伏見宮栄仁親王

南北朝時代、室町時代の日本の皇族。崇光天皇の第一皇子。伏見宮初代当主。

伏見宮栄仁親王(ふしみのみや よしひとしんのう、榮仁親王観応2年(1351年) - 応永23年11月20日1416年12月9日))は、南北朝時代皇族北朝第三代崇光天皇の皇子。読み方は「なかひと」とも[注 1]世襲親王家伏見宮初代当主。伏見殿有栖川殿などと称する。

伏見宮栄仁親王
伏見宮
続柄 崇光天皇第1皇子

称号 大通院(法名は通智)
身位 親王
敬称 殿下
出生 観応2年(1351年
死去 応永23年11月20日1416年12月9日)(65歳没)
埋葬 深草北陵
配偶者 藤原治子(妃)
子女 治仁王貞成親王 ほか
父親 崇光天皇
母親 源資子
サイン
テンプレートを表示

略歴 編集

応安元年(1368年)正月親王宣下を受け、栄仁と命名される。永和元年(1375年)11月元服し、二品に叙せられる。

祖父の光厳法皇花園天皇の皇子であった直仁親王(実父は花園天皇ではなく光厳天皇であった)を崇光天皇の皇太子に立ててその子孫に皇位を継承させ、栄仁親王をはじめとする崇光天皇の皇子は全て出家させる意向であった。このため、栄仁の皇位継承の可能性が浮上したのは、皮肉にも正平一統で崇光天皇と直仁皇太子が廃位され、失意のうちに直仁が出家した後の話であり、当初は崇光天皇の弟の弥仁(後の後光厳天皇)とともに妙法院に入る予定であった(『後光厳天皇日記』応安3年11月3日条)[2]

崇光上皇は、持明院統嫡流として第一皇子である栄仁親王の即位を念願していた。しかし、皇統南北朝、さらには北朝自体が崇光上皇・栄仁親王の系統と崇光天皇の弟の後光厳天皇の系統に分立するなど、情勢は栄仁親王の登極が実現するには厳しいものがあった。応永5年(1398年)正月崇光上皇が崩御し、最大の後ろ盾を失った栄仁親王は、同年5月出家した。法名は通智(つうち)。同年8月に洛北萩原殿に移る。

崇光上皇は光厳法皇から直仁親王に一期分として譲られた室町院領以外の持明院統の主要な所領(長講堂領・法金剛院領・熱田社領など)を継承して栄仁親王もそれらを相続したが、後小松天皇(後光厳天皇の孫)はそれを認めずに全て没収してしまった。後小松天皇の後見であった足利義満はこれを支持しながらも収拾策を模索し、折しも5月に薨去した直仁親王に与えられていた室町院領を栄仁親王に与え、後小松天皇も播磨国国衙領のみは返還することで紛争を収拾させた[3]

応永6年(1399年)12月伏見殿に移るが、応永8年(1401年)伏見殿が火事で焼け落ち、嵯峨洪恩院に移る。

応永10年(1403年)には尾張守護で室町幕府の実力者であった斯波義重より献上された有栖川山荘(有栖川殿)に移り、有栖川殿と称する。遍歴を余儀なくされた親王であるが、応永16年(1409年)6月に皇室累代の御料である伏見に戻り、伏見殿と称されるようになる。親王の伏見御料は、以後子孫相次いで伝領され、これが伏見宮の起源となる[4]。応永23年(1416年)11月20日薨去。66歳。法号は大通院。

また、栄仁親王は、琵琶和歌など諸芸能に堪能で、伏見宮家が楽道を家業とする起源を作った。

系譜 編集

伏見宮栄仁親王の系譜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
16. 第92代 伏見天皇
 
 
 
 
 
 
 
8. 第93代 後伏見天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
17. 五辻経子
 
 
 
 
 
 
 
4. 北朝初代 光厳天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
18. 西園寺公衡
 
 
 
 
 
 
 
9. 西園寺寧子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
19. 藤原兼子
 
 
 
 
 
 
 
2. 北朝3代 崇光天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20. 正親町三条実躬
 
 
 
 
 
 
 
10. 正親町三条公秀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
21. 聖海の娘
 
 
 
 
 
 
 
5. 正親町三条秀子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1. 伏見宮栄仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
24. 綾小路経賢
 
 
 
 
 
 
 
12. 綾小路茂賢
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
25. 中山基雅の娘
 
 
 
 
 
 
 
6. 庭田重資
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3. 庭田資子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

系図 編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
93 後伏見天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光厳天皇 北1
 
光明天皇 北2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
崇光天皇 北3
 
 
 
 
 
後光厳天皇 北4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(1)栄仁親王
 
 
 
 
 
後円融天皇 北5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(2)治仁王
 
(3)貞成親王
(後崇光院)
 
100 後小松天皇 北6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
102 後花園天皇
 
(4)貞常親王
伏見宮家
 
101 称光天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
103 後土御門天皇
 
(5)邦高親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
現皇室へ
 
伏見宮へ
 
 
 
 
 
崇光天皇
 
(1)栄仁親王
 
(2)治仁王
 
 
後花園天皇
 
後土御門天皇
 
後柏原天皇
 
後奈良天皇
 
正親町天皇
 
A
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(3)貞成親王
(後崇光院)
 
