メインメニューを開く
初代デュトロ
ワイドダブルキャブ

デュトロDUTRO)は、日野自動車が製造、販売する2トン~3トン積クラス小型・普通トラック。日本国外ではHINO 300シリーズとして発売される。

当項では前身となったレンジャー2/3(レンジャーII/IIIとも記される)についても触れる。

目次

概要編集

デュトロはトラック分野での日野のフルラインナップ化の強化のため、1999年5月に発表された。ラインナップにパラレルハイブリッド仕様を持ち、塵芥収集車や大手運送会社の小口集配車として導入が進んでいる。

日野はブリスカを最後に、自社ブランドの小型貨物車の生産を行っておらず、2トン積クラスのキャブオーバートラックについても、長らくトヨタダイナトヨエースダイハツデルタOEM供給を受けていた。デュトロでは、トヨタとの共同開発ながら、自社生産となった。

ほとんどの車両が準中型自動車(総重量5t未満を含む)以上に分類されており、2017年3月以降に普通免許を取得した場合、運転できない。

歴史編集

レンジャー2/3(1978-1999年)編集

 
2代目レンジャー2
ダンプカー
 
3代目レンジャー2 車積載車
  • 1978年8月ダイハツ・デルタトラックOEM版として登場。フロントグリルはKLレンジャーに似たデザインである。エンジンはトヨタ製のB系。ダイナ / デルタとは異なり、1BOXタイプのルートバンの設定はない。
  • 1980年1月 3トン積みのワイドボディのレンジャー3を追加。
  • 1980年10月 ワイドキャブ車を追加。
  • 1984年9月フルモデルチェンジ。エンジンはトヨタ製B系が主体で、一部に日野製のW型を設定(ダイナ / トヨエースも同様)。デルタとは異なり、グリルの上部が白になっている。
  • 1995年5月フルモデルチェンジ。デルタと共にダイナ / トヨエースのOEMに変更。デルタがダイナと共通のフロントグリルであったのに対し、レンジャー2はトヨエースと共通であった。15B-F(4,1 L)型エンジン設定に伴いW型エンジン廃止(ダイナ / トヨエースも同様)。
  • 1998年10月 レンジャー2誕生20周年記念特別仕様車「Custom20」発売。100台限定。


初代(1999年-2011年)編集

 
デュトロ 2トンロング
 
デュトロ ルートバン
中期型
 
デュトロ 110 バス(インドネシアで販売されているデュトロにバスボディを架装した マイクロバスモデル)
 
海外仕様の国内とのフロントグリル違いの一例(インドネシア仕様)
 
マカオ民政総署のデュトロ
標準幅・ダブルキャブ
  • 1999年5月 製造開始。テレビCMにはともさかりえが出演。ダイナ/トヨエースとの違いは、1トン級の設定が無いこと、運転席エアバッグが標準装備となること(ダイナ/トヨエースは2004年に標準装備された)。ルートバンのBピラー以降はH100系のハイエースからの流用。
  • 2002年6月 マイナーチェンジ。フロントデザインが変更され、ミラーステー下に配置されていたウインカーランプがヘッドライト内に移設されるなどの変更を受けた。
  • 2003年11月、2トン積トラック初のハイブリッド車として、日野HIMRシステムをベースとしたパラレルハイブリッド方式のデュトロ・ハイブリッドを追加。
  • 2006年9月、マイナーチェンジの際、新長期排出ガス規制値比NOx・PM10%低減、及びHINOブランド意匠のグリルに変更。
アイシン精機製のオートマチックトランスミッションが6速となり、トルクコンバーター式ATを装備する2トン系小型トラックでは最多段数となる。
シフトパターンは、5ポジション式のP、R、D、D4、321である(表示を変え、MC前のシフトレバー周りをそのまま使用)。オーバードライブボタンは「D5」表記となる。
エンジンは4000ccのN04Cに統一、フロント独立サスペンションの2WD車はトーションバー式からコイルスプリング式に変更。
海外では300シリーズの名前で販売されている地域もあるほか、国内向けとはフロントグリルが異なっている。インドネシアでは、マイクロバスモデル(隣の写真参照)が販売されている。


