マーチ・871 (March 871) は、マーチ・レーシングチーム1987年F1世界選手権に投入したフォーミュラ1カーコスワース DFZエンジンを搭載し、1986年の国際F3000選手権チャンピオンであるイヴァン・カペリがドライブした。

マーチ・871
カテゴリー F1
コンストラクター マーチ・エンジニアリング
デザイナー ゴードン・コパック
ティム・ホロウェイ
先代 マーチ・87P
後継 マーチ・881
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバーモノコック
サスペンション(前) インボードコイルスプリング, プルロッド, ダブルウィッシュボーン
サスペンション(後) インボードコイルスプリング, プルロッド, ダブルウィッシュボーン
エンジン コスワース DFZ, 3,494 cc (213.2 cu in), 90° V8, NA, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション マーチ 6速 MT
燃料 シェル
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム レイトンハウス マーチ・レーシングチーム
ドライバー 16. イタリアの旗 イヴァン・カペリ
コンストラクターズタイトル 0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1987年サンマリノグランプリ
出走優勝ポールFラップ
15000
テンプレートを表示

チームは日本の不動産会社レイトンハウスがスポンサードした。

871は開幕戦のブラジルに間に合わず、チームはF3000車両をF1の規定に合わせた87Pを使用した。871は第2戦のサンマリノから投入された。

871の最高位はモナコグランプリの6位で、1ポイントを獲得した。しかしながらカペリのドライブする871は自然吸気エンジン搭載車両を対象にしたコーリン・チャップマン・トロフィーで38ポイントを獲得しランキング4位となった。

F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1987年 マーチ・レーシングチーム コスワース DFZ
V8 NA
G BRA
 
SMR
 
BEL
 
MON
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
AUT
 
ITA
 
POR
 
ESP
 
MEX
 
JPN
 
AUS
 
1 13位
イヴァン・カペリ Ret Ret 6 Ret Ret Ret Ret 10 11 13 9 12 Ret Ret Ret

コーリン・チャップマン・トロフィー編集

(自然吸気車両によるコンストラクターズカップ) (key)

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1987年 マーチ・レーシングチーム コスワース DFZ
V8 NA
G BRA
 
SMR
 
BEL
 
MON
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
AUT
 
ITA
 
POR
 
ESP
 
MEX
 
JPN
 
AUS
 
38 4位
イヴァン・カペリ Ret Ret 2 Ret Ret Ret Ret 3 1 2 1 3 Ret Ret Ret

参照編集

  1. ^ STATS F1 - March 871”. Statsf1.com. 2010年8月23日閲覧。

外部リンク編集