たこ 八郎(たこ はちろう、1940年〈昭和15年〉11月23日 - 1985年〈昭和60年〉7月24日)は、日本プロボクサーコメディアン俳優活動では太古 八郎名義を使用したこともある。

たこ 八郎
本名 斎藤 清作
ニックネーム たこちゃん
生年月日 1940年11月23日
没年月日 (1985-07-24) 1985年7月24日(44歳没)
出身地 日本の旗 日本
宮城県仙台市宮城野区新田
言語 日本語
方言 標準語
最終学歴 仙台育英学園高等学校
師匠 由利徹
出身 舞台
芸風 軽演劇コント
活動時期 1965年 - 1985年
過去の代表番組ムー一族
今夜は最高!
笑っていいとも!
他の活動 俳優、元プロボクサー
テンプレートを表示
斎藤 清作
(たこ 八郎)
基本情報
本名 斎藤 清作(さいとう せいさく)
通称 河童の清作
階級 フライ級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 1940年11月23日
出身地 宮城県仙台市宮城野区
死没日 (1985-07-24) 1985年7月24日(44歳没)
プロボクシング戦績
総試合数 43
勝ち 34
KO勝ち 11
敗け 8
引き分け 1
テンプレートを表示

プロボクサーとして日本フライ級王座を獲得しており、ボクサー現役時代は「河童の清作」の愛称が使われた。座右の銘は「迷惑かけてありがとう」。

本名:斎藤 清作(さいとう せいさく)。宮城県仙台市宮城野区新田出身。

プロフィール編集

生い立ち編集

仙台市内の農家に8人兄弟の次男として生まれる。少年時代に友達とどろんこの投げ合い遊びをしていて、泥が左眼に当たったことが原因で左眼の視力をほとんど失う。すぐに病院に行き治療すれば失明はしなかったと言われたが、少年時代は裕福な家庭ではなかったため、病院に行けば親に迷惑がかかると思い黙っていたと後に語っている。

ボクサー編集

仙台育英学園高等学校在学中ボクシング部に入部(1年の時、野球部引退した3年の芳賀勝男が練習に参加していた)、2年生時には宮城県大会で優勝している。その後上京し、様々な職を転々とした後、笹崎ボクシングジムに入門。左目の障害を隠し、視力表を丸暗記してプロテストに合格[1]プロボクサーとしてデビューした。

同ジム同期にはファイティング原田がいたが、フライ級の東日本新人王戦の準決勝で原田との同門対決となったため、対戦を辞退している。この辞退に関して、たこの没後、原田は「他の人の前で何と言ったかは知らない。しかし自分の前では、ただの一度も恨み言は言わなかった」と語っている。

1962年、第13代日本フライ級チャンピオンとなった。髪型を河童のように刈り込んだことから『河童の清作』と呼ばれた。また、ノーガードで相手に打たせて相手が疲れたところでラッシュをかける戦術で、漫画あしたのジョー』の主人公、矢吹丈のモデルになったとも言われている[1]

左眼が見えないハンデを相手に悟られないように、相手のパンチをかわさず打たれ続け、さらに挑発的な言葉を相手に投げかけ、相手が打ち疲れ戦意を喪失した後に反撃するファイトスタイルを用いた。原田は「どんなに打たれても倒れず、耳元で『効いてない効いてない』とささやき続けた。対戦相手にとってはそれが本当に怖かった」と語っている。しかし、受けた頭部へのダメージによりパンチドランカーとなり引退した[1]

  • 1960年9月、プロデビュー。
  • 1960年11月、ノンタイトル4回戦。後の東洋王者青木勝利と引き分け。
  • 1962年6月、ノンタイトル8回戦。後の東洋王者中村剛に判定勝ち。
  • 1962年12月28日、日本フライ級王座に挑戦。野口恭に10回判定勝ちで王座獲得。以後2回防衛。
  • 1963年2月19日、後の世界フライ級王者、チャチャイ・ラエムファバーに8回TKO負け。キャリア唯一のTKO負けだが、一度もダウンは奪われていない。
  • 1963年8月22日、高山勝義にノンタイトルで10回判定負け
  • 1964年4月2日、日本王座3度目の防衛戦。10回判定で敗れ王座陥落し、現役引退。

