ミスター珍

ミスター珍
ミスター珍の画像
プロフィール
リングネーム ミスター珍
ハラキリ
ミスター・ヨト
珍崎人生
本名 出口 一
身長 168cm
体重 83kg(全盛時)
誕生日 (1932-10-12) 1932年10月12日
死亡日 (1995-06-26) 1995年6月26日(満62歳没)
出身地 日本の旗 兵庫県宝塚市
スポーツ歴 柔道
トレーナー 山口利夫
デビュー 1955年
引退 1995年
テンプレートを表示

ミスター珍(ミスターちん、1932年10月12日 - 1995年6月26日)は、日本のプロレスラー。本名は、出口 雄一(でぐち ゆういち)。兵庫県宝塚市出身。身長168cm、体重83kg(全盛期)。

くちひげがトレードマーク。プロレス界から離れていた一時期、テレビタレント俳優としても活動した。

目次

来歴編集

現役前期時代(国際柔道協会・全日本プロ協会・日本プロレス)編集

兵庫県警察機動隊に勤務し柔道の選手として活躍した後、木村政彦山口利夫が立ち上げた国際柔道協会(プロ柔道)に参加。その後、山口利夫と行動を共にし全日本プロレス協会に参加、P・Y・チャン(トージョー・ヤマモト)とのタッグで人気を呼ぶも、同団体は興行に失敗し崩壊。1955年日本プロレスへ入団した。チャイナ服を着た中国人スタイルや日の丸に神風と書かれた鉢巻を締める和風スタイルで、下駄凶器として使用する悪役レスラーとして一世を風靡[1]した。知名度が上がったこの時期、テレビタレントや俳優としても活動するようになり、1964年に日本プロレスを退団。

馬場との対決。欠場そして復帰編集

昭和36年1月7日、名古屋・金山体育館で馬場正平(ジャイアント馬場)と対戦した珍は馬場の16文キックをまともに食ってしまう。後に珍が「あの時『しまった!』と思った」と語った程強烈なキックでゴムまりの様に吹っ飛ばされ後頭部からキャンバスに叩き付けられ昏倒、左半身の脳天からつま先まで完全にしびれ、瞳孔が開き舌も喉の奥に巻き取られる程の重体であった。すぐさま病院に担ぎ込まれ、手厚い看護を受けたが「俺はかなりの重体なんだな…」と察した珍は引退を覚悟したという。そんな珍を励まし、リング復帰を進めてくれたのが珍を看護していた若い看護婦であった。彼女の励ましと深い愛情に感動した珍は2か月以上に渡る入院生活を経て退院、レフェリーを経て見事にレスラーとして復活した。その後、病気(胃潰瘍糖尿病等)で引退するまで現役を続けた。珍を励ましてくれた看護婦は後に珍と結婚、彼を影から日向から支え続けたという。

この事件はコワルスキーの耳削ぎ事件やハンセンのサンマルチノ首骨折事件と並んで完全なアクシデント(事故)であったが、当時馬場はひどく落胆し「もし珍さんが復活出来なかったら僕はプロレスを辞めようと思った」と語った程落ち込み、珍を心配していたと言う。

現役中期時代(国際プロレス)編集

胃潰瘍の手術の影響で事実上引退したと思われていたが、1970年国際プロレスに参戦し現役復帰。同年暮れ、ミスター・タイガーにフォール勝ちし、感激して泣き出す姿がテレビで放映された。1971年の「第3回IWAワールド・シリーズ」では、大剛鉄之助や村崎鬼三とのコンビでモンスター・ロシモフとのハンディ・キャップマッチを行っている。この時期に初のアメリカ遠征を経験し、テネシー州でトージョーと再会しアメリカ南部地区を転戦して人気を博し[2]、テキサス州にて同州認定世界タッグ王座を獲得する。ルイジアナ州オクラホマ州にも転戦し、手術痕をトレードマークに「ハラキリ」のリングネームで活動[3]。カナダではミスター・ヨトとして活躍。

