インヴィンシブルズ (サッカー)

サッカーにおいて、インヴィンシブルズThe Invincibles、無敵の者達)は無敗優勝を達成したチームの称号としてよく使われる言葉である。後述の通り、インヴィンシブルズと呼ばれたチームは歴史上複数存在するが、一般的にはアーセン・ヴェンゲル監督の指揮の下、2003-04シーズンにプレミアリーグ無敗優勝を達成したアーセナルFCを指すことが多い[1][2]

プレストン・ノースエンド編集

歴史上、最初にインヴィンシブルズの称号を手に入れたのはウィリアム・サッデル監督指揮するプレストン・ノースエンドFCである[1]。プレストンは1888-89シーズンのフットボールリーグおよびFAカップで無敗優勝を達成した。なお無敗でのダブル達成は長らくこの一例のみであったが、2016-17シーズンにセルティックが無敗でのトレブルを達成した。リーグ戦22試合では18勝4分け、カップ戦では5戦全勝。

無敗記録は翌1889-90シーズンまで継続し、2戦目のアストン・ヴィラFC戦で3-5で敗れストップした[3]

2008年、クラブはホームスタジアムに「インヴィンシブルズ・パビリオン」と名付けられた5000人収容の新スタンドを建設した[4]

1889年のFAカップ決勝戦・ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC戦(3-0で勝利)に出場したメンバーは以下の通り:

GK   ロバート・ミルズ=ロバーツ
DF   ボブ・ホワース
DF   ボブ・ホルムス
MF   ジョージ・ドラモンド
MF   デビッド・ラッセル
MF   ジョニー・グレアム
FR   ジャック・ゴードン
FW   ジミー・ロス
FW   ジョン・グッダル
FW   フレッド・デューハースト  
FL   サム・トムソン

戦績編集

フットボールリーグ編集

No. 開催日 対戦チーム 会場 結果
1 1888年9月8日 バーンリーFC H 5–2
2 1888年9月15日 ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC A 4–0
3 1888年9月22日 ボルトン・ワンダラーズFC H 3–1
4 1888年9月29日 ダービー・カウンティFC A 3–2
5 1888年10月6日 ストーク・シティFC H 7–0
6 1888年10月13日 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC H 3–0
7 1888年10月20日 アクリントンFC A 0–0
8 1888年10月27日 ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC H 5–2
9 1888年11月3日 ノッツ・カウンティFC A 7–0
10 1888年11月10日 アストン・ヴィラFC H 1–1
11 1888年11月12日 ストーク・シティFC A 3–0
12 1888年11月17日 アクリントンFC H 2–0
13 1888年11月24日 ボルトン・ワンダラーズFC A 5–2
14 1888年12月8日 ダービー・カウンティFC H 5–0
15 1888年12月15日 バーンリーFC A 2–2
16 1888年12月22日 エヴァートンFC H 3–0
17 1888年12月26日 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC A 5–0
18 1888年12月29日 ブラックバーン・ローヴァーズFC H 1–0
19 1889年1月5日 ノッツ・カウンティFC H 4–1
20 1889年1月12日 ブラックバーン・ローヴァーズFC A 2–2
21 1889年1月19日 エヴァートンFC A 2–0
22 1889年2月9日 アストン・ヴィラFC A 2–0

FAカップ編集

ラウンド 開催日 対戦チーム 会場 結果
1 1889年2月2日 ブートルFC A 3–0
2 1889年2月16日 グリムズビー・タウンFC A 2–0
3 1889年3月2日 バーミンガム・セントジョージズFC H 2–0
準決勝 1889年3月16日 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC N 1–0
決勝 1889年3月30日 ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC N 3–0

アーセナル編集

 
2003-04シーズンの無敗優勝達成を称え特別に製作された黄金の優勝トロフィー

2002年5月、アーセナルFCプレミアリーグの試合でマンチェスター・ユナイテッドFCに勝利しプレストンの連続無敗記録に並んだ。翌2002–03シーズンも好調を維持し、開幕戦のリーズ・ユナイテッドAFC戦でリーグ新記録となる47試合連続得点とアウェーでの22試合連続無敗を達成した[5]。2002年10月、アーセナルはエヴァートンFCに敗れ無敗記録はストップした[6]。2003年3月までリーグ首位を走っていたが、最終的にマンチェスター・ユナイテッドFCに逆転され優勝をさらわれた[7]