2代目(2011年-)編集

 
2代目デュトロ
ワイドキャブ・活魚輸送車

2011年7月2日に12年ぶりのフルモデルチェンジを実施。トヨタには初代に引き続きダイナ / トヨエースとしてOEM供給される。

エンジンは高圧コモンレール式燃料噴射システムやDPRを刷新し、燃費向上や更なる排出ガスのクリーン化を実現した5種類のディーゼルエンジン、またガソリンエンジンとLPGエンジンを設定。排出ガス処理装置には日野のクリーンディーゼルシステムである「AIR LOOP」を採用し、ディーゼル車は平成22年排出ガス規制に適合した。ハイブリッド車はアトキンソンサイクルの専用エンジンN04C-UL型 (110kW/420N·m) とアクセル・ブレーキの2ペダル操作を可能とする専用5速AMTプロシフトV」を採用。エンジンとモーター兼発電機の間にクラッチを介することでモーターのみで発進できる新開発のハイブリッドシステムを搭載。これにより、2t積車で1.0km/L、3t積車で1.4km/Lの燃費向上を実現。ディーゼル車はN04C-UM型 (85kW/325N·m) ・N04C-UN型 (100kW/390N·m) ・N04C-UP型 (110kW/420N·m) ・N04C-UQ型 (132kW/480N·m) を、ガソリン車は2TR-FE (109kW/235N·m) を、LPG車は1BZ-FPE (85kW/306N·m) をそれぞれ設定している。

トランスミッションは6速AT・5速MT・6速MTの3種類を用意。また、ハイブリッド車とディーゼル車のMT車にはアイドリングストップ機能とエコドライブをサポートする日野エコランを標準装備し、実用燃費向上に寄与した。

安全面については強度を保ちながらピラー断面を極力薄くし、広く見やすい視界を確保するワイドビューミラーと車両側面後方の視界を拡大し、巻き込み事故防止に寄与した2面鏡ミラーを標準装備するとともに、小型トラックでは世界初となるVSC(横滑り防止装置)のオプション設定を追加した。またコラムレバーの排気ブレーキの操作方法が跳ね上げ式から引き下げ式に変更された。

内装はインパネを改良して、膝前部分や下部の形状を工夫したことで中央席の足元スペースを拡大したほか、助手席から中央席には大型オープントレーを配置。ワイドキャブはキャビンパッケージそのものを刷新したことでドア開口部拡大、乗降ステップ大型化、乗員スペース拡大等により居住性・乗降性を向上するとともに、フロントデザインもキャビンの前絞りやバンパーコーナーの形状を工夫したことで空力性能が向上した。

2011年10月にグッドデザイン賞を受賞[1]

2012年1月の東京オートサロンでカスタマイズカー「デュトロX」を参考出品[2]、以降日野自動車は2017年まで毎年デュトロを東京オートサロンおよび大阪オートメッセに出展した。デュトロXのカスタマイズは日野の子会社である日野エンジニアリングアネックスが担当し、市販も行っている[3]
8月1日にマイナーチェンジを行った上で、同年9月3日に発売する事が発表された。N04C-UQ型 (132kW/480N·m) エンジン車は平成22年排出ガス規制よりNOxおよびPMを10%以上低減したことにより全ての車型が低排出ガス車となると同時に、最大積載量が4トン以上の車型は「平成27年度燃費基準」を達成した。2013年1月施行の新灯火器類保安基準にあわせてカーゴ及びダンプに後部反射板を装備するとともに、オプション設定だった電動格納式ミラーが全車標準装備となり、スタンダードグレードにもAM/FMラジオが標準装備となった[4]

2013年5月6日にマイナーチェンジを行い、軽い操作力で制動可能な電動パーキングブレーキ高所作業車塵芥車のMT車に標準装備した他(他のMT車はオプション。但し標準幅キャブダンプ、ダブルキャブ、ルートバンには設定なし)、ハイブリッド車にはパーキングポジション並びに電動パーキングブレーキ付きプロシフトVをオプション設定した[5]

