メインメニューを開く

三島 ゆたか(みしま ゆたか、1968年3月21日 - )は、東京都立川市出身の俳優[1]劇作家脚本家演出家。東京の劇団おにぎりスキッパーズ2の主宰。株式会社ケイエムシネマ企画所属。

みしま ゆたか
三島 ゆたか
三島 ゆたか
本名 三島 裕(みしま ゆたか)
生年月日 (1968-03-21) 1968年3月21日(51歳)
出生地 日本の旗 日本東京都立川市
身長 157 cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1993年 -
所属劇団 おにぎりスキッパーズ2
事務所 ケイエムシネマ企画
公式サイト プロフィール
主な作品

日本映画
なま夏
大日本人
机のなかみ
鉄男 THE BULLET MAN
ばしゃ馬さんとビッグマウス
進撃の巨人


日本国外映画
沈黙 -サイレンス-
シャッター
テンプレートを表示

人物編集

1993年、森久保祥太郎らとラップバンド、「おにぎりスキッパーズ」を結成[2]。当時、ラップはまだ珍しく、対バンを組むバンドが現れなかったため、持ち歌5曲のワンマンライブ開催を余儀なくされた。そのとき、曲の合間を埋めるための長いMCがコントとして発展。コントがいつしか物語形式になり、以降、ミュージシャンの脱退を経て劇団形態に移行した。

おにぎりスキッパーズは1999年一度解散するが、2年後の2001年に「おにぎりスキッパーズ2」として再結成。ユニット形態での8年間の活動ののち、2009年再劇団化された。三島ゆたかはおにぎりスキッパーズ2の主宰として、脚本演出を担当している。

一方1993年、おにぎりスキッパーズ活動中に受けたCFオーデションに合格したことにより俳優活動を舞台活動と並行して行うようになる。1996年に行われた東映映画『嗚呼!!花の応援団』の公開オーデションで前田等役に抜擢ばってきされスクリーンデビューを果たした。

1997年、『とんねるずのみなさんのおかげでした』内にて放送されたSFドラマ「ギャラクシーフジヤマ」で、ダンスの振り付けをしていたパパイヤ鈴木と意気投合しおやじダンサーズを結成するが、翌1998年開催されたサザンオールスターズ20周年ライブ終了時に方向性の違いにより脱退。ウルフルズのPV「あそぼう」がおやじダンサーズ最後の仕事となった(パパイヤ鈴木とは2001年、ウルフルズのPV「明日があるさ」で再共演をしている)。

2000年、おにぎりスキッパーズ解散後、ピン芸人である鮪男らとコントユニット=ブーツ&パンティーズを結成。翌2001年、おにぎりスキッパーズ2再結成を理由に脱退。

2006年、第17回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭・オフシアターコンペティションにて、初主演作『なま夏』(吉田恵輔監督)がグランプリを受賞。[3]吉田恵輔とは塚本晋也監督作『バレット・バレエ』の撮影現場で知り合い、それが縁で「『なま夏』の主演を引き受けることとなった。三島は『なま夏』以降、吉田恵輔が監督するすべての作品にクレジットされている。

その特異な外見、キャラクターから映画やドラマではワンポイントとして使われることの多い俳優である。またその出演シーンの短さから、自身を「抜けの匠」、出演作を「出没作」と称している。

出演編集

映画編集

※☆は吉田恵輔監督作品。

テレビドラマ編集

配信ドラマ編集

オリジナルビデオ編集

PV編集

CM編集

脚注編集

  1. ^ [1]、日本タレント名鑑、2019年8月29日閲覧
  2. ^ 森久保祥太郎 (2017年10月2日). 声優インタビュー:森久保祥太郎【先輩のオフレコ!】1. インタビュアー:タウンワークマガジン. タウンワークマガジン, リクルートホールディングス.. https://townwork.net/magazine/serial/c_offrecord/45607/ 2019年2月21日閲覧。 
  3. ^ ヨウフマサコ (2006年2月26日). “ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2006:オフシアターCプログラム『ムーの男』『赤イ靴わかば』『なま夏』上映”. CINEMATOPICS. 2019年2月21日閲覧。
  4. ^ スコセッシ監督の『沈黙』 新キャスト発表、TSUTAYAニュース、2019年2月21日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集