最終戦績34勝(11KO)8敗1分(後のレギュラー出演ドラマ「ムー一族」内では「元全日本フライ級チャンピオン 41戦32勝(10KO)8敗1分」と紹介されていた)

甥の斉藤清人もプロボクサーで、1992年全日本新人王決定戦フェザー級を制している。

コメディアン・俳優編集

引退後、同じ宮城県出身ということでコメディアン由利徹に弟子入りし、「たこ八郎」として芸能界デビューする[1]。由利は弟子にするつもりはなく、ボクサー時代に弟子入りを希望してきた斎藤に、断る口実として「ボクシングでチャンピオンになったら弟子にする」という条件を出し、その時には王者になるとは思ってもいなかったが、実際に日本王者になり、それならと弟子入りを認めたという。

芸名は自宅近くの行き付けの居酒屋「たこきゅう」から採った。いつも酩酊状態のようにテレビに登場し、「たっこでーす」という決まりの台詞と、コミカルな風貌でお茶の間の人気者になり、映画にも出演している。金粉を全身に塗って走ったこともある(結局、途中で呼吸困難になってリタイア)[1]

当初は師匠の由利宅に住み込みだったが、パンチドランカーの症状が残っており、台詞覚えが悪く、寝小便も度々あったため本人がそれを気にし、その後は友人宅を泊まり歩いた。受け入れた友人たちも「迷惑かけてありがとう」という彼の素朴で温厚な人柄に触れ、邪険に扱うことはなかった。また、毎晩のように飲み屋で過ごしていたが、請求が来ることはなかったという[1]。ある夜飲み屋で客と喧嘩になり右耳を噛まれて右耳の三分の一を欠損した[1]

その芸風からプロボクサー時代が想像しにくいが、映画『幸福の黄色いハンカチ』に端役で出演した際には、高倉健との喧嘩シーンで切れのある動きを見せ、かつての片鱗を見せた。共演した武田鉄矢はラジオで「撮影の合間に数人のチンピラに絡まれたことがあるが、たこさんがヌーッと出てきてフッと動いた次の瞬間、チンピラ全員が地面に倒れていた」というエピソードを披露したことがある。

ある日、酔っぱらっていた姿がとある居酒屋の主人の気を損ねたのか、たこはつまみ出されそうになったが、その場に居合わせた立川談志が、「これ河童の清作だよ」と言うと、主人は「うへぇー」と参って、首根っこを掴んでいたたこを思わず離してしまったという。たこの面倒をよく見ていたあき竹城は、飲酒が多いことを心配し、「(お酒ばかり飲んでないで)ちゃんとご飯を食べなきゃダメだよ」などと、彼の世話を良く焼いていた。そのため、「たこの恋人」と言われたこともあったという[1]

また、作家の団鬼六のアシスタントを務めていた時期があったが[2]、アシスタントといっても、事務所の留守番が主な仕事で、食事、掃除、洗濯等の家事全般を引き受けており、団鬼六は著書の中で「或る意味では彼は私にとって欠くべからざる人間であった」[3]と述べている。ただし、大切な将棋盤を酔ってタクシーの中に置き忘れたり、将棋の駒を磨くように言われたところ、石鹸を使って水洗いしてしまい、フニャフニャにしてしまうなど失敗も多く、食事も前日の飲み会の残飯などを入れて煮込んだだけの「ちゃんこ鍋」という名のごった煮が多かったという。

たこを座長に据えた喜劇一座をプロデュースしたのも団鬼六であった[4]。主にポルノ映画館で映画の前座として公演し、好評を博したが、ポルノ映画が前座に芝居などの公演を行うことを廃止したため、たこの喜劇一座も解散した。

