マーチ・881 (March 881) は、マーチ1988年のF1世界選手権用に開発されたフォーミュラ1カー。設計者はエイドリアン・ニューウェイ

マーチ・881
第5戦カナダGPでのマーチ・881(ドライバーはイヴァン・カペリ)
第5戦カナダGPでのマーチ・881(ドライバーはイヴァン・カペリ)
カテゴリー F1
コンストラクター マーチ・エンジニアリング
デザイナー エイドリアン・ニューウェイ
先代 マーチ・871
後継 マーチ・CG891
主要諸元
シャシー カーボンファイバーモノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン、プッシュロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン、プルロッド
トレッド 前:1,778 mm (70.0 in)
後:1,676 mm (66.0 in)
ホイールベース 2,855 mm (112.4 in)
エンジン ジャッド CV 3,496 cc (213.3 cu in) 90度 V8, 600馬力 NA ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション マーチ, 6速 MT
重量 500 kg (1,100 lb)
燃料 Mobil
オイル BP
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム レイトンハウスマーチ・レーシングチーム
ドライバー イタリアの旗 イヴァン・カペリ
ブラジルの旗 マウリシオ・グージェルミン
出走時期 1988年
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
通算獲得ポイント 22
初戦 1988年ブラジルGP
出走優勝表彰台ポールFラップ
160100
テンプレートを表示

開発編集

前年からレイトンハウスとジョイントする形でF1に復帰したマーチの新型マシン。これまで搭載していたフォードDFZからこの年から参入したジャッド製エンジンを搭載。ドライバーは前年に引き続きイヴァン・カペリと、この年でデビューを果たしたマウリシオ・グージェルミンを起用した。

ターボと比べるとパワーと信頼性は劣るが、ニューウェイが開発した空力面との相性が良く、予選・決勝でも上位に食い込む速さを見せた。

ニューウェイは881で一つの発明を行った。フロントウイングをフロントノーズの側面に取り付けるのではなく、持ち上げたノーズの下側に通すという方法がそれで、フロントウイングの下側をフロントディフューザーとして機能させる事を考慮したものである。フロントウイングで地面効果を発生させるアイデアはロリー・バーンが既に行っていたが、ニューウェイはこれを更に推し進めフロントウイングの全幅で地面効果を発生させる方法を編み出した。このアイデアはその後のフォーミュラカーのフロントセクションのデザインに決定的な影響を与えた。[1] この他、モノコックをできるだけタイトに設計したいとの理由から、モノコック断面に下部が細くなるV字型を導入したほか、コーナリング時の空力変化を考慮して立体成型したフロントウィングの翼端板も投入したが、これらもF1界では初であった[2]

マシンは完全にカペリに最適化されたデザインとなっていたが(そのためカペリ曰く「自分よりも体格の良いグージェルミンはさらに気の毒だった」[3])、ニューウェイ曰く「うっかりミス」で、最初に完成したモノコックはコックピット内にシフトレバーを動かす空間すらないという狭さだった[2]。チームのメカニックらは仕方なくモノコック側面に穴を開けてシフトレバーを動かせる空間を確保することにし、最終的にニューウェイが自らカーボンファイバー製のブリスターを加工してモノコックに取り付ける始末だった[2]。ただそれでも実際にはシフトレバーの操作が窮屈だったため、チームではシフトレバーの上部を逆L字型に加工してスペースを捻出した[3]

レース戦績編集

1988編集

881は1988年シーズンの自然吸気車中一貫して最速であった。ホッケンハイムリンクで行われた第9戦ドイツグランプリでカペリは 312 km/h (194 mph) を記録し、第14戦ポルトガルグランプリでは2位表彰台を獲得している。カペリがドライブする881は、第15戦日本グランプリで当時最強だったマクラーレンホンダアラン・プロストをかわし、すぐに抜かれるもののNAユーザーで唯一ラップリーダーを記録した。自然吸気車がターボ車を抑えてリードしたのは1983年以来のことであった。カペリは17ポイントを獲得しランキング7位、グージェルミンは5ポイントで13位となった。チームはコンストラクターズ6位とNA勢ではベネトンに次く好成績を残した。

1989編集

新型のCG891は開幕には間に合わず、チームはブラジルサンマリノを881で戦わざるを得なかった。グージェルミンは母国GPで3位に入賞する。これは優勝したフェラーリナイジェル・マンセルから9.3秒、2位のマクラーレンアラン・プロストから1.5秒遅れであった。しかしながら、このとき獲得した4ポイントが結局この年チームが獲得した唯一のポイントであった。

スペック編集


F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1988年 レイトンハウスマーチ ジャッド CV
V8
G BRA
 
SMR
 
MON
 
MEX
 
CAN
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
ESP
 
JPN
 
AUS
 
22 6位
マウリシオ・グージェルミン Ret 15 Ret Ret Ret Ret 8 4 8 5 Ret 8 Ret 7 10 Ret
イヴァン・カペリ Ret Ret 10 16 5 DNS 9 Ret 5 Ret 3 5 2 Ret Ret 6
1989年 レイトンハウスマーチ ジャッド CV
V8
G BRA
 
SMR
 
MON
 
MEX
 
USA
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
ESP
 
JPN
 
AUS
 
4* 12位
マウリシオ・グージェルミン 3 Ret
イヴァン・カペリ Ret Ret

* 1989年の4ポイントはマーチ・881による。

  • コンストラクターズランキング6位
  • ドライバーズランキング13位:マウリシオ・グージェルミン(予選最高位5位2回 決勝最高位4位1回)
  • ドライバーズランキング7位:イヴァン・カペリ(予選最高位3位1回 決勝最高位2位1回)

脚注編集

  1. ^ 『日本グランプリを分析する』、「Racing On」 No.040、武集書房、1988年。
  2. ^ a b c 『GP Car Story Special Edition Adrian Newey』(三栄2020年)pp.16 - 19
  3. ^ a b 『GP Car Story Special Edition Adrian Newey』pp.20 - 23

外部リンク編集