犬山イヌコ

日本の女優、声優

犬山 イヌコ(いぬやま イヌコ、1965年[3]12月16日[1][2] - )は、日本女優[4]声優[5]ナレーター東京都出身[1][2]身長155cm[2]血液型O型[1]アクロス エンタテインメント(芸能事務所)[2]およびナイロン100℃(劇団)[1]に所属。旧芸名犬山 犬子(いぬやま いぬこ)。

いぬやま イヌコ
犬山 イヌコ
別名義 戸塚千絵(とづか ちえ)、心残御密(こころのこり おみつ)、犬山いぬ子、犬山犬子
生年月日 (1965-12-16) 1965年12月16日(56歳)
出身地 日本の旗 日本東京都[1][2]
身長 155cm[2]
血液型 O型[1]
職業 女優声優ナレーター
ジャンル 演劇映画テレビドラマアニメゲーム吹き替えナレーション
活動期間 1982年 -
所属劇団 ナイロン100℃
事務所 アクロス エンタテインメント
主な作品
テレビドラマ
怪奇恋愛作戦』(唄子)
映画
ラブ&ピース』(スネ公)
アニメ
ポケットモンスター』シリーズ(ニャース
備考
第26回読売演劇大賞・優秀女優賞(2019年)
テンプレートを表示

代表作に『ポケットモンスター』シリーズ(ニャース)、『怪奇恋愛作戦』(唄子)、『ラブ&ピース』(スネ公)などがある[4][5]

来歴編集

1985年、KERA(ケラリーノ・サンドロヴィッチ)を中心に『劇団健康』を旗揚げし、後継の『ナイロン100℃』でも旗揚げから参加し、現在に至る[6]

1996年、『みどりのマキバオー』でアニメ声優デビュー(起用に関しては、布川ゆうじによれば主人公・マキバオーのキャスティングが決まらずに難航していた中、原作者のつの丸が当時犬山がDJを担当していた深夜ラジオを聞いて「この人しかない」と犬山を推薦したとのこと[7][8])。

役者としては堤幸彦作品に複数回起用されている。

2015年2月末日に長年所属した事務所キューブから、3月よりアクロス エンタテインメントに移籍。

人物編集

趣味・特技はボウリングシュノーケリング昭和歌謡曲研究、バスケットボール三線[2]

数字の8のことをパチと発音するのを好み、ニッポン放送郵便番号は「100-8439」(イチマルマルのパチヨンサンキュウ)と言う。同様に、はがきを「ガキ」(ポケモンアワー)・北海道日本ハムファイターズを「ニッポンム」(日本全国ラジベガス)などとわざと読んでいる一方、「ポケモンアワー」放送作家の「はせがわくん」は「せがわくん」のままで、番組内の質問コーナーで本人によると『「はせがわくん」は弾けてないから』とのこと。

