マーチ・87P (March 87P) は、マーチ・エンジニアリングが開発したフォーミュラ1カー1987年F1世界選手権に投入された。マーチがF1に再参戦するにあたって、フォーミュラ3000マシンを元に暫定的な解決策として設計された。87Pは1987年の開幕戦、ブラジルグランプリの予選に参加したが、決勝はエンジントラブルのため参加できなかった。

マーチ・87P
カテゴリー F1
コンストラクター マーチ
デザイナー ゴードン・コパック
ティム・ホロウェイ
アンディ・ブラウン
先代 マーチ・821
後継 マーチ・871
主要諸元
シャシー カーボンファイバーモノコック
サスペンション(前) ロッカーアーム、プッシュロッド、コニ製ショックアブソーバー
サスペンション(後) ロッカーアーム、プッシュロッド、コニ製ショックアブソーバー
エンジン フォード コスワース DFZ 3.0 V8
トランスミッション マーチ, 6速 + 反転1速 MT,
燃料 Q8 / シェル
タイヤ グッドイヤー
主要成績
ドライバー イヴァン・カペリ
出走時期 1987年
初戦 1987年ブラジルグランプリ
出走優勝ポールFラップ
1000
テンプレートを表示

背景編集

マーチ・エンジニアリングはビスター・カンパニーを元に、マックス・モズレーアラン・リースグラハム・コーカーロビン・ハードによって1969年4月に設立された。マーチは当時唯一の市販フォーミュラ1カーメーカーであった。多くのカスタマーチームがマーチ・701およびその後継マシンを購入した。また、ファクトリーチームとしても世界選手権に参戦した。フォーミュラ1での活動は1977年まで続き、その後は活動の場をフォーミュラ2フォーミュラ3、フォーミュラ3000に移した。80年代半ばに新たに設立されたフォーミュラ3000ではシリーズを支配し、シリーズ初年の1985年にはクリスチャン・ダナーマーチ・85Bでタイトルを獲得、翌年イヴァン・カペリマーチ・86Bでタイトルを獲得した。

いわゆるターボ時代、マーチはフォーミュラ1に関与していなかった。1981年1982年にマーチの名は再びフォーミュラ1に現れたが、ロビン・ハードと協力してマーチとして参戦したRAMレーシングのプロジェクトは、マーチ・エンジニアリングと実際には法的な関係は無かった[1]。FISAが1986年10月に、1989年からターボエンジンを禁止することを発表し[2]、マーチは他のマニファクチャラーと同様にF1にステップアップすることを決定した。

マーチ・エンジニアリングはF1参戦のための子会社、マーチ・レーシングを設立したが、実質的にはメインスポンサーであるレイトンハウスから資金が供給された[3]ゴードン・コパックは1987年シーズン用に、自然吸気エンジンのコスワース DFZに合わせたコンパクトなマシン、マーチ・871を開発していたが[1]、完成が遅れていたためシーズン開幕には使用できなかった。マーチはエントリー時に全戦参加を約束していた。この義務を果たし、欠場の際のペナルティを避けるためにチームは開幕戦用にフォーミュラ3000マシンを改修したマーチ・87Pを発表した[4]。87Pが使用されたのはこのレースのみで、第2戦からは871の準備が整った。マーチ同様に翌年F1に参戦したBMSスクーデリア・イタリア開幕戦に予定していたマシンを準備できず、フォーミュラ3000用マシンを改修したダラーラ・3087を開幕戦に投入している[5]

開発編集

マーチ・87Pはゴードン・コパックティム・ホロウェイアンディ・ブラウンが設計した[6]。その内容はF3000マシンの87BとF1マシンの871の要素を組み合わせた物であった。シャシーは基本的に87Bの物であるが、ボディ及びストラット式サスペンションは871の物と同様であった[4]。F3000用シャシーの使用には燃料タンク容量の制限が影響した。87Pのタンクは小型で、160リッターの87Bの物が使用された。この容量はグランプリの距離には十分でなかった[1]。レース中の給油は禁止されていたため、予め完走を想定していない車であった。

87Pはハイニ・マーダーがチューンした3.5リッターのコスワース DFZが搭載された[7]。エンジンはカバーで覆われず、むき出しのままであった。

レース戦績編集

レイトンハウス・マーチ・レーシングチームはブラジルグランプリにイヴァン・カペリを起用して87Pを走らせると発表した。カペリは前年に国際F3000のタイトルを獲得し、以前にティレルおよびAGSからF1に出場していた。

予選でカペリは最も遅いドライバーだった。彼のラップタイム、1:43.58はナイジェル・マンセルウィリアムズ・FW11Bで記録したポールタイムより17秒も遅かった。カペリはAGSのパスカル・ファブルから4秒遅れの最下位となった。

マーチは決勝には参加しなかった。予選でDFZエンジンはひどく損傷し修理することができなかった。チームは予備のエンジンを持っていなかったため、カペリはスタートすることができなかった[1][6]

F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1987年 マーチ・レーシングチーム コスワース DFZ
V8 NA
G BRA
 
SMR
 
BEL
 
MON
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
AUT
 
ITA
 
POR
 
ESP
 
MEX
 
JPN
 
AUS
 
1 13[8]
  イヴァン・カペリ DNS


参照編集

  1. ^ a b c d Hodges: A–Z of Grand Prix Cars. 2001, S. 147.
  2. ^ Cimarosti: Das Jahrhundert des Rennsports. 1997, S. 369.
  3. ^ Cimarosti: Das Jahrhundert des Rennsports. 1997, S. 377.
  4. ^ a b Hodges: Rennwagen von A-Z nach 1945. 1994, S. 167.
  5. ^ Anders als der March 87P war der Dallara 3087 ein reines Formel-3000-Auto, das keinerlei Veränderungen erfahren hatte; es verfügte auch über den 3,0 Liter großen DFV-Achtzylinder, der für die Formel 3000 bestimmt war.
  6. ^ a b Ménard: La Grande Encyclopédie de la Formule 1. 2000, S. 387.
  7. ^ Übersicht über die 1987 verwendeten Motoren auf der Internetseite www.forix.autosport.com (abgerufen am 19. April 2013).
  8. ^ 順位は後継のマーチ・871の成績も含む。

外部リンク編集