ルノー・デジール

デジールDeZir )は、フランスルノー2010年に発表したEVコンセプトカーである。

概要編集

ルノー・デジール
フロント
リア
コクピット
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドアクーペ
駆動方式 後輪駆動
全長 4,225mm
全幅 1,968mm
全高 1,163mm
車両重量 830㎏
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2010年モンディアル・ド・ロトモビルでワールドプレミア[1]。日本においては、2013年東京モーターショー’13にて初披露された[2]

人生を「LOVE(恋に堕ちる)」「EXPLORE(冒険をする)」「FAMILY(家族を得る)」「WORK(働く)」「PLAY(遊ぶ)」「WISDOM(知恵を得る)」という6つのステージに分け、それぞれのステージに合ったモデルをデザインし、ユーザーとブランドの結びつきを深めることを目指したルノーの新デザイン戦略「サイクル・オブ・ライフ(Cycle of Life)」に則り、1番目のステージである「LOVE」をテーマに、ローレンス・ヴァン・デン・アッカーがデザインの指揮を執った。尚、デジールのコンセプトはのちに4代目クリオに反映されることになる。

ボディ形態はバタフライドア採用の2シータークーペであるが、バタフライドアは左右非対称開閉となり、運転席(左)側は前ヒンジ、助手席(右)側は後ヒンジで開く。ボディはケブラーを用いることにより、圧倒的な軽量化を実現している。

シート背後に24kWのリチウムイオン二次電池を搭載し、さらにその後方にモーターを搭載。モーター出力は150PS(110kW)、226Nm(23.1kg・m)。最高速は180km/h、0-100km/h加速は5秒、空気抵抗係数は0.25、最大航続可能距離は160kmを誇る。

充電は、8時間の一般家庭での充電、400Vの急速充電、そして「Quickdrop」のいずれかで行える。「Quickdrop」はカートリッジによる交換方式のため、わずか20分で完了する。

脚注編集

  1. ^ NEW RENAULT DESIGN Concept Cars DeZir”. ルノージャポン公式サイト. 2015年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月29日閲覧。
  2. ^ 【東京モーターショー13】ルノー・ジャポン、コンセプトカーのデジールは“恋に落ちる””. Response. (2013年11月26日). 2014年12月29日閲覧。
ルノー ロードカータイムライン 1980年代-   
タイプ 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8
コンパクト トゥインゴ トゥインゴII トゥインゴIII
5/7 シュペール5 クリオI クリオII クリオIII クリオIV
シンボルI シンボルII
モデュス
カングー
カングーII
14 9/11 19 メガーヌI メガーヌII メガーヌIII メガーヌIV
フルエンス メガーヌIVセダン
パルス
スカラI スカラII
ミドル 18 21 ラグナI ラグナII ラグナIII
20/30 25 サフラン ヴェルサティス ラティテュード/サフラン
アッパー タリスマン(中国向け)
タリスマン
ミニバン セニックI セニックII セニックIII セニックIV
エスパスI エスパスII エスパスIII エスパスIV エスパスV
クーペ フエゴ アヴァンタイム ラグナクーペ
オープン ウインド
SUV キャプチャー
カジャー
コレオス コレオスII
ピックアップトラック アラスカン
アルピーヌ/ルノースポール A310 V6 A610 スパイダー A110(2017)