メインメニューを開く

西川 のりお(にしかわ のりお、1951年5月12日 - )は、日本漫才師である。本名、北村 紀夫(きたむら のりお)。吉本興業所属。茨城県坂東市ねぎ大使でもある。愛称は「のりやん」。奈良県吉野郡川上村生まれの大阪府大阪市都島区育ち。

西川 のりお
Norio Nishikawa IMG 4539 20140203.JPG
大阪成田山での豆まきで
(2014年2月3日)
本名 北村 紀夫
生年月日 (1951-05-12) 1951年5月12日(68歳)
出身地 奈良県吉野郡川上村
言語 日本語
方言 大阪弁
師匠 西川きよし
コンビ名 西川のりお・上方よしお
相方 上方よしお
芸風 漫才
立ち位置
事務所 吉本興業
配偶者 既婚
受賞歴
第20回読売ヒューマンドキュメンタリー大賞 優秀賞
テンプレートを表示

来歴編集

大阪市立桜宮中学校大阪工業大学高等学校(現・常翔学園高等学校)機械工学科卒業。高校時代は応援団員として活躍し、大きな独特のダミ声はその時から磨いていた。

高校卒業前に西川きよしに入門。入門の契機は同級生と花月劇場に横山やすし・西川きよしを見に行った際、野次ったところ、きよしから「後で楽屋に来い」といじられたことにある。その後もきよしの楽屋をしばしば訪れていたが、このアマチュア時代のきよしとのりおの関係は、どちらかといえば友達みたいな付き合いだったと、のりおは回顧している。一方、本格的に弟子入りした後は、非常に厳しい内弟子修行を行っている(後述)。

こうしたアマチュア時代から毎日放送ラジオヤングタウン」のオーディションを受け、頭角を現していた。

きよしの内弟子となり、同級生と淀公一(のりお)・公二という名の漫才コンビを結成し、ケーエープロダクション所属の漫才コンビとして梅田トップホットシアターでデビュー。その後相方の脱退で1970年11月、「横中バック・ケース」を結成。横中バックとして売れない下積み時代を過ごす(名前の由来は横山エンタツ花菱アチャコ<横>中田ダイマル・ラケット<中>を足して屋号にした)。その後、再度淀公一として北京二とコンビを結成。また厳しい師匠のきよしに耐えきれず実家に逃げ込んだことがあり、1年ほどきよしのもとを離れていたが、両親に説得され戻っている。

横中バック・ケース時代の破天荒な高座は伝説となっており、初代B&Bの団順一(放送作家の萩原芳樹)や太平サブロー・シローらは、「それは凄い芸やった」と回想している。出だしに自作のアカペラソング「漫才は楽しいな」を披露。本筋では相方のケースを舞台から放り投げたり、緞帳にぶら下がってはそれを引きずり下ろす。また、センターマイクにかじり付いてフードを噛み破り、「そんなことしたら感電するで」とたしなめる相方に対して「俺はもうしびれてるんじゃ!」と叫びやり返す。クイズネタでは無茶苦茶な質問を相方にふっかけた後、困惑した相方が「なんの関係があるんや」と返答すると、「その答えを待ってたんや!」と相方の両頬に往復ビンタをぶちかますなどして、新開地にあった神戸松竹座や、新世界新花月の劇場関係者を困らせていた。しかも、観客の受けは悪く、舞台袖から観ている芸人仲間達の方が楽しんでいた。

1975年1月、元B&B上方よしお(当時の芸名は上方真一)と西川のりお・上方よしおを結成。やす・きよ、ザ・ぼんち島田紳助・松本竜介らとともに1980年代前半の漫才ブームの地位を築いた。松本竜介(晩年は竜助)の「竜介」という芸名は自分(のりお)が考えたと2006年4月2日の竜助の通夜の席で話している。

その後『オレたちひょうきん族』にレギュラー出演し、ぼんちおさむと共に独特の暴走キャラでひょうきん族になくてはならない存在となる。主に「ツッタカ坊や」「つくつくほーし」「西川のりおとフラワーダンシングチーム(コント赤信号ヒップアップのメンバーと共に。後に彼らによるオリジナルソングまで作られた(フラワールームより愛を込めて))」「オバQ(テレビゲームのりおとにらめっこ)」などが代表的なギャグ。ひょうきんベストテン(ザ・ベストテンパロディ)では沢田研二役を演じることが多かった。

2004年6月27日に全国有数のねぎの産地でもある茨城県坂東市(当時の岩井市)からねぎ大使に任命される。

2005年1月24日、吉本の後輩で新聞詠み(しんもんよみ)河内音頭家元の河内家菊水丸と共に、東京渋谷NHK放送センター前の路上でゲリラライブを行い、海老沢勝二NHK会長(当時)を痛烈に批判する『怒りの河内音頭』を披露した。

