メインメニューを開く

佐賀県の市町村章一覧

ウィキメディアの一覧記事

佐賀県の市町村章一覧(さがけんのしちょうそんしょういちらん)は、佐賀県内の市町村に制定されている、あるいは制定されていた市町村章の一覧である。なお、一覧の順序は全国地方公共団体コード順による。廃止された市町村章は廃止日から順に掲載している。

目次

市部編集

市章 由来 制定日 備考
佐賀市   「S」を図案化したもの[1] 2006年4月1日[1] 色は青色と緑色が指定されている[2]
4代目の市章である
唐津市   「唐」を図案化したもの[1] 2005年9月27日[1] 旧・唐津市制時の1933年5月15日に制定され、新制後に継承される[3]
鳥栖市   「とす」を組み合わせたもの[4] 1954年6月6日[4][5]
多久市   「多久」を表したもの[4] 1954年5月5日[4] 市旗は別デザインである[6]
伊万里市   「イマリ」を図案化したもの[1] 1954年5月31日[4]
武雄市   「た」を図案化したもの[4] 2006年3月1日[7] 旧制施行後の1955年3月22日に制定し、新制施行後に継承される[4]
鹿島市   「か」を図案化したもの[1] 1954年8月25日[1]
小城市   「小」を基本にしたもの[1] 2006年3月5日[1] 色は橙色・青色・緑色が指定されている[8]
嬉野市   「う」を基本に、嬉野温泉の湯気との葉を意図したもの[1] 2006年1月1日[1] 一部は塩田町章を継承したもの[9]
神埼市   「か」と活気に満ちた神埼市民を図案化したもの[4] 2006年3月20日[4] 色は緑色・青色・赤色が指定されている[10]

町村部編集

町村 町村章 由来 制定日 備考
神埼郡 吉野ヶ里町   「よ」を図案化したもの[11] 2006年11月13日[11] 色は青色・緑色・赤色が指定されている[12]
三養基郡 基山町   「キ」をの形に図案化したもの[11] 1968年10月1日[11]
上峰町   「カ」は一個、「ミカ」は三個書きで表している[13][11] 1973年3月23日[11][13] 上峰村章として制定されていたのを町制施行後に継承される
みやき町   「み」を楕円形に図案化したもの[11] 2006年3月1日[11] 色は緑色・青色が指定されている[14]
東松浦郡 玄海町   「玄」を配し、周辺には「カイ」で囲んだもの[4] 1983年5月7日[4]
西松浦郡 有田町   「有」を、はばたく鳥の形に図案化したもの[1] 2006年3月1日[1] 色は青色・赤色・緑色が指定されている[15]
2代目の町章である
杵島郡 大町町   「大マチ」を図案化したもの[1] 1960年10月28日[1][16]
江北町   「コ」を円形に図案化したもの[4] 1972年5月21日[4]
白石町   「し」と「ろ」を図案化したもの[4] 2005年1月1日[4] 2代目の町章である
色は赤色と青色が指定されている[17]
藤津郡 太良町   「タ」を図案化したもの[4] 1960年11月16日[4]

