メインメニューを開く

三菱ダイヤモンドハイウェイ(みつびしダイヤモンドハイウェイ、Mitsubishi Diamond Highway)は、日本ラジオ番組三菱グループ各社がスポンサーを務める冠番組だった。

資料によっては、以下のようなタイトル表記も見られる。

  • 三菱ダイヤモンド・ハイウェイ[1]
  • 三菱 ダイヤモンドハイウェイ[2]
  • 三菱ダイヤモンドハイウェー[3][4]
  • 三菱 ダイヤモンドハイウェー[5]
  • ダイヤモンド・ハイウェイ[6][7]
  • ダイヤモンド・ハイウェー[8]

目次

1960年代 - 1970年代前半頃編集

TBSラジオ編集

1961年から1971年1972年から1974年の二期に渡り、TBSラジオ東京放送ラジオ部門[9])で放送された。

1961年 - 1971年編集

三菱ダイヤモンド・ハイウェイ
(TBSラジオ。1961年 - 1971年)
愛称 ダイヤモンド・ハイウェイ
ジャンル 情報番組 / ワイド番組
放送方式 生放送
放送期間 1961年2月13日 - 1971年4月30日
放送時間 毎日 15:10 - 18:00(開始当時)
平日 17:30 - 18:00(終了当時)
放送局 TBSラジオ
パーソナリティ#出演者参照)
提供 三菱グループ各社(三菱石油ほか)
テンプレートを表示

1961年2月13日から1971年4月30日にかけて[1][7]、毎日[1](のちに平日のみ[1])の帯番組として生放送された。開始当時の放送時間は毎日15:10 - 18:00[1]、終了当時は平日17:30 - 18:00[1]

三菱石油と新三菱重工業(のちの三菱重工業[10]または三菱商事と三菱石油[11]が提供スポンサーを務めていた(三菱石油一社提供の時期もあり[12])。

2002年に東京放送から発行された『TBS50年史』各種資料では、本番組のジャンルについて「生ワイドパーソナリティー番組」[1]または「情報[7]として扱われている。

ドライバー向けの情報番組として、交通情報をはじめ、鉄道航空などの運行情報、気象概況などに音楽を挟んだ構成だった[7]。その間、1962年10月には、夕方のドライバー向け編成強化のため、放送時間を50分から70分へ拡大した[13](1963年3月当時の放送時間は毎日16:20 - 17:30、出演者は平日・土曜が杉山真太郎と大沢嘉子、日曜が金坂光春と相場君子、スポンサーは三菱商事と三菱石油だった[11])。

1963年4月11日から1965年10月10日まで、プロ野球シーズンとなる4月から9月または10月までの日曜については、プロ野球中継日曜薄暮ゲーム』(16:20 - 18:55)が編成されない時にのみ放送されていた[14]

1964年7月13日から平日・土曜はワイド番組『オーナー』の内包番組(コーナー)として16:20 - 17:30に放送[15](一部資料では16:20 - 17:00[7]としているが、誤り)。「お相手」として山口紘子が出演した[15]。コーナーとしては1966年10月1日の『オーナー』終了まで続いた。

1967年5月、ABCラジオが日本で初めてヘリコプターを導入した交通情報番組として『空からこんにちは〜ABCヘリ情報〜』を開始[16][17]。TBSラジオも視察ののち、6月より本番組内で同様の交通情報を開始[16](開始日は6月10日[7][18])。また、この導入を機に、ヘリによる交通情報をメインとする番組として、同年9月4日より、平日・土曜の朝に『トヨタ・スカイパトロール』が開始された[16]

1968年4月頃には、17:00 - 17:30に変更(同月当時のパーソナリティは平日が清水将夫、日曜が吉田未来。提供スポンサーは三菱石油の一社だった)[12]

1970年までには、平日のみの放送となっている。

『「ダイヤモンド・ハイウェイ」ファンの集い』と題したリスナー向けの公開イベントを行ったこともあった[19]

出演者(TBSラジオ。1961年 - 1971年)編集
歴代の主な進行役(参考:『TBS50年史』資料編P195)