晩年のころになると新宿区富久町に移り、長く住んだ。

突然の死編集

テレビ出演で人気を獲得していた1985年7月24日の午前10時20分頃、たこは神奈川県足柄下郡真鶴町岩海水浴場飲酒した後に海水浴をし、心臓マヒにより急死した。訃報は、たこが当時レギュラー出演していた『笑っていいとも!』の放送中、タモリによって全国に伝えられた。

葬儀・告別式の葬儀委員長は中部日本放送CBCテレビ)制作のトーク番組で共演した際に、たこから「もし、俺が死んだら葬儀委員長をやってほしい」と冗談交じりに話をした、師匠の由利とも親交が深い漫画家赤塚不二夫が務めた。新聞には「たこ、海で溺死」と見出しを書かれ、弔問に訪れたタモリも「たこが海で死んだ。何にも悲しいことはない」と、たこの死を悼んだ[1]。出棺の時、赤塚はたこの額を叩き「この野郎、逝きやがったな」と泣き笑いをしていたという。

葬儀終了後、師匠である由利が「たこヤロウが好きだった三本締めを…」とあいさつし、由利の先導による参列者の三本締めによって霊柩車は式場を後にした。後年、赤塚は週刊プレイボーイにて「現代の妖精だったね。たこは」とたこを追悼するコメントを残している。

アルバム『海静か、魂は病み』にコーラス(叫び声)で参加するなど親交があった友川かずきは、たこに捧げた曲「彼が居た - そうだ!たこ八郎がいた」を含む追悼アルバム『無残の美』をリリースした。

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

バラエティ編集

CM編集

音楽編集

  • たこでーす。(作詞:くのたかし、作曲・編曲:久石譲

書籍編集

  • たこでーす。〜オレが主役でいいのかなぁー〜(たこ八郎 著、アス出版:ISBN 4900402036
  • 天の誰かが好いていた(笹倉明 著、集英社 1984年 ISBN 4087750485)(たこ八郎をモデルにした小説)
  • 昭和のチャンプ たこ八郎物語(笹倉明 著、葦書房 1989年 ISBN 4-7512-0736-9)(たこ八郎の生涯を綴ったノンフィクション小説、上記に加筆し改題したもの)

たこ八郎をモデルにしたドラマ編集

迷惑かけてありがとう
NHKの『銀河テレビ小説1984年6月4日6月29日、20回連続で放送。たこをモデルとした「佐々木金助」役は柄本明
昭和のチャンプ〜たこ八郎物語〜
1990年2月、TBS系の『月曜ドラマスペシャル』で放映。
たこ役は片岡鶴太郎(元プロボクサー)、ファイティング原田役は渡嘉敷勝男(元WBA世界ジュニアフライ級王者)。片岡はフジテレビ系『オレたちひょうきん族』でたこのものまねをやっていたが、ドラマはシリアスな作りで、片岡もお笑い芸人ではなく俳優として演じている。ドラマの最後はスタッフロールの後に三本締めが入っている。

たこ(八郎)地蔵編集

東京都台東区下谷2丁目にある下谷法昌寺に、『たこ(八郎)地蔵』が置かれている。1985年に建てられたこの地蔵は、たこのトレードマークだった髪型と、酒場での喧嘩で拳を使わずかじり取られたとされる右耳を象っている[5]

人気絶頂のうちに突然他界した、たこの霊を慰めようと、1985年秋、由利徹、赤塚不二夫、映画監督山本晋也らが発起人となって建てられた[5]。たこの墓は故郷の宮城県にあるものの、赤塚らが「東京でもお参りする所があったらいい」との提案から建てられた。

胴体の部分には、たこの遺筆による座右の銘「めいわくかけて ありがとう たこ八郎」と刻まれている[5]

資料編集

  1. ^ a b c d e f g h i タモリに愛された伝説のコメディアン・たこ八郎さんが残したもの〈dot.〉”. AERA dot. (2019年7月24日). 2019年11月30日閲覧。
  2. ^ 団鬼六『自伝エッセイ 死んでたまるか』(講談社ISBN 978-4-06-216552-5
  3. ^ 同書 p.132
  4. ^ 同書 p.122-138
  5. ^ a b c 法昌寺 〔日照山〕

関連項目編集