メインメニューを開く

冷夏(れいか)とは、平年に比べて気温の低いのことである。気象庁による3階級表現で6月 - 8月の平均気温が「低い」に該当した場合の夏をいう。冷夏による影響は農作物の生産に強くあらわれ、農産品の不足や価格高騰を引き起こす。過去には飢饉を起こした例もあるが、先進国では農業技術の発達や農作物の品種改良に伴い大規模な飢饉は発生しなくなった。平成以降での、代表的な全国的の冷夏は1993年など。

冷夏の原因

日本全体を見ると太平洋高気圧の勢力が弱く、梅雨前線が長く日本列島にとどまり、オホーツク海高気圧の勢力が強い年には冷夏となる傾向にある(全国冷夏型)。また、太平洋高気圧が西日本にまでは張り出すが、その勢力が弱い場合には北日本で冷夏となる傾向がある(北冷西暑型)。東北地方の冷夏はやませと呼ばれるオホーツク海気団からの北東の冷たい風が吹くことによっても起こる。

世界規模で異常気象を引き起こすエルニーニョ現象の発生年は冷夏となる傾向が強く、この例としては1951年(北日本を除く)、1953年、1957年、1965年、1972年(北日本を除く)、1976年、1982年、1983年、1991年、2009年がある。しかし、1954年、1970年、1988年のように、猛暑になりやすいとされるラニーニャ現象が起きていた年でも、冷夏になったこともあれば、1992年、1997年、2002年のようにエルニーニョ現象が起きていたにも拘らず、猛暑になったこともあるので、一概には言えない。

また太陽の黒点活動の周期が冷夏の発生と一致するとの説もある。例えば、冷夏になった2009年は太陽黒点の数が、1913年以来の少なさを記録していた。しかし、翌年にあたる2010年もその状態が続いていたにも拘らず、観測史上1位の猛暑になったので、太陽活動の度合いに必ず一致するとは限らない。

火山噴火などで多量のエアロゾル(細かいちり)が空気中に放出され、そのエアロゾルが太陽放射を抑制する日傘効果で冷夏となるケースもある。1783年天明の大飢饉アイスランドの火山噴火[1]、日本列島に米不足をもたらした1993年の記録的冷夏はピナツボ火山噴火で発生したエアロゾルが太陽放射を遮ったために発生したとされている。1994年以降の日本で冷夏が激減している理由として、ピナツボ山以来は大規模な噴火が起きていないためではないか、という意見もある[要出典]

また、著しい猛暑の翌年は冷夏になりにくいことが知られている。実際に、観測史上4位以内の猛暑になった1978年(+1.16℃、観測史上3位)、1994年(+1.18℃、同2位)、2010年(+1.46℃、同1位)、2011年(+0.88℃、同4位)の翌年に当たる、1979年(+0.22℃)、1995年(-0.05℃)、2011年(+0.88℃)、2012年(+0.55℃)はどの年も全国的な冷夏にならなかった。

気象庁における冷夏の基準

人の生活との関係

その負の影響の最大は、前述したが農業に現れる。農業関係者以外への影響は、農作物の価格高騰・品不足などで現れる(野菜などでは夏のうちに、などは以降 - 翌年の夏まで)。

それ以外では日本の夏の行事や生活習慣の多くが梅雨明け後の晴天を前提として行われることなどから、冷夏は多くの場合それへの支障とされる。衣料品の売り上げ減などがそれである。

冷夏自体は熱中症日射病食中毒などの夏の暑さによる健康障害を緩和する効果があるが、夏かぜなどのデメリットもある。日本の場合、冷夏は通常7・8月の日照不足や長雨を伴うことが多い(ただし冷夏の年=水害の多い・降雨量の多い年とは限らない)。特に北海道や東北地方においてはが長く寒冷であることや低温の度合いが関東以西より大きいことなどもあいまって、直接の利害関係を持つ農業関係者以外からも強く忌避される。

関東地方以西でも時折、冷夏は見られる。低温の度合いは北海道や東北地方よりも概して小さく冷夏でないときには夏は暑熱であることから歓迎する人もあるが、大勢は冷夏には否定的である。