※今井以外は、担当当時TBSアナウンサーだった(今井は、退社後の担当[31])。

上記以外の出演者
上記以外の出演者(TBSアナウンサー)

1972年 - 1974年編集

1972年の春頃には、『東京ダイヤル』(17:00 - 18:40)の内包コーナーとして17:00 - 17:30の枠に再開[40]。三菱石油の一社提供[40]1973年4月、同枠が『おつかれさま5時です』(17:00 - 18:00)となったあとも内包コーナーとして続行[41]。1974年まで続いた[42]

朝日放送編集

朝日放送(ABC)では、1964年4月1日から1968年9月30日にかけて毎日放送された[43]。ジャンルは、音楽番組[43]。放送時間は、月曜から土曜は17:00 - 17:50、日曜は14:00 - 14:20だった(変更あり)[43]

1970年代後半頃以降編集

1970年代後半頃以降は、三菱石油の一社提供番組として、概ね平日夕方の15分枠で放送された。放送局は、ニッポン放送をはじめ、同局がキー局を務めるNRN系ネットワーク加盟の北海道放送東北放送東海ラジオ(ナイターオフ期間のみ)、毎日放送中国放送西日本放送九州朝日放送の各局で放送されていた。局毎に番組内容は異なり、パーソナリティも異なる企画ネット番組であった。

1999年4月1日に三菱石油が日本石油と合併し「日石三菱」(のちに新日本石油)となった事に伴い、タイトルが『日石三菱ドライビングハイウェイ』(にっせきみつびしドライビングハイウェイ)となり、2001年7月1日の「ENEOS」ブランドの制定に伴い『ENEOSドライビングハイウェイ』(エネオスドライビングハイウェイ)へと改題を重ね、2004年3月まで放送された。

ニッポン放送編集

ニッポン放送では、『夕空晴れて!ひがのぼるです[44]はたえ金次郎の夕焼け一丁目』『鶴光の噂のゴールデンアワー』と夕方ワイド番組の内包番組として放送されていた。『はたえ』時代は『はたえ金次郎のダイヤモンドハイウェイ』として、17:20 - 17:37に[45][46]、1987年6月当時は17:10 - 17:25に[4]、それぞれ放送。

北海道放送編集

1985年4月当時、ワイド番組『ハロードライバー』(14:00 - 17:15)内『ベストテンほっかいどう』(16:00以降)に内包される形で、17:00 - 17:15に放送[47]。 歌謡曲ベストテンのうち、第三位から第一位の曲紹介するコーナーとして放送されていた[48]1997年10月当時、ワイド番組『夕刊さくらい』(15:30 - 18:30)の内包番組として17:00 - 17:15に放送[49]。2004年3月26日終了当時の放送時間は、17:00 - 17:15だった[50]

東北放送編集

1985年4月当時、ワイド番組『TBCプロムナード』(14:00 - 17:00)の内包番組として、16:37 - 16:53に放送[51]。1997年10月当時、ワイド番組『ボリュームワイドともこ印』(13:30 - 17:00)の内包番組として、16:37 - 16:53に放送[52]。末期にあたる2003年10月 - 2004年3月期当時は、『ボリュームワイド モーレツ!! ともこ節』(13:00 - 17:00)の内包番組として、16:37 - 16:51に放送[53]。リスナーからのリクエストにこたえていくコーナーだった[54]

東海ラジオ編集

1990年代前期ではナイターオフのみの放送(ナイターシーズン時は『ガッツナイター』の火曜分のスポンサーに廻していた)。1992年度から金曜のNRN全国35局共通のネットスポンサーになっており、週2回は三菱石油提供となっていた。

1997年10月当時、ワイド番組『宮地佑紀生の聞いてみや〜ち』(15:30 - 18:00)の内包番組として放送[55]

毎日放送編集

1984年9月までは、諸口あきらがパーソナリティを務める独立番組として、毎週月 - 金曜日の16:45 - 17:00に放送。それ以前は「ラジオポートMBS」(大阪・梅田の阪急32番街31階に設けられていたラジオ向けのサテライトスタジオ)から、住田郁子の進行による生放送を実施していた。また、当番組直後の17:00-17:15には、『三菱ミュージックハイウェイ』(大阪府内の三菱自動車ディーラーによる共同提供番組)を編成していた。