廃止された市町村章編集

市郡 町村 市町村章 由来 制定日 廃止日 備考
佐賀市   肥前の戦国大名であった龍造寺氏の家紋である「十二日足紋」の中央に佐賀市の「市」を配したもの[18] 1889年4月1日[18] 不明 初代の市章である
佐賀市   不明 不明 1955年4月1日 2代目の市章である
佐賀郡 諸富町   不明 1956年7月9日[19] 1979年2月13日 初代の町章である
東松浦郡 浜玉町   「ハ」を図案化し、ミカンを象ったもの[20][21] 1971年7月1日[3] 2005年1月1日
厳木町   真ん中の尖がりは「杉」・全体は「き」・外の円は「和」を表したもの[22][23] 1965年11月1日[3]
相知町   「相」を円形に図案化したもの[24][25] 1955年9月[3]
北波多村   「北」を翼の形に図案化したもの[26] 1972年12月[3]
肥前町   「ヒ」を鳩の形に図案化したもの[27] 1967年12月1日[3]
鎮西町   「チン西」を組み合わせて図案化したもの[28] 1956年9月[3]
呼子町   「よぶこ」を図案化し、外側は四つの「フ」・中央は「コ」を象徴したもの[29] 不明[3][30] 1970年6月20日発行の「町報 よぶこ」の1ページには載っていた[31]
杵島郡 白石町   「白石(中央)」を図案化し、波調美で表したもの[32][33] 1971年10月[33] 初代の町章である
色は紺色と赤色が指定されている[32]
福富町   九つの「フ」と三つの「ト」を円形に「福富」として図案化したもの[34][33] 1967年4月1日[34][33]
有明町   「ア」を図案化したもの[33] 1972年12月25日[35][33]
小城郡 芦刈町   鳥屏風を抽象化し、「刈」を表し、「芦」を配している[36] 1967年4月1日[36][37] 2005年3月1日
牛津町   「ウシ(「シ」は翼状)」を組み合わせて図案化したもの[38][36] 1968年10月[36]
小城町   「小」を図案化したもの[36] 1958年1月[36]
三日月町   全体は「三日月」を図案化し、左右対称にし、両社が弧によって安定したもの[39][36] 1968年10月[36] 三日月村章として制定され、町制施行後に継承された
三養基郡 中原町   「な」で円の部分を強調しているもの[40][41] 1978年6月20日[41]
北茂安町   「き」を円形に図案化したもの[41] 1965年4月27日[41]
三根町   「み」を円形に図案化したもの[41] 1961年4月1日[41] 三根村章として制定され、町制施行後に継承された
佐賀市   「さが」を図案化したもの[42] 1954年6月15日[42][43] 2005年10月1日 初代の市章である
佐賀郡 富士町   中央の三つの山によって「ふ」とし、二本の線は嘉瀬川を現わし、円は、「し」としたもの[42] 1957年11月10日[42] 富士村章として制定されていたものを町制施行後に継承された
大和町   二つの三角形の組み合わせによって「大」を表わし、上辺の中央・両端の鋭角の部分・三つの輪は「和」かつ嘉瀬川(川上川)を表したもの[42] 1965年4月21日[42]
諸富町   「M」を図案化し、上の2つの円は東川副村新北村の合併を表したもの[42] 1979年2月13日[42] 2代目の町章である
神埼郡 三瀬村   村由来の三つの瀬(初瀬川・鳴瀬川・高瀬川)と、三瀬盆地に住む「人」を図案化したもの[44][42] 1976年7月10日[42][44]
東松浦郡 七山村   「七山」を図案化したもの[45] 1999年12月16日[3] 2006年1月1日 制定前から使用されていた[45]
藤津郡 嬉野町   「ウレシノ」に嬉野温泉・茶の実・茶壺を図案化したもの[46] 1956年6月18日[46]
塩田町   「し」を図案化したもの[47] 1961年8月16日[46]
杵島郡 山内町   「山」を図案化し、中央の円は太陽を意味したもの[46] 1968年11月11日[46] 2006年3月1日
北方町   「北」を図案化したもの[48] 未制定[46] 慣例として使用されていた[46]
神埼郡 三田川町   「ミタ川」を分解し、横三本が「ミ・川」・中央が「タ」である[44][49] 1970年4月1日[49][44]
東脊振村   東に因み「ヒガ四」を意味しかつ石動大曲松隈三津の四つの大字と「ヒ」を四つ描いたもの[44][49] 1911年2月20日[49][44]
西松浦郡 有田町   「有」と有田焼の焼き物の窯を図案化したもの[50] 1955年12月12日[50] 初代の町章である
西有田町   「西」を左右の羽に象ったもの[50] 1965年4月1日[50][51]
神埼郡 神埼町   「カ」を円と直線に図案化し、中央の直線は国道34号を表したもの[44][52] 1968年9月21日[52][44] 2006年3月20日
千代田町   「ち」を力強く表したもの[52][44] 1967年9月2日[52][44]
脊振村   日本茶の葉を輪郭に、中心に茶の実を配し、図案化したもの[44][52] 1911年1月7日[52][44]
佐賀郡 川副町   「カ」を円形に図案化したもの[1] 1970年2月[1] 2007年10月1日
東与賀町   「ひ」の字を左右対称に図案化したもの[4] 1975年9月11日[4]
久保田町   佐賀平野の中心部にある当町の期待を若芽で象徴したもの[4] 1967年4月1日[4]