 
(4)貞常親王
 
(5)邦高親王
 
(6)貞敦親王
 
(7)邦輔親王
 
(8)貞康親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(9)邦房親王
 
B
 
 

A
 
誠仁親王
 
後陽成天皇
 
後水尾天皇
 
霊元天皇
 
東山天皇
 
中御門天皇
 
C
 
 
 
 
 
 
 
 
 
B
 
(10)貞清親王
 
(11)邦尚親王
 
 
福子内親王
 
 
(閑院宮1)直仁親王
 
D
 
 
 
 
 
 
 
 
(12)邦道親王
 
 
 
 
 
(15)貞建親王
 
E
 
 
 
 
 
 
 
 
(13)貞致親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(14)邦永親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

C
 
桜町天皇
 
桃園天皇
 
後桃園天皇
 
 
 
 
 
 
(17)貞行親王
 
D
 
(閑院宮2)典仁親王
 
(閑院宮3)美仁親王
 
(閑院宮4)孝仁親王
 
(閑院宮5)愛仁親王
 
 
 
 
 
 
 
光格天皇
 
仁孝天皇
 
孝明天皇
 
明治天皇
 
大正天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(16)邦忠親王
 
 
E
 
 
(18)邦頼親王
 
(19)貞敬親王
 
F
 
 
 

F
 
(20/23)邦家親王
 
(山階宮1)晃親王
 
(梨本宮2/山階宮2)
菊麿王
 
(山階宮3)武彦王
(皇籍離脱)
 
 
 
 
 
 
 
 
(梨本宮1)守脩親王
 
 
(久邇宮1)朝彦親王
 
(賀陽宮1)邦憲王
 
(賀陽宮2)恒憲王
(皇籍離脱)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(久邇宮2)邦彦王
 
(久邇宮3)朝融王
(皇籍離脱)
 
 
 
 
 
 
 
(梨本宮3)守正王
(皇籍離脱)
 
 
香淳皇后
 
 
 
 
 
 
多嘉王
 
 
第125代天皇
明仁上皇
 
第126代天皇
徳仁今上天皇
 
 
 
 
 
(21)貞教親王
 
 
(朝香宮)鳩彦王
(皇籍離脱)
昭和天皇
 
 
 
 
 
 
(東久邇宮)稔彦王
(皇籍離脱)
 
 
 
小松宮彰仁親王
 
 
(竹田宮1)恒久王
 
(竹田宮2)恒徳王
(皇籍離脱)
 
 
 
 
 
 
(北白川宮2)能久親王
 
 
(北白川宮3)成久王
 
(北白川宮4)永久王
 
(北白川宮5)道久王
(皇籍離脱)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小松輝久
 
 
 
(華頂宮1)博経親王
 
(華頂宮2)博厚親王
 
 
 
 
(北白川宮1)智成親王
 
 
(25/華頂宮3)
博恭王
 
博義王
 
(26)博明王
(皇籍離脱)
 
 
 
 
 
 
 
 
(22/24)貞愛親王
 
 
邦芳王
 
 
(華頂宮4)
博忠王
 
 
 
 
 
(閑院宮6)載仁親王
 
(閑院宮7)春仁王
(皇籍離脱)
 
 
華頂博信
 
 
 
 
 
(東伏見宮)依仁親王
 
 
伏見博英
 
 


妃・王子女 編集

北朝第三代崇光天皇の第一皇子。母は源資子御息所三条実治の女の藤原治子(西御方)。

系図 編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
93 後伏見天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光厳天皇 北1
 
光明天皇 北2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
崇光天皇 北3
 
 
 
 
 
後光厳天皇 北4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(1)栄仁親王
 
 
 
 
 
後円融天皇 北5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(2)治仁王
 
(3)貞成親王
(後崇光院)
 
100 後小松天皇 北6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
102 後花園天皇
 
(4)貞常親王
伏見宮家
 
101 称光天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
103 後土御門天皇
 
(5)邦高親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
皇室
 
旧皇族
 
 
 
 
 

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 明治時代初期作成の『伏見宮御系図』にて、「よしひと」と付けられたことから「よしひと」という読みが広まった。しかし飯倉晴武は、東山御文庫所蔵『立親王次第』にて「栄仁」に「ナカ、中」と付けられているから、「栄仁」は「なかひと」が正しいとしている[1]

出典 編集

  1. ^ 飯倉晴武『地獄を二度も見た天皇 光厳院』2002、p.202。
  2. ^ 家永遵嗣「光厳上皇の皇位継承戦略と室町幕府」(桃崎有一郎山田邦和編『室町政権の首府構想と京都』、文理閣〈平安京・京都研究叢書4〉、2016年、pp.111。
  3. ^ 白根陽子「伏見宮家領の形成」『女院領の中世的展開』(同成社、2018年) ISBN 978-4-88621-800-1 P219-259.
  4. ^ 詳しくは、松薗斉「中世の宮家について-南北朝・室町期を中心に-」(『愛知学院大学人間文化研究所紀要・人間文化』25、2010)参照のこと。

関連項目 編集