朝日放送ラジオ番組一覧

ウィキメディアの一覧記事

朝日放送ラジオ番組一覧(あさひほうそうラジオばんぐみいちらん)では、朝日放送ラジオ(ABCラジオ)の番組について詳細に説明する。

放送中の番組編集

番組内容や出演者、詳細なタイムテーブル等は、当該記事および朝日放送ラジオ公式サイトも参照されたい。おおむね放送開始時刻順に並べている。

全日・早朝 (1:00~5:00)編集

月曜1:05 - 4:35は放送休止(2020年7月01日20時41分現在)。

平日編集

朝 (4:50 - 12:00)編集

昼~夜 (12:00 - 21:00)編集

深夜 (21:00 - 翌1:00)編集

週末編集

土曜日編集

朝 (5:00 - 12:00)編集
昼~夕方 (12:00 - 19:00)編集
夜 (19:00 - 23:00)編集

日曜日編集

朝 (5:00 - 12:00)編集
昼 (12:00 - 18:00)編集
夜~深夜 (18:00 - 翌1:00)編集

毎日・不定期・その他編集

ネット番組編集

※2020年7月01日20時41分現在

TBSラジオ制作編集

文化放送制作編集

ニッポン放送制作編集

その他編集

過去に放送された主な番組編集

※放送開始年代順

1950年代編集

1960年代編集

1970年代編集

1980年代編集

1990年代編集

2000年代編集

2010年代編集

2020年代編集

夏季高校野球期間中の編成編集

2020年を除いて)全国高等学校野球選手権大会が開催される8月上旬以降の2週間は、試合開始時間にもよるが、概ね午前8時~夕方5:55までに予定されている番組が高校野球中継優先の編成となる。

そのため、午前8時をまたぐ早朝の生ワイド番組(2012年度以降は平日『おはようパーソナリティ道上洋三です』、土曜日『サクサク土曜日 中邨雄二です』)については、放送時間を短縮したうえで当日の第1試合開始予定時刻まで放送。以降の生ワイド番組については、雨天中止・中断にならない限り放送を休止する。大会期間中には(中継で実況・インタビュアーを担当するスポーツアナウンサーの中邨を除いて)上記の番組のレギュラー出演者が夏季休暇を取得するため、雨天中止の場合には、「通常と同じパターンでの生放送or大会前に収録した録音放送」、「通常とは異なる出演者が担当して生放送or録音」、「大会期間中にはレギュラー番組の代わりに特別番組を生放送」のいずれかのパターンになる。以前は「通常と同パターンでの録音」か「別の出演者が担当しての生or録音」のいずれかになることが多かった。2011年頃から、雨天中止の場合には「大会期間中にはレギュラー番組の代わりに特別番組を生放送」のパターンで、3部構成を想定した特別番組『サマー・スペシャル』(最大9:00 - 17:00)に差し替え。その一方で、高校野球中継の合間には、休止対象の生ワイド番組のスポットCM(夏休みバージョン)を随時放送している。なお、高校野球が中止、ないしは早く終了し、なおかつプロ野球・阪神タイガースの試合がデーゲームで行われる場合(特に土曜・日曜)には、「サマー・スペシャル」内で『ABCフレッシュアップベースボールスペシャル』を放送する[12]

2008年までの高校野球中継では、テレビのBS朝日スカイ・Aと同じく、基本として当日の最終試合終了までの完全生中継を実施。『ABCフレッシュアップベースボール』枠のナイトゲーム中継は、高校野球の終了後から時間短縮(飛び乗り)で放送された。ただし、高校野球の試合時間が長引いた場合に、試合終盤からの中継や試合終了後のダイジェスト放送(2007年の阪神対中日戦<京セラドーム大阪>が該当)を余儀なくされることがあった。2009年以降は、ナイトゲーム中継枠を最大限に確保する目的で、高校野球中継は試合の進行いかんにかかわらず17:552012年の一部は17:50)で終了。中継終了後の試合の経過・結果は、ナイトゲーム中継枠『ABCフレッシュアップベースボール』(中継枠を設定していない月曜日は生放送のスポーツ情報番組『Monday! SPORTS - JAM』)の中で随時伝える。このため、18時台以降も続く可能性の高い試合(主に第3・第4試合)を中継する場合には、中継へ入る前に「時間まで甲子園球場から高校野球をお送りします」というアナウンスを入れるようになった。

新型コロナウイルスへの感染が拡大している2020年には、日本高等学校野球連盟が春の第92回選抜高等学校野球大会と夏の第102回全国高等学校野球選手権大会を相次いで中止。その一方で、選手権本大会の開催を予定していた期間中(8月10 - 12日および15 - 17日)には、「2020年甲子園高校野球交流試合」(第92回選抜高等学校野球大会への出場が決まっていた32校による招待試合)を甲子園球場で開催する。朝日放送ラジオでは全16試合を1日につき3試合以内で中継する[13]ため、試合開催日に予備日の8月13・14日を含めた8日間のみ、例年の全国高等学校野球選手権本大会期間に準じた編成で対応する予定。

参考文献編集

佐々木正昭「学校の祝祭についての考察 : 学芸会と第2次世界大戦敗戦後の童謡」、『教育学論究』2号、関西学院大学教育学会、35-44頁。

脚注編集

  1. ^ 開始当初は月~金曜の17:00 - 17:10での放送だった。その後時間帯はそのままで月・火曜→木・金曜→金曜と変遷し、2019年4月現在は水曜に放送中。
  2. ^ 2020年3月までは金曜も放送していた。4月から「高野あさおの夕方ちょことーーく!」が金曜枠に移動したため火曜~木曜の放送に縮小。
  3. ^ 2020年3月まで17:00 - 17:10に放送。4月より「清水章弘の合格への道」放送開始に伴い、17:10 - 17:15に放送時間変更。10分繰り下げ・5分縮小となる。
  4. ^ 2019年12月21日に「ミルクボーイのプロテインラジオ!」として30分の特番放送後、2020年1月~3月の間は現タイトルで30分または1時間特番で不定期に放送され、4月より30分レギュラー放送開始。
  5. ^ 2020年3月28日まで土曜21:30 - 22:00に放送。2020年4月1日より現在の放送枠へ移動。
  6. ^ 2020年3月8日まで日曜5:25- 5:40に放送。15・22・29日は5:10から30分に拡大され放送。4月4日より30分枠のまま移動。
  7. ^ 開始から2019年6月29日まで土曜午後に30分間放送(その間枠移動・1時間放送時期あり)。2019年7月7日から日曜朝9時半枠に移動し、15分番組に縮小。
  8. ^ 2018年10月改編で日曜未明から移動
  9. ^ べしゃり選手権公式サイト
  10. ^ 文化放送地上波では現在放送なし(ネット配信)。
  11. ^ 佐々木、37-38頁。
  12. ^ 2014年8月9・10日の広島戦が当該
  13. ^ 「甲子園高校野球交流試合」は原則無観客 NHKなどで生中継(『スポーツニッポン2020年7月1日付記事)

関連項目編集

外部リンク編集