参考文献編集

書籍編集

  • 『図典 日本の市町村章』小学館辞典編集部、小学館、2007年1月10日、初版第1刷。ISBN 4095263113
  • 近藤春夫『都市の紋章 : 一名・自治体の徽章』行水社、1915年。NDLJP:955061
  • 中川幸也『シリーズ人間とシンボル第2号「都市の旗と紋章」』中川ケミカル、1987年10月11日。
  • 丹羽基二『日本の市章 (西日本)』保育社、1984年5月5日。
  • 望月政治『都章道章府章県章市章のすべて』日本出版貿易株式会社、1973年7月7日。
  • NHK情報ネットワーク『NHKふるさとデータブック9 [九州 1]』日本放送協会、1992年5月1日。

自治体書籍編集

  • 諸富町史編纂事務局『諸富町史』佐賀県佐賀郡諸富町史編纂委員会。
  • 諸富町役場『諸富町例規集』佐賀県佐賀郡諸富町。
  • 大和町役場『大和町例規集』佐賀県佐賀郡大和町。
  • 東与賀町役場『東与賀町例規集』佐賀県佐賀郡東与賀町。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 図典 日本の市町村章 p212
  2. ^ 佐賀市旗と佐賀市章
  3. ^ a b c d e f g h i 唐津・東松浦合併協議会だより 第7号 p3 1市7町2村の章・花・木・歌・表彰制度・名誉市町村民制度の現状
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 図典 日本の市町村章 p213
  5. ^ 鳥栖市章
  6. ^ 都市の旗と紋章 p52
  7. ^ 武雄市章制定に関する条例
  8. ^ 小城市市章及び小城市市旗の制定並びに取扱規程
  9. ^ 嬉野町・塩田町合併協議会 新市の市章について
  10. ^ 神埼市市章
  11. ^ a b c d e f g h 図典 日本の市町村章 p214
  12. ^ 吉野ヶ里町町章の制定
  13. ^ a b 上峰町町章
  14. ^ みやき町町章の制定について
  15. ^ 有田町町章の制定
  16. ^ 大町町の紋章制定について
  17. ^ 白石町町章の制定
  18. ^ a b 一名・自治体の徽章 p90
  19. ^ 諸富町制施行50周年記念式典 p7
  20. ^ NHKふるさとデータブック p255
  21. ^ 浜玉町の概要
  22. ^ NHKふるさとデータブック p259
  23. ^ 厳木町ホームページ
  24. ^ NHKふるさとデータブック p261
  25. ^ 相知の概要
  26. ^ NHKふるさとデータブック p264
  27. ^ NHKふるさとデータブック p265
  28. ^ 鎮西町の概要
  29. ^ NHKふるさとデータブック p271
  30. ^ 呼子町役場
  31. ^ 町報よぶこ 昭和45年6月20日号 第1号 p1
  32. ^ a b NHKふるさとデータブック p285
  33. ^ a b c d e f 白石・福富・有明3町合併協議会 協議事項調整内容 慣行の取扱い
  34. ^ a b NHKふるさとデータブック p287
  35. ^ NHKふるさとデータブック p289
  36. ^ a b c d e f g h 小城郡合併協議会 協議事項調整内容 慣行の取扱い
  37. ^ NHKふるさとデータブック p253
  38. ^ NHKふるさとデータブック p252
  39. ^ NHKふるさとデータブック p250
  40. ^ NHKふるさとデータブック p241
  41. ^ a b c d e f 佐賀東部合併協議会 協議事項調整内容 慣行の取り扱いについて
  42. ^ a b c d e f g h i j 佐賀市・諸富町・大和町・富士町・三瀬村合併協議会協議事項調整内容 市町村の慣行の取扱い
  43. ^ 都章道章府章県章市章のすべて p550
  44. ^ a b c d e f g h i j k l 第5回神埼地区合併協議会 調整内容
  45. ^ a b NHKふるさとデータブック p258
  46. ^ a b c d e f g 佐賀県西部1市3町合併協議会 協議事項調整内容 慣行の取扱いについて
  47. ^ NHKふるさとデータブック p293
  48. ^ NHKふるさとデータブック p280
  49. ^ a b c d 三田川・東脊振合併協議会 慣行の取り扱い
  50. ^ a b c d 西松浦地区合併協議会だより第5号 協議第57号慣行の取り扱いについて p1
  51. ^ NHKふるさとデータブック p277
  52. ^ a b c d e f 神埼・千代田・脊振3町村合併協議会 調整内容 慣行の取扱い

関連項目編集