メインメニューを開く

株式会社セルモ: CERUMO Co., Ltd.)は、静岡県駿東郡小山町に本拠地(工場)を置く自動車関連会社である。「セルモ・スポーツ」のブランド名で自動車のアフターパーツを販売する他に、レーシングチームの運営を行っている。

CERUMO
国籍 日本の旗 日本
創設者 佐藤正幸
関係者 エディ・アーバイン
竹内浩典
活動期間 1991年 - 現在
カテゴリ SF
JGTCSUPER GT
ドライバーズ
タイトル
JGTC 1(2001
SUPER GT 2(20052013
SF 3(201520162017
備考 2008年よりフォーミュラ・ニッポンはINGINGとの合同チームで参戦
2019年のスーパーフォーミュラ
エントリー名 JMS P.mu/cerumo・INGING
レーサー 38.日本の旗 石浦宏明
39.日本の旗 坪井翔
マシン SF19トヨタ
タイヤ 横浜ゴム
2019年のSUPER GT (GT500)
エントリー名 LEXUS TEAM ZENT CERUMO
レーサー 日本の旗 立川祐路
日本の旗 石浦宏明
マシン 38. ZENT CERUMO LC500
タイヤ ブリヂストン
テンプレートを表示

目次

概要編集

創業者の佐藤正幸は国内レース界では「バテさん」の愛称で知られる名物エンジニア[1]酒井正のチーフメカニックとして富士GCのマシンなどを担当し、1981年に酒井エンジニアリングを受け継いでセルモを設立した。社名はイタリア語の「cerumo(堅実・堅調)」が由来となっている。メンテナンスガレージとして活動しながら、1991年より自社チームを結成。以来、SUPER GT(旧 全日本GT選手権 JGTC)やフォーミュラ・ニッポンスーパーフォーミュラ(旧 全日本F3000選手権)に参戦している。

2007年末にINGINGのオーナーである卜部治久が新たにオーナーに就任したため、INGINGとファクトリーの統合などが進められている[2]。両チームともトヨタ系チームであり合併に際する支障が少ないことなどから、今後両チームが完全に合併する可能性も出てきている。

2016年1月に、元ブリヂストンフェラーリのエンジニアである浜島裕英が加入し、SUPER GT及びスーパーフォーミュラの両カテゴリーにおいて総監督に就任する[3]

2019年2月の株主総会で、創業者の佐藤が社長を退き、オーナーの卜部が社長兼会長、石浦宏明が取締役となる人事が発表された[4]

レース活動編集

全日本F3000・フォーミュラニッポン・スーパーフォーミュラ編集

1991年よりコスモ石油のスポンサードで全日本F3000選手権に参戦。ドライバーには前年末に富士で開催されたインターF3リーグに参戦したエディ・アーバインをスカウトした。1993年にはアーバインがシリーズポイントで星野一義と同点首位に並んだが、勝利数の差でチャンピオンを逃した。

フォーミュラ・ニッポンには前述のINGINGとの提携により、2008年以降は「CERUMO/INGING」のエントラント名でエントリーしている[5]。現在の監督は、2009年までドライバーを務めた立川祐路が就任している。2015年に石浦宏明、2016年には国本雄資と2年連続でチャンピオンを輩出し、2016年にはセルモとしてもINGINGとしても初のチームタイトルも獲得した。

全日本GT選手権・SUPER GT編集

 
ZENTセルモスープラ(2005年)
 
ZENT CERUMO SC430(2011年)

1995年より全日本GT選手権 (JGTC) 、2005年よりSUPER GTに参戦しており、2001年、2005年、2013年の3回ドライバーズチャンピオンを獲得している。2001年と2002年にはTeamUKYOとジョイントしている。

2018年現在、SUPER GTにはパチンコ・アミューズメントチェーンZENTのスポンサードにより「LEXUS TEAM ZENT CERUMO」のエントラント名で参戦している。監督は2008年、2009年は竹内浩典、2010年から2017年は高木虎之介、2018年は浜島裕英が就任している。

車両について編集

1999年からは2002年までは2台体制で参戦した。エース車両のゼッケンは38号車(1996年のみ37号車)、2台目の車両のゼッケンは1999年と2000年は32号車、2001年と2002年は33号車を使用している。なおレギュレーションにより、前年にチャンピオンを獲得した年は1号車となる。

1995年から2005年までの車両はトヨタ・スープラ。38号車(2002年及び2006年は1号車)については、毎年新車を使用するが、32号車/33号車は旧式(前年型)のスープラを使用していた。