2015年4月に一部改良を行い、VSCが全車標準装備となった他、電動パーキングブレーキ高所作業車ごみ収集車のMT車が標準装備でその他の車型はオプションだったが、ディーセル車全車に電動パーキングブレーキを標準装備した。3t車のガソリン車を2種類から1種類に集約した。

 
標準キャブ・ミリ波レーダーユニット装着車(手前)と非装着車(奥)の差異

2016年4月7日に2t積系を一部改良(5月6日販売開始)。全車ヘッドランプのマルチリフレクター化、およびフロントバンパーの形状の意匠の変更(ミリ波レーダーユニットをフロントバンパー中央内部に搭載したため、ライセンスプレートの取り付け位置が運転席側寄りになった左右非対称の形状となっている)のほか、2t積系トラックでは初採用となる追突被害軽減ブレーキシステム(歩行者検知機能付)とレーンディパーチャーアラートを標準キャブの車両総重量5t未満の一部車型に標準装備したほか、スマートエントリー(運転席・助手席アンサーバック機構付)&スタートシステムを新たにオプション設定した。

2017年4月18日に2t積系を一部改良(6速MT車の一部は6月販売開始、その他の仕様は5月8日販売開始)。追突被害軽減ブレーキシステム(歩行者検知機能付)とレーンディパーチャーアラートをLPG車と消防車を除く全車に拡大して標準装備。環境性能はディーゼル車のうち、車両総重量が7.5t超の車両が「平成28年排出ガス規制」に対応したほか、AT車は重量車モード燃費を向上した。10月にはハイブリッドのワイドキャブ車のAMTが5速から6速に変更された。[6]

2019年4月17日に2t積系を一部改良(5月7日販売開始)。前進誤発進抑制機能、低速衝突被害軽減機能、クリアランスソナーをLPG車を除き標準装備、フロントグリルが6代目レンジャーのグリルに似たデザインとなる。ヘッドライトが発光ダイオード(LED)化される。環境性能は全車平成28年排出ガス規制に対応、ハイブリッド車はPCU(パワーコントロールユニット)をコンパクト化。運転席周りはインパネのマルチインフォメーションディスプレイが4.2インチカラー化された他、ハンズフリー通話機能付オーディオ(AM/FM・USB・Bluetooth)も新採用された。ステアリングホイールはステアリングスイッチ付きに、バックミラーに電子インナーミラーを採用。3代目プロフィアに続いてICTサービス「HINO CONNECT」に対応した[7]

東京オートサロン・大阪オートメッセ出品車

生産編集

生産は日野自動車・羽村工場(台湾は国瑞汽車・観音工場)。トヨタ自動車ダイナ / トヨエースダイハツ工業デルタトラックとは姉妹車になる。 なお、レンジャー2/3は初代・2代目がダイハツ工業本社工場で生産され、3代目が岐阜車体工業で生産された。

アルミバン完成車、ドライバン完成車・冷凍・保冷バン完成車荷台メーカー編集

  • VQアルミバン - トランテックス
  • アルミバン完成車シリーズ - トランテックス、トヨタ車体北村製作所(トヨタ車体はディーゼル車にスライドリフト スマーティ車とパレット車の設定あり)
  • ウイングバン完成車シリーズ - トランテックス、日本フルハーフ
  • 冷凍バン完成車シリーズ - トランテックス(冷凍機はデンソー製、ハイブリッド車も設定)、トヨタ車体(冷凍機はデンソー製)、日本フルハーフ(冷凍機は菱重コールドチェーン製)
  • 保冷バン完成車シリーズ - トランテックス(ハイブリッド車も設定)、トヨタ車体(4ナンバー車も設定)、日本フルハーフ

車名の由来編集

Dramatic & Urbane Transport Offer」の略称。「ドラマチックで洗練された運搬・輸送を提供する」トラックを意味する。

CM出演者編集

新型デュトロ「実家におすすめ」篇 2011年7月1日~2014年5月[8]
この3人には実家が自営業という共通点がある。CMソングは「日本が変わる 日野が変える」(唄:中村雅俊)。
「ヒノノニトン」篇 2014年5月30日より
「ラグビー」篇 2019年4月18日より

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集