組んでいた1960年4月から1970年3月までは、全国ニュースのタイトルを差し替える場合にも使われていた。

歴史編集

1959年の開局当時から、『毎日新聞ニュース』(ラジオ東京(現在のTBSテレビ)からの裏送り)を除くMBSテレビの全ニュース番組を『MBSニュース』のタイトルで放送していた。1960年4月に当時のキー局・NET(現在のテレビ朝日)とニュースネットワークを組んでからは、同局発の『NETニュース 朝日新聞制作』のタイトルを『MBSニュース』と差し替えて放送した。1970年1月にNET系のニュースネットワーク・ANNが発足したが、同年3月までは引き続きネットワークニュースのタイトルも『MBSニュース』のまま(この場合、『ANNニュース』としてネットした場合であれば画面右下に「ANN」のロゴが入った)で放送した。以降はローカルニュースとスポットニュース扱いのネットワークニュースのタイトルとして存続(後者は右下に「ANN」が入った)。新聞社との資本連携の明確化を目的としたネットチェンジ(1975年3月31日)以降は全国ネットのスポットニュースが『JNNフラッシュニュース』となったことから完全にローカルニュースのみとなり、現在へ至る。

MBSテレビはネットチェンジを機に、朝日放送に替わってJNNTBS系のニュースネットワーク)に加盟した。同系列のテレビ局が徳島県福井県に存在しないことから、(「JNN NEWS」として放送される全国ニュースを含めて)徳島県全域と福井県嶺南地方のニュースも取材・報道している(徳島県の県域放送局は四国放送 (JRT)、NHK徳島FM徳島のみ。福井県の県域放送局は福井放送 (FBC)、福井テレビ (FTB)、NHK福井FM福井のみ。読売テレビ (YTV)、NHK以外の在阪局は徳島県のニュースも読売テレビ、関西テレビ (KTV)、NHK以外の在阪局は福井嶺南のニュースも各々取材・報道)。

なお、ネットチェンジの1年前(1974年4月)からは、板倉俊彦(当時・MBSアナウンサー)を皮切りに担当アナウンサーの顔出し出演を開始(板倉俊彦#エピソードで詳述)。ニューススタジオは、毎日放送本社の移転(1993年)などで複数回の変遷を経て、2015年10月から担当アナウンサー席の横に放送用の大型モニターを設置している。

放送時間の変遷編集

平日昼間の放送は、2005年3月25日まで14:50 - 14:55に放送されていたが、同年4月11日からローカル情報番組『っちゅ〜ねん!』のワンコーナーとして内包されるために終了し、このタイトルでの放送が深夜のみになった。その後、同年10月3日から『っちゅ〜ねん!』に内包されていたニュースの枠を14:55から半年ぶりに単独番組として放送、平日昼間と深夜に同じタイトルでの放送が復活した。しかし、2006年4月10日から『ちちんぷいぷい』が14時スタートになるため、番組内で『ぷいぷいニュース』として放送される。これにより、平日は再び深夜だけの単独番組となる。祝日昼間に単独番組として放送する場合もある。

さらに2005年10月8日から、『MBSニュース&天気』に替わって土曜日の夕方にも放送が開始されたが、2008年4月5日より『報道特集NEXT』に内包され単独番組としては終了した。深夜の放送も2009年3月30日より『NEWS23』にローカルニュース枠が設置されたため、金曜日のみ『NEWS23』を途中飛び降りして単独番組として放送されていた。2010年3月29日から『NEWS23』の後番組として放送されている『NEWS23X』にはローカル枠が設定されない都合上、同日からは月 - 木曜日のローカルニュースも単独番組に戻った。2011年のセンバツからの大会期間中は、放送時間はそのままで、新聞やEPG番組表では「MBSニュース」のタイトルは出さず、センバツのダイジェスト番組『みんなの甲子園』に内包扱いとして放送されている。