1984年10月からは、諸口をパーソナリティに据えた自社制作・生放送の報道番組『MBSイブニングレーダー』を平日の夕方に編成したため、『三菱ミュージックハイウェイ』とともに番組内のコーナーとして内包。オープニング直後の16:50 - 16:58に内包[56]された『三菱ダイヤモンドハイウェイ』では、運転中のドライバーに向けて、主に洋楽を1曲流していた。

朝日放送編集

1997年10月 - 2001年9月の間『中原秀一郎のラジオTODAY』、2001年10月から『元気イチバン!!芦沢誠です』の内包番組として放送していた。2004年4月改編でスポンサーの新日本石油が降板後、『元気イチバン!ドライビングハイウェイ』にタイトルを変更して2010年4月まで継続していた。

中国放送編集

1985年4月当時16:40 - 16:55に放送(出演:煙石博[57]。1997年10月当時16:45 - 17:00に放送[58][59]。2004年2月当時『本名正憲のきょうもゴゴイチ』(13:00 - 17:00)の内包番組として、16:40 - 16:55に放送(16:41から交通情報も内包)[60]。2004年4月以降も『ドライビング・ハイウェイ』(ドライビングハイウェイ)として存続(6月当時の放送時間は、16:45 - 16:54[61])。2007年4月以降は、『きょうもゴゴイチ』の縮小に伴い、14:20 - 14:29に変更[62]。2007年10月より『きょうもゴゴイチ』の30分拡大に伴い、14:40 - 14:45に変更[63]、2008年3月まで放送された[64]