2003-04シーズン前、ロマン・アブラモヴィッチを新オーナーに迎えたチェルシーFCや前年度リーグ王者のマンチェスター・ユナイテッドFCと比べ、アーセナルは新スタジアム建設に伴う財政的な制約から、比較的静かなオフを過ごした[8]。ゴールキーパーのイェンス・レーマンを獲得した以外はアカデミーからガエル・クリシーフィリップ・センデロスをトップチームに昇格させるに留まり、冬のウインドーでもホセ・アントニオ・レジェスを獲得したのみだった。

2003–04シーズン、プレミアリーグ38試合を26勝12分で終え、プレストン以来となる無敗優勝を達成した。この38試合の中にはいわゆるオールド・トラッフォードの戦いも含まれている。2004年4月に開催されたトッテナム・ホットスパーFCとのノース・ロンドン・ダービーで引き分けたことで優勝が確定した。プレストンとは違ってカップ戦では無敗を継続できず、フットボールリーグカップは準決勝でミドルズブラFCに敗れ、FAカップは同じく準決勝でマンチェスター・ユナイテッドFCに敗れた。UEFAチャンピオンズリーグは準々決勝でチェルシーに敗れた[9]。2003-04シーズンの無敗優勝達成を称え、特別に黄金の優勝トロフィーが贈られた[10]

2004–05シーズン、ミドルズブラFC戦に勝利したことでノッティンガム・フォレストFCが所持していた42試合の無敗記録に並んだ[11]。そして次節のブラックバーン・ローヴァーズFCに勝利したことで記録を更新した[12]。最終的に49試合まで無敗記録を伸ばしたが、50戦目のマンチェスター・ユナイテッドFC戦(いわゆるバフェットの戦い)に敗れストップした[13]

メンバー編集

2003-04シーズンの基本フォーメーション(4-4-1-1)

パトリック・ヴィエラデニス・ベルカンプマーティン・キーオンレイ・パーラーの4名は1997-98シーズンのダブル達成時も在籍していた。右サイドバックおよび守備的ミッドフィールダーが本職のコロ・トゥーレソル・キャンベルとセンターバックのコンビを組んだ。ローレン・エタメ・マイヤーはマヨルカではミッドフィールダーでプレーしていたが、アーセナル移籍後右サイドバックにポジションを移した。左サイドバックはアカデミー育ちの新鋭アシュリー・コールが抜擢された。中盤はジウベルト・シウバがキャプテンのヴィエラとコンビを組み、フレドリック・ユングベリロベール・ピレスがサイドを担当した。攻撃の中核はティエリ・アンリが担い、ベルカンプがサポート役に回った。

フォーメーションはアンリとベルカンプがツートップを組む4-4-2、または縦並びになる4-4-1-1。ジャーナリストのマイケル・コックスは、「このチームの強みは左サイドの攻撃にあり、このためマークが薄くなる右サイドではローレンやリュングベリがスペースを見つけクロスを送ることが出来た。また、カウンター攻撃に長けており、トッテナム戦やリーズ戦にそれがよく現れている。」と分析している[14]