2014年3月31日から『NEWS23』(月 - 木曜日)にローカルニュース枠が再び設定されたため、単独番組としては金曜日深夜(土曜日未明)の同番組の直後(0:15 - 0:20)にのみ編成している。その一方で2015年4月からは、長らく『毎日新聞テレビ夕刊』として放送されていた日曜夕方のローカルニュース(編成上は『Nスタ』の関西ローカルパート扱い)のタイトルも「MBS NEWS」に統一している。

現在の放送時間編集

2018年4月2日以降の編成が基準で、ローカルニュースに続いて気象情報を伝える。

単独番組としての放送枠編集

※時刻表記はすべて日本時間

土曜日(金曜日深夜)
  • 0:15 - 0:20

平日については、年末年始や国際的なスポーツ中継に伴う特別編成で『ミント!(夕方のローカル報道ワイド番組)』を放送できない場合に、代替措置として『MBSニュース』を5分 - 15分間の単独番組扱いで編成する場合がある[5]

平成」に代わる元号の発表が予定されていた2019年4月1日(月曜日)には、9:55 - 12:55に『JNN報道特別番組「まもなく新元号発表!」歴史的瞬間いまなにが?なぜその元号に』(TBSテレビ制作)を同時ネットで放送したことに伴って、12:55 - 13:00に『MBSニュース』を単独番組扱いで放送[6]。新しい元号が「令和」に決まったことを、河田直也(毎日放送アナウンサー)が伝えた。

『JNN NEWS』差し替え枠編集
月曜日 - 金曜日
月曜日 - 木曜日
  • 23:50頃(『NEWS23』内)※TBSと同じ『NEWS23』用のテロップを使用。
月曜日
  • 0:46頃(『S☆1』内、日曜日深夜)
土曜日
  • 6:24頃
  • 11:54頃(『せやねん!』内)
  • 17:43頃(『報道特集』内)※TBSと同じ『報道特集』用のテロップを使用。
日曜日
  • 0:56頃(『S☆1』内、土曜日深夜)
  • 6:54頃
  • 11:35頃
  • 17:45頃(『Nスタ』内)※TBSと同じ『Nスタ』用のテロップを使用。

担当アナウンサー編集

  • 毎日放送では、他の民放テレビ・ラジオ兼営局やNHKと同じく、基本としてアナウンサー全員がニュースを持ち回りで担当。スポーツアナウンサーがプロ野球シーズン中にニュースを担当したり、テレビ・ラジオの生ワイド番組でメインパーソナリティを務めるアナウンサーが、当該番組の前後の時間帯のニュースを読んだりすることもある。ただし実際には、レギュラー番組・生中継・イベントへの出演や取材などとの兼ね合いで、アナウンサーが担当する頻度に差がある。
    • 2019年の4月以降を例に取れば、MBSラジオで平日帯ワイド番組のメインパーソナリティを務める上泉雄一松井愛[7]、『ミント!』メインキャスターの大吉洋平、同番組ニュースキャスターの西靖が、テレビ・ラジオとも定時ニュースを担当していない。
      • 定年を過ぎても「シニアスタッフ」(嘱託契約扱いのアナウンサー)として勤務するアナウンサーについては、ラジオ局のラジオ制作センターで競馬・ゴルフ・高校野球中継へ専念している美藤啓文(2016年9月定年)がニュースの担当から外れているのに対して、定年後もアナウンス室へ勤務する柏木宏之(2018年2月定年)・赤木誠(同年10月定年)は、テレビ・ラジオとも定時ニュースの担当を継続している。
      • 一部の曜日では、以下のように、特定のアナウンサーが泊まり勤務で深夜~早朝5・6時台の定時ニュースを担当することが多い。