九州朝日放送編集

1985年4月当時『まずはラジオでおつかれさん』(16:05 - 18:00)の内包番組として16:00台に放送[65]。1997年10月当時16:45 - 17:00に放送[66]。2003年2月当時、16:40 - 16:55に放送[67]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『TBS50年史』資料編P195掲載のラジオ番組一覧表より、『三菱ダイヤモンド・ハイウェイ』の情報を参照。
  2. ^ 1970年5月当時のTBSラジオ番組表。参考…PDF版(『ラジオ東京スピリッツ』より) ※平日17:00 - 17:30を参照。
  3. ^ 1970年10月当時のTBSラジオ番組表。参考…PDF版(『ラジオ東京スピリッツ』より) ※平日17:00 - 17:30を参照。
  4. ^ a b 『ニッポン放送ラジオ番組表』1987年6月号より、『鶴光の噂のゴールデンアワー』(16:00 - 17:40)内『三菱ダイヤモンドハイウェー』を参照。
  5. ^ 1970年8月当時のTBSラジオ番組表。参考…PDF版(『ラジオ東京スピリッツ』より) ※平日17:00 - 17:30を参照。
  6. ^ 参考:『TBS50年史』P208、P214
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『TBS50年史』DVD-ROM『ハイブリッド検索編』に収録の、本番組データカードより。
  8. ^ 参考:『毎日新聞』東京版1967年9月4日付朝刊掲載のTBSラジオ番組表より、16:20からの部分を参照。
  9. ^ 2001年10月に、当時ラジオテレビ兼営局だった東京放送が持っていたラジオ放送免許が、子会社のTBSラジオ&コミュニケーションズ(2000年、東京放送のラジオ放送事業委託を目的に設立)へ承継。
  10. ^ 『TBS50年史』資料編P195に掲載された本番組情報には、開始当時のスポンサーとして三菱石油と三菱重工が、『TBS50年史』DVD-ROM『ハイブリッド検索編』に収録された本番組データカード(番組名は「ダイヤモンド・ハイウェイ」)では三菱石油と新三菱重工の名が明記。
  11. ^ a b c d 1963年3月当時のTBSラジオ番組表。参考…PDF版(『ラジオ東京スピリッツ』より) ※16:20 - 17:30を参照。
  12. ^ a b c 1968年4月当時のTBSラジオ番組表。参考…PDF版(『ラジオ東京スピリッツ』より) ※17:00 - 17:30を参照。
  13. ^ 『TBS50年史』P208
  14. ^ 『TBS50年史』資料編P192に掲載の『日曜薄暮ゲーム』番組情報より、"ゲームのない時「ダイヤモンド・ハイウェイ」"との記述あり(" "内引用)。
  15. ^ a b c 1964年7月当時のTBSラジオ番組表。参考…PDF版(『ラジオ東京スピリッツ』より) ※16:20 - 17:30を参照。
  16. ^ a b c 『TBS50年史』P263
  17. ^ 『朝日放送の50年 I 本史』P167。
  18. ^ 『TBS50年史』資料編またはDVD-ROM『ハイブリッド検索編』に収録の年表を参照。
  19. ^ 『TBS50年史』P208より、1962年10月の放送時間拡大に関する記述の横に『「ダイヤモンド・ハイウェイ」ファンの集い』という解説文付で写真が掲載。
  20. ^ 大場については、『TBSアナウンサーの動き』P10にも、「ダイヤモンドハイウェイ(61)」の記述あり。
  21. ^ 大沢については、『TBSアナウンサーの動き』P8にも「ダイヤモンドハイウェイ(62)」と明記。
  22. ^ 『TBSアナウンサーの動き』P12の新堀・加藤各人の情報にも「ダイヤモンドハイウェイ(63)」と明記。
  23. ^ 清水については、『TBSアナウンサーの動き』P15にも「ダイヤモンドハイウェイ(63)」と明記。
  24. ^ 1964年4月当時のTBSラジオ番組表。参考…PDF版(『ラジオ東京スピリッツ』より) ※16:20 - 17:30を参照。
  25. ^ 『TBSアナウンサーの動き』P16の山口の情報より、「ダイヤモンドハイウェイ(64)」の記述あり。
  26. ^ 『TBSアナウンサーの動き』P18より、小川の情報に「ダイヤモンドハイウェイ(66)」の記述あり。
  27. ^ 『TBSアナウンサーの動き』P20の遠藤の情報より、「ダイヤモンドハイウェイ(66)」の記述あり。
  28. ^ 『TBSアナウンサーの動き』P15の清水の情報より、「ダイヤモンドハイウェイ(67)」の記述あり。
  29. ^ 『TBS50年史』資料編P195掲載の本番組情報欄では、本田綾子と担当したものとして扱われている(歴代出演者について「杉山真太郎、大場ゆかり〜杉山真太郎、大沢嘉子〜新堀俊明、加藤かな子〜杉山真太郎、清水恵子〜山口紘子〜小川哲哉、遠藤泰子〜清水将夫〜遠藤泰子、本田綾子〜今井とも子」と記述。※「」内引用)。
  30. ^ 『TBSアナウンサーの動き』P20の本田の情報より、「ダイヤモンドハイウェイ(66)」の記述あり。
  31. ^ 1962年11月退社(『TBSアナウンサーの動き』P12より、今井登茂子の情報を参照)。
  32. ^ 1966年4月当時のTBSラジオ番組表。参考…PDF版(『ラジオ東京スピリッツ』より) Archived 2012年2月18日, at the Wayback Machine. ※16:20 - 17:30を参照。
  33. ^ 『TBSアナウンサーの動き』P18より、山田の情報を参照。「ダイヤモンドハイウェイ(66)」の記述あり。
  34. ^ 『TBSアナウンサーの動き』P5より、高野の情報を参照。「ダイヤモンドハイウェイ(61)」の記述あり。
  35. ^ 『TBSアナウンサーの動き』P10より、金坂の情報を参照。「ダイヤモンドハイウェイ(62)」の記述あり。
  36. ^ 『TBSアナウンサーの動き』P12より、料治の情報を参照。「ダイヤモンドハイウェイ(63)」の記述あり。
  37. ^ 『TBSアナウンサーの動き』P12より、相場の情報を参照。「ダイヤモンドハイウェイ(62)」の記述あり。