ただし映画興行など、夏のインドアレジャーには追い風となる傾向も見られる。

過去の主な冷夏

世界

1816年
夏のない年と呼ばれている。インドネシアタンボラ山が大規模な噴火を起こしたことにより、地球規模で冷夏になり、特にヨーロッパ北アメリカ、中国北部では飢餓により多くの餓死者が出た。

日本

1954年昭和29年)
6月 - 7月にかけて北日本東日本を中心に記録的な低温となり、気象庁の統計では戦後最も国内の平均気温が低かった。
1956年(昭和31年)
1957年(昭和32年)
1965年(昭和40年)
1969年(昭和44年)
全国的に平年を0.7 - 0.9℃ほど下回った。特に6月の気温が低かった。
1974年(昭和49年)[2]
6月中旬・下旬にかけて、低気圧や梅雨前線の影響で西日本中部地方東北地方で大雨となり、浸水害や鉄砲水が発生した。7月に入ると、台風第8号が発達しながら北上し、沖縄県本島と宮古島の間を通過、東シナ海を北上後対馬海峡から日本海に進み、北海道の南西部付近で温帯低気圧になったが、この台風により南西諸島九州地方では強風が吹き荒れた。さらに梅雨前線が活発となり、四国から関東地方南部にかけて大雨が続き、特に静岡県で大きな水害が起こった。7月中旬には前線と弱い熱帯低気圧などが要因で、九州・北陸・四国・中部各地方が多雨となり、特に熊本県で浸水や土砂災害が発生。7月下旬にも、紀伊半島から日本海に進んだ低気圧の影響で東海地方が大雨となり、浸水害が多発した。
1976年(昭和51年)
梅雨明けは四国・九州・奄美群島・沖縄地方で平年より遅かったほかは、ほぼ平年日前後だった。だが出梅後も太平洋高気圧の勢力は弱く、梅雨期から勢力の強かったオホーツク海高気圧が長く居座った影響で全国的に冷夏となり、曇りや雨の日が続いた。夏の平均気温は北・東・西日本で平年を1℃前後下回った。9月も顕著な低温で長雨の傾向が続き、全国的に農作物の不作に見舞われた。
1980年(昭和55年)
6月は平年より暑い日が多く空梅雨気味だったが、7月以降はオホーツク海高気圧が強まり太平洋高気圧が南海上へ後退、低気圧や前線が日本列島付近に停滞する状態が続いたため、南西諸島を除き冷夏となった。特に8月の平均気温も南西諸島を除いた全国で記録的低温となり、平年より1 - 4℃以上低かった。1993年や2003年と異なり米や夏野菜の極度の不足は見られなかったが、農作物不作による顕著な減収がみられた。
1981年(昭和56年)[3]
6月中旬~7月上旬にかけてオホーツク海高気圧の勢力が強く、北海道~関東地方で太平洋側を中心に低温が続いた。九州~東北地方の梅雨明けは平年より早かったが、出梅後も暖湿な空気の流入、上空の寒気の影響で大気の状態が不安定だった。8月に入ると前線・2個の台風の影響を受け、本州・四国地方で低温、北海道~関東・北陸地方は豪雨が多発。8月上旬に前線と台風第12号の影響で石狩川が、8月下旬に台風第15号の影響で小貝川が洪水を起こした。9月も全国的に低温が続き、同年の夏は北日本を中心に農作物に被害が発生した。
1982年(昭和57年)
6月は梅雨入りが遅く記録的な少雨だったものの、7月になると梅雨前線が活発化して、関東地方以西では一転して多雨傾向となった。梅雨明けも平年より大幅に遅れて、特に関東・甲信・東北地方では、出梅が8月上旬までずれ込んだ。また東日本以西では7月の平均気温が平年より2℃前後低く、8月も引き続き低温傾向で夏型は長続きしなかった。7月下旬には長崎県を中心とした九州地方北部で記録的豪雨による甚大な災害が発生した(昭和57年7月豪雨)。詳しくは長崎大水害を参照。
1983年(昭和58年)
オホーツク海高気圧の勢力が強かった影響で全国的に長梅雨・梅雨寒が続き、6月と7月は特に北日本で著しい低温となった。梅雨末期には梅雨前線の活動が活発化し、山陰地方に豪雨災害をもたらした。但し出梅後は東北地方太平洋側から関東地方で天候不順気味だったほかは、全国的に晴れて暑い日が多かった。
1986年(昭和61年)
7月はオホーツク海高気圧の勢力が強く、梅雨前線が活発化して長引いた。8月近くになってようやく梅雨明けしたものの、中部・関東・東北地方に掛けて8.5水害による集中豪雨で、死者・行方不明者・負傷者が合計127人、住宅・建物にも大きな被害を及ぼした。
1988年(昭和63年)
この年はラニーニャ現象が起きていたにも関わらず、7月に入るとオホーツク海高気圧の勢力が強く北海道から中国地方にかけて低温となり、特に北日本や関東地方では、平年を2 - 4℃以上下回る顕著な低温となった。8月になるとオホーツク海高気圧の勢力はやや弱まったものの、太平洋高気圧の勢力も依然弱く、本州近海では熱帯低気圧が相次いで発生しやすかったため曇りや雨、雷雨となる日が非常に多かった。1993年や2003年と異なり、米や夏野菜の極度の不足は見られなかったが、農作物不作による顕著な減収や、海水浴場などの観光客減少などの影響も多く出た。
1989年平成元年)[4]
6月の梅雨入り後から7月に掛けて、オホーツク海高気圧の影響で低温・日照不足が度重なり、北・東日本で水稲などの生育が遅れ気味となった。7月中旬には梅雨前線が北上し本州を横切り、九州~関東地方の各地で洪水・浸水・山側の崖崩れ、大雨や竜巻が生じたが、前線は南下して弱まり梅雨明けは平年並みだった。出梅後、北日本では太平洋高気圧が覆い猛暑・少雨で干害が発生するも、その他の地域では7月27日・8月6日・8月27日・9月19日と4回台風が日本へ上陸した事で、特に西・東日本の各地では集中豪雨・浸水被害が発生した。
1991年(平成3年)[5]
この年は北陸地方と東北地方北部を除き梅雨明けは7月中旬ごろと平年並みだったものの、8月上旬から中旬にかけてオホーツク海高気圧の影響による梅雨前線が、東北地方から本州南岸まで南下したことにより、南西諸島を除いて曇雨天と低温に見舞われた。このため北陸・東北北部の出梅が、8月14日頃と大幅に遅れた。さらに各台風が大分・宮崎県へそれぞれ上陸して、西日本を中心に水害が相次いだ。9月中旬には秋雨前線が活発化し、9月28日の台風第19号の影響で関東地方を中心に豪雨災害に見舞われ、各地の道路が浸水状態となった。
1993年(平成5年)
この年は記録的な冷夏により、「1993年米騒動」といわれる米不足になった。8月になっても梅雨前線が日本列島に停滞し、豪雨災害と関東地方以北では低温が顕著であった。1954年に次ぐ戦後2番目に平均気温の低い夏であり、南西諸島を除く地域で梅雨明けが特定されない異常な夏であった。特に低温だった7月と8月は、オホーツク海高気圧の張り出しと前線による大雨と台風の影響を受け、平年を2度前後下回った。平成5年8月豪雨も参照。その一方で、5月13日には史上最も早い”猛暑”日(当時は35℃以上観測)を記録しており、秩父市の37.2℃は当年の最高気温にもなっているほか、2019年5月26日における北海道の熱波到来まで長らく5月の全国最高気温であった。
2003年(平成15年)
10年ぶりの冷夏になったが、その規模は1993年よりも小さかった。西日本から東北地方で梅雨明けが遅く、夏型は安定しなかった影響で、米や夏野菜が不足した。年末にかけて野菜は例年の2倍を越える品も出るほど高騰したが、米は備蓄米などが効果を挙げて1993年ほどの影響は出なかった。特に7月の低温が顕著で北日本では平年を2.9℃、関東地方でも2.2℃下回るなど北海道から北部九州の広範囲で1 - 3℃平年を下回った。夏全体(6 - 8月)で見ても北日本で1.2℃、東日本では0.6℃、西日本では0.3℃平年を下回るなど北日本から西日本までの広い範囲で冷夏となった。全体的に雨も多く、この年から2日間開催となる予定だった全国高等学校野球選手権大会準々決勝が従来通りの1日4試合開催となった(選抜高等学校野球大会も含め、3回戦までに3日以上順延すると1日4試合開催となる)。しかし、8月下旬から9月は平年よりも残暑が厳しかった。新潟市、静岡県浜松市徳島市などでは9月としての最高気温を記録した。
2009年(平成21年)
この年は、梅雨明けが遅く日照時間も短かったこと、近年では珍しく残暑が厳しくなかったこと、2004年から2008年まで5年連続で猛暑が続いたこと、翌年(2010年)は観測史上1位、翌々年(2011年)は同4位、2012年8月も同3位の暑夏になったことなどから、冷夏のイメージをもつ人が少なくない[6]。特に1994年以降は2003年を除いて猛暑に見舞われたことから、相対的に低く感じられたことも理由として挙げられる。「久しぶりの涼しい夏」「近年では稀な凌ぎやすい夏」などと呼ばれ、またこの年も冷夏になり易いとされる、エルニーニョ現象が発生していた。8月に入っても、熱帯夜の日数は例年比較すると少なめで、盛夏としては比較的快適であり[7]、またおでんなどの販売開始が前倒しになるなどの影響もあった[8]。9月以降も全国平均でそれぞれ平年よりもわずかに下回る、穏やかな残暑であった。
その他
1947年1949年1973年(九州南部・南西諸島のみ)、1977年(中・西日本)、1978年(南西諸島のみ)、1979年(九州・沖縄県のみ)、1985年(九州・南西諸島のみ)、1987年(九州・沖縄県のみ)、1995年(北陸・沖縄県のみ)、1996年(北日本のみ)、1997年(北海道・南西諸島のみ)、1998年(北日本のみ)、1999年(四国・九州・奄美のみ)、2000年(奄美のみ)、2001年(8月のみ、北・東日本)、2002年(北海道のみ)、2007年(7月のみ、九州・南西諸島除く)、2014年(西日本のみ)、2015年(西日本のみ)、2017年(6月の西日本[9]、8月の東北地方[10]のみ)、2018年(7月の南西諸島のみ)、2019年(7月のみ、北日本除く)

夏期(6、7、8月)の各年の平年比

出典:日本の地域平均気候データ、季節の地域平均気候表 気象庁

  • :平年比+1.5℃以上
  • :平年比+0.6〜+1.4℃
  • :平年比+0.1〜+0.5℃
  • :平年比-0.5〜0.0℃
  • :平年比-1.4〜-0.6℃
  • :平年比-1.5℃以下
北日本 東日本 西日本 沖縄・奄美
1951年 +0.4 -0.8 -1.3 -1.2
1952年 -0.2 -0.8 -1.0 -0.5
1953年 -0.9 -1.0 -0.5 +0.1
1954年 -2.2 -1.8 -1.4 -0.2
1955年 +1.2 +0.4 -0.1 -0.8
1956年 -1.6 -0.9 -0.5 +0.3
1957年 -0.9 -1.0 -1.1 -0.4
1958年 -0.4 -0.6 -0.3 -0.8
1959年 -0.5 -0.6 -0.4 -0.4
1960年 +0.0 -0.3 -0.1 -0.5
1961年 +0.9 +0.4 +0.4 0.0
1962年 0.0 -0.4 -0.7 -0.2
1963年 -0.2 -0.2 -0.2 -0.4
1964年 -0.6 0.0 0.0 -0.8
1965年 -0.8 -0.6 -0.7 -0.7
1966年 -1.0 -0.8 -0.5 -0.7
1967年 +0.3 +0.2 +0.2 -0.2
1968年 -0.2 -0.8 -1.1 -0.8
1969年 -0.7 -0.9 -0.8 -0.8
1970年 0.0 -0.8 -0.9 -0.3
1971年 -0.8 -0.4 -0.2 +0.4
1972年 +0.4 -0.5 -0.8 -0.6
1973年 +0.4 -0.1 -0.1 -1.0
1974年 -0.6 -0.9 -1.1 -0.9
1975年 +0.1 -0.4 -0.4 -0.7
1976年 -1.1 -1.4 -1.2 -0.9
1977年 -0.4 -0.7 -0.5 -0.1
1978年 +1.9 +1.1 +0.6 -0.6
1979年 +0.1 +0.1 -0.2 -0.4
1980年 -1.2 -1.1 -1.2 +0.4
1981年 -0.8 -0.6 -0.2 -0.5
1982年 -0.4 -1.5 -1.4 -0.8
1983年 -1.8 -0.9 -0.4 0.0
1984年 +1.3 +0.5 +0.4 -0.1
1985年 +0.3 -0.1 -0.1 -0.8
1986年 -1.1 -0.9 -0.5 -0.2
1987年 -0.2 +0.2 -0.3 -0.2
1988年 -0.7 -0.9 -0.6 +0.4
1989年 -0.1 -0.6 -0.9 -0.5
1990年 +1.0 +0.8 +0.9 +0.1
1991年 -0.4 -0.9 -1.0 -0.2
1992年 +0.2 +0.1 0.0 +0.8
1993年 -1.9 -1.8 -1.5 +0.3
1994年 +1.3 +1.3 +1.1 +0.1
1995年 -0.1 +0.1 0.0 -0.2
1996年 -0.7 -0.1 +0.1 +0.2
1997年 -0.2 +0.1 -0.1 -0.7
1998年 -0.7 0.0 +0.5 +0.7
1999年 +1.5 +0.4 -0.3 -0.1
2000年 +1.3 +0.7 +0.4 -0.3
2001年 -0.1 +0.8 +0.6 +0.7
2002年 -0.5 +0.6 +0.4 0.0
2003年 -1.3 -0.9 -0.6 +0.4
2004年 +0.9 +1.0 +0.9 -0.1
2005年 +0.7 +0.5 +0.6 0.0
2006年 +0.4 +0.1 +0.5 +0.2
2007年 +0.6 +0.1 +0.2 +0.4
2008年 -0.1 +0.2 +0.3 +0.4
2009年 -0.4 -0.2 -0.1 +0.2
2010年 +2.2 +1.5 +0.8 +0.1
2011年 +1.0 +0.9 +0.5 +0.3
2012年 +0.7 +0.6 +0.4 +0.1
2013年 +1.0 +1.1 +1.2 +0.7
2014年 +1.2 +0.5 -0.3 +0.3
2015年 +0.6 +0.3 -0.5 +0.6
2016年 +0.7 +0.6 +0.7 +1.1
2017年 +0.3 +0.6 +0.7 +0.7
2018年 +0.6 +1.7 +1.1 0.0
2019年 +0.8 +0.5 0.0 +0.2

冷夏の頻度の変化

1900年代から1910年代にかけては、全体的に夏の気温が著しく低く、毎年のように冷夏が続いていた。中でも1902年は気象庁の統計史上1位、1913年は同2位の記録的低温の夏であった。1993年までは2年以上連続で冷夏になることも多かったが、その後は激減し2003年を最後に全国的な冷夏はなくなった。地球温暖化が最も大きな要因として考えられるが、それだけでは全てを説明できず、他にもいくつかの要因が関連していると考えられている。

出典・脚注

  1. ^ 山川修治、「小氷期の自然災害と気候変動」 『地学雑誌』 1993年 102巻 2号 p.183-195, doi:10.5026/jgeography.102.2_183
  2. ^ 前線、低気圧、台風第8号 昭和49年(1974年)”. 2019年7月16日閲覧。
  3. ^ 昭和56年8~9月の低温と多雨”. 2019年7月16日閲覧。
  4. ^ 1989年の日本の天候の特徴(梅雨明け後から9月にかけての主な大雨と災害)」『農業気象』第46巻第1号、日本農業気象学会、1990年、 23-29頁、 doi:10.2480/agrmet.46.232019年7月1日閲覧。
  5. ^ 平成3年夏の低温、長雨と日照不足 平成3年(1991年)5月-10月”. 2017年11月6日閲覧。
  6. ^ ビールも売れない冷夏 2009年の日本[出典無効]去年の冷夏から一転 猛暑でプールが大盛況
  7. ^ 気象庁|日本の地域平均気候表(2009年8月)
  8. ^ 今年は冷夏で「おでん」が前倒し販売
  9. ^ 6月の天候(2017年7月3日) 気象庁、2018年2月10日閲覧
  10. ^ 8月の天候(PDF、2017年9月1日) 気象庁、2018年2月10日閲覧

関連項目

外部リンク