テレビ編集

  • 『ちちんぷいぷい』メインパーソナリティ(総合司会)の1人であった西靖が、2015年度から『VOICE』のメインキャスターも兼務。両番組の間で人材の交流・報道素材の共用・取材テーマや特集企画の共通化が進んでいることを背景に、前年度まで複数のアナウンサー(加藤康裕千葉猛来栖正之・上田崇順・井上雅雄など)が日替わりで担当していた『ちちんぷいぷい』内のニュースを、西が全曜日を通じて担うようになった。なお、西は『VOICE』メインキャスターとしての活動を優先させるべく、2016年4月でメインパーソナリティを勇退。勇退後の『ちちんぷいぷい』では、基本として、ニュースコーナーの「Today's VOICE」にニュースキャスターとして出演するだけにとどめていた。2019年4月からは、『VOICE』の終了や『ちちんぷいぷい』内のニュースコーナーの廃止を背景に、『ミント!』ニュースキャスターとしての活動へ事実上専念。
  • 土曜日夕方のローカルニュース・気象情報(『報道特集』内で放送)では、2018年4月から、主に柏木か上田崇順がキャスターを務める。

ラジオ編集

  • 一部の時間帯でフリーアナウンサーが定時ニュースを担当する他の在阪民放ラジオ局と違って、自社で制作する定時ニュースを、(シニアスタッフの柏木・赤木を含む)毎日放送の現役アナウンサーだけで賄う。
  • ラジオニュースで使用するスタジオ(毎日放送本社M館内のδスタジオ)については、2018年9月まで、放送上「報道スタジオ」(または「ニューススタジオ」)と称していた。同年10月からは、「報道フロア」という呼称に改めている。
  • 平日に『MBSニュース』を放送する場合には、前日深夜から泊まり勤務のアナウンサーが、午前5時台のニュース(『子守康範 朝からてんコモリ! 5時ですよ〜』内)まで担当(緊急時を除く)。月曜以外の曜日には、6時台のニュース(『子守康範 朝からてんコモリ!』)から、別のアナウンサーに交代する。かつては、アナウンサーを交代する場合に、同番組のパーソナリティ・子守康範(元・MBSアナウンサー)が6時台に「『MBSニュース』、この時間から担当は〜アナウンサーです」と言っていた。
    • 火 - 金曜日の6時台にニュースを読むアナウンサーは、基本として7時台(『 - てんコモリ!』への内包分)および9時台・10時台(『ありがとう浜村淳です』への内包分)も担当。曜日やアナウンサーによっては、11時台(『松井愛のすこ〜し愛して♥』への内包分)のニュースまで読むこともある。2016年度までは月曜日にも同じ体制を取っていたが、2017年度以降は、前日からの泊まり勤務のアナウンサーが7時台まで担当している。
    • 水 - 金曜日の未明(午前2 - 4時台)に生放送の『あどりぶラヂオ』でアナウンサーがパーソナリティを務める場合には、そのアナウンサーが、本番終了後に午前6時台のニュースを担当することがある。
  • 上泉雄一のええなぁ!』(平日夕方の生ワイド番組)では、16時台のニュースと17時台の『ネットワークTODAY』(企画ネット形式のニュース)を上泉以外のアナウンサーが1人で読むことが多い。
    • 『ネットワークTODAY』の月 - 木曜日分については、2013年度まで曜日ごとに担当のアナウンサーを「キャスター」という肩書で固定。アナウンサーとして2006年7月に定年を迎えてから、MBSとの間で2009年7月まで専属パーソナリティ契約を結んでいた松井昭憲は、契約期間中に「キャスター」という肩書で月 - 木曜日に『ネットワークTODAY』と12時台のニュースを担当していた。
    • 月曜日には、ラジオ報道部が制作する生放送の報道番組(2018年4月以降は『ニュースなラヂオ』)を夜間に編成することから、同番組のレギュラーアナウンサー(上田崇順か福本)が主に16時台のニュースと『ネットワークTODAY』を1人で担当することが多い。また、上記のアナウンサーは、『ニュースなラヂオ』の中で月曜最終版のラジオニュースと「お天気のお知らせ」を伝える。
  • 2018年3月までは、土曜日に『しあわせの五・七・五』(5時台の川柳番組)のパーソナリティを務める水野晶子(同年12月31日付で定年退職)が、金曜深夜からの泊まり勤務扱いで、同番組の生放送に続いて6時台・7時台のニュース(2016年度以降は『かめばかむほど亀井希生です!』に内包)へ出演していた。2018年4月以降は、水野が生放送番組や報道番組から勇退したことや、『しあわせの五・七・五』が生放送番組から収録番組へ移行したことから、当該時間帯のニュースを主に千葉か福本が担当する。
    • 『かめばかむほど亀井希生です!』のメインパーソナリティ・亀井希生も現役のアナウンサーであることから、土曜日には、同番組の終了後にテレビの定時ニュース(11時台『JNNニュース』内のローカルニュース・気象情報)を担当する機会が多い。
  • ナイターオフ期間には例年、火 - 金曜日の夜間に自社制作の生ワイド番組を編成する関係で、当該時間帯のニュースを担当するアナウンサーを曜日ごとに固定させている。2017年度以降は、火 - 金曜日の19:00頃(『MBSヨル隊』に内包)と火 - 木曜日の21:15頃(『次は〜新福島!』シリーズに内包)に放送されるニュースを、以下のアナウンサーが担当。『次は〜新福島!』内では、主なニュースの背景も解説している。
    • 火曜日:上田崇順(2017年度)→ 柏木宏之・加藤康裕[8](2018年度、隔週交代で担当)
    • 水曜日:柏木宏之(2017年度)→ 上田崇順(2018年度)
    • 木曜日:千葉猛
    • 金曜日:福本晋悟(土曜早朝までの泊まり勤務の一環で担当)
  • 2019年3月までは、日曜日の21:55 - 22:00に、「お天気のお知らせ」とセットで(編成上)1週間の最終定時ニュース枠を設定。プロ野球のナイトゲーム中継を当該時間帯以降に延長した場合でも、放送枠のスライドによって中継の終了後に放送していた。同年4月改編からこの放送枠が廃止されたため、プロ野球シーズン中は、『MBSベースボールパーク』のナイトゲーム中継(中継のない週には『MBSベースボールパーク番外編』)へ内包する方式で19:30前後に定時ニュースの最終版と「お天気のお知らせ」を放送する[9]