  38. ^ 『TBSアナウンサーの動き』P14より、原田の情報を参照。「ダイヤモンドハイウェイ(64)」の記述あり。
  39. ^ 1964年10月当時のTBSラジオ番組表。参考…PDF版(『ラジオ東京スピリッツ』より) ※16:20 - 17:30を参照。
  40. ^ a b 参考(PDF版。『ラジオ東京スピリッツ』より):1972年3月当時のTBSラジオ番組表では該当部分が空欄だったのが、1972年5月当時のTBSラジオ番組表では、「三菱ダイヤモンドハイウエイ (三菱石油)」と明記されている。
  41. ^ 1973年4月当時のTBSラジオ番組表(PDF版。『ラジオ東京スピリッツ』より)…17:00 - 17:30の部分に、「三菱ダイヤモンドハイウェイ (三菱石油)」と明記されている。
  42. ^ 参考(PDF版。『ラジオ東京スピリッツ』より):1974年4月当時のTBSラジオ番組表では該当部分が「三菱ダイヤモンドハイウエイ (三菱石油)」と明記されていたのが、1974年10月当時のTBSラジオ番組表では、「共石イブニングミュージック (共同石油)」と明記されている。
  43. ^ a b c 『朝日放送の50年 III 資料集』P106より、『三菱ダイヤモンドハイウェイ』番組情報を参照。
  44. ^ 『ニッポン放送ラジオ番組表』1979年11月号より、『夕空晴れて!ひがのぼるです』(17:00 - 18:00)を参照。「ダイヤモンドハイウェイ(三菱石油)」の記述あり。
  45. ^ 『ニッポン放送ラジオ番組表』1984年4月号より、『はたえ金次郎の夕焼け一丁目』(17:00 - 18:00)を参照。
  46. ^ 『ラジオ新番組速報版』1985年春号掲載のニッポン放送番組表(『ラジオマニア2010』P159にも縮刷掲載)より、『はたえ金次郎の夕焼け一丁目』(17:00 - 18:00)を参照。「はたえ金次郎の三菱ダイヤモンドハイウェイ<三菱石油>」の記述あり。
  47. ^ 『ラジオ新番組速報版』1985年春号掲載のHBCラジオ番組表(『ラジオマニア2010』P154にも縮刷掲載)
  48. ^ 但し、日本シリーズ中継などでベストテンほっかいどうが休止になった場合は単独番組で放送され、ニッポン放送と同じテーマ曲が使われた。
  49. ^ 『ラジオ番組表』1997年秋号掲載のHBCラジオ番組表(『ラジオマニア2013』P156にも縮刷掲載)
  50. ^ HBCラジオインフォメーション(インターネットアーカイブ2004年4月11日付保存キャッシュ)より、2004年3月26日付「--HBCラジオからのお知らせ-- 2004年春 番組改編 パーソナリティ変更、時間変更、終了番組」を参照。
  51. ^ 『ラジオ新番組速報版』1985年春号掲載のTBCラジオ番組表(『ラジオマニア2010』P157にも縮刷掲載)
  52. ^ 『ラジオ番組表』1997年秋号掲載のTBCラジオ番組表(『ラジオマニア2013』P157にも縮刷掲載)
  53. ^ 参考外部リンク:
  54. ^ 当時の『ボリュームワイド モーレツ!! ともこ節』公式サイト(インターネットアーカイブ2004年4月17日付保存キャッシュ)より、タイムテーブルを参照。開始時間については「16:35頃〜」と明記。タイトルは「ドライビングハイウェイ」と明記。コーナーごとに放送された曲目リスト(インターネットアーカイブ2004年4月11日付保存キャッシュより。リンク先は、2004年3月1日から3月26日まで掲載)では、「ENEOSドライビングハイウェイ」と明記。
  55. ^ 『ラジオ番組表』1997年秋号掲載の東海ラジオ番組表(『ラジオマニア2013』P162にも縮刷掲載)
  56. ^ 『ラジオ新番組速報版』1985年春号掲載のMBSラジオ番組表(『ラジオマニア2010』P162にも縮刷掲載)より、『MBSイブニングレーダー』(16:45 - 17:40)を参照。「三菱ダイヤモンドハイウェイ (三菱石油)」の記述あり。
  57. ^ 『ラジオ新番組速報版』1985年春号掲載のRCCラジオ番組表(『ラジオマニア2010』P167にも縮刷掲載)より、「三菱ダイヤモンドハイウェイ 煙石 博(三菱石油)」の記述あり。
  58. ^ 『ラジオ番組表』1997年秋号掲載のRCCラジオ番組表(『ラジオマニア2013』P168にも縮刷掲載)より、「三菱ダイヤモンドハイウェイ(三菱石油)」の記述あり。
  59. ^ RCCウェブサイト内に掲載された、平日ラジオ番組表(1997年10月6日 - 1998年4月5日)(インターネットアーカイブ1997年12月10日付保存キャッシュより)
  60. ^ 2004年2月当時の『本名正憲のきょうもゴゴイチ』公式サイト内タイムテーブル(インターネットアーカイブ2004年2月7日付保存キャッシュ)より、「ENEOSドライビング・ハイウェイ」を参照。
  61. ^ 2004年6月当時の『本名正憲のきょうもゴゴイチ』公式サイト内タイムテーブル(インターネットアーカイブ2004年6月11日付保存キャッシュ)より、「ドライビング・ハイウェイ」を参照。
  62. ^ 2007年4月当時の『本名正憲のきょうもゴゴイチ』公式サイト内タイムテーブル(インターネットアーカイブ2007年4月23日付保存キャッシュ)を参照。
  63. ^ 2007年10月当時の『本名正憲のきょうもゴゴイチ』公式サイト内タイムテーブル(インターネットアーカイブ2007年10月5日付保存キャッシュ)を参照。
  64. ^ 2008年3月当時の『本名正憲のきょうもゴゴイチ』公式サイト内タイムテーブル(インターネットアーカイブ2008年3月18日付保存キャッシュ)を参照。
  65. ^ 『ラジオ新番組速報版』1985年春号掲載のKBCラジオ番組表(『ラジオマニア2010』P169にも縮刷掲載)より、「ダイヤモンドハイウェイ(三菱石油)」の記述あり。
  66. ^ 『ラジオ番組表』1997年秋号掲載のKBCラジオ番組表(『ラジオマニア2013』P170にも縮刷掲載)より、「三菱ダイヤモンドハイウェイ(三菱石油)」の記述あり。
  67. ^ 2003年2月当時、KBCウェブサイト内に掲載されたラジオタイムテーブル(インターネットアーカイブ2003年2月12日付保存キャッシュ)より、「ENEOSドライビングハイウェー」と明記。

