メインメニューを開く
ボルボ・FMに搭載されたVGターボの外観

可変ノズルターボ(かへんノズルターボ、Variable Nozzle Turbo: VNT)とは、ターボチャージャーの一種で、エンジンの回転数に応じて排気タービンハウジング内の排気ガス通路面積を変化させることで、排気タービンブレードへの排気ガスの流速を制御し、過給効果を高めるものである。近年は排気側だけでなくコンプレッサー(吸気)側の空気の流量を制御できるVG(Variable Geometry)/VD(Variable Diffuser)ターボチャージャーも開発されている。

なおメーカーによって複数の名称や商標がある。

目次

特徴編集

エンジンの回転数に応じてターボチャージャーのタービン側に装着したノズルベーンを次のように制御することで過給効率を上げ、最適な過給圧を発生させることが可能となる。

  • 低回転の状態:開口面積を小さくすることで排気の流速を上げ、過給効率を高める。
  • 高回転の状態:開口面積を大きくすることで抵抗を減らし、排気圧力を下げて損失を減らす。

ガソリンエンジンでの採用例としては、ホンダ・レジェンドの“ウィングターボ”のように4つのノズルベーンでタービンブレードへの排気ガス流速を制御したものや、アキュラ・RDXの“バリアブルフローターボ”のように吸入口を切り替える方式がある。前者から後者へ変更された理由には、ガソリンエンジンの場合は排気ガス温度がディーゼルエンジンに比べて高いため、可変ノズルベーンに耐熱性の高い材料を使用する必要があり、高コストになってしまうことがあげられる。なお2009年現在、ガソリンエンジンでタービン側に可変ノズルベーンを持つターボチャージャーを採用しているのはポルシェ・911シリーズのみである。

ディーゼルエンジンの場合はターボラグの間に燃料の噴射量を増すと酸素の量が部分的に不足するため粒子状物質(PM)が増加するが、可変ノズルターボを採用することで過給圧が短時間で立ち上がるため、排気ガス中のPMの抑制に寄与する。

長所編集

  • ターボラグが少なく、低回転からのレスポンスに優れる。
  • 排気圧力を制御できるためウェイストゲートバルブが不要となる。
  • ディーゼルエンジンにおいては排出ガス中の粒子状物質を減少させることができる。

短所編集

  • 高コストとなる。
  • 重量がかさみやすい。
  • 電子制御化が難しい。

歴史編集

主な採用車種編集

ガソリンエンジン車編集

ディーゼルエンジン車編集

レーシングカー編集

乗用車編集

トラック・バス編集

その他編集

脚注編集