また、グランブルーファンタジーのヘビーユーザーであることも知られている。

受賞歴編集

第26回読売演劇大賞・優秀女優賞[9](2019年) - ナイロン100℃『百年の秘密』(再演)、KERA・MAP『修道女たち』の演技による

出演編集

太字はメインキャラクター。

テレビドラマ編集

配信ドラマ編集

映画編集

舞台編集

ナイロン100℃
(典拠:ナイロン100℃公式サイト・Member/犬山イヌコ
  • 予定外(1993年8月) - ユロ・リーシャル、マルチーヌ・ヨークシャ 役
  • 1979(1994年5月) - 坂井トシオ、牛添マチコ 役
  • ウチハソバヤジャナイ〜version100℃〜(1995年5月) - アルジャーノン、メンチ 役
  • 下北ビートニクス(1996年5月) - 三森ミハエ 役
  • カラフルメリィでオハヨ'97〜いつもの軽い致命傷の朝〜(1997年4月) - 杉田 役
  • フランケンシュタイン〜version100℃〜(1997年12月) - アイゴール 役
  • フローズン・ビーチ(1998年8月、2002年7月再演) - 市子 役
  • テイク・ザ・マネー・アンド・ラン(1999年9月) - 一之江キリナ 役
  • すべての犬は天国へ行く(2001年4月) - 早撃ちエルザ 役
  • 東京のSF(2002年12月) - アイゴール、ミタライ(執事) 役
  • ドント・トラスト・オーバー30(2003年5月) - モケ美、五十嵐アゲハ 役
  • ハルディン・ホテル(2003年11月) - フタツモリ(ツアーコンダクター) 役
  • 消失(2004年12月、2015年12月再演) - ホワイト・スワンレイク 役
  • カラフルメリィでオハヨ〜いつもの軽い致命傷の朝〜(再演、2006年4月) - 杉田、写真部・ハエトリ 役
  • わが闇(2007年12月、2013年6月再演) - 柏木立子 役
  • シャープさんフラットさん(2008年9月) - 園田春奈、煙の母親 役
  • 神様とその他の変種(2009年4月) - 女2(スズキサチオの母親) 役
  • 2番目、或いは3番目(2010年6月) - 姉妹・姉 役
  • 百年の秘密(2012年4月、2018年4月再演) - ティルダ・ベイカー 役
  • 社長吸血記(2014年9月) - 望月マリィ(演習の担当官)、女2(市子) 役
  • ちょっと、まってください(2017年11月) - 女4(金持ちの母親) 役
その他の公演
  • 砂漠監視隊(1989年12月)
  • BONTAN-DOUROU(1994年8月)
  • ねえ! キスしてよ(1995年7月)
  • ふくすけ(1998年12月)
  • ロベルト・ズッコ(2000年3月)
  • 贋作・桜の森の満開の下(2001年6月)
  • パパ・センプリチータ(2002年4月)
  • カメレオンズ・リップ(2004年2月)
  • MIDSUMMER CAROL ガマ王子 vs ザリガニ魔人(2004年7月) - 木之元 役
  • 労働者M(2006年2月)
  • 開放弦(2006年7月)
  • 少女とガソリン(2007年6月)
  • 犯さん哉(2007年)
  • どん底(2008年4月)
  • 東京月光魔曲(2009年12月)
  • 黴菌(2010年12月)
  • 奥様お尻をどうぞ(2011年)
  • 祈りと怪物〜ウィルヴィルの三姉妹〜 【KERAバージョン】(2012 - 2013年)
  • 夕空はれて-よくかきくうきゃく-(2014年)
  • 8月の家族たち August:Osage County(2016年)
  • ヒトラー、最後の20000年〜ほとんど、何もない〜(2016年7月 - 9月)
  • 陥没(2017年)
  • 修道女たち(2018年)
  • ドクター・ホフマンのサナトリウム 〜カフカ第4の長編〜(2019年)
  • 世界は笑う(2022年)[12]

トークライブ編集

バラエティ編集

教育・子供番組編集

CM編集

ラジオ編集

テレビアニメ編集

1996年
1997年
2000年
2001年
2002年
2006年
2010年
2013年
2016年
2019年
2021年

OVA編集

1998年
1999年
  • ピカチュウのふゆやすみ2000(ニャース)
2000年
  • ピカチュウのふゆやすみ2001(ニャース)
2004年
  • ピカチュウのなつまつり(ニャース)
2005年
  • ピカチュウのおばけカーニバル(ニャース)
2006年
  • ピカチュウのわんぱくアイランド(ニャース)
2007年
  • ピカチュウたんけんクラブ(ニャース)
2008年
  • ピカチュウ 氷の大冒険(ニャース、ウリムー)
2009年
  • ピカチュウのキラキラだいそうさく!(ニャース)
2010年
  • ピカチュウのふしぎなふしぎな大冒険(ニャース)
2011年
  • ピカチュウのサマー・ブリッジ・ストーリー(ニャース)
2022年

劇場アニメ編集

1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年

Webアニメ編集

ゲーム編集

1997年
1998年
2000年
2002年
2003年
2004年
2009年
2011年
2015年
2018年
2019年
2020年
2022年

ドラマCD編集

ボイスコミック編集

  • 善鬼とトゲ吉「登龍坂の巻」(2022年、トゲ吉[29]

吹き替え編集

ディスコグラフィ編集

キャラクターソング編集

参加作品編集

発売日 収録先(アーティスト名 / タイトル) 参加曲 備考
2016年9月21日 いとうせいこう&リビルダーズ『再建設的 JOE TALKS いとうせいこうトリビュートアルバム
ユースケ・サンタマリア with KERA & 犬山イヌコ名義で収録[33]