参考資料編集

  • TBS50年史(2002年1月、東京放送編・発行)…国立国会図書館の所蔵情報
    • 資料編
    • 付録DVD-ROM『ハイブリッド検索編』
      • ラジオ番組データベース
      • 『TBSアナウンサーの動き』(DVD-ROM『ハイブリッド検索編』に収録されたPDFファイル。ラジオ東京→TBSの歴代アナウンサーの記録を、同社の歴史とともにまとめた文書)
  • TBSラジオ番組表
    • 『TBS50年史』資料編またはDVD-ROM『ハイブリッド検索編』に一部再編集したものが収録。
    • 『ラジオ東京スピリッツ』に一部PDFファイルが配信。
  • 毎日新聞』東京版1967年9月4日付朝刊
  • 朝日放送の50年 III 資料集(2000年3月31日、朝日放送発行)…国立国会図書館の書誌情報
  • ニッポン放送ラジオ番組表(ニッポン放送発行)
    • 『開局55周年!ニッポン放送 あなたが選ぶ歴代人気番組ベスト100 ラジオアカデミー大賞』(ニッポン放送公式サイト内…リンク)より、放送当時のニッポン放送タイムテーブルJPG画像…1979年11月1984年4月1987年6月
  • 『ラジオマニア』バックナンバー
    • ラジオマニア2010(『三才ムック』vol.329。2012年10月16日発売・11月1日発行、三才ブックスISBN 4861992931
    • ラジオマニア2013(『三才ムック』vol.571。2012年11月28日発売・12月1日発行、三才ブックス)ISBN 4861995507
  • 各種外部リンク

関連項目編集

外部リンク編集

  • * ラジオ東京スピリッツ - Internet archive・TBSラジオ公式サイトより、開局60周年記念特設サイト。過去の番組表の一部がPDFファイルとして配信されている。