メインメニューを開く

孝明帝(こうめいてい)は、北朝北魏の第8代皇帝宣武帝の子。

孝明帝 元詡
北魏
第8代皇帝
王朝 北魏
在位期間 515年2月12日 - 528年3月31日
都城 洛陽
姓・諱 元詡
諡号 孝明皇帝
廟号 粛宗
生年 永平3年3月14日
510年4月8日
没年 武泰元年2月25日
528年3月31日
宣武帝(第2子)
宣武霊皇后胡氏
后妃 胡皇后
陵墓 定陵
年号 熙平 : 516年 - 518年
神亀 : 518年 - 520年
正光 : 520年 - 525年
孝昌 : 525年 - 527年
武泰 : 528年

目次

生涯編集

510年3月、洛陽の宣光殿の東北に生まれた。512年皇太子に立てられた。515年1月、宣武帝が死去すると、北魏の皇帝として即位することとなった。幼年のため政治を執ることができず、はじめ高陽王元雍や任城王元澄が聴政した。8月、母の胡氏が皇太妃から皇太后となり、宣光殿で臨朝称制して、朝政の実権を握るようになった。

孝明帝の初年は、大乗の乱が起こって河北は動揺した。やがて侍中の元叉や中常侍の劉騰が宮中で台頭して、520年には孝明帝に政権を返すとの名目で胡太后を幽閉した。元叉と高陽王元雍の二頭体制が成立したが、実際は元叉が北魏の朝政を専断し、乱脈をきわめた。

523年、沃野鎮の破六韓抜陵が起兵して、鎮将を殺し、これを皮切りに六鎮の乱が勃発することとなった。胡琛・葛栄杜洛周らが北魏に叛いて次々と起兵した。また徐州元法僧や東豫州の元慶和らが叛いてにつくなど、東南方の国境も不安定になった。

525年4月、胡太后が再び朝政をみるようになった。元叉は兵権を剥奪され、翌年に処刑された。胡太后の執政のもと、北魏の朝政は弛緩し、六鎮の乱は拡大するばかりとなった。

528年2月、孝明帝は胡太后を牽制するため、爾朱栄と手を結ぼうとしたが、これが露見して毒殺された。19歳没。

死後編集

孝明帝の暗殺後、胡太后ははじめ、孝明帝の娘を男子と偽って帝位に即け、露見すると代わって孝明帝の従甥に当たる元釗を擁立したが、爾朱栄の反発を招き、河陰の変で殺害された。

それ以後、北魏では安定した皇位継承が失われて傍系皇族(長楽王元子攸、長広王元曄、広陵王元恭、安定王元朗、平陽王元脩)の擁立と廃位・殺害が次々に行われ、6年後の534年には東魏西魏に分裂してそれぞれに傀儡の皇帝が立てられた。

宗室編集

后妃編集

子女編集

  • 女(母は潘充華、胡太后が男子と偽り帝位に即けるが1日で廃位)

脚注編集

  1. ^ 《粛宗左昭儀胡明相墓志銘》
  2. ^ 《魏故充華嬪盧氏墓志銘》