脚注編集

  1. ^ HBCラジオ河原多恵子の夕刊ほっかいどう』、TBCラジオ河北新報ニュース』(平日正午分)、TBSラジオジェーン・スー 生活は踊る』(平日11:53の放送分の『TBSニュース』)、RKBラジオRKBラジオニュース』(平日正午分)、TBSラジオ制作・JRN系列局向けの『ネットワークTODAY』(企画ネット形式で本編を独自に制作するMBS・和歌山放送では未放送)でも実施。
  2. ^ ただし、例外として『 - てんこモリ!』内の7:00過ぎのニュースは『お早うネットワーク』の企画ネット扱いとなっているため、スポンサーが付く日は後クレが入る(スポンサーが付かない日でも、本編後のCM明けに子守が「MBSニュースをお伝えしました」と言って締める場合がある)。
  3. ^ MBS RadioNews
  4. ^ 金曜日の放送分以外は、放送翌日に更新(金曜放送分は月曜日に差し替え)。『ノムラでノムラだ♪ EXトラ!』内で放送していた時期には、17時分の配信音源に前述の掛け合いも収められていた。
  5. ^ 実例として、2017年12月29日は年末特別編成に伴い、当時平日の夕方に関西ローカルで放送されていたワイドニュース番組『VOICE』が休止されたため、18:15 - 18:30に『MBSニュース』として放送された。
  6. ^ 前述したように、通常は平日昼の関西ローカルニュースを、『ひるおび!・午前』内の11:49頃 - 11:55に内包している。
  7. ^ ただし、独立番組としてラジオで放送する場合には、松井の声でタイトルコールとアナウンスを吹き込んだ音源をオープニングで流す。
  8. ^ 担当期間終了後の2019年4月に、毎日放送を早期定年退職。
  9. ^ 『MBSニュース』は日曜深夜~月曜早朝の宿直勤務に就くアナウンサー、「お天気のお知らせ」はフリーアナウンサー市川いずみ(週末のプロ野球中継のスタジオアシタント兼『ベースボールパーク番外編』アシスタント)が担当。

関連項目編集

外部リンク編集