2015年5月16日、税金の無駄遣いを解消する大阪都構想に対して「今、大阪府で5.3兆円、大阪市で2.9兆円、計8兆円以上の借金を抱えています。普通の会社だったらとっくに倒産してますよ。その原因である“二重行政”をなくせば、税金の無駄遣いが減るのは明らか。変えなければ今のまま。借金は増えつづけ、府民税、市民税がさらに上がる。そんなんいいわけないでしょ?」「橋下さんが主張しているように、大阪府と大阪市の二重行政がこのまま続けば、大阪は間違いなく衰退していきます」と主張した。また、大阪維新の会橋下徹に対して「都構想が決まれば、大阪市解体まで市長をやり、その後“大阪都知事”を3期ぐらいはやらんとダメ。」という希望を述べた[1]

人物編集

若い頃は場の空気をうまく読めずに自滅してしまうことが多く、芸人仲間やファンを泣かせた。横山やすしがそうであったように、芸人としてのキャラクターがそのまま本人の性格と誤解されがちだが、ラジオレギュラー番組『MBSヤングタウン』の相談コーナー(「のりおの人生大船任せなさい!」)などではテレビとは異なる人柄を見せている。

『オレたちひょうきん族』では彼のキレ芸がエスカレートし過ぎて、収録中にしばしば股間を出していたが、番組放送当時の『フライデー』にその写真が掲載されて、以降はそのような行為を控えるようになった。『EXテレビ大阪』の企画『弟子志願公開審査』でも、いつもののりおと違い非常に厳しい眼で志願者に辛口のコメントを送っている(「僕に就いた所でね、教えられることはそないあらへんで」)ことにも、説得力はあるとされる。弟子修行に関しても、横山やすしやオール巨人ほど厳しくないが、批判されることが少ない。弟子に厳しいのりおもまた、西川きよしの厳しい修行を乗り越えて一人前になった人物である。

西川きよしの参議院議員引退の際、「政治を勉強した上で、ゆくゆくは後継者になりたい」と参院選出馬への意欲をスポーツ新聞[要文献特定詳細情報]で語ったことがある。雑誌「アサヒ芸能」で政治コラム「西川のりおの橋下維新ウォッチング」を連載したこともある。

アニメ『じゃりン子チエ』では、一貫して主人公の一人である竹本テツ役を演じている。西川はテツ役を自身のライフワークであり監督の高畑勲が逝去した際には『人生ナンバーワンの当たり役」としている[2]他、同作品が終了した1997年には「大阪の寅さんのような作品だった」と述べている。アフレコでは演出の高畑勲からの度重なるダメ出しでリテイクを出す事が多かった[3]為にチエ役の中山千夏から『なんでこんな簡単なんができひんねん!』とつっこまれるなど、まるでリアルなテツとチエのやりとりもあったという[4]

弟子編集

直弟子編集

  • 西川小のり吉本興業所属後、松竹芸能へ移籍)
  • のりはじめ(廃業)
  • のりのり(後の松原ボソボソ。廃業し吉野家の店員となる)
  • 西川小ざる(元々は桂きん枝の弟子で落語家時代の芸名は桂きん八。元なにわ突撃隊のメンバー)