当初はトヨタ・セリカGT-FOURIMSA GTPで使用されている3S-GTE直4DOHC16バルブターボエンジンを使用していたが、ライバルの日産・スカイラインGT-RがV6エンジンを使用するなどの動きに対抗して、2003年よりトヨタ・セルシオ等に使用されている3UZ-FEV8DOHC)エンジンに変更。このときは38号車と33号車の2台体制で参戦の予定だったが、33号車はスポンサー・ドライバーが未定のため、途中参戦というかたちになった。

新型スープラは7台のみ投入(トムス2台、サード、セルモ(1台のみ)、チームルマンKRAFT土屋エンジニアリング)だったので、33号車は旧式の直4ターボで参戦するということであったが、最終戦まで参戦しなかったためこの話は幻となった。

2005年にはスーパーGT初年度のGT500ドライバーズタイトルを獲得した。

2006年より、すでに生産の終了したスープラに変わってレクサス・SC430にベースマシンを変更。エンジンは昨年までのスープラと同じものを引き続き使用する。ちなみに2005年にチャンピオンとなった関係で2006年は1号車だったが、その年のチャンピオンを逃したために2007年からは再び38号車となる。

2008年はレギュレーションの規定により旧年度のマシンを使っていたが、昨年クラッシュを起こした関係で安全性を確保できないと懸念されて新規製作車両を第6戦より投入した。

2009年からはレギュレーションが大きく変更された事により、4.5Lの3UZ-FEからフォーミュラ・ニッポン用に開発された3.4LのRV8KGエンジンに変更。また、カーボンモノコックとなった。エンジン変更により、当初は大幅な低回転域のトルク不足に苦戦したが、後半戦ではかなり改善した。

2013年にSC430の参戦最終年度においてシリーズチャンピオンを獲得。車両規定が大きく変わった2014年から2016年まではRC Fで参戦。

2017年からはレクサスの新型車、LC500で参戦。(LC500については、2016年8月26日に鈴鹿サーキットにて公式発表)

参戦から2018年現在に至るまで、第一線で活躍しており、3回ドライバーズチャンピオンを獲得している。なお、トヨタワークス系チームでチャンピオンを獲得しているのはセルモ以外ではトムスチームルマンサードのみである。

参戦歴編集

名称 開催年 No マシン ドライバー
全日本GT選手権 1995年 38号車 トヨタスープラ  エリック・コマス
1996年 37号車 カストロールセルモスープラ  エリック・コマス  竹内浩典
1997年 38号車 カストロールセルモスープラ  竹内浩典  金石勝智
1998年 38号車 FK マッシモセルモスープラ  竹内浩典  野田英樹
1999年 32号車 cdmaOneセルモスープラ  木下隆之  近藤真彦
38号車 FK マッシモセルモスープラ  竹内浩典  立川祐路
2000年 32号車 cdmaOneセルモスープラ  木下隆之  近藤真彦
38号車 FK マッシモセルモスープラ  竹内浩典  立川祐路
2001年 33号車 TeamUKYOスープラ  片山右京  近藤真彦
38号車 auセルモスープラ  竹内浩典  立川祐路
2002年 1号車 auセルモスープラ  竹内浩典  立川祐路
33号車 United UKYOスープラ  片山右京(シーズン途中で 下田隼成に交代)
 近藤真彦
2003年 38号車 auセルモスープラ  竹内浩典  立川祐路
2004年 38号車 auセルモスープラ  立川祐路  荒聖治
SUPER GT 2005年 38号車 ZENT セルモ スープラ  立川祐路  高木虎之介
2006年 1号車 ZENT セルモ SC  立川祐路  高木虎之介
2007年 38号車 ZENT CERUMO SC430  立川祐路  高木虎之介
2008年 38号車 ZENT CERUMO SC430  立川祐路  リチャード・ライアン
2009年 38号車 ZENT CERUMO SC430  立川祐路  リチャード・ライアン
2010年 38号車 ZENT CERUMO SC430  立川祐路  リチャード・ライアン
2011年 38号車 ZENT CERUMO SC430  立川祐路  平手晃平
2012年 38号車 ZENT CERUMO SC430  立川祐路  平手晃平
2013年 38号車 ZENT CERUMO SC430  立川祐路  平手晃平
2014年 1号車 ZENT CERUMO RC F  立川祐路  平手晃平
2015年 38号車 ZENT CERUMO RC F  立川祐路  石浦宏明
2016年 38号車 ZENT CERUMO RC F  立川祐路  石浦宏明
2017年 38号車 ZENT CERUMO LC500  立川祐路  石浦宏明
2018年 38号車 ZENT CERUMO LC500  立川祐路  石浦宏明
2019年 38号車 ZENT CERUMO LC500  立川祐路  石浦宏明

※2004年度より参戦しているTEAM TAKEUCHIはTOYOTA TEAM CERUMOの名称で参戦しているが、クラス(GT500とGT300)と戦略(即戦力と将来性)が違うため、省略。

主なスポンサー編集

脚注編集

外部リンク編集