戦績編集

No. 開催日 対戦チーム 会場 結果
1 2003年8月15日 エヴァートンFC H 2–1
2 2003年8月24日 ミドルズブラFC A 4–0
3 2003年8月27日 アストン・ヴィラFC H 2–0
4 2003年8月31日 マンチェスター・シティFC A 2–1
5 2003年9月13日 ポーツマスFC H 1–1
6 2003年9月21日 マンチェスター・ユナイテッドFC A 0–0
7 2003年9月26日 ニューカッスル・ユナイテッドFC H 3–2
8 2003年10月4日 リヴァプールFC A 2–1
9 2003年10月18日 チェルシーFC H 2–1
10 2003年10月26日 チャールトン・アスレティックFC A 1–1
11 2003年11月1日 リーズ・ユナイテッドAFC A 4–1
12 2003年11月8日 トッテナム・ホットスパーFC H 2–1
13 2003年11月22日 バーミンガム・シティFC A 3–0
14 2003年11月30日 フラムFC H 0–0
15 2003年12月6日 レスター・シティFC A 1–1
16 2003年12月14日 ブラックバーン・ローヴァーズFC H 1–0
17 2003年12月20日 ボルトン・ワンダラーズFC A 1–1
18 2003年12月26日 ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC H 3–0
19 2003年12月29日 サウサンプトンFC A 1–0
20 2004年1月7日 エヴァートンFC A 1–1
21 2004年1月10日 ミドルズブラFC H 4–1
22 2004年1月18日 アストン・ヴィラFC A 2–0
23 2004年2月1日 マンチェスター・シティFC H 2–1
24 2004年2月7日 ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC A 3–1
25 2004年2月10日 サウサンプトンFC H 2–0
26 2004年2月21日 チェルシーFC A 2–1
27 2004年2月28日 チャールトン・アスレティックFC H 2–1
28 2004年3月13日 ブラックバーン・ローヴァーズFC A 2–0
29 2004年3月20日 ボルトン・ワンダラーズFC H 2–1
30 2004年3月28日 マンチェスター・ユナイテッドFC H 1–1
31 2004年4月9日 リヴァプールFC H 4–2
32 2004年4月11日 ニューカッスル・ユナイテッドFC A 0–0
33 2004年4月16日 リーズ・ユナイテッドAFC H 5–0
34 2004年4月25日 トッテナム・ホットスパーFC A 2–2
35 2004年5月1日 バーミンガム・シティFC H 0–0
36 2004年5月4日 ポーツマスFC A 1–1
37 2004年5月9日 フラムFC A 1–0
38 2004年5月15日 レスター・シティFC H 2–1

その他編集

セルティック編集

2016–17シーズン、ブレンダン・ロジャース監督率いるセルティックFCスコティッシュ・プレミアリーグおよびスコティッシュ・カップスコティッシュ・リーグカップにおいて47試合連続無敗記録を打ち立てた[15][16]

2016年9月のインヴァネス・カレドニアン・シッスルFC戦に引き分けた以外は全勝というとてつもないペースで勝ち点を積み重ねると[17]、カップ戦でも好調を維持し2016年11月27日のリーグカップ決勝でアバディーンFCを下しクラブ100個目のトロフィーを獲得した[18]。無敗を継続したまま2017年を迎え、2月5日のセント・ジョンストンFC戦に勝利したことでリーグ戦19連勝を達成。2位アバディーンとの勝ち点差は27ポイントに達した[19]。連勝記録は3月のレンジャーズFCと引き分けたことで22でストップした[20]が、無敗は継続し2017年4月2日に8試合を残してのリーグ優勝が決まった[21]。最終的に勝ち点106ポイント、2位との差30ポイントという圧倒的な強さで1899年にレンジャーズFCが達成しして以来となる無敗優勝を果たした[22]。さらにリーグ最終節から6日後に行われたスコティッシュ・カップ決勝でも勝利し、無敗での国内三冠という前代未聞の偉業を達成した[23]。2017-18シーズンも無敗を継続したが、70試合目となる12月17日のハート・オブ・ミドロシアンFC戦で実に約一年半ぶりに敗北、無敗記録は69でストップした[24]

ミラン編集

ファビオ・カペッロ監督率いるACミランは1991–92シーズンのセリエA34試合を無敗で制覇した。また1991年から1993年まで、リーグ戦での無敗記録は58試合に達した[25]