著書編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f ナイロン100℃・Member”. ナイロン100℃. 2019年8月12日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 犬山イヌコ”. アクロス エンタテインメント. 2019年8月12日閲覧。
  3. ^ 犬山イヌコ(いぬやまいぬこ)の解説 - goo人名事典”. goo. 2021年9月16日閲覧。
  4. ^ a b 犬山イヌコ”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年3月28日閲覧。
  5. ^ a b 犬山イヌコ”. タレントデータバンク. 2017年3月28日閲覧。
  6. ^ ナイロン100℃・Member 内「犬山イヌコ」”. ナイロン100℃. 2019年8月12日閲覧。
  7. ^ 布川郁司「第7章 欠落こそが才能なのだ! 成否を分ける声のキャスティング」 『クリィミーマミはなぜステッキで変身するのか? 愛されるコンテンツを生むスタジオの秘密』日経BP社、2013年12月24日、151-152頁。ISBN 978-4-8222-4992-2 
  8. ^ 布川郁司「CHAPTER 2 「匂い」こそが、良い企画の条件である 好奇心がなければ企画もない」 『「おそ松さん」の企画術 ヒットの秘密を解き明かす』集英社、2016年7月31日、72-73頁。ISBN 978-4-08-786072-6 
  9. ^ 読売演劇大賞:表彰・コンクール(文化・スポーツ・国際)のお知らせ:会社案内サイト「読売新聞へようこそ」
  10. ^ 妻、小学生になる。:オリジナルストーリー「ヤコ、ショウがクセになる。」配信 小椋梨央がドラマ初主演”. まんたんウェブ (2022年2月4日). 2022年2月4日閲覧。
  11. ^ グミ・チョコレート・パイン”. Movie Walker. KADOKAWA. 2017年4月3日閲覧。
  12. ^ KERAが“全員がメインキャスト、みたいな”出演者と届ける「世界は笑う」に瀬戸康史ら”. ステージナタリー. ナターシャ (2022年4月4日). 2022年4月19日閲覧。
  13. ^ みどりのマキバオー”. ぴえろ公式サイト. 2016年5月16日閲覧。
  14. ^ キャラクター紹介”. ポケットモンスター. 小学館プロダクション. 2021年4月2日閲覧。
  15. ^ スタッフ&キャスト”. シャーマンキング. 2016年6月27日閲覧。
  16. ^ スタッフ・キャスト”. ポケットモンスター ベストウイッシュ シーズン2 デコロラアドベンチャー. あにてれ:テレビ東京. 2021年4月2日閲覧。
  17. ^ スタッフ・キャスト”. ポケットモンスター エックスワイ:あにてれ. テレビ東京. 2017年1月29日閲覧。
  18. ^ スタッフ・キャスト”. あにてれ ポケットモンスター XY&Z. テレビ東京. 2017年1月29日閲覧。
  19. ^ STAFF&CAST”. TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』. 2017年4月3日閲覧。
  20. ^ スタッフ・キャスト”. あにてれ ポケットモンスター サン&ムーン. テレビ東京. 2016年10月23日閲覧。
  21. ^ 『ポケットモンスター』TVアニメ新シリーズ、ロケット団が今作も続投! 声優の林原めぐみさん・三木眞一郎さん・犬山イヌコさんからコメント到着”. アニメイトタイムズ (2019年10月25日). 2019年10月27日閲覧。
  22. ^ 岡部文都子編『アニメディア』2019年12月号、学研プラス、2019年10月9日、 32頁。
  23. ^ CAST”. TVアニメ『シャーマンキング』公式サイト. 2020年12月23日閲覧。
  24. ^ “「みどりのマキバオー」BD特典で原作最終話のレースを初アニメ化!犬山イヌコも胸熱”. マイナビニュース. (2022年6月13日). https://news.mynavi.jp/article/20220613-2367144/ 2022年6月13日閲覧。 
  25. ^ “小林賢太郎のアニメ「カラフル忍者いろまき」、声優に清水葉月&犬山イヌコ”. ステージナタリー. (2016年9月12日). http://natalie.mu/stage/news/201537 2016年9月12日閲覧。 
  26. ^ 劇場版ポケットモンスター みんなの物語”. 2018年4月22日閲覧。
  27. ^ 「映画おしりたんてい」ゲストキャラ役に小林星蘭・犬山イヌコ・竹井亮介”. 映画ナタリー. 2020年3月26日閲覧。
  28. ^ イベント「フォール・オブ・ドラゴン」を開催!”. グランブルーファンタジー. 2015年9月16日閲覧。
  29. ^ 【ジャンプ漫画】(cv:犬山イヌコ)凸凹コンビが街に潜む謎に挑む!?超新感覚アクション奇譚!『善鬼とトゲ吉』前編【ボイスコミック】”. ジャンプチャンネル(YouTubeチャンネル) (2022年5月15日). 2022年5月21日閲覧。
  30. ^ “名探偵ピカチュウの日本語吹替えは西島秀俊!”. 映画「名探偵ピカチュウ」公式サイト. https://meitantei-pikachu.jp/info/?page=2019/05/03/pikachu/ 2019年5月3日閲覧。 
  31. ^ ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷”. ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント. 2020年12月18日閲覧。
  32. ^ でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード”. ふきカエル大作戦!! (2022年1月21日). 2022年1月21日閲覧。
  33. ^ “いとうせいこうトリビュート『再建設的』参加アーティスト&収録曲公開”. ORICON NEWS (オリコン). (2016年7月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2075335/full/ 2016年7月20日閲覧。 

外部リンク編集