付き人編集

2人とも付き人として修業をし、芸を磨いた。

ギャグ編集

  • オーメン!
  • ホーホケキョ!
THE MANZAI』に、のりお・よしおで初出演した際に披露した、いわば出世ギャグである。ガラガラ声のままでこのフレーズを繰り出すのが最大の特徴である(主として「僕小さいころはね、『ウグイス坊や』って呼ばれてたんですわ」といった前振りのあとに)。
  • ツクツクボーシ!
  • パッ! 天下ご免の向こう傷、パッ! 拙者早乙女、パッ! 主水之介!!
  • ばかぁー(フラワーダンサーズの中央で)
  • ツッタカター!(ツッタカ坊や)
  • ラッタッター!
  • 奥さん、1度使ってみませんか?
  • 奥さん、見なはれ見なはれ(体の一部分を指差しながら。「えぇ仕事しまっせぇ」と付け加えることもある)
  • 奥さん、ええ仕事しまっせ
  • のりおちゃん、ポーン!
  • ぼん、ぼんじゃございやせんか!(映画『無法松の一生』の主人公・松五郎の台詞)
  • 冗談は よせっ!
  • 大きなお世話やー!(大きなお世話だー!)
  • 誰が沢田研二やねん!
  • とてもとても
  • ピカチュー
  • ありがとうごぜぇますだ
  • まかせなさい!
元々、若井ぼん・はやとのぼんが使い始めたギャグ。ただし、のりおだけではなく、横山やすし笑福亭鶴光など、当時の上方芸人は好んでこのギャグを用いていた。盗作ではなく、いわば競作である(のりおが高血圧で倒れた時、ぼん・はやとが見つけ救助した。のりおは「ぼん・はやとの兄さんは命の恩人ですねん」と語っている)。
  • ビックリ、クリ、クリ、クリッ、クリー
元々、後輩芸人浜根隆の持ちネタ。ライオンのごきげんよう』に出演した際、唐突に使用。のりおの目論見ではスタジオは引いてしまうはずで、そこで「面白くないでしょ、これ吉本の浜根って芸人のギャグなんですわ」と言って話を膨らますつもりであった。が、司会の小堺一機が大ウケ、すかさず「のりおさん、それ新しいギャグですか?」と畳み掛けられたため、引っ込みがつかなくなり思わず「はい」と答えてしまったもの。オンエア後、浜根に謝罪したところ「どんな形にせよ、自分のギャグが世に出るのは嬉しい」と使用を快諾してくれたので、しばらく継続して使用していた[要出典]。浜根も2002年、このギャグでCM出演を果たしている(チロル栗チョコ)。
  • シャッターバリバリ、シャッターバリバリ、今日はもう閉店でっせ!
80年代中盤の一時期、ラジオ番組などで使用していたギャグ。トーク中に都合の悪いことを聞かれると、両手でシャッターを降ろすジェスチャーをしながら言う。
1988年の東京ドーム開場後、漫才でしばらく行なっていたネタである。「バーン!」で大声を出して客を驚かせる。
  • 特定のフレーズではないが、話を脈絡なく飛ばしながら一人で延々と喋り続け、相方のよしおを翻弄するギャグも得意である。

出演番組編集

現在の出演番組編集

主な過去の出演番組編集

アニメ編集

  • じゃりン子チエ(竹本テツ)
    • じゃりン子チエ 劇場版(竹本テツ)
    • チエちゃん奮戦記 じゃりン子チエ(竹本テツ)

テレビドラマ編集

映画編集

CM編集

映像のかわいいキャラクターとのギャップのある歌声で話題になった。[1]

レコード編集

  • 『ガンバレたこ焼きタイガース』(B面:『北国へ』1982年11月5日、ポリスター
  • 『県別性格判断』(B面:『ここだけの話』1985年、ポリドール

主な著書編集

  • オカン」(第20回読売ヒューマンドキュメンタリー大賞優秀賞、第29回秋田実賞を受賞したエッセイ)
2000年9月3日、讀賣テレビ放送(関西ローカル)でテレビドラマ化。主演は天童よしみ。21.6%(ビデオリサーチ調べ)という高視聴率を記録した。
  • 『まかせなさい―西川のりお主義』双葉社 赤丸 1984
  • 『大きなお世話だ―ソラあんたシャレならんで!』ワニブックス 1985
  • 『大阪・タイガース―おっさん頭の線切れた』データハウス 1985
  • 『ジョーダンはよせ―恐怖の芸能界ワルのり大作戦』ワニブックス、1985
  • 『のりおの事件簿』データハウス、1985
  • 『のりおのゼニはこう貯めるんや!―1千万はすぐ手にできる』羊書房 1988
  • 『西川のりおの銭ゲバの美学―こう貯めるんや,こう使うんや』ベストセラーズ ワニの本 1990
  • 『オレの銭かえせ!!―バブル崩壊西川のりお大爆発』データハウス 1992
  • 『オトンとオカン』東京書籍、2002年
  • 『続・オトンとオカン』東京書籍、2002年 
亡き父と母の思い出を綴った。
  • 『オカン』徳間文庫 2005
  • 『付き人』ロコモーションパブリッシング 2006
  • 『橋下徹はなぜ大阪で独裁政治ができるのか?』ヨシモトブックス 2012
共著
  • 『女はホーホケキョ』上方よしお共著 レオ企画 1981

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 西川のりお師匠語る大阪都構想 女性自身(2015年5月16日付)
  2. ^ 西川のりおが高畑監督悼む当たり役「テツ」作った方”. 日刊スポーツ. 2019年7月7日閲覧。
  3. ^ 1992年のインタビューで当時の苦労話を綴り『感情が入ったなと思ったら、タイミングが合わん。もう一回やったらその反対になるし.....。ホンマに疲れますわ。スタジオに8時間以上もいて、録音が終わったら放心状態やけど、それだけ仕事したなと満足感を感じます」と回想している。のりおによると毎週2本録り且つ未完成の映像にアフレコするという難易度の高さから真夜中までアフレコが終わらない事が少なくなかった為「夜中になんでこんなことしなあかんねん」と泣きそうになったこともあったという(「大阪新聞」1992年6月7日夕刊より)
  4. ^ 当時のアフレコの苦労話も飛び出した『じゃりん子チエTV版』舞台挨拶”. 京都国際映画祭. 2019年7月7日閲覧。

外部リンク編集