ユヴェントス編集

アントニオ・コンテ監督率いるユヴェントスFCは2011-12シーズンのセリエAにおいて無敗優勝を達成した。また2011年から2013年まで、トータルでは49試合無敗を記録した[26][27][28]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Taw, Thomas (2006). Football's Twelve Apostles: The Making of The League 1886–1889. p. 17. ISBN 1-905328-09-5 
  2. ^ Hughes, Ian (2004年5月15日). “Arsenal the Invincibles”. BBC Sport. http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/a/arsenal/3713537.stm 2010年5月25日閲覧。 
  3. ^ Preston North End match record: 1890”. 11v11. 2015年8月11日閲覧。
  4. ^ Deepdale”. Preston North End FC (2012年2月15日). 2012年2月15日閲覧。
  5. ^ “Arsenal blow away Leeds”. BBC Sport (BBC). (2002年9月28日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/eng_prem/2272636.stm 2010年6月8日閲覧。 
  6. ^ Brodkin, Jon (2002年10月31日). “Arsenal qualify with little celebration”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/football/2002/oct/31/championsleague.sport1 2013年10月3日閲覧。 
  7. ^ “How the title was won in photos”. BBC Sport (BBC). (2003年5月4日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/photo_galleries/2997889.stm 2010年6月8日閲覧。 
  8. ^ Bose, Mihir (2003年9月19日). “Ashburton Grove costing Arsenal”. The Daily Telegraph (London). http://www.telegraph.co.uk/sport/football/2421723/Ashburton-Grove-costing-Arsenal.html 2013年8月31日閲覧。 
  9. ^ “Arsenal 1–2 Chelsea”. BBC Sport (BBC). (2004年4月6日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/champions_league/3593083.stm 2013年10月3日閲覧。 
  10. ^ Arsenal v Middlesbrough”. Getty Images (2004年8月22日). 2010年9月7日閲覧。
  11. ^ McCarra, Kevin (2004年8月23日). “Gunners have all the answers to biggest test”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/football/2004/aug/23/match.arsenal 2013年4月4日閲覧。 
  12. ^ McCarra, Kevin (2004年8月26日). “Henry launches Arsenal to record mark”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/football/2004/aug/26/match.arsenal 2014年4月25日閲覧。 
  13. ^ “Man Utd 2–0 Arsenal”. BBC Sport (BBC). (2004年10月24日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/eng_prem/3727552.stm 2013年10月3日閲覧。 
  14. ^ Ridley, Ian (2003年11月2日). “Henry torments poor Leeds”. The Observer (London). https://www.theguardian.com/football/2003/nov/02/match.sport 2014年8月19日閲覧。 
  15. ^ Forsyth, Roddy (2017年5月21日). “Brendan Rodgers salutes Celtic's 'Invincibles' after they dig deep against Hearts”. The Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/football/2017/05/21/brendan-rodgers-salutes-celtics-invincibles-dig-deep-against/ 2017年5月23日閲覧。 
  16. ^ Pattullo, Alan (2017年5月23日). “Gordon Strachan: Celtic "invincibles" will boost Scotland”. The Scotsman. http://www.scotsman.com/sport/football/gordon-strachan-celtic-invincibles-will-boost-scotland-1-4453829 2017年5月23日閲覧。 
  17. ^ Wilson, Richard (2016年11月3日). “Celtic: Brendan Rodgers still 'rankled' by draw with Inverness”. https://www.bbc.co.uk/sport/football/37864056 2017年2月14日閲覧。 
  18. ^ “League Cup final: Aberdeen 0-3 Celtic as it happened”. BBC Sport. (2016年11月27日). https://www.bbc.co.uk/sport/live/scotland/38121946 2016年12月1日閲覧。 
  19. ^ “Dembele hits hat-trick as Celtic fight back to maintain run”. STV Sport. (2017年2月5日). https://stv.tv/sport/football/1379967-dembele-hits-hat-trick-as-celtic-fight-back-to-maintain-run/ 2017年2月14日閲覧。 
  20. ^ Wilson, Richard (2017年3月12日). “Celtic 1 - 1 Rangers”. BBC Sport. https://www.bbc.co.uk/sport/football/39170663 2017年4月25日閲覧。 
  21. ^ “Celtic's title triumph by numbers”. BBC Sport. (2017年4月2日). https://www.bbc.co.uk/sport/football/39330673 2017年4月4日閲覧。 
  22. ^ Campbell, Andy (2017年5月21日). “Celtic 2 - 0 Hearts”. BBC Sport. https://www.bbc.co.uk/sport/football/39911911 2017年5月22日閲覧。 
  23. ^ English, Tom (2017年5月27日). “Celtic 2 - 1 Aberdeen”. BBC Sport. https://www.bbc.com/sport/football/39984102 2017年7月21日閲覧。 
  24. ^ jananese (2018年2月21日). “セルティック、約1年半ぶりの国内公式戦黒星…連続無敗記録は69試合でストップ”. SOCCER KING. https://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20171218/686202.html 2017年12月18日閲覧。 
  25. ^ Longest unbeaten runs in European league football”. UEFA.com (2016年2月4日). 2017年6月3日閲覧。
  26. ^ Champions Juventus finish season unbeaten”. UEFA.com (2012年5月13日). 2017年8月20日閲覧。
  27. ^ L'invincibile Juve è a quota 46 Il record del Milan si avvicina” (Italian). La Gazzetta dello Sport (2012年10月9日). 2017年8月20日閲覧。
  28. ^ Juventus lose at last - but how significant will this defeat prove?”. The Guardian (2012年11月4日). 2017年8月20日閲覧。

関連項目編集