1976年の凱旋帰国の際もミスター・ヨトとして外人側で出場し、パンフレットには「へんな外人」と紹介されたこともあった[4]1980年には鶴見五郎大位山勝三の「独立愚連隊」のマネージャー役も務めた。しかし、国際プロレスは1981年8月9日北海道羅臼大会で活動を中止したため、再び事実上引退した(この時の対戦相手は冬木弘道[5]

その後、「現役最年長最古参レスラー」という肩書きで、週刊プロレスにコラム「ミスター珍のThat's談」や「ミスター珍の珍説日本レスラー伝」を連載した。

晩年時代(FMW)編集

1993年7月16日、60歳を超える高齢でFMWに参戦し、正式デビューを控えた練習生の田中正人(現:田中将斗)と対戦(田中の正式デビュー戦は1993年7月23日のリッキー・フジ戦)。突如現役復帰を果たし、日本人現役最高齢レスラーとなった。

第一級身体障害者に認定される程、重度の糖尿病を長年患っており、人工透析を頻繁に受けなければ生命の維持が困難な身体であると『週刊プロレス』のコラムやマスコミで公表。度々、現役の引退と復帰を繰り返した原因であることを明かした。大仁田厚の厚意で、人工透析を続けながらイレギュラーでFMWの前座試合に参加。のような世代の若手選手を相手に、下駄だけでなくゴムも凶器として使用するというコミカルな反則攻撃で観客を笑わせた。一方、彼の体の状態も知られていたため、ボディスラムで投げられるだけでも場内がどよめくほどであったが、7月の「ノーロープ有刺鉄線バリケードマット電流地雷爆破ダブルヘルデスマッチ」では大仁田のセコンドについて試合に乱入し、ミスター・ポーゴに電流爆破装置付きの有刺鉄線に叩きつけられるというスリリングな展開となった[6]五所川原吾作との対戦では、五所川原がアンダーテイカー吾作(ジ・アンダーテイカーのパロディ)に、珍が珍崎人生(新崎人生のパロディ)にそれぞれなりきってのパロディ対決が話題を集め、ミスター珍の全盛期を知らない若い世代のファンも喜ばせていた[7]が、病状が悪化し、1995年6月26日に慢性腎不全により死去[8]。62歳没。

死後、そのレスラーとしての壮絶な半生が『驚きももの木20世紀』で特集された[9]

獲得タイトル編集

  • テキサス州認定世界タッグ王座

出演作編集

映画編集

テレビドラマ編集

著作編集

  • 糖尿地獄からの生還―失明の危機、人工透析、白内障…26年におよぶ糖尿病との執念の闘い(1994年、ザ・マサダ刊 ISBN 4915977072

脚注編集

  1. ^ この頃のムーブの中に、うがい薬を口に含んで上空に向け霧状に吹くというものがあり、晩年に『週刊プロレス』で毒霧の起源が考察された際にこのムーブが起源の一つとして取り上げられたことがある。
  2. ^ しかし、この頃の暴飲暴食が原因で糖尿病を発症してしまったという。
  3. ^ 週刊プロレスNo.124 P.58「ミスター珍のThat's談」より
  4. ^ 『忘れじの国際プロレス』P40(2014年、ベースボール・マガジン社ISBN 9784583620800
  5. ^ 『忘れじの国際プロレス』P64 - 65(2014年、ベースボール・マガジン社)ISBN 9784583620800
  6. ^ 大仁田とポーゴの遺恨アングルの中で、FMWファン全体がポーゴへの憎悪を募らせるに十分な見事なジョブをこなしてみせた。
  7. ^ 当時ブレイクしつつあったスペル・デルフィンの得意技であったスイングDDTを敢行し、マンハッタン・ドロップで切り返されるムーブを見せる事もあった。
  8. ^ 『現代物故者事典 1994〰1996』 日外アソシエーツ 1997年刊
  9. ^ 1996年12月6日放送の「ミスター珍・奇跡の復活」