孝明帝(こうめいてい)は、北朝北魏の第8代皇帝宣武帝の次男。

孝明帝 元詡
北魏
第8代皇帝
王朝 北魏
在位期間 延昌4年1月13日 - 武泰元年2月25日
515年2月12日 - 528年3月31日
都城 洛陽
姓・諱 元詡
諡号 孝明皇帝
廟号 粛宗
生年 永平3年3月14日
510年4月8日
没年 武泰元年2月25日
528年3月31日
宣武帝(第2子)
宣武霊皇后胡氏
后妃 胡皇后
陵墓 定陵
年号 熙平 : 516年 - 518年
神亀 : 518年 - 520年
正光 : 520年 - 525年
孝昌 : 525年 - 527年
武泰 : 528年

生涯 編集

510年3月、洛陽の宣光殿の東北に生まれた。512年皇太子に立てられた。515年1月、宣武帝が死去すると、北魏の皇帝として即位することとなった。幼年のため政治を執ることができず、はじめ高陽王元雍や任城王元澄が聴政した。8月、母の胡氏が皇太妃から皇太后となり、宣光殿で臨朝称制して、朝政の実権を握るようになった。

孝明帝の初年は、大乗の乱が起こって河北は動揺した。やがて侍中の元叉や中常侍の劉騰が宮中で台頭して、520年には孝明帝に政権を返すとの名目で胡太后を幽閉した。元叉と高陽王元雍の二頭体制が成立したが、実際は元叉が北魏の朝政を専断し、乱脈をきわめた。

523年、沃野鎮の破六韓抜陵が起兵して、鎮将を殺し、これを皮切りに六鎮の乱が勃発することとなった。胡琛・葛栄杜洛周らが北魏に叛いて次々と起兵した。また徐州元法僧や東豫州の元慶和らが叛いて南朝梁につくなど、東南方の国境も不安定になった。

525年4月、胡太后が再び朝政をみるようになった。元叉は兵権を剥奪され、翌年に処刑された。胡太后の執政のもと、北魏の朝政は弛緩し、六鎮の乱は拡大するばかりとなった。

528年2月、孝明帝は胡太后を牽制するため、爾朱栄と手を結ぼうとしたが、これが露見して毒殺された。19歳没。

死後 編集

孝明帝の暗殺後、胡太后ははじめ、孝明帝の娘を男子と偽って帝位に即け、露見すると代わって孝明帝の従兄の臨洮王元宝暉の子の元釗を擁立したが、爾朱栄の反発を招き、河陰の変で殺害された。

それ以後、北魏では安定した皇位継承が失われて傍系皇族(長楽王元子攸・長広王元曄・広陵王元恭・安定王元朗・平陽王元脩)の擁立と廃位・殺害が次々に行われ、6年後の534年には東魏西魏に分裂してそれぞれに傀儡の皇帝が立てられた。

宗室 編集

拓跋氏系図】(編集
  • 魏書』巻1~巻22、『北史』巻5・巻14を元に作成。
 
拓跋部
 
 
 
 
 
 
 
 
(1)拓跋毛
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(13)拓跋鄰
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(14)拓跋詰汾
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
禿髪匹孤
 
 
 
 
 
(15)拓跋力微
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(南涼)
 
(16)拓跋沙漠汗
 
(17)拓跋悉鹿
 
(18)拓跋綽
 
(東部)拓跋禄官
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(中部)拓跋猗㐌
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(19)拓跋弗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(1)拓跋猗盧
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(2)拓跋普根
 
(5)拓跋賀傉
 
(6,8)拓跋紇那
 
拓跋六脩
 
(4)拓跋鬱律
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3拓跋?
 
 
 
 
 
(7,9)拓跋翳槐
 
(10)拓跋什翼犍
 
拓跋孤
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
拓跋寔君
 
(追)拓跋寔
 
拓跋窟咄
 
拓跋斤
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
北魏
 
 
 
 
 
 
 
 
(1)道武帝
拓跋珪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(2)明元帝
拓跋嗣
 
清河王
拓跋紹
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陽平王
拓跋煕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(3)太武帝
拓跋燾
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
淮南靖王
拓跋他
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(追)景穆帝
拓跋晃
 
東平王
拓跋翰
 
(4)南安王
拓跋余
 
 
 
 
 
 
 
 
 
元鍾葵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(5)文成帝
拓跋濬
 
 
 
 
 
 
 
 
 
南安王
拓跋楨
 
 
 
 
 
(僭)元法僧
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(6)献文帝
拓跋弘
 
 
 
 
 
中山王
元英
 
章武王
元彬
 
扶風王
元怡
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(7)孝文帝
元宏
 
(追)先帝
元羽
 
北海王
元詳
 
(追)文穆帝
元勰
 
 
 
 
 
章武王
元融
 
(11)東海王
元曄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
廃太子
元恂
 
 
 
 
 
 
(12)節閔帝
元恭
 
(僭)北海王
元顥
 
(追)孝宣帝
元劭
 
(10)孝荘帝
元子攸
 
(13)安定王
元朗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(8)宣武帝
元恪
 
 
 
 
 
(追)武穆帝
元懐
 
 
 
 
 
清河王
元懌
 
(僭/追)文景帝
元愉
 
(僭)汝南王
元悦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(9)孝明帝
元詡
 
臨洮王
元宝暉
 
(西1)文帝
元宝炬
 
 
 
 
 
清河王
元亶
 
(14)孝武帝
元脩
 
馮翊公主
元氏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(僭)孝明帝女児
元氏
 
(僭)幼主
元釗
 
(西2)廃帝
元欽
 
(西3)恭帝
拓跋廓
 
(東1)孝静帝
元善見
 
 
 
 
 
(北周1)孝閔帝
宇文覚

后妃 編集

子女 編集

  • 女(母は潘充華、胡太后が男子と偽り帝位に即けるが1日で廃位)

脚注 編集

  1. ^ 『粛宗左昭儀胡明相墓誌銘』
  2. ^ 『魏故充華嬪盧氏墓誌銘』