メインメニューを開く

インド系移民と在外インド人

印僑から転送)
フレディ・マーキュリー、英国の音楽家
両親はパールシー(ペルシャ系インド人)である。

インド系移民(インドけいいみん、People/Persons of Indian Origin, PIO)と在外インド人(ざいがいインドじん、非居住インド人、Non-Resident Indians, NRI, 総称してNRI/PIOとも)は、インド国外に居住するインド系の人々。このように何等かのインド共和国の系統を持って同国に在住しないインド系のディアスポラは1560万人で、国連の経済社会局によって世界の最大である。[1]

在外インド人 (NRI) はインド国籍を保持・取得している国外居住者を意味し、インド系移民 (PIO) は非インド国籍になった者とその子孫を意味する。日本語ではこの両方を含む意味合いで「印僑」(いんきょう)という術語が用いられることも多い。

目次

概要編集

明確な定義はないが、一般的には19世紀以降のインドからの移民を対象としている。なお、インドから分離や独立したパキスタンバングラデシュスリランカ等からの移民もインド系民族として含まれることが多い。インド系移民は大多数がイギリス支配の影響で、世界中のイギリス植民地であった英語圏に移住している。

歴史編集

1830年代から、プランテーションでのサトウキビ栽培を目的とした出稼ぎ労働者として、単数年契約でモーリシャスフィジーなどへ移住した。ただし、当時のインドはイギリス植民地であり(イギリス領インド帝国)、その扱いは奴隷並みで契約期間が切れても帰国できない者が多かった。その他、19世紀半ばにインド洋の覇権をイギリスと争ったザンジバル・スルターン国でインド出身のジェイラム・シヴジが巨大な財力を握り、国政を左右する影響力を保持したため、ザンジバルへのインド人の移住も進んだ。しかし、1870年代以後、肉体労働を目的としたものだけではなく、技術者、商人、その他専門職として南アフリカ連邦(現在の南アフリカ共和国)やマレーシアなどで成功した印僑が現れ始める。インド独立の父マハトマ・ガンディーも、インド民族主義運動に参画する以前は、南アフリカで活動していた弁護士であった。他にもイギリス植民地であった西インド諸島トリニダード・トバゴや南アメリカのガイアナ、東アフリカのタンガニーカケニアウガンダなどにインド系移民の移住が行われた。

1947年にインドが独立を果たした後は、肉体労働を目的に中東諸国へ渡る者達と、高い数学や英語などの学力を生かした知的労働を目的として欧米に渡る者達の2タイプに分かれるようになる。1980年代以降の現代ではIT産業を中心に、数多くの印僑が各国で活躍している。

印僑の生活は決して平坦なものではなかった。1964年ザンジバルで勃発したザンジバル革命により、ザンジバルで商業や金融業を営んでいたインド系住民が多数亡命し、1970年代ウガンダでは、バントゥー系黒人をインド系住民より重視したイディ・アミン大統領がインド系住民を追放した。

各国の人数編集

人口 (データ統計年月・提供元)
アメリカ合衆国 4,121,944人(2011-15年・国勢調査局[2]
日本国 31,025人(2016年12月・外務省 [3]
イギリス 7,208,010 (2011年国勢調査・国家統計局_(イギリス) [4])

著名な人編集

政財界・法曹界編集

俳優・芸能界編集

スポーツ界編集

その他編集

インド系と非インド系とのハーフNRI